河野景子さん著書「こころの真実 23年のすべて」5日発売著書に貴乃花氏との23年間告白「何もかもが限界」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


昨年10月、元貴乃花親方の貴乃花光司氏(46)と離婚した元フジテレビアナウンサー河野景子さん(54)が離婚後初の著書「こころの真実 23年のすべて」(世界文化社)を5日発売する。離婚を景子さんから切り出したことや、ストレスで円形脱毛症になったことなど23年間の結婚生活を赤裸々に告白。「何もかもが限界でした」と包み隠さず心情を明かしている。


スポンサーリンク

離婚の経緯

世間を騒がせた平成の大横綱と支えてきた妻の離婚劇。双方が多くを語らなかった離婚の経緯について、景子さんは著書の中で「私から切り出した」と明言。「彼が引退届を協会に提出したことが離婚の引き金になったのは確か」と、共に精魂を注いだ貴乃花部屋の消滅を大きな原因として挙げている。


体の変化

体の変調も引き金となった。景子さんに衝撃的なことが起こったのは2012年ごろ。前頭部の髪が直径5センチほど抜け、円形脱毛症に。そこで「このまま終わっちゃうの、私の人生」との思いが巡った。離婚への予兆はその頃から生まれ「否応(いやおう)なしに降りかかってくる大きなストレスに、もう耐える自信がなかったのかもしれません。(中略)何もかもが限界でした」と振り返った。「引退届を出さずにすむ状況だったとしても私は別れていたかもしれない」との心の内も吐露している。


弱音を吐けない

多くの人が知る貴乃花氏の波瀾(はらん)万丈な人生。勝負師としての生きざまや大きなケガ、さらには花田家の騒動など結婚生活は平穏な時間の方が少なかった。景子さんは、ここ数年、ぎっくり腰になっても夫を迎えに行くため「はうようにして運転席に座った」とし、インフルエンザ明けでも「“大丈夫だ。もう熱ないんだろ”と彼に押し切られてフラフラするのをこらえて知人のお祝いに出かけた」とつづっている。一方で、貴乃花氏は師匠としての顔、協会と向き合う「貴乃花光司」の時間が増え、次第に「花田光司」ではなくなっていったという。

弱音を吐けない妻と、家族としての顔を見せなくなっていった夫。景子さんが明かした「お互いの中で“いつか離婚するだろう”という思いは生まれていた」。同書に描かれた、積み重なる夫婦のすれ違いによる離婚劇の内幕は、世間で大きな反響を呼びそうだ。

出版にあたり景子さんは「これまでの23年間のいろんな出来事に対して、私が抱いた“私の心の中にある真実”を書きました」とコメント。出版関係者によると「元旦那さまにも読んでいただきたい」と希望しているという。

★書籍はこちら★
河野景子著書「こころの真実 23年のすべて」(世界文化社)

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000065-spnannex-ent


河野景子さんが今まで語らなかった真実を本で告白。大横綱の妻・花田光司の妻として、離婚、花田優一の母として、花田家の騒動、体の変化etc・・・。ネットの声

名無しさん
確かに普通の夫婦家庭は送れないのはわかるけど、自分ら夫婦の問題をいちいち本にして金儲けするのは違うと思う!
広島人にはカープの血が流れとるけぇ
会話を重ねた末での離婚といっていた気がするが、元旦那様にも読んでもらいたいのであれば、あまり話し合えていなかったのかもね。
xyzabc11
夫婦それぞれに芸能事務所に所属して、テレビバラエティに出るようにもなりましたね。
息子さんもだし…。
やっぱり、なんだかんだ言っても、注目されていたいのかなあ。
地味に地道にコツコツと暮らすことは、この家族にはできないんですね、
tabasa
元貴乃花は難しい人だと思うので、大変な事は多かったでしょうし、確かに驚くけれど円形脱毛症は私もですが、なる人は多い。
やけに大袈裟に書かれていますが。
ぎっくり腰でもインフルでも運転させられたとか、そりゃ大変ですけど、普通の女将さんは弟子達と暮らしているのだから、休みなしのようなもの。
この方は違うでしょう。
華やかでいられると思ったら違った、結局下働きのような事は耐えられない人。
離婚し注目されて嬉しそうなちょっと綺麗なだけのおばさん。
そしてこの本。息子共々恥ずかしいなと思う。
どちらかと言えば右よりかな?
こういう暴露本的なものは嫌いだ
名無しさん
まぁ貴乃花を見てると彼女も大変だったのだろうと推察はするが、だからといって本にして全国に愚痴をばら撒いてそれで注目してもらって金儲けしてるようじゃ、どっちもどっちだね。
息子を見てると貴乃花も彼女に対して言いたいことはたくさんあるんじゃないかなと思う?
彼の性格上言わないだろうけど。


名無しさん
あなたのご子息をTVで観るのも限界
名無しさん
一般の会社とかでもそうだけど、一方的な暴露や陰口を言ったもの勝ちには絶対してはいけないと思う。
名無しさん
やっぱり河野側から暴露本がでたか~。
名無しさん
旦那は、トロフィーハズバンドだったと自ら言っている様なもんですね。息子を見れば、こういう本を出しても同情する人は少ないんじゃ?
seys3723
離婚して、貴乃花には感謝している、とか言ってた人が、暴露本。口先だけの感謝でしたね。相撲部屋の女将さんとは、当事者にしかわからない苦労があると思いますが、それは、前もってわかっていたことで、他の部屋も同じだと思います。違ったのは、この人の覚悟と適正。円形脱毛症だとか、熱があっても我慢させられた、とか、相撲部屋の女将さんじゃなくても、普通にあること。もっともっと厳しい環境で、家族の為に耐えている奥様方は腐るほどいる。それだけ、この人の感覚は、女将さんには向いてなかったということ。限界を感じたのは河野景子だけじゃない。貴乃花も同じじゃないですか?でも、貴乃花は言わないよ。逆に、苦労かけましたからって、言ってました。やっぱり、安っぽい女だった。プライバシーを売って稼ぎ、自分を擁護して、これからの芸能活動に繋げたいかも知れないが、そう上手いこといくかな?反感買ったと思いますよ。クソババアと思う。
名無しさん
離婚後に自分の主張だけできる本を出すのは卑怯


名無しさん
こういう事する人は私は好きにはなれない。
名無しさん
まぁこの母にして、あの子有りですよね…
名無しさん
うわー、最悪な元嫁だ。。。
こういう女性だと思ってなかった。生きていく為にお金が必要だからって、後から有名人の元旦那の家庭での悪口を本にするって最低だと思う。しかも相手は歴史に名が残るくらいの平成の大横綱で一般人にとってヒーロー。その人の家庭での妻への態度を世間にさらすのね。家庭でのすれ違いや甘えや厳しい事いいあったりなんて、夫婦ならいくらでもあるのに。自分が言われた事だけ被害者かのように語って、自分はすごい頑張ってた事を語るなんて。しかもこの人の場合は夫が貴乃花で良い思いした事だって、たくさんあったろうに。。。
名無しさん
この人のしたたかさが、よくわかる。
ef5****
貴を擁護する訳ではないが、この人フジの時から腹黒く見える。
名無しさん
そもそも角界に嫁いだ事自体間違い。


名無しさん
「私の心の中にある真実」は、本当の真実とは違うような気がする……
どちらにしても一方的な考えを出版物にして「事実」扱いにするのはどうかと思います
この母親にしてあの馬〇息子ありなんでしょうね
名無しさん
本にする必要はない。
のほほん
この人って本当に心が卑しい
名無しさん
離婚後そんなに経っていないのに、もうこのような本が出てくるって事は、全て計画していた離婚なり出版なりって事かな?
生きる証
結局、お金なのかなぁ?内容は、わかりませんが、イメージがもっと悪くなりました。
名無しさん
まだ二十歳そこそこの貴花田を色仕掛けで落としてでき婚。
大変大変言ってるけど、住居は弟子とは別の場所で他のおかみさんに比べて楽してたろうが。


イナワーワー
暴露本出版を貴乃花は認めてるのかな夫婦間のことを公にするのはルール違反だと思う
名無しさん
TVで離婚話を聞かれても思わせぶりな
態度だったのは、本を出すからだったのね。
貴乃花の寡黙な人柄を熟知してるから
言いたいこと言えるのだと思う。
名無しさん
夫婦は紆余曲折あるのは当たり前だし、離婚も特別な事ではない。でも、一芸能人がマスコミ報道に反論するかのように暴露本みたいなのを出すのは卑怯だと思う。
内容はともかく、元貴乃花の経歴や過去に傷をつけ貶める行為でもあるし。
本にまでして、世間の人に知らしめる意味は何?と思う。
勝気な性格で、自分が負けたような人生では黙ってられないんだろうけど、ここまで自己顕示欲が強いとは、普通に地味に生きてる私のような凡人には理解できない。怖い。
名無しさん
あの息子の現在を見るに部屋を離れて暮らしていた意味が全くなかったことは分かりますね
名無しさん
本を出すから今まで多くを語らなかったんですね。
恵子さんらしいやり方だなと思いました。
ある意味貴乃花の裏方プロデューサーだったのですね。
貴乃花さんもこれからは若い方と再婚でもして
自由に生きて行って欲しいと思います。
太斎門
人気絶頂の横綱と結婚して、羨ましがられて
良いおかみで注目され、つねにハイクラスな女性イメージをよそおって、結果ただの注目されたい見栄っ張りで薄っぺらな残念な人!


名無しさん
他の相撲部屋の女将さんと違い
別のマンション暮らし
自分の会社もち講演会もこなしどれ程自由にやって来たか。
横綱と結婚をする時に女将さんになる覚悟あった筈なのに相撲部屋は片手間でその分貴乃花は大変だったでしょう。
嫁はいつもおしゃれしてあっちこっち行って
相撲部屋はたまにしか来ない。
何だか、自分だけが苦労して大変だったかの様に告白してるけど
貴乃花の方がこんな嫁持ってしまって
相撲部屋も畳む事になってしまい気の毒だった。
名無しさん
夫婦の事だから別れるのは自由。
でもこれって暴露本だよね…正直これはどうかと思う。
結局円満での離婚ではないのかなって思う。
自分から切り出したとか言ってホントは別れたくなかったとか…大体年下の旦那を持つと未練がましいところあるからね…。小柳ルミ子みたいにね…。
名無しさん
私が彼女の立場なら離婚して半年も経たないうちにこんな本は出さない。
「メレンゲ」に出た元貴乃花は見る限りこの人を貶める事は言わなかった。
むしろ再婚する時は次も年上がいいと暗にこの人を持ち上げる感じだった。
(司会が久本なのでリップサービスかも知れないが)
どこぞの番組に出た時は元貴乃花の事をネタとして使うし。
どこまでも私生活を切り売りして生きていくつもりなのかな?
離婚は夫婦の問題だし、どっちが悪いのかは分からないし、もしかしたら元貴乃花に大方の責任があるのかも知れない。
それでもこの人に不快感しか残らないのは結局元夫を利用してのしあがろうと言う計算しか感じられないからだと思う。
名無しさん
何も暴露本なんてださなくても…
夫婦なんて多かれ少なかれ問題や衝突はあるわけだし、それをいちいち世の中に発信しなくてもいいと思う。
これ以上傷つけ合わなくてもいんじゃないのかな?
結局、お金の為?
akt
ご苦労もあったかと思いますが、大横綱との結婚はそれも覚悟の上でだったのではないでしょうか。
離婚後は多くを語らず、奥ゆかしいお方だと思って好感を抱いてましたが、暴露本とは…。ご自分を擁護してもらいたいような内容みたいですし、大の大人が恥ずかしくないのですかね。
不憫で可哀想に思えてきます。
『爽葉似羅』
普通に考えれば普通に相撲部屋運営されてる夫婦も居て、子育てもキッチリされてる親方夫婦がほとんど、それが出来ないのがこの方達だった、おかしいから離婚した理解も出来る、家族崩壊への道の話して事ね。


名無しさん
離婚したんだし、お互いの道を歩めばと思うが黙ってられない性格なのかね、花田光司はこんな暴露本は出版しないだろ。
名無しさん
私も経験者だけど、
結婚生活暴露されたらいやだな。
出版前に相手にも承諾もらって利益折半ならいい気がするけどー。
結局お相手あっての結婚生活だったわけで、
いまテレビに出れるのもそういう需要な訳で。
名無しさん
平成の大横綱貴乃花を支え女将として捧げた人生は素晴らしいと思う。
しかし赤裸々生活を暴露本出版させる必要は無いと思う。
自身の本業だったアナウンサーで勝負するなら未だしも印税目当ての本行為は賛成できない。
名無しさん
こんな事すればするほど自分のイメージ下げるだけなのに。。。
名無しさん
目立ちたいが、まず鮮血なのかな
注目される人生を注ぎたいんでしょうね
次は若い男と週刊誌に撮られて注目かな
名無しさん
こうなると、元親方、こんな人と離婚して正解だった。という見方になってくるな。


名無しさん
出た、小遣い稼ぎの暴露本出版、もちろん買う気はない
nigelmancell
自分から横綱貴乃花に近づいて結婚したんだから、内面なんか気にしていないでしょうに。
お金で結婚するから、してあげたのに返してもらえてない感が出るんだよ。
インフルエンザで3日目くらいに動かざるを得ない人、どこにでもいる。
名無しさん
女将さんと言えば母親同然と言うだけにあの息子見てると母親業は向いていなかったんだとは思うが、かといって自分1人の能力だけで生きて行けるほど魅力のある芸能人って訳でもないよね。これからは貴乃花の母親と同じように暴露話やスキャンダルを売りに生きるしかないんだろうが、お手本まで元旦那頼りって皮肉だね。
名無しさん
離婚の本音を本にして吐露する事は如何にも自分だけが我慢を強いられたかのように思えます。少しでも優位な位置に立ちたい思いなのでしょうね。
名無しさん
女将さんとして生活を送る覚悟があって貴乃花と結婚したのならこういう暴露本は出さないと思うんだよな。しかも住み込みじゃなくて通いで女将さんやってたんでしょ?他の女将さんよりもだいぶ規制がなかっただろうし、それを認めた貴乃花だって相当に譲歩してると思う。河野景子が相撲の世界に足を踏み入れてから仕組みが変わったのなら同情のしようもあるけどそうじゃないからね。
名無しさん
「夫婦のことだから」周囲ではそっとしておこうが本音でしたが残念です。特に元夫に読んで貰いたいの一説に結婚生活の覚悟は感じられませんでした。


名無しさん
世間の同情と
お金を集めるための本だね
名無しさん
金もうけなんだろうけど最低の行為だな。
名無しさん
やっぱり出しましたか。
出版社から大金は積まれたんだろうけどこういうのが1番嫌いです。
まさに他人のふんどしで相撲を取るですね。
名無しさん
りえちゃんの後、すぐに景子さんが貴乃花に猛烈アタックのようにみえました。
貴乃花にというより、貴乃花の地位に惚れています、という感じ。
テレビで撮影されているのにてを絡ませて、貴乃花もそこまでしてくれるのならとまんざらではなさそう。
婚約当初より野心が見え透いていて、貴乃花が気の毒でした。
名無しさん
まぁ相撲部屋の女将、しかも貴乃花部屋ともなればストレスがかなり大きかったのは想像できる。旦那の貴乃花も仕事オンリーで他のことは二の次みたいだったろうことも想像できる。実際どうだったかなんて我々にはわからないし、本人達が離婚を選択したのであれば仕方のない事。
ただねー、あの出来損ないの息子のことや、こうやって暴露本みたいなものを出すのはどうかと思うけどね。
名無しさん
全内容見てないから何とも
言えないが、記事にある部分だけ見ると
私は頑張ったって部分が強いね。
これだけ見ると
モンスターバカ息子産み出したのは
母親なんだろうと思うわな。


匿名希望
私も離婚経験者だけど、不特定多数の人に相手の悪いところを知られるような行為とか、結婚生活を暴露するとかあり得ない。
最近流行りの「離婚しても大切な人」みたいな円満演出離婚には賛同できないけど、私は過去に愛した人には最低限の尊重を持って生きていきたいと思ってる。
夫婦にはお互いにしか分からないことがあり、片方から出た情報は真実と違うことも多い。
それに、ひどい病気や怪我でも仕事に出なくちゃならない状況とか誰でもあるし、あまり世間を知らないで大変でしたアピールをすると、結局自分のイメージ悪くなるだけ。
黙ってるのが1番です。
名無しさん
もう過去の事は喋るな。ましてや夫婦のプライベートな事まで。
良くも悪くも共にしてきた時間を辛かった、苦しかっただけ話すなよ。
楽しかった事、他では経験できない良かった事も沢山あっただろ。
前向きな話だけなら読むかもしれないが、この記事さえ見出ししか見てないわ。
名無しさん
宮沢りえさんと結婚していれば、貴乃花さんもあそこまでの性格にはならなかったのでは?りえさんは、婚約中、将来の自分として女将さんの生活を楽しみに話してる記事を読んだことがありますし、婚約会見のお二人は本当に幸せそうでしたから。景子さんは貴乃花さんの肩書きが欲しくて、傷心の貴乃花さんを落とした印象が強かった。女将さんの責任などはあまり考えず。りえさんと結婚出来なかったのはつくづく残念。りえさんは別の幸せを見つけられてるし、今更ですけど。
名無しさん
円満ならば離婚しないと貴乃花が話していたとおり。
名無しさん
告白本を出したところで、お互い得はないと思いますよ。それでなくてもイメージ悪いのに。
元社長
これは本質はさげまんかもわからんね。


名無しさん
相撲部屋の女将さんとして、妻としての心残りとか、
少しでもおありだったら、本は書かず、出さなかった方が、
良かったと思います。傷口に塩を塗る事になり、ご自分自身も、
自責の念にかられるのでは・・娘さんをも、傷つける事になりますから
相撲部屋も消滅し、貴乃花さんの今後もあるので、わかれてからも、
お互いを思い遣るくらいの方が、印象が良いし、素敵ですから、
お互いに傷付けあわず、未来に向けて、頑張って欲しいと思います。
あっちん
もう終わった事!
今更、蒸し返す必要はないし誰も興味もない。
そんな暇あったら、息子の子育ての手直しをした方がいいし、前を見据えて自分らしく生きて行って欲しいと思う!
xy789
結局は思いやりのない元旦那さんへの悪口を書き連ねて
印税を稼ぎたいみたいですね
名無しさん
読みたいと思わない。
名無しさん
離婚してまだ浅いこの時期に出版、自分は頑張ってきましたアピールと思いますがそこまでして自分を売りたいのでしょうかね。
注目されたい、華やかな人生を送りたい、やはり強かな方ですね。
総合すると元貴乃花親方も難しい方だと思いますが女将さんにも問題はあったのでしょうね。
親方の色に染まってくれなかった結果だと思います。
名無しさん
身内の話を売り物にして、気分が悪い人は不買すれば良い。彼女自身、売れなかったら自分の価値はこんなものか…と思い知るでしょう。本を出して生活費を稼ぐことが目的だったと思うけど、金欲しさに行った行動で自分の商品価値を下げて困窮すること気づかないのかな?息子の躾も出来ない母親が、他人様の子供を預かって、育てる女将さんなんか務まるわけがないんだよね、それなのに、相撲協会に辞職届けを出したことにより部屋が無くなったことが離婚の原因みたいな事、よく書けるよねと、世間は思うわけですよ。
そもそも結婚を決めた理由も、宮沢りえよりアタシを選んだのよ!と貴乃花ブランドを身につけたかっただけの事で、彼のブランド価値が下がった事で興味なくなっただけの話じゃないのかね…。


名無しさん
離婚間もないのに貴乃花の暴露本を出版するのはどうなんだろうか。河野景子は芸能界が好きで好きで、早く復帰したかったから良かったと思うが、貴乃花はたまったもんじゃないね。
お金と権利が好きな女性と結婚したのが、そもそもの間違いだった。
名無しさん
理事長夫人になれないの確実にわかったから離婚したのでないか?貴乃花のほうが限界だったのでないかな。
Mr.BOO!
夫婦にはその夫婦にしかわからない不満やツラさ等ある
なので離婚したことをあーだこーだと他人が言うことではないと
まっ、河野さんの性格が相撲部屋のおかみさんに向かなかっただけなんじゃないかな
もちろん貴乃花の性格との相性もあるだろうが
am0…
ノンストップで見ましたが…よくある苦労話→気づきがある→頑張る新しい私って言うパターンで、芸能人ってどうでもいい薄っぺらい内容の本を出すのが好きだなと思いましたが、さすがに自傷行為が出てきた時は、出た〜!って感じで苦笑してしまいました。
辛かった事や苦労話ばかり強調してるけど、それら全てを覚悟で結婚したはずですよね、8歳も年上なんだから。
それともあまりにも全盛期だったから自分は贅沢三昧な生活をしていれば良いと勘違いしたのかなぁ。当時エルメスだらけで闊歩する姿を良く撮られてましたしね。その辺りの幸せピークだった事は書かないのでしょうか。
ただ、こんな本を出す暇があるならまずはバカ息子をなんとかした方がいいと、世間では思ってます。
名無しさん
なるほど‥本を出すからテレビに出演しても離婚絡みの事をほとんど語らなかったのか
fatalicity_NAO
貴乃花氏は見るからに難しそうな人ですからね。
特に対人関係で致命的な欠如がある気がします。
彼のご両親の子育てが原因なのですが、景子さんはそれを打破できなかったのでしょうね。
告白する際にその辺りまで踏み込んでいると良いのですが、自分のための告白だとすれば彼女もまた同じ穴という事になりますね。


名無しさん
結婚するとき理由は1つか2つだけど、離婚するとき理由がいくつもでてくる。しかも遡って。お互いの言い分は第三者には聞くに耐えない悪口愚痴でしかないし、正当化しようとして話がとっちらかり意味不明。
夫婦っていいときも悪い時も共に歩み築き上げていく、神父さまもそうおっしゃるあの誓い、いつしか忘れちゃうんですね。
この2人は離婚したほうがいい夫婦。でも暴露本は先に言ったもの勝ちになっちゃうし全国に晒して好奇の注目をうけお金儲けすることだとおもう。黙ってたらいいのに。素敵な女性だと思ってたけど恥ずかしい人だと軽蔑する。自分で選んだ結婚でしょういい思いもいっぱいしたでしょうに。
共感できない。
名無しさん
夫婦のことは夫婦にしか分からないことだと思うのでイメージだけでどちらがいい、悪いを言うのはおかしいと思いますが…
家庭内の事を世間に向けてベラベラ暴露するのは違うと思います。
内容は知りませんが…恨みつらみを書き綴ってるなら…結局愛されなかった可哀想な年上妻位にしか思われないと思います。
多くを語らずこれからにだけ目を向けてテレビの前に立つ元貴乃花親方の方がよっぽどカッコいいです。
名無しさん
夫婦の間で支え合えないと辛いけど、家庭で女性を支えるのは何も夫が担うばかりでは無いはずと思います。独立した息子さんやお嬢さんもいるし、夫婦同伴の席で断れないなら部屋の幹部の方々を促して負担の少ない方法を探すとかいろいろ出来たのでは?親方夫婦と部屋と、家族の関係があまり良くなかったのかも知れない。
shinjuku-sag
家族のことを大っぴらに商売道具にしちゃダメ。
ましてやテレビに出ない娘さんもいるはず。
他と比べたらダメだけど、高田みづえさんは最近一度だけテレビで歌ったくらいで、幸せそうでした。
おかみさんになるからには、相当の覚悟が必要なのでは?そして、当事者同士で解決していくべきだと思います。
名無しさん
自分以外の人間と生活をすればそれは子供であろうと旦那であろうとストレスを感じたりすることがあるのなんてこの人に限ってのことではなく当たり前だろ。
嫁姑問題がある人も、旦那が浮気した人も、子供が不登校な人も、いろんな人がいる。
それをさもじぶんだけが大変な思いをしたみたいに暴露本まで出すなんてこの女は最低だな。
名無しさん
夫婦のことを出版したらおしまい…
そりゃあ、貴乃花親方は融通きかないワンマンだったのは想像つきますよ。
景子さんの気配りや努力があったからこそでしょうけど出版したら値打ちなくなるなあ…
後味わるい。
女は強いね。


名無しさん
周りの人と次々と疎遠になっている様子をみると、貴乃花の個性の強くやりにくい人だと伺える。
でもこのタイミングで暴露本を出すなんて、自
分と息子を有利にしたいのですか。
貴乃花は家族の批判はしていないですよね。
名無しさん
どうして女性は何かあると暴露本みたいなものを出すんだろうね。
自分で自分を肯定して慰めて納得すると共に実態を知ってもらいたいとか間違ってはいなかったという事を世間に知らせる為なのかね。
加えて自分生きた証しや記録を残したかったのかね。
不思議だよね。
収入源とも考えてもいるんだろうがね。
それにしても理解できないね。
ところで河野さんは上智大卒ではなくて青短卒なんじゃなかったっけ。
名無しさん
本にしてしまったら、それはずっと残る。
賢い人なら、離婚したばっかりの、恨みつらみが強い今の自分の気持ちを残そうとは思わないだろう。やっぱり「旬」のうちに本を出すところ、目的はお金かな
名無しさん
>貴乃花氏は師匠としての顔、協会と向き合う「貴乃花光司」の時間が増え、次第に「花田光司」ではなくなっていった
>「彼が引退届を協会に提出したことが離婚の引き金になったのは確か」
せっかく花田光司に戻る事になった途端離婚の引き金って…
夫婦って難しいなぁ。
景子さんは私の印象では結構したたかだけど、この本を出すことによってマイナスのイメージしか得られない気がするけど…ターゲットが違うのか…主婦層の受けを考えてワンマンな旦那に困らされてる人の共感を得るのが目的かな…お茶の間に戻ってくるのかもね。
匿名
この手の暴露本、きっとだすだろうと思っていた。最後まで黙ったままのほうが印象が良かったのに。本当に残念
たろっこ
離婚する人も増えたと言う事だけれど、結婚前のお付き合いの期間が短すぎるんじゃないんでしょうか。
周りの意見を聞いたり、いろんな探りを入れたり、喧嘩をしてみたりして、どういう人格の人かを見定めてから結婚したほうがいいと思いますけどね。
河野さんもそれが欠けていたような気がします。


名無しさん
離婚して間も無く夫婦ネタでビジネス。
一時的には興味本位で本は売れる…だろうが、長期で見れば、河野自身は勿論、その息子も売れる要素はない。
そもそも河野も息子の事が本当に可愛いのであれば、今は夫婦ネタビジネスを展開するのではなく、息子を更生させる方を優先しなよ。
ふふゆ
確かにたいへんな結婚生活だっただろうとは思うけど、どうしてそれを一方的に公に発表する必要があるのだろう。
景子さんが頑張っていたことはわざわざ言わなくてもわかっていることなのに。
こういうことをすることで景子さんを応援したいと思っていた気持ちがなくなる人多いはず。
名無しさん
お互い好きで結婚したんじゃないですか?一度は愛し合った仲じゃないですか?それがうまくいかなかったからと言って相手の欠点を本にしてまで暴露するというのは私は嫌ですね。
たとえ、嫌いになったとしても自分の心の中に収めておいて欲しかったと思いますね。
出来れば「私は、貴乃花に何があってもついて行きますし、一緒に頑張りましょう」くらいは言って欲しかったですね。
名無しさん
元貴乃花親方だって、とっくに限界だったかも知れない。自分だけ告白本出して、あざとい。
名無しさん
元々価値観や環境、年齢の違いから共感出来なくなったのでしょう。結婚の頃は二人共スター的存在でしたからね。一線から退いても尊敬出来るか、共に歩む覚悟はあるか?それが結婚だと思います。元々合わないと思っていました。
名無しさん
子供たちの事を真剣に考えてないのかな?
考えているのなら、暴露本なんて出せないと思うけど…


名無しさん
本を出版する事を聞いて、驚いた。それもいわゆる暴露本。
もっと頭の良い人だと思っていたのに、間違いでした。
人それぞれ限界があるので、この人の限界がどの程度かはわからないけど、息子の言動を見れば 決して人に褒められるようなレベルではないと思う。
名無しさん
夫婦間の問題は、当事者同士しか分からないし、他人がとやかくいうことではないと思う。家庭ごとに違うわけだし。でも一方的に夫婦間のいざこざを暴露して、金儲けにつなげるのはフェアじゃないかな。「旦那様にも読んでほしい」ってことは離婚前にきちんとお互いの思いをぶつけてに円満離婚んじゃなかったってことでしょ。
1997NEWYORKPONPON
せっかく今まで耐えてがんばってきたのに、本を出版して、公にすることで、その努力がすべて無になってしまうような気がするけどね。苦労してきた23年間が、こんな短い本1冊で判断させてしまうのは悔しくないのかな?お金儲けのために、すりよってくる人たちに、のせられないように気をつけることも大事だと思うし、靴職人の息子を少し黙らせた方がいいと思う。なんか調子がいいだけの軽い感じがする。寡黙な親方を拒絶して、軽薄な長男を溺愛するは、ちょっとそれは違うかな?って思う。
名無しさん
離婚はお互いに理由があるから、このような本は嫌い。
この方、結局相撲部屋の女将さんでしたと言いつつ、普通は一緒に弟子と料理したり、巡業にはついていくのにしなかった。
もっと支えてあげ、貴乃花を孤独にさせなかったら良かったのにと思う。
離婚はお互い言い分があるのに、本を出すとはいかがなものかと。
紅豚
自分の選んだ相方が将来は大相撲界を背負っていく人材だと結婚前から判っていたはずだ。当然公私の私の部分はどんどん削られてそれに従い自分も内助の功をせざるをえない状態になることは明白。それなのに騙された、裏切られた感ばかし主張するのは呆れるを越えて憎悪すら感じる。通いおかみで通されたんだから貴乃花だって随分我慢したと思うな。
ツイノスミカ
結婚した当時は、年上の彼女がやらかしたんだと思った。事実はわからないから想像の域ですが…。
でも貴乃花がいないとお金儲けできないのかな?と思いました。夫婦にしかわからないこともたくさんあることも承知してます。
元嫁も長男も貴乃花頼りなんでしょうね。


名無しさん
貴乃花は、相撲界でも注目度は別格だったと思うが
他の親方のおかみさんもみんな似たような状況で
頑張っていると思う。
予想はもっと早く離婚すると思ったけど
今までよくもったのではないか。
two::/
いくら元アナウンサーだったからと言って、自分の離婚のこと、家族のことをここまで晒す必要性を感じない。何がしたくてこんなことをしているのか理解できない。離婚は自分の心の中だけで消化すればいいのに。
このお二人の結婚の始まりを見ると、この終わり方もなんとなく理解できるような気がする。
まず、元ご主人の婚約破棄があり、その後の出会い、そしてできちゃった婚であったことなど、出会い、結婚の始まりの部分を見ると、その結婚の行方が大凡予測がつくというのは事実だと思った。
もうこれ以上 自分の離婚を晒さない方がいいよ。これ自分を下げてる行為だってわからないのかな?息子の不祥事(暴力事件)だってあったのだから、これ以上あれこれ喋らない方がいい。
涙がほろり
すごい被害者ぶりだけど、貴乃花を結婚相手に選んだのは彼女。類は友を呼ぶって知ってるのかな?暴露本を出版なんて、本当に品がないことはやめたが良い。
名無しさん
辛かったという過去をお金に変える図太さがあればこの先きっと大丈夫!..笑
名無しさん
でもネタにして、儲けようとする親子。
こういう著書は興味ないし買わない。
もうTVにも姿を現さないで下さい。見苦しぃです。
213
最初から境遇が違いすぎるでしょ。その覚悟が無いままチヤホヤされて結婚したから現実と向き合えなかったんだね。
育った環境が違いすぎる結婚は無理が生じる。乗り越えられたら愛の絆が強い証。でもこちらの夫婦は愛というよりママゴトからのスタートだったから。
夫婦に試練は付き物。一般の人だって離婚したくても経済的にできない場合が半数以上。
本なんて出したって誰も読まない。
稼ぎがある程度期待できるから別れたんだよね。


…⌘
景子さんに対して少しのねぎらいの言葉を元貴乃花が口に出していたら少しは違かったのかもしれませんね…大変だったと思います。
女将さんは働き手として扱われていても心無い言葉のかけ方や態度は精神的にもストレスにはなると思います。
ただ暴露本を出して自分を分かってもらおうとか弁解する様なことになると元夫婦であろうとキリが無いのでそこは耐えて身動きをあまり取らない方が良かったのかな…と思います。
名無しさん
本書く前、子育てしっかりしてください。
テレビでていても、あまり気持ち良くみれないのは、何故?
生活しなくては、ならないのわかるんですが、
貴乃花親方は、離婚してよかったですよ。
河野さんは、すごく綺麗ごというのは、上手ですが、なんか息子の優一さんが受け継いでるんでしょうね。すべて、うさんくさく、信用、ならないように見える。
名無しさん
限界だった、って?自分が選んだ人だったのでしょう?今更そんなことを言うなんてちょっとおかしいよ。
名無しさん
あなたの暴露本は今までご自分で苦労されたことを書くだけでなく、元貴乃花親方が言われたことを書いてあるみたいですが、自分を正当化して書いて暴露本を出すことはお金のためですか?
今まで大事にしていた夫婦、家族の思い出を
自ら壊してると思います。
元貴乃花親方さんに対して一番してはいけないことをしてることを考えたことはありますか?
お金のためでも暴露本は出さないでほしかったです。
名無しさん
これまでたくさんの相撲ファンに支えられて生きてきたのにわざわざ本にしてファンが聞きたくないような家庭ないの話しを世間にだす必要がない。金がないんだろう。
gogo-uchimura
大した内容ではないなあ。インフルエンザしかり、ぎっくり腰しかり、その程度で本出すほどのおおごとではないような気がする。
円形脱毛症だって、それと離婚の動機はあまりに希薄だし、どれも大した内容ではない。
出版社の人に、書けと言われて無理して話を膨らませたような感じがする。


名無しさん
やっぱ結婚て大恋愛した人とするべきなのかも。宮沢りえと結婚してたら、この一族もこんなことにならなかったのかも⁈
名無しさん
なるほどー。この本を売るために今まで我慢してきたのですね。
こういうのムカつくから絶対買わないわ
みんな笑える様に
一般的な生活じゃないのは初めからわかっていたことだと思う。
夫=先には親方になる人。おかみさんになるということ。
夫婦それぞれだけど、今、本に真実として話さなくていいと思う。
気持ちを言い合えれる時間がないまま過ぎてしまったんだね。
勝手に決める親方の行動が耐えれなくなったんだね。
名無しさん
『自分はこんなに大変だったんだよ』の本。
あなただけじゃなくご主人も大変だったのではないかと思う。そこは夫婦だからなんとも言えないけど。
普通の夫婦だって同じようなことは山ほどある。
熱が出てもぎっくり腰でも子供のため、家族のために働いてる奥さんもたくさんいる。
お金があって、本も出せて、仕事もある。一般人からみたら本当に恵まれた方だと思うんだけど。愚痴とか暴露とかでまた印税もらうって・・・
そのご自分の性格は肯定してるんですね。
名無しさん
結婚を地位とブランド欲しさでされ、それが無くなりそうになったら、こんなはずではなかったと反論さらないのを承知で、一方的な活字で自己主張をして切り捨てる。
ご自分の事しか考えていない残念な方ですね。
ルンルン
どうして打ち明ける必要があるのでしょう。私は悪くないといいたいのかな?夫婦間に何があろうとケジメをつけて離婚したのだからもう過去は持ち出さなくてもいいはずなのに。離婚してスッキリというよりネチネチしていそうですね。


star
ひどい。ひどすぎます。
同じ母として妻として元とは言え家族の本を出すなんてあり得ません。
貴乃花までいく人は、周りはそれなりに大変なのは覚悟の上。人生かけてる人を支えるのですから。それが出来なかった。それだけなのに。
名無しさん
部屋に一緒に住むこともせず、講演会やなんやかんや自分ごとばっかりで弟子の世話もろくにせず、この人は結局「あの貴乃花の妻」という名前が欲しかっただけですよね。
こないだ武蔵丸一門の密着見てて、こう「あるべきだ」とは言いたくないけど部屋がまとまって温かい雰囲気だった。
自分の息子を預けるなら、貴乃花部屋のようなところは信用できないから絶対に嫌だ。
人の子供の人生を預かってるという自覚が、親方共々なかった気がします。
名無しさん
結局、離婚後は暴露本で金儲け。
景子さんも、同じ道を選んだと言う事。
生きて行くためには仕方がないかも知れませんが、23年間苦楽を共にした夫婦生活、夫婦間の思い出として、しまっておいても良かったのでは⁈
夫婦生活を、全否定する様な内容でない事を信じてます。
名無しさん
絶対に買わない。いくら大変な思いをしたからって、離婚後に結婚生活を暴露するなんて最低。その結婚は自分で選んだんでしょうに。人間性を疑う。結婚も離婚も、お互い様だし、恨み節なんて誰も見たくない。
貴乃花親方が、お気の毒。変わってる方だとは思うけど、元嫁を貶めたりはしてない。3人の子供もいるんだし静かに残りの人生を歩いて行けばいいのに。出来ない所が、この人の人間性なのでしょうね。
名無しさん
離婚して間がないのに妻からね、
旦那に読んで貰いたい?
しっかりお互い話し合ってし離婚してないのか?
やっぱり仮面夫婦だったって事ですか?
本を出さなくても食べて行けるでしょう、
それより息子の浪費癖を直す方が良いと思いますけど。
名無しさん
貴乃花の言い分もあるだろうし、自分の都合のいいように一方的に暴露するのはフェアじゃないと思う。


管理人の率直な感想

何だか・・・みなさん凄く厳しいですね。
こんなに厳しいですか。
ちょっとビックリ。

河野景子さんも一人の人間であり、一人の女性。

今までの苦労は筆舌に尽くしがたいものがあると思います。
僕だったらとてもじゃないけど23年間も耐えられない。(そもそも女性じゃないですけど)

本で告白するしかなかったんじゃないですか?

今までの苦労を思えば、本という媒体を通して真実を独白したってバチは当たらないと思うのですが。。。

本当にいろいろな問題を抱え過ぎた一家ですからね。
義母もそうですし、義父もそうですし、息子もあんなんですし、その上で大横綱の妻ですもん。

その頼りにしたい夫も変わっていったって言うじゃないですか。
どんな風に変わったのか知りませんが。

体がいくつあっても足りない。

僕は否定しません。
というのは僕が男だからですかね?

コメントを見る限り女性の書き込みが多いように思えます。
女性には女性にしか分からない部分があるんでしょうか。

女性特有のアンテナが不快な電波を捉えちゃったんでしょうか。
う~ん、分からん。

★書籍はこちら★
河野景子著書「こころの真実 23年のすべて」(世界文化社)



コメント