【後悔しないために】今から考えておきたい愛猫の終活

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

愛猫といっしょに過ごす時間を増やしてみる

愛猫の命が残り少ないとわかったら、まずは過ごす時間を増やしてみましょう。二度と同じ時間を過ごすことはできませんので、後悔をしないようにできる限りいっしょにいてあげてください。そして、目一杯スキンシップをして、これまで以上に愛情を伝えてあげてください。他に家族がいる場合は、愛猫が寂しくないように、常に一人は家にいる状態を作ってあげるのも良いでしょう。


末期にできる選択肢を考えておく


愛猫が病気になった時に苦しい治療や闘病はつきもの。そんな時には、飼い主としてどのような判断をとるのが良いのでしょうか。治療を続ける、治療を中止して自然に任せる、苦しそうな状況から解放させてあげるために安楽死の道をとるなどさまざまな選択肢があります。ここで大切なのは、いずれかが正解という価値観を忘れること。飼い主が愛猫のことを想って判断を下したのであれば、それが正解だったのだと思うようにしてください。

①治療を続ける
費用はかかりますが、抗がん剤治療などすべての治療を行う選択肢です。愛猫が亡くなったあとも、「やれることはすべてやってあげた」と思えるでしょう。

②治療を中止する
無理な治療はせずに自然な形で最期を迎えてもらう方法です。治療を受けている愛猫の、辛そうな姿を見ずに見届けることができます。

③安楽死にしてもらう
心理的な抵抗があるかもしれませんが、愛猫を苦しい闘病生活から解放してあげるのも、選択肢の一つ。治療を続ける続けないにかかわらず、辛そうな病気の猫を見るのは心苦しいので、楽にしてあげるという考え方です。


死に目との立ち会い


飼い主としては、愛猫の死に目に立ち会いたい、最期を看取ってあげたい、という気持ちがあると思います。しかし、都合がつかずに死に目に会えなかったり、家に誰もいないときに最期を迎えてしまうかもしれません。だからと言って、自分を責めるのはやめてくださいね。火葬までの1~2日間は、一緒にいることができます。その間、十分にお別れのあいさつをしてあげましょう。



参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00005555-nekomag-life


必ず訪れるペットとの別れとペットロスの問題。後悔しないためにできること。ネットの声

名無しさん
どんな事をしても後悔すると思う。
もっとああしてあげれば良かったって思うと思う。
愛してるならなおさら。
もう十分やったと満足して見送る事なんてできない。
名無しさん
涙無しには読めない記事でした。
昨年のちょうど今頃、愛猫を見送りました。
末期の腎不全。病院からも最後はお家で、と言われ土日を一緒に過ごし、日曜の夜に安楽死・・・
苦しそうにしている姿を見るのは辛かったですが、最後の2日間は自分(猫)か好きだった場所を一つ一つ思い出すように、巡回してました。
その時、この子ももっともっと家族と一緒に居たかったのに、自分がもう駄目だとわかってるのかな、、、と、申し訳ない気持ちで涙が止まらない状態でした。
未だペットロス、、、
名無しさん
安楽死なんて考えられないけど辛い姿見ると安楽死も一つの方法と思えるのかな?
うちの高齢猫は闘病中だけどお日様の当たる温かい日に眠るように逝ってもらいたいと願ってやまない
そんな日がくると思うと胸が締め付けられて涙が溢れてくる
名無しさん
飼っている4匹の猫の1匹は、今年19歳を迎えますが獣医さんが定期的に往診してくれて「健康だけど、高齢だから覚悟だけはしてね。何匹も看取っているから分かってると思うけど。」って。
飼う時から毎回覚悟はしています。
でも別れは本当に辛いけれど、みんな苦しまず眠るように逝くので「出会えて良かった!ありがとう」って生きてる間は常に猫に言っているので後悔していません。一緒に過ごした思い出だけは残っているので生があるものには死があるという事だけはそれなりの覚悟の上で愛情を生きてる間に与えるのが飼い主の役目だと思います。
本当は悲しくて夢でもいいから会いたいと思う時もありますけどね。
名無しさん
去年17歳で見送った子がいる、子猫の時に保護して初期費用はタダだったけど、あちこち病気をして、悪性リンパ腫も一度は末期と言われたところから抗がん剤治療で寛解して、最期はまた別の癌で亡くなって、生涯医療費は100万以上かかりとても高い猫になりました。
それでも、悪性リンパ腫で末期告知を受けた時に安楽死をすすめられたのを断って良かった。苦しかった時間も長かったかもしれないしエゴであっても。
治療して寛解から、3年生きられた。
積極的治療をするのも、ターミナルケアをするのも、自然に任せるのも、正解は無いしどれも後悔は絶対すると思う。
でも、安楽死だけは、私には選べない選択肢だった。命を終わらせられなかった。
あと、愛猫が亡くなって本当に悲しかったけど、火葬してお骨になったあの子を見たら、すうっと、ああ、病気も全部無くなったよ綺麗にして貰えたね、と思えました。
火葬っていう文化は、すごいです。


名無しさん
この間、1月10日に実家の5匹中の1匹が
糖尿病の合併症で亡くなりました。
年末から入院してて、
最期は脳が動いてない状態になりました。
医者からは延命処置は可能と言われたが、
植物状態なのに、何本も体に痛々しい
管を繋げてまで生かすのは可哀想だと
両親が判断して、治療を辞めてもらいました。
私は6年前に家を出ていますが、
まだ独り身だった時は定期的に
猫に会いに帰れていました。
ただ、その後3年で結婚、出産。
旦那と子どもが両方とも猫アレルギーなので、
私は結婚を機に実家に帰れる機会が
ほぼ無くなってしまいました。
この前、猫が亡くなった時に
もっと生きてるうちにいっぱい会っておけば
良かったと後悔した。
残りの4匹ももう15歳以上の高齢。
まだ私の子どもが2歳で中々自分1人に
なるのは難しいけど、旦那の協力を得て
これからは1人で猫に会いに帰れる時間を作って
行こうと思う。
名無しさん
当時19才だった愛猫が食欲をなくし吐いてばかりになり、病院に連れて行ったら腎臓も悪く肝臓ガンでした。高齢なので積極的治療はせず、苦しくないよう、一日おきに点滴に通って栄養補給してもらいました。通院はストレスかなと悩みましたがおとなしく治療を受け、やがて歩けなくなり3週間後、私のベッドの上で亡くなりました。最後まで水を与えれば飲み、撫でればゴロゴロ言ってくれて、私の休日まで生きていてくれました。私は自分も肉親も高齢でガンだったら、同じ選択しかできません。自然にしてやりたかったのです。号泣でしたね。頼りない飼い主だったのに最後まで信頼してくれて、感謝しかありません。ペットロスの立ち直り方はわかりませんでした。結局新しい子を幸せにしようと新たに猫を迎えましたけど…飼い主が先に死んだら可哀想過ぎるので、今の子で最後です。最後まで愛に包まれて猫生送らせてやりたいです。
名無しさん
一昨年、14歳の猫が脳腫瘍になりました。手術しなければ治らず、半年もたないだろうと言われました。医師が「費用も高額ですし、ご家族と相談してから決めてください」と言いましたが、私は家族みんな当然手術すると言うと思い、仮予約して帰りました。そうしたら夫がまさかの反対。猫にそんなお金出せないと。実家の母が出してくれ、無事手術成功。今も元気にしています。
でも私は夫が猫を可愛がっていても、「とはいえ手術代を出すほどは可愛くないんだよね」って思ってしまいます。家族の方針一致も大事です。私はかなりしこりが残っています。一生消えない気がします。
猫の額の庭
2017年の2月に、下顎の扁平上皮がんで、愛猫を看取りました。
細胞診の結果で、悪性とわかったその日から、痛みと苦痛をとる事を最優先に、家で看取ってあげたい旨を、かかりつけ獣医師に伝えました。
家族は、仕事と学校で間に合いませんでしたが、私は、たまたま仕事が休みで在宅していたのが幸いでした。
最期の1週間は、前庭神経が侵されて、声にならない声で「ムー、ムー」と鳴きながら、旋回運動を繰り返していましたが、亡くなった日の朝に、私のベッドまで上がって来た時には、びっくりしながら号泣しました。
沈丁花の花がほころぶ2月末、私の腕の中で、穏やかに虹の橋の麓へ旅立ちました。
猫を家族に迎えることを考えている方には、看取りの医療費までを考えて、迎えて欲しいです。
切なさ倍増中
後悔しないようになんてなかなか難しい。
家族の一員なわけだから悲しみは深い。
とにかく忘れないであげて欲しい。
何年何十年経っても忘れないであげて下さい。
名無しさん
昨年の5月、愛猫を腎臓の病気にて亡くしました。
片腎は4倍以上に膨らみ珍しい病気にて、手術ができるのは県外、嫡出以外の方法は難しいとのこと。夜な夜な家族で相談し、結論を出しました。手術はせず最後の時間を家族で過ごす。とても幸せな時間でした。治療食から食事も変え、大好物な缶詰や猫用のカニカマ等喜んで食べておりましたが、最後は食欲もなくなり寝て過ごすことが多くなりました。亡くなる一週間前になると嫌いな風呂場や倉庫に行くようになり、まるで死に場所を探しているかのようでした。最後に選んだ場所は母親の膝の上。撫でられながら逝きました。思い出を、幸せをありがとう。私はこの子の生き様を忘れません。凛々しく病気と戦った私の家族を。


名無しさん
去年の年末にあと3か月で16歳になる愛猫を亡くしました。一か月前からドライフードが食べられなくなり水を結構飲むようになったので近所の動物病院につれていくと「腎不全ですね。もっと早く連れてくれば良かったのに…。」と言われました。念のため血液検査もしたら「思ったほど進行してませんね。」って言われてとりあえず進行を抑制する薬を処方してもらいしばらく飲ませていたけどあっという間に症状がどんどん悪化し、たまたま自分がインフルにかかっている時に(朝)亡くなってました。普段は仕事してほぼ不在なのでいつもよりかは一緒に居れたんだけど…。今思うといつもは私と殆ど一緒に布団で眠ることなどなかったんですが亡くなる一か月前から毎日ベッドに来ては朝まで一緒でした。きっともう助からないことを分かっていて少しでも一緒にいたかったんだろうな…と思います。
名無しさん
昨年の11月に20歳の猫を亡くしました。
老猫でしたが、私は積極的治療をお願いしました。お金も凄くかかったし、毎日の病院通いも大変だったけど、それ以上のものを私は猫からもらっていたので頑張りました。
でも、やっぱり後悔は今でもしています。
積極的治療はやっぱり苦しませるだけだったのではないか?
私のエゴだったのではないか…?
正解はわかりません。
名無しさん
必ず別れはやってきます。
1日でも長く一緒にいたいのは誰もの願いであり
病気が治るものは精一杯できる限りの治療はするべきですが、
現在の抗がん治療など治らない病気に対しての投薬は結局副作用も
きつく苦しめる期間を長くするだけだと感じました。
私自身、安楽死という手段は選択しませんが自然にするのが一番
では無いかと愛猫が亡くなった時、感じました。
それよりも早く猫の病気に対する医学進歩を願います。
名無しさん
一昨年、17歳の愛猫を見送りました。
14歳の時に腎不全で2週間入院して死の淵から甦り、それから3年間ほぼ週一で通院(点滴&注射)しました。
最後は土曜日の夕方に自宅で亡くなりました。
仕事で留守してる間じゃなくて良かった!
きっと頑張って待っててくれたんだと思う。
めちゃお金かかったし、毎週末の通院は負担だったけど、
出来ること全てやり尽くして、看取りまでできたので、後悔のないサヨナラでした。(T^T)
名無しさん
こればかりはなんどとなく見送りをしても慣れることはありません。一人一人違う個性の子達だし、みんなちゃんと色んな思い出を残してくれてます。最後に聞きます、うちの子で幸せでしたかって。たくさん幸せにしてくれたからありがとうって。最後に身をもって命を教えてくれるかけがいのないパートナーです。
名無しさん
5年前、愛猫が旅立ちました。享年15歳。最後に命の火が消える瞬間に立ち会えた事を思い出しました。数え切れない思い出を残してくれた彼女に、いつの日か虹の麓で再会出来たらと乗り越える事にしました。今でも家に残る彼女が傷つけた壁を見て、元気に走り回る姿を思い出し、懐かしく幸せな気持ちにしてくれます。もし現在、猫との別れが近づいている方は、どうか最後まで愛してあげて下さい。乗り越えるには辛い時間が待ってても、愛した猫の温もりを忘れないで。


・・・?
21年共にした猫去年の年末に亡くなりました、毎日もう頑張らなくていいよ、でもまた明日ねって声をかけていました、辛かった、でも楽になったんだと思ってる、死は旅立ちだからでも今まで一緒に生きて笑った事は覚えてる、今一度頑張ったねって言って頭を撫でてあげたい。
名無しさん
保護した時には、獣医から「ダメかもしれない」と言われた。。
とにかく、高カロリーの食事を与えた。その後も合わせて3度の死を覚悟したけど、20才まで生きてくれた。
愛猫が居なくなって、まだ3週間も経ってない。声上げて泣いた。
最後は、猫に多い心臓肥大からの肺水腫。苦しそうだったので動物病院の酸素室に入れてもらい、その日のうちに酸素室レンタルをして翌日に設置予定だったけど間に合わなかった
利尿剤が効かないって言われて、それだけ弱ってるなら家に連れて帰りたかったけど
名無しさん
うちのネコは今年で20才になります。
まだまだ全然元気ですが、年が年だけに、いつかお別れが…と考えたくもない想像をしてしまいます。ただ、留守の時とかに1人ぼっちでなんて事はならないように、時間の許す限り一緒にいるようにしています。
今のところ病気とかはないので、万が一病気を発症するような事があったら、薬漬け等々
あまりに無理な延命治療は避けたいと考えるこの頃です
名無しさん
去年の夏、結婚した時から飼ってた愛猫を亡くしました。
様子がおかしいと思った時には既に手遅れで
自然な形で最期を迎えるのが一番だと主人と話し合って出した結論。
病気が判明してから約一ヶ月。
苦しかっただろうけど懸命に生きてくれた。
どうしてもっと早く気付いてあげられなかったんだろうって
今でも考えてしまう。。
なかなか子供が授からなかった私たちにとって
娘のような存在だった子。
子供が生まれてから立派なお姉ちゃんになってくれたなぁ。
旅立つ
ネコノメ※※※
後悔はします。
もっと出来たことがあったかもしれないが頭の中をぐるぐるします。
なんでこうしなかったんだろうが頭の中をぐるぐるします。
けど…毎日毎晩看病して、最期の時を一緒に過ごして号泣して、そしてあとは時間薬。
医療費が高額だから選択できないって事のないよう、猫にための生活になりつつある我が家。今まで亡くした子達の思い出と学ばせてもらった事を大切にしたい。
名無しさん
もう4年ほど経ちますが、9年一緒に暮らした子を見送りました。もちろんすごく悲しくて今思い出しても涙が出ますが、晩年は本当に弱りきって寝たきり状態、見ていても辛い状態だったので、最期の最期は正直少し安心しました。楽になれたのかなって。
かかりつけの獣医師さんには、生きる意志がとても強い子だと言われていました。
正解はわかりませんが、動物ってどんなに辛くても生きることを諦めないのではないかなと思います。今の子がそのときになっても、安楽死という選択は私にはできないと思います。


hotline
今でも、はっきり覚えています。逝って暫く居てる気配も感じました。最期は、元気な姿で夢に現れた時は、本当の、お別れの挨拶に来てくれたと思いました。とてもリアルな夢でした。最期を看取ってあげれて良かった。
uuum
去年の10月末に19歳半の愛猫を亡くしました
腎臓不全で1月から亡くなるまでずっと通院
腎臓ケアのフード、ペットシートなど結構費やしました
最後は30時間ほど1時間おきに来る
ケイレンで苦しんでる姿を見てました
とても辛かったし、可哀想で可哀想で…
途中安楽死のほうが…とも思いました。
でも、してあげれることは全てしてあげれた
と思ってます。
今も恋しいすごく恋しい…
また巡り会うことを望んでいます。
名無しさん
涙が出てきてしまった。
もうすぐ19歳のおばあちゃん。
腎臓はじわじわと悪くなってきて、
療法食と飲み薬のお世話になっている。
乳首にしこりもあって、
針の検査では悪性ではなかったものの、
たまたま悪い細胞をすり抜けてしまっただけかもしれないし。。
年も年だし、腎臓も悪くなってきてるし、
仮に乳がんだとしても、
今の身体に麻酔は厳しい。
今はまだ年のわりに元気だし、
食欲もあるし、体重も減っていないけど、
いつ急にどうなるか分からないから、
毎日不安でいっぱい。
ずっとずっと一緒にいたい。
名無しさん
後悔のないよう普段からこれでもかってくらい写真や動画に収めてあげてください。それでももっと残してあげればと後悔しますが…
名無しさん
自分も実家で猫を飼ってます。
時々ふと愛猫の最期を考えてしまう事がある。
それを考えるたびに、命あるものをいつかはって思うけど、辛くて胸が苦しくなる。
だからその時が来た時に後悔しないよう
たくさん可愛がろうと思う。
でもできるならずっと一緒にいたい、それが本音。
名無しさん
20歳の猫が先週から食欲がなく、色々考えしまった。
手術も2度して腎臓も悪いし、積極的治療はしたく無いです。


名無しさん
昨年、愛猫を病気で亡くしました。
おなかの腫瘍が見つかった時には末期で手術もできない状態でした。 自宅で処置しながら生活してましたが、何もしてやれない自分が情けなくて悔しくて何度も泣きました。
今でも思い出すたびに涙がでます。
でも、自宅で家族に看取られて幸せな最期だったと思います。
名無しさん
苦しませたくないけど、少しでも長く一緒にいたい…どんな選択をしても正解はないとおもうし、エゴになってしまうのかもしれない。
名無しさん
家には先月余命一ヶ月と言われた子がいます。
やんちゃだった子がちょっと歩くのも辛そうにして、見るのもつらい状態が一ヶ月続いています。
けど、まだ目だけは『僕、まだ生きたいよ』って言ってるみたいで、本当は仕事なんか行きたくないし、ずっと一緒にいてあげたいと勝手に思ってます。
いつかはお別れの日が来るのは解ってるけど、その日が一日でも先にとも思ってるし、この子がもっと苦しむ姿はあまり見たくないとも…
嫌がる薬を無理矢理飲ませて、延命する事がこの子にとって本当に良いことなのか、毎日が葛藤です。
けど、あの目を見ると、やっぱり少しでも長く一緒にいたいって思ってしまう。勝手な飼い主なんだろうな…
けどまだ『もう我慢しなくて良いよ。ありがとう』って言えない。
自分勝手な飼い主にもう少し付き合ってね。
昨年の11月にたった5歳で肝硬変で亡くなりました。
肝硬変と診断されてから1ヶ月半・・・、にゃんこも飼い主である娘もとても辛い日々を過ごしました。
最後は一生懸命診続けていた娘のいない日に。なくなる寸前まで娘の脱いだ服を匂ったり・・・する仕草みて本当に娘の事が大好きだったんだなと。
そしていつも一緒に娘と寝ていたベッドで私と主人に撫でられながら虹の橋をわたりました。
もっと早くなぜ気がついてやれなかったのかとか後悔しますがいっぱい頑張ったね。もう頑張らなくてもいいんだよ。と思う気持ちで家族みんなでお別れしました。
いまでも悲しみはありますが彼の様なにゃんこに出会えそして家族中にゃんこ好きにしてくれた事を感謝。
本当にありがとう。
名無しさん
お別れは辛いことですね、私自身ネコアレルギーで辛い思いをしていますが、そんな事どうでも良くて
私よりネコ優先の生活を送っています。
難しい問題ですが、命のある限り最終最後まで面倒を見ようと思います。
名無しさん
ここのコメント読んでいると涙が…
今はいつも居てあたりまえの、まだ元気盛りの我が家の猫たちがいなくなるなんて想像つかない。七歳でもう折返し地点、でもあと10年一緒にいれるのかなと思ったり…
今一緒にいる幸せを大事にしようと思います。


名無しさん
15歳の同居猫がいますが、幸い元気にくらしています。
猫も高齢になると怪我以外の保証のあるペット保険に入れないからもしもの時に備えて中古の軽自動車が買える位貯金してあります。
名無しさん
うちは犬派ですが、息子が生まれて1日くらいの小さな小さな猫を拾い家族みんなで話し合い、家猫として飼うことにしました。
皆さんのコメントから長生きの猫ちゃんが多いことがわかりました。
一緒に最後まで過ごすということは世話をする飼い主の年齢も関係することだし、私達もこの子で最後にしようと決めました。
だから、3歳になるわんことまだ3ヶ月のにゃんこに、ここに来て良かったと思ってもらえるように最後まで大切にしたいと思いました。
と、言っても私達家族が幸せにしてもらっているんですが(笑)
名無しさん
昔から犬派の自分が保護ネコを飼って丸3年が経ち、今では完璧な猫派になってしまった。この記事を読んで涙が止まらなかった。父母の末期治療の選択を一人っ子の自分が一人で決めたことを今でも後悔している。
ニャンコ可愛い
どうしても獣医の先生の言われるままになると思う。明日起きたらまだ生きているだろうか?と緊迫した日々も来るかもしれません。今猫の介護をされている方は大変でしょうけど頑張って下さい。
名無しさん
私のダンスパートナーに生後すぐに授かった愛猫ラピスが居ます。彼は五人兄弟の末っ子で腎臓疾患でしたが彼女は余りにも可愛い顔の彼を選んで早九年医者通いをしています。自分の大好きなダンス費用を彼に充てています!年百万単位でも最期の事まで考えて行動している彼女を誇らしく思っています。本当の親子に見えるのですから!
名無しさん
これまでに飼っていた猫は外を自由に行けるような状態でしたので看取ったことはありませんでした。ただ一匹だけ、まだ若い猫が毒蛇のハブと決闘して瀕死の状態で部屋に戻り遠目で一度ミャーと私に挨拶していなくなってしまいました。余程の激闘だったのか顔はパンパンに腫れて倍ぐらいの大きさになってしまいました。捕まえて病気へつれて行こうと探したのですが、見つけることが出来ませんでした。その時初めてペットロスを知りました。


名無しさん
愛猫は一月六日に一歳になりました。愛猫にもいつか訪れるお別れ。愛猫が幸せに、健やかに成長し暮らせるよう日々頑張っていこう。
名無しさん
うちの子も今は元気だけど、虹の橋を渡ったらペットロスになる自信があるよ
名無しさん
看護師をしていたので、人の生死には
何度も立ち会ってきたけど
自分のニャンコの事を考えるだけで
気が狂いそうになる。
ペットロスにもなるだろうな。
でも、自分の年齢を考えると次のニャンコを迎える事は難しいと思うから
このコが私の人生の中で最初で最期で最高のニャンコ。
悔いが残らないようありったけの愛情を注いで毎日楽しく過ごそうと思う。
誰よりも何よりも君を愛して大事に思ってるよ。
fair
読んでて涙が出て来た。
自分の猫のその時を考えるのはつらい。
名無しさん
昨年の10月に16歳の子を末期がんでお見送りしました。肺がんだったので常に呼吸が苦しそうで見ていて本当に可哀想でした。
苦しい中必死で水を飲もうとする姿が今も忘れられません…
別の子を同じ肺がんで亡くしていて、その最期が壮絶だったので家族で安楽死を選びました。
その選択はとても辛かったです。しかし大切な子が呼吸が出来なくなってもがき苦しんで死んでいった様子を目の当たりにしていたので、もうあんな苦しい思いはさせたくないと家族で決断しました。
家族が見守る中、私の腕の中で静かに逝きました。今思い出してもつらく悲しいです。
もっとたくさん一緒に居てあげたらよかった、もっとたくさん撫でてあげたらよかった、もっとたくさん……後悔は尽きません。
もし願いが叶うならば、あの子にもう一度会いたい。もう一度だけ優しく抱きしめたいのです。
名無しさん
猫はなかなか長生きだから亡くなった時のロスは結構キツイ。


名無しさん
安楽死は考えられないって一瞬思ったが、人間だって安楽死って選択肢があればいいのにって思うくらいなのに、辛そうな猫見て頑張れとは言えないなとも思った。。眠るように死にたいのは、人も猫も同じだよね。。。
名無しさん
思い出すと涙が出てきますね。私もこれまでに2回経験しました。それぞれ悪性リンパ腫と腎不全でした。人間のエゴかもしれませんが出来るかぎり一緒にいたくてお世話したくて毎日動物病院に通い精一杯の事をしました。それが正しいかどうかはわかりませんがでも素直に死を受け入れる事もできました。時々目を閉じると一緒に過ごし楽しかった毎日を思い出します。今でもそしてこれからも永遠にあの子たちを愛しています。
名無しさん
正月に愛猫を亡くしました。大晦日に急に後脚が立たなくなり慌てて病院に連れて行きましたが、治療が難しい状況で日に日に弱っていきました。
元々病院や家族以外の人間が大嫌い過ぎてストレスになり過ぎているのを先生が理解してくれて、家に明日帰らせてあげましょうと言ってくださいました。しかし当日急変して亡くなり連れて帰れませんでした。
最期の判断って難しいです。
家が大好きだったから家で看取りたかったけど、仮に連れ帰れたとして苦しむ愛猫を病院に連れて行かず天に召されるのを見届けることも出来なかった気もします。
名無しさん
ここのコメントを読んでいると、自分の飼っていた猫のことを思い出して涙が出てきます。
しかしそれと同時に、家族として最後まで看取ってもらえた猫たちの多さにホッとします。
幸せなニャンコたちが多くて良かったです。
名無しさん
いやぁ〜、考えたくないわ。
まだ、推定5歳(宮益坂で拾ったので、獣医の見解)が2匹居ますが元気で長生きして欲しい。
一緒に拾ったもう1匹は昨年、腎不全で亡くなってしばらくは辛かった。
息子たちも、今まで以上に猫を可愛がるようになったけど、その分ロスが心配だ。
名無しさん
腎臓が悪かったネコは、最期なかなか死ぬことができず長い時間痙攣して苦しんでなくなりました。
病院に駆け込んでも時間的には変わらず、ただ近くで泣いていることしかできなかったときに、安楽死というものが身近になりました。
最期は痙攣して死ぬかもといわれていたとき、考えるべきでした。
ほかの今まで送った子もなかなか安らかな眠るような死はないです。


名無しさん
糖尿病で亡くしました。
まだまだ元気できっといつか老衰だと勝手に思っていましたが、変化に気づいて病院に行ったらもう末期…。
動物病院で治療しても必ず治るわけではなく、今夜が峠かも、と言われ泣く泣く連れて帰って来ました。
金銭的余裕があれば、預けて出来る限り治療すれば良かったのか。
病院でなんて死なせたくない、単なる私の我儘だったのか。
弱っていく姿が悲しかった。いじらしい姿が愛おしかった。
大好きだよ、病気なんて治って、って何度も願って言葉にしたけど、最後は腕の中で息を引き取りました。
まだ思い出して泣いちゃうよ。
ごめんね。また会いたいよ。
待っていてね。大切な家族だよ。
噛まずにおとなしく抱っこさせてね!
pipipiooo
想像しただけで泣ける。
でもひとつだけ、落語家かなんかの言葉で「猫が死んだらまた飼えばいい。それが供養になる」とかなんとか。
私は自分の命のあるかぎり、たくさんは無理だけど猫ちゃんを幸せにしてあげるんだ。飼い猫に貰った幸せは、別の猫に恩返し!
名無しさん
愛してるから高額でも治療した。って人が多いですね。うちは愛してるからまず保険に入りました。全額出るタイプに。入りましょう。保険。
あたりまえ
私も先週に腎不全で愛猫を亡くしたばかりで涙ながらに記事を読んでます。
私の取った思いと行動で何が最善だったのか、愛猫が亡くしてから日々思うばかりで先に進めません。
家族も「この子との別れがこんなに辛いのなら飼わなければ良かった」の言葉に胸が締めつけられます。
ても、この子との出会いはかけがいの無いもので決して後悔するものでは有りません。
不測の事態で別れが有った皆さん。きっとその子とまた出会えます。きっととこかで。
名無しさん
痛みを取ってあげれないレベルなら
安楽死を選ぶと思うな。
名無しさん
病院に、行っても治らない。行こうとすると嫌われる。それもつらい。ペットは家族なんだから、嫌われる方が心が萎んでしまう。


名無しさん
皆さんのコメント、どれも泣けて仕方有りません。私も人一倍の猫好きですが、うちの子との別れの日を想像しただけで涙が溢れます。どんな別れでも後悔しないことは出来ないと思います。精一杯、スキンシップしておこうと思います。
名無しさん
いま15歳だけどネコの最後より残された家族の心のケアが今から心配です。
ゴリラ親父
ワンコだけど
肝炎で手の施し様がなかった
医者にも入院より少しでも
一緒に居てあげてと言われた
泡を吹き危篤状態でも
「冷たくなってきた」との
娘の叫びに健気にも最期の
命を燃やして少し体温をあげて
くれた…
もう飼えないと言う人も多いが
落ち着いたら譲渡会に足を運んで下さい
貴方の愛情を待ち望む仔達が居ます
わが家の二代目ワンコは譲渡犬
名無しさん
1番上の写真
超美猫
名無しさん
あーだめだ、数年後か分からないけど
想像するだけで胸が痛くて涙が出ます
ピョコ
去年腎不全から衰退し旅立った。
最後はいつもの様に少し散歩に出かけ、お昼過ぎから容態が悪くなりそのまま…
病気が判明して約4ヶ月程だったかな。
クスリ飲んでも大して変わらず。
16年も居てくれたから感謝かな。


名無しさん
後悔しないなんてあり得ない。
名無しさん
痛みなどで苦しむ時間が長引くのは
どうしても避けてあげたいと思います
でもその時になったら
どんな形でお別れすれば良いのか
考えるだけで辛くて泣けてくる
名無しさん
普通に飼って最後まで普通に見るものでは!
名無しさん
リアルな話、亡くなった時にどうするか決めてた方がいい。
俺はシェパード犬を飼ってて、病気で亡くなったんやけど、
看病ばっかりに目がいってて、亡くなった時にどう送るか全く考えてなかった。
10数年前の当時は、今ほどネットで調べて~って時代じゃなかったから、タウンページで自宅近くでペット納骨できるとこ探して~ってしました。
いざ火葬しますって時に、軽トラに載せた簡易焼却炉で火葬してお骨になりました。
正直、『9年一緒に過ごして最期が簡易焼却炉!?』ってかなりショックでしたね。
結局、別のペット霊園に納骨しました。
今はネットで何でも調べることができる時代だからですね。
皆さんが後悔せず幸せにペットを送ることができることを願います。
名無しさん
思い出して涙が出た…
最期はありがとうでしたね
レベルZERO
ペットとの別れほど、辛いものはない。


名無しさん
アカンわうちの猫も今年で16才この記事を読んで涙が出てきた
名無しさん
ぴんしゃんころりで逝くイメージしかない人結構いるんじゃないかなぁって思う。
テレビなどでも描写として元気な姿から死の情報しか出ないし。
名無しさん
読むだけで涙。考えたくないー!
名無しさん
うちの子は今5才。
まだ最後のときなんて、考えたくない、というか、考えられない・・・。
でも現実はいつか来ちゃうんだろうな・・・。
ペットロスに絶対なりますわ。
医療費を今から貯金しておかねば・・・。
名無しさん
ペットロス。
又飼いたい、でも………
いつか。
名無しさん
人間も猫も同じ。どうやったって、後悔する。愛しているから。


名無しさん
どんなケースを選んでも、その時が来たらそしてその後も泣けて泣けて仕方ないのだろうなという予感。
昔読売新聞の人生相談コーナーで「愛猫の死に後悔」という相談が載って、飼い主さんの想いに涙して、そして回答者の答えにまた涙した。
名無しさん
今そばにいてスリスリしてぴったり寄り添ってるうちの猫。
居なくなるなんて考えたくもないけど、いつかはお別れなんですね。
あったかいふわふわの毛に可愛い鳴き声、甘えて見上げてくる真ん丸の目、お別れしても多分忘れられないだろうな。
まだまだうちの猫は若いけど今からすでにお別れがこわいです。
名無しさん
今日路上で母猫が車に轢かれ雨の中子猫がずっと鳴いてたその後どうなんたんだろ!
名無しさん
猫・犬とペットレスを経験し、メンタルが強く(慣れただけ?)なった。ペットと割り切り必要以上に感情移入しないから、突然死しても2日で忘れる。気持ち切替え。代わりのネコは幾らでもいる。
方丈記
愛猫の死は、思った以上に引きづりますよ。
昨年の2月に亡くなった愛猫のことを不意に思い出し、未だに声を出した泣き咽ぶことしばしば。
父親が亡くなった時よりも、引きづりました。
名無しさん
犬や猫には安楽死という選択肢があるのに、人間にはない。
なんで?


名無しさん
外飼いの猫でしたが、死ぬ前にはどこかに隠れて死んでました。死ぬ時の姿は見せないようです。
室内飼いの猫に関しては、無駄な治療はせずに痛みだけ取ってあげて自然に死なせてあげたい。
名無しさん
安楽死奨める?
F91くちビーム
安楽死は出来なかった…
未だに、ふとした時涙が出る。
今でも答えが出ない、一生
悩みつづけると思う。
名無しさん
安楽死は絶対にない!生きようとしているのに、それを断つ事は人間のエゴのような気がして。何が正解かわからない。つらい。
名無しさん
亡くなった猫様たちの仏壇を手作りした
備えている水を現役の飼い猫が毎日拝むようにして飲んでいる
名無しさん
後悔だらけ、今もあの時の選択が良かったかって
答へなんて、一生出て来ない
ごめんね、早く気付いてあげらなくて
ただそれのみ


名無しさん
猫に限らず、生き物全て生まれ落ちた瞬間から死に向かう。
猫にとって辛い治療をして寿命を繋ぐのが良いことなのか、運命として自然に死を迎えるまで見届けるのか、どちらにしろ人間本位な気がして…
猫がどうしたいかはわからないし、何がベストなのか…
答えは出ないまま後悔は残るような気がする。
名無しさん
我が家に18歳の猫いる。ストレスになる延命治療や安楽死しないつもり。でも飲み薬の鎮痛剤などでなるべく苦しまないようにお家でケアして、穏やかに過ごさせてあげたい。苦しむ姿を見るのが1番辛い。
kon
猫を飼いながら、猫の死に目に立ち会えたことがなく、実は、とても苦しいことです。というのも、以前は、外飼いしており、居なくなってしまった。どれほど探しても見つかりませんでした。どこかで寒かったり、お腹を空かせていたり、悲惨な想像ばかり。年月が経ち、死んでしまったのは理解していますが、悲しさは消えず、生き物は飼わないと決意しましたが、子どもが猫を飼ってます。完全室内飼いにさせています。
名無しさん

最後の旅立ちの時には、そばにいて見送りなさい。「かわいそうで見てられない」とか「私がいないところで逝かせてあげて」なんて言うのは許しません。なでなさい。なで続けなさい。かわいいね。いい子だねと言いなさい。そうすれば着換えのの時間を少し短くしてやってもよいです。まあ、気が向いたら

猫の十戒の最後ですが・・・泣

名無しさん
空気が読めなくてごめんなさい。一番最初の猫の写真、すんごくかわいいですね!!!猫の中の猫!!!トップクラスの猫!!!猫の鏡開き!!違う。猫の鏡!!!違う。猫の鑑!!!
名無しさん
安楽死するまでの間、飼い主をが付き添っていないとペットは不安そうにいつまでも飼い主を探すのだとか。
誰かがこの記事とは違う記事についたコメントで書いてた。
安楽死を選ぶ時は飼い主は一緒にいないとね。


管理人の率直な感想

ペットロスは僕も経験したことがあります。
亡くなった直後は悲しみと後悔、自分を責めることばかり。

「もっと遊んであげればよかった」
「叱っちゃったこともあった」
「病院怖かっただろうな」
「あの子は本当に幸せだっただろうか。こんな自分でごめん」

そして『もっと一緒にいたかった』です。

良い思い出っていうのは結構時間が経ってから思い出すもので、ああすれば良かったこうすれば良かったばっかりなんですよね。

僕が飼っていた猫は凄く甘えん坊で、僕が仕事から帰ってくると車の音で分かるらしく、外に出て来て(出してもらって)車のドアを開けると速攻で僕の胸にダイブしてきました。
「おいおい動けないぜ~」なんて言いながら、子供をヨシヨシするように抱きかかえながら玄関へっていうのが日課でした。

そんな猫だったのですが、体調を壊して痩せていく中、ある朝に僕が仕事に行った後に行方不明になりました。
気にしながら仕事をして帰ると、やっぱりいない。
体調が悪いので胸にダイブは無くなっていたんですが、家の中にいない。

外を探すと、家の脇の方で倒れていました。
もう亡くなった後でした。

いつどうやって出たのかは分かりませんが、最後を悟って僕を探しに出たのかもしれない。
そう考えるといてもたってもいられず自分を責めるばかりの毎日が続きました。

今思い出しても目頭が熱くなりますが。

後悔しないためにといっても、やはり何かしらは後悔するものです。
「後悔を最小限にするため今を一緒に」そして「亡くなった後に良い思い出と共にずっと一緒にいられるように」
そんな思いから今回の記事を載せました。

『動物を愛する人に悪い人はいない』と言いますが、僕は後悔から自分をさも悪人かのように責めちゃったので。

今はツイッターで、みなさんのペットの画像や動画を見て癒されています。
いつもありがとうございます。





コメント