【公式発表!】『このマンガがすごい!2019』 第1位!オトコ編は『天国大魔境』オンナ編は『メタモルフォーゼの縁側』

スポンサーリンク
スポンサーリンク


全国のマンガファン のみなさま、ついに……ついにこの日をむかえました!
12月11日より全国の書店で発売の『このマンガがすごい!2019
いよいよみなさんお待ちかね……『このマンガがすごい!2019』の表紙を公開!

今回はひかり輝くショッキングピンクが目印です。

表紙を見たらもうおわかりとは思いますが、本誌『このマンガがすごい!2019』のオトコ編オンナ編の第1位を「このマンガがすごい!WEB」が最速で発表します!
みなさま、心の準備はよろしいですか?


スポンサーリンク

【このマンガがすごい!2019】オトコ編 第1位『天国大魔境』石黒正数


18年ぶりに「月刊アフタヌーン」に舞い戻った石黒正数の最新作SFアクションが堂々の第1位!


大災害から15年がたち、奇妙な怪物が現れるようになった崩壊後の日本で、“天国“という場所を探す“キルコ“と“マル“。

一方、緑に囲まれた謎の美しい施設で暮らす、トキオという“マル“によく似た少年は、「外の外に行きたいですか?」というメッセージを受け取っていて――。

前作『それでも町は廻っている』で優秀なSF作品に与えられる星雲賞を受賞した、石黒正数先生による最新作は、これまで以上にSF感の強い、ファン待望の内容に。
トマト、そっくりな顔を持つ少年少女、謎の記号、絵のとおりの怪物……。
作中にて提示されている謎の数々に、期待せずにはいられない読者たちの熱い支持が、本作を第1位に輝かせました!

■前作『それでも町は廻っている』

人情あふれる丸子商店街に存在するメイド喫茶(カフェではない)「シーサイド」。
まさに、天真爛漫!女子高生にして名探偵に憧れる嵐山歩鳥は、地元丸子商店街のアイドル(?)兼お騒がせ娘。
ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇!

シリーズ書籍一覧 16冊を配信中!

今回、オトコ編 第1位の『天国大魔境』と、前作『それでも町は廻っている』はどちらもeBookJapanで読むことが出来ます。



公式サイト:イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中)
特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、『おそ松くん』や『三国志』など、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。

さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!
また、漫画を「背表紙表示」で管理できるのもこの書店だけ。
とても便利に見やすく管理できます。

eBookJapanは漫画を楽しみたい全ての方におススメの電子書店です。

■初めての方はこちらからだとお得です!

【このマンガがすごい!2018】オンナ編 第1位『メタモルフォーゼの縁側』鶴谷香央理


「コミックNewtype」でのWEB連載がスタートするやいなや、またたく間に話題となった『メタモルフォーゼの縁側』が、圧倒的指示を得てオンナ編第1位に輝きました!


「ずっと誰かと漫画のお話したかったの」
75歳、ひとり暮らしの雪さんが書店で出会ったのは――BLマンガ!?
レジで雪さんからマンガを受けとったバイトのうららは、BL好きを隠している女子高生。
同じ趣味の友人をつくれず、なんとなく学校でも孤独感を感じていたうららと、この歳でBLにハマった雪さんの出会いは、いつしかお互いがかけがえのない存在に――。

共通点ができた2人は、マンガの登場人物について熱く語ったり、同人誌が買えるイベントに行ってみたり!?

自身初の単行本でオンナ編第1位となった鶴谷先生がやさしいタッチで描く本作は、好きなものをだれかと共有できることの楽しさにあらためて気づかされた読者が続出!

『メタモルフォーゼの縁側』もeBookJapanで読むことが出来ます。



公式サイト:イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

■初めての方はこちらから!

素晴らしい漫画と共に楽しい年末年始をお過ごしください!

管理人のこのマンガはすごい!


僕のこのマンガはすごい!は相原コージ先生の『ムジナ』です。
2019年の作品ではありませんし、だいぶ前の漫画ですがeBookJapanのサイトを見ていて発見したので「これ凄かったなぁ!」ってことで載せさせていただきました。

忍者漫画です。
今までの漫画の概念とは一線を画す作品です。

「明と暗」「陰と陽」「日常と非日常」「シリアスとギャグ」それらが違和感なく表現されている。
相原コージさんは先鋭的なギャグ漫画を数多く執筆してきた方なのですが、『ムジナ』はストーリー自体は物凄くシリアスで厳しい忍者の世界を重厚に描いています。

しかし、それだけでは済ませないのが相原コージ。

色々な漫画技法を盛り込んだ「実験シリーズ」というものがあり、そのシリアスな世界の中にギャグ的要素というか、「こんな表現を今回使ってみるよ」と提言した上で話が始まったりする。

今までそんな漫画は見たことがないし、これからも無いでしょう。

ギャグ的な要素を取り入れているといっても、しっかりと心を打たれ考えさせられる。
エンディングでは胸が締め付けられた。

切なさもあり驚きもあり笑いもあり感動もある漫画です。

あらすじは敢えて記載しません。
僕の拙い文章力では、とてもじゃないけど伝えられないストーリーと構成だと思いますし、是非とも実際に読んでいただきたい漫画だからです。

『ムジナ』もeBookJapanで読むことが出来ます。

話を戻しますが、今回の「このマンガがすごい!2019」。
ネット上では「昭和天皇物語は?」とか「響でいいって!」との声もありました。

どちらもeBookJapanにあります。
2019年も漫画を楽しんでいきましょう!(ちょっと早いかな)



公式サイト:イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan





コメント