【医療事故】お産事故で赤ちゃんに脳性麻痺『3割で陣痛促進剤を使用』

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2013年までの5年間にお産の事故で脳性まひになった赤ちゃんのうち、約3割に陣痛促進剤(子宮収縮薬)が使われ、最もよく使われる薬剤だと、半数以上のケースで、学会指針が強く勧める適切な使用量が守られていなかった。日本医療機能評価機構が29日、発表した。

自然に陣痛が始まらなかったり陣痛が弱かったりした場合、点滴やのみ薬の陣痛促進剤が使われる。効き具合の個人差が大きく、まれに子宮の筋肉の一部が裂ける子宮破裂などが起こり、母子が危険な状態になることがある。日本産科婦人科学会などのガイドラインは、胎児の心拍数や陣痛の強さを連続的に調べながら、基準量の範囲内で促進剤を使うことを強く勧めている。医療機能評価機構も、医療者向けの文書でガイドラインなどを守るよう呼びかけてきた。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000102-asahi-soci


スポンサーリンク

ネットの声『脳性まひになった赤ちゃんの約3割が出産の際に陣痛促進剤が使用され、その半数以上が過剰投与という現実』

名無しさん
使わざるを得ない状況で簡単に説明を受けたけど、母体の子宮破裂とかは聞いたけど、赤ちゃんに脳性麻痺がおこる可能性があるとは聞かなかった気がする・・。
**
35時間の難産でしたが、飲み薬を数時間おきに飲むように言われ、子宮口を柔らかくする薬と説明がありました。実際には、促進剤で、いきみ始めてからは、点滴で更に追加。二人目のお産とは痛み方が段違いのまさに腰から下が爆発すると、思いました。無闇に恐れずきちんと管理しながらの使用は母子の安全のために必要だとかんじますが、説明もしっかりして欲しいです。
名無しさん
促進しましたが、簡単に説明は受けたけど、脳性麻痺が出る可能性の話はなかった。少なからずあるのであれば話すべき。
初産の時だったので、促進しても今日は産まれないと思うよと言ってたのに、結局3時間後には産まれてた。そう考えると適当な量だったのか疑問に思う。もし何かあったらと思うとゾッとする。
通りすがり
難産で低酸素になったのか、促進剤を使いすぎて子宮破裂したのか、しっかり統計をとるべき。
促進剤をディスるとこれから出産するお母さんが不安になると思うのですが。
名無しさん
これ、因果関係の検証はされているのか?通常の分娩での使用割合との比較もなく、陣痛促進剤が使用されたケース自体の検証もされていない。そもそも感染リスクの高い前期破水だったり胎盤機能不全だったり分娩の遷延を招く微弱陣痛であったりという背景は存在しないのか。
名無しさん
促進剤を使わなければいけない状態事態が、既に母子共に異常事態な訳で、使わなければより悪い事態になっていた可能性は高い。
母子共に体質や体型、年齢などにより効果は様々で使い方は難しいでしょう。


名無しさん
陣痛促進剤を使わないといけないお産だったのです。
何もしないよりした方が赤ちゃんやお母さんに有益だからお薬を使ったのです。
お薬を使わなければさらに大きな不利益が起こったのかもしれません。お薬が脳性まひを起こすかのような書き方はよくありません。
お産のことは詳しくはわからないのですが、一般的に新聞記事は相関関係と因果関係を混同していることがよくありますので注意が必要です。新聞記者は医療担当でも科学的思考のトレーニングを受けた理科系ではなく文系の出身者がほとんどです。
私も文系であり、原因や結果を考える際に上記について混同していないか注意するようにしています。
名無しさん
自然分娩を第一に考えるには、人類の頭は大きくなり過ぎていると思います。自分は双子を授かり、病院では自然分娩を、と言われましたが、お願いして帝王切開で産みました。痛いのがイヤだからじゃないの、などと言われましたが、子宮が張りすぎて押し出す力が残っておらず、陣痛微弱だったので、ベストな選択だったと思っています。帝王切開は手術には違いありませんが、適切な処置であり、自然分娩による赤ちゃんへのリスクはずっと減ると思います。自然分娩のために不自然な陣痛促進剤を投与するよりいいかと。
名無しさん
いろんな病院や産院があるだろうけど、私が感じたのはとにかく「説明が少ない」。
促進剤とか帝王切開への切り替えとか、全員に起こりうる話なんだから、予め説明してくれればいいのに。
産科が少なくなり、医師も看護師も助産師も忙しいんだと思う。出産は怪我でも病気でもないって考えもあると思う。
でも、大体の人は出産なんて1~2度しか体験しなくて、まして初産婦じゃ想像もつかないことが次々と起こる。
促進剤や帝王切開のことも然り、妊娠経過や出産の実際についても、事前に説明があるべきだと思う。
また、親が妊娠出産をしっかり理解するという経験があれば、やがて成長した子ども(男女問わず)に対して、きちんと性の話をすることができるようになるのでは?他人に性教育を丸投げするより、よほど身になると思うけど。
ともかく、医師看護師助産師にとっては数多ある出産でも、産む側は唯一。軽く見ないで欲しい。
名無しさん
そりゃ薬だしリスクはあるんだろうけど促進剤使うってことは薬が必要になるようなそれなりの状況だったんだろうからなんともなぁ
促進剤を使用するか慎重に見極めてたらその間に子宮内の状況がどんどん悪くなって…ってこともあるだろうし
名無しさん
うちの子は実際に脳性麻痺になったので言えるが、促進剤が原因では無く、それを使用する側の説明、管理が原因ではと思います。
うちの場合は私にも嫁にも使用の説明無しだった上、基準量を上回った量を使用し、その後の経過観察も不十分だったため結局脳性麻痺になってしまいましたが。
促進剤その物も少しは原因があるのかも知れませんが、ガイドラインに基づき使用してちゃんと経過を管理できていれば発生率はかなり低いと思います。
暗に薬が悪いでは無く、使用する側の説明管理と使用される側もそのリスクをちゃんと知っておくべきと伝えるべきではないでしょうか?
名無しさん
日本は自然分娩を前提にしている。高齢出産が多くなった現代、妊婦さんが選択出来たらいいと思う。従兄弟が重度の脳性麻痺です。おばさんは高齢出産で、産院から分娩の途中に大きい病院に運ばれ、生まれたときは心肺停止。蘇生しましたが、脳性麻痺に。
帝王切開の選択があってもいいと思う。


名無しさん
初産は、予定日1週間過ぎたので促進剤を使いました。何かあった時のために、NICUがある総合病院で産んだのですが、促進剤の効きが強くて本当におかしくなりそうでした。助産師が「効きがいい具合なのでこのまま促進剤の量を増やして一気にいきましょう!」と量を増やし、3時間ほどで生まれました。周りからは、早く生まれたため安産だと言われ、楽をしたように言われたのですが、いきなり責めてくる強い陣痛だったし、産後当日は高熱が出て頭が興奮した状態で全く寝れず、体も気持ちもズタズタでした。2人目は個人病院で産んだのですが、1人目の出産の状況を話すと、やり方が雑だと言われました。2人目も予定日を1週間過ぎたため促進剤を使う予定でしたが、促進剤を使う予定日に陣痛がきたため自然分娩になりました。9時間で生まれ、もちろん痛かったですが、促進剤の時より痛みが緩やかで、産後も落ち着いて過ごせました。促進剤はやはり怖いです。
名無しさん
全体のお産でどれだけの割合で促進剤が使われてるのか示さないと、促進剤が脳性まひを起こしやすいイメージになってしまうのでは。
促進剤の使用しないとどんな危険があるのかも併せて示さないといけないと思う。
名無しさん
私は初産のとき、主治医から「赤ちゃんが大きくて産むのが大変そうなので、予定日より早く陣痛促進剤で産もう」と言われ、よくわからないままその方針に従った。朝から点滴を始めて徐々に濃度を上げていき、最大濃度になった時点で急に激烈な陣痛が来た。それだけで異常な痛さだったが、そこにもう一袋、最大濃度の点滴を追加され、あまりに激烈な陣痛に気を失いかけた。そして緊急帝王切開になった。
あのとき、本能で、「このままだとヤバい」と思って、自ら帝王切開を懇願したが、そう選択したから、子どもが無事に産まれてくれたのかもしれない。あのとき安易に陣痛促進剤を大量に投与するのは危険だと感じたが、この記事を読んで、やはりそうなのだと実感した。
名無しさん
予定日を過ぎても産まれる気配なしで、4000グラム超えてると言われて、これ以上大きくなったら難産になるのも怖いので、少しでも早く産まれてもらいたいと思い陣痛促進剤を使用しました。
前日の夜に子宮口を柔らかくする処置をして、翌朝点滴を始めて6時間で生まれました。
破水してからは痛みが急激に強くなり、監視装置が気になってずっと仰向けで動かないように気を遣いながら陣痛に耐え…
無事に生まれたから良かったけど、リスクとかの説明は何も無かったです。
名無しさん
脳性麻痺の多くが、周産期の「低酸素血症」によるものです。
胎児の脳に酸素が行かない、つまりは血液が流れにくくなったことによります。原因はいろいろありますが、子宮を無理矢理収縮させると、当然、臍帯・胎児・母胎の子宮に圧力がかかり、血管が収縮して血流が悪くなります。後は自明でしょう。
自然が良い、当然ですが、そうも行かないこともあります。無理であれば帝王切開に切り替える、それが真夜中・休日なら安全にできるでしょうか? 微妙なリスクとの戦いです。どれが最善か、冬山登山と同じぐらいのリスクがあります。
情報・説明の下、最善の方法を選択してください、妊娠・分娩は基本危険なのです。
名無しさん
陣痛がなかなか進まないからと促進剤使用。若い助産師が初産だしまだまだ時間かかると思うからと、どんどん点滴を追加。尋常ではない激痛で風船が破裂してしまいそうな、意識も遠のき、もうこのままでは死にますと訴えても、まだ大丈夫だからと解ってもらえず、その後2時間で出産。
子供は短時間で産まれてしまって暫く脈が安定せず、保育器から出れませんでした。
後から子宮破裂する事もあると知り、あの風船が破裂する感じは正にそれだったのかと恐ろしくなった。大学病院だったけど。個人差が大きい薬を絶対に経験で推測しないで慎重に使用すべき。


名無しさん
自身も当然ながら30年前から使い続けているが?学会での発表で知りました、3割越えはやはり異常な事態です!
副作用のない点滴薬として分かっていても?従事者の都合で長く落とす事もあり
実際に後々このような最悪な結果が出ない事を一番願っておりました!
勤務が昼夜なく厳しく一人の力ではどうにもならない事は重々存じてますが
妊婦さんが無痛も含めて我が儘になって来た事も起因としてあります!
あと高齢・リスクマネジメントを要す出産が多い事も懸念としてあります!時代の趨勢とは言えここはひとつ立ち返って見て、昔ながらのお産を見直すべく助産師さんと協力し合い、帝王切開以外は極力薬を避ける自然分娩の本来の在り方を考えています!
どこまで身体が持つか分かりませんが?一人でも助けられればそれで良し
匿名希望
促進剤の投与にあたり何かしら署名したけど、すでに陣痛が2日も続いて体力が限界を迎える中、「読んで署名して」のみ。脳性麻痺の話はなかったように思う。
午前11時に投与を開始し19時に出産。その間、いますぐ死にたいと思ったほど、下腹部から下にかけて中から激しく叩かれているような、鉄の塊が飛び出してくるような痛さ。でも子宮口は開かないし、まず動くことすらできなかった。分娩台の上では酸素マスク。総合病院だったから小児科も待機。投与から短時間で産めたわけでもないから適切な量だったんだろうけど、もし過剰投与されたら、あんな痛みじゃなかったかもしれないな。いまは忘れたけど。
daniel
難産って言うのは子供の脳に影響があると思っている。
私も、詳細は割愛するけれど、かなり難産だった。そして産まれた子は自閉症でした。
医師に聞いても誰に聞いても、難産と自閉症の関係はない、もしくは分からないとしか言わないけれど、それは関係性が証明しようがないだけで、私は関係あると思っている。
だって普通に考えて、分娩に時間がかかればかかるほど、赤ちゃんの頭により力が加わるし、酸素濃度も下がるわけだから、赤ちゃんの脳にダメージが行く可能性は上がるでしょう?
陣痛促進剤を使わなければいけないような難産でも、脳性麻痺に限らず、自閉症など脳の損傷が由来する障害もおそらく確率は高いのではないかな。
それでも母子が生きて分娩を終えるには、そうしするしかなかったんだから、お母さんは自分を責める必要はないです。私も自分を出来るだけ責めないようにしています。
・・・
この記事は促進剤を一方的に悪いように書いているよね。
脳性まひになる原因は基本的には赤ちゃんの脳に酸素が行かない状態があったという事、つまり難産の場合にはそういう状況になることが多いそして、難産の時はお産が長期化するので、促進剤も使うことが殆どになる(早く赤ちゃん出さないと母子ともに危険だからです)
でも、この書き方だと『薬でなる』みたいな書き方、悪意あるね。
名無しさん
陣痛促進剤が必要だったけど使わなかった場合及びガイドラインを守って使った場合と逸脱している場合を比べないと、使う使わないどちらがいいのかわからない。そういうフォローも書かないと、妊婦さんが不安になるだけ。これで陣痛促進剤の使用に消極的になってしまい、その結果生まれるはずの命が失われたり障害をもつ子が増えたら、どう責任取るんだ?評価機構や一応全国紙と言われているレベルの新聞なら、その辺りもきちんと考えるべきだ。
名無しさん
陣痛促進剤などの薬品を母体に使うと、当然赤ちゃんの体内にも薬品が流れ込むわけですが、生まれて間もない赤ちゃんの体には、その薬剤を解毒する機能がないため、長期間体内に薬品が残り良くない影響を与えるという話を聞いたことがあります。ですから、出産に立ち会う医師や関係者の方々には負担と手間がかかるとしても、できるかぎり自然な出産方法をとったほうが良いとおもいます。
また、薬剤だけでなく器具で無理やり赤ちゃんを取り出して肉体にダメージを与えないためにも、母体を分娩台に横に寝かすのではなく、立って体を起こすようにして、地球の重力を利用するような出産方式が望ましいと思います。
動物のほとんどが立位で出産するとききますから、ここは人も自然から学ぶべきだと思います。
一人でも多くのお子さんが、できるだけ健康な状態で生まれて来ることを祈らずにはいられません。


fffff
薬による作用で脳性麻痺になるのか、
薬を使わざるを得ない状況で、その他の吸引分娩とか色々な処置が必要になったりでトラブルが起きやすく脳性麻痺になる件数が増えるのか
そこはこの記事ではわからないからなんとも言えない
ただ、こういう情報が出てくる以上はこういう薬使って誘導分娩になったりする場合は産婦には、その薬は使いたくないから帝王切開にしてほしい、とか、もっと選択肢があってもいいんじゃないかな、と思う
もちろん、帝王切開にもいろんなリスクはあるのでそこの説明をしっかり聞いたうえで
名無しさん
親族に産婦人科所属の助産師がいます。
促進剤を使わざるを得ない妊婦がいる一方、促進剤は不要で待てば自然にお産が始まる妊婦の方にも、医師や病院の都合や、価値観で促進剤を使う事も実際にあると聞きました。
胎児が危険なわけでもなく、妊婦が危険なわけでもないが、時間がかかると次の妊婦の出産が迫ってる的な理由から使う医師もいると聞きゾッとしました。
まあ、無理に使った妊婦に事故が必ず起きるわけではないでしょうが。
名無しさん
私自身、薬を使って出産した経験は無いのですが、1人目の時は促進剤使う予定日の前日に、2人目は使う寸前で自ら断って数時間後に出産しました。
私自身、薬を使って出産したくなかったですし、薬を使う以上子供にも影響があるだろうと思っていました。
いくら医者が『安全』や『皆やってる』とか言っても信じていません。
2人目の出産の時は、本当に酷くて、予定日がお盆前だった事もあって、医者がお盆の出産を避けたくて強制的に入院&促進剤使用しての出産を押し付けて来ました。
薬の使用寸前で『帰る!!』と言って病院の言う事を聞かずに退院したのですが、そうして良かったです。無事に自然分娩で陣痛開始から1時間というスピード出産が出来ました。
あの時、薬を使っていたら…と思うとすごく怖いです。
医者も営利目的だったり、嘘をつく人もいます。おかしいな…と思ったら、ズバッと言わないとダメだと思います。
名無しさん
私も一人目の時、臨月になっても骨盤に赤ちゃんの頭が全く入らずレントゲン検査をして児頭骨盤不均衡っぽいけど、一人目だし自然分娩にトライすることに。
予定日を1週間過ぎて、胎児の脈が弱ってきたため陣痛誘発+促進剤を点滴で入れましたが、生理痛程度で陣痛ではない痛みだったし子宮口も全く開かず。
主治医に「明日も促進剤トライしようか?でも明日陣痛つく可能性もトライしても帝王切開になる可能性も答えられない。全部結果論だからね。出産に絶対の約束は出来ないから。危険な状態になってからの帝王切開よりは今これから切った方がいいことは確かだけどね。あとは自分で決めて」とその後はあらゆるリスクについて言われましたね。
私はその日のうちに帝王切開をしました。
皆さんが言うほど促進剤で陣痛つかなかったな。
適量を守る医師だったのかもと今思う。
donburako
定期検診で赤ちゃんの心拍が弱くなっているので、即入院し翌朝促進剤を投与して出産という事になった。
朝8時から投薬開始し、どんどん量を増やしていっても全く陣痛が来ず、その日は打ち切り。
翌朝も促進剤打ち、前駆陣痛なんて無く、いきなり大きな陣痛が来て、初産なのに1時間半で生まれた。
赤ちゃんは元気で無事。
しかし自分は、体の1/4の量の出血で輸血、中が裂けて緊急手術と散々でした。
医師は因果関係は無いと言っていたが、母は促進剤なんて不自然なモノで、ゆっくりではなく強制的に陣痛起こして体の準備整っていないからだと言い張っていた。
促進剤は皆やっていて大丈夫としか言われなかった。
脳性麻痺の事例も教えてくれれば、帝王切開選ぶ人も出てくるでしょうね。
名無しさん
非常に重い、
非常に意味のあるデータだと思う。
ただ、最も重要なのは、
その薬剤を使った場合と使わなかった場合の比較であって、
症状が出た人のうち何割がその薬剤を使っていたかというデータはあくまでもその次に位置するもの。
もちろん、そういうデータは取ってあるのだと思う。
公衆衛生学の初歩の初歩だから。
できれば記事ではそのデータについても触れてほしかった。


名無しさん
無痛分娩で薬のタイミングが合わず、促進剤を
使用しました。それでも、いきみに力が入らず看護師さんがお腹の上から押してもらい無事生まれました。私は途中で薬の影響で力つきて後から聞きました。何十年も昔の話です。元気に育って良かったです。
levi
ウトの男の子。その周りの子供たちも、健康で元気で成人になった。
それで副作用も無かった。
ちょっと朝日新聞は「慰安婦問題」といい。
きちんとしたデータを、出さずに言ってますね?
残念ですね。本当に。
「陣痛促進剤」は、骨盤が狭く一人目が難産であったから。使う。
もしくは、これが事実かも
「産婦人科が少ない。24時間体制にしていますが。
産婦人科医。その後の看護師が少ないので。
午前中は院長が外来を受付け。
午後は医院を閉め、出産に全力を尽くして
夕方からは、仕事終わりの妊婦様優先します」
夜中の救急搬送にも応じる為と。
院長が、説明してた。
最近は「小児科医」と「産婦人科医」が少なくなってます。
なんかあれば、すぐ訴訟!だからな。
女性は強そうに見えてでも実はナイーブなのです。
中途半端な。そんな情報流さないで欲しいです。
名無しさん
知り合いの子が、促進剤の影響で脳性マヒ。
微弱でも陣痛がある程度来ていたら、妊婦に説明しても、パニック状態で理解出来るはずがない。促進剤使用は医師の都合としか思えない。少子化なのに深夜休日分娩を嫌って平日日中に片付ける傾向があるのか。産婦人科医不足と言われているが、昔は薬を使わず産婆さんだけで何とかなっていた時代もあった。
緊急分娩時だけ、医師の力を借りたら良いと思う。
usapi
予定日を過ぎたので、自分も使いました。
すぐに陣痛がきて、意識が落ちたり戻ったりしながら、なんとか無事に産まれてくれました。
小学生になった時に、ADHDの疑いがあると言われ、当時、今となっては何の根拠もない脳のMRIを撮り、様子見状態でした。
グレーゾーンだった息子は、20歳になり、家出をしました。
何でこうなったのかな?と、モヤモヤするのですが、こんな記事を読むと、こうゆう事も原因だったのかな?とか、色々考えます。
連絡先は分かりませんが、自立して元気にしている様子をツイッターを読んで、遠くから応援しています。
名無しさん
初産でしかもハイリスクだったので大学病院で出産することに。朝7時から昼まで一時間ごとに増量し、ほんと辛かった。あとで知ったけど絶対にその日の3時までには産ませるとのこと?昼過ぎ、人工的に破水させましょう!と言われ不安もピークに!無理に促進するのはホントに体によくないと思う。自然に陣痛がくるまでお腹の中にいさせてあげたかった。脳性麻痺がそんなに多いと知ってたら使わない方法を選んだと思う。
anp
促進剤を使わなきゃ、母子ともに命の危険かもしれないし、難しいけれど…使用してる人多いからどうなんだろ?
7割は未使用だし。
帝王切開の私は良く分からないけれど、どんなお産だって何らかのリスクとお産事故はある。
私は麻酔の最中にお腹が重たくて、酸欠で意識飛びかけた。


名無しさん
お産の最後の方で子供が力尽きかけ、最後の手段として陣痛促進剤を使われましたが、とにかく痛みが増しこのまま気絶するのではと思いました
交通事故に遭った時よりも激しい痛みでした
自分で言うのもおかしいですが、あの痛みの中で母子ともに無事で良かったです
脳性麻痺の説明などは一切無かったので、記事を読んで肝が冷えました…
名無しさん
薬を使わないといけない状況ってあると思うんですが、この記事を見るととても怖い。本当にそんなに危険なら薬を使わず、帝王切開をお願いしたい。急ぎで赤ちゃんを出したいなら、帝王切開の方がスピーディーだと思うし、どうなのかな。お母さんにとってはキツイ手術だけど、もし帝王切開の方が安全なら手術をお願いしたくなる。どっちも同じくらいのリスクがあるのかな。こんな記事見ると、薬を拒否したい妊婦さんも出てくるんじゃないか。
pppp*
微弱陣痛でも何時間もあればやっぱりキツイ。促進剤使って早く出さないと赤ちゃんも弱る場合だってあるし。
母体だって危険だと思う。
私は上と真ん中の子たちは促進剤使いました。分娩所要時間は60時間弱でした。促進剤を使ってもです。子宮口がなかなか開かなかったので使わなかったらあとどれ程あの痛みがつづいていたのだろう。そして子供が生きていたのかすら危ういと思います。難しいね…促進剤を拒んだら赤ちゃんは危険な状態になりかねないし。拒む人はまず聞いたことないけど。
産科医は大変ですよね。昼夜も休みなんかないからどうしても休みたい時は他の病院から先生がきます。
名無しさん
脳性まひになった内、3割は促進剤を使用してた。7割は促進剤を使用していなかった。
促進剤を使用しない方が脳性まひになった人が多いんだよね?
名無しさん
また無闇に不安を煽る記事だと思う。まず脳性麻痺の発生頻度は500〜1000分娩に1人程度。また7割は促進剤を使わず脳性麻痺になっている。
本来は子が分娩時期を迎えると、なんらかのメッセージ物質を発し、母胎に陣痛が初来→分娩するメカニズムであるが、それがうまく機能しない事により促進剤を使う事態になる。
一時期自閉症と促進剤の関連も取り沙汰されたが、子が既に胎内で障害があり、分娩に繋がるシステムをスムーズに発動できない事が理由ではないかとの論文もある。胎内で既に自閉症や脳性麻痺を発症している可能性もある。結局因果関係は不明なのだ。
6958
微弱陣痛だったので促進剤いれましたが、こんな説明は一言もありませんでした。可能性があるなら説明するべきでしょう。
強い痛みが急激にきて泣きたいほどでした。痛すぎて座ることすらできない。それなのに病院の昼食は熱々のうどんで、、アホなのかと思いましたね。寝ながら食べられるサンドイッチとかが良かったです。
2人目は促進剤なしの自然分娩でしたが、痛みがほとんどなくびっくりしました。促進剤が10の痛みなら、促進剤なしは2か3くらいの痛みで埋めます。
必要なら使うといいけど、いらないのにでは使うようなものではありません。早く産みたいという理由だけならオススメしません。


名無しさん
促進剤、子が脳性麻痺になるかもしれないと言われればサインをしなかったかもしれないけれど、、しなかったらそれはそれで難産でうまく出てこれなくて脳性麻痺になってしまいそうな、、
サインしなかった場合には緊急帝王切開などですぐに出してもらえるのですか。
妊婦さんの不安を煽るニュースですよ、、
balancingtone
これが8割9割なら根拠になると思うけど、3割だからなあ
そもそも促進剤を使わなきゃいけない状態にリスクがあるんでないの?
使わなくても同じ割合でなにか障害が残るようなトラブルが起きたり、
母子ともにもっと危ない状態になる気がする
名無しさん
私は予定日より3週間早く大量破水し、1日経っても陣痛がこなかったので促進剤を使いました。(破水したまま放置してると菌が子宮の中に入って危険なため)
促進剤を使ったとたんに陣痛がきて、叫びたくなるほどの痛さでした。人によって効きが異なる…とは聞きました。適量だったとは思いますが、脳性麻痺や副作用的な説明はありませんでした。
無事に産まれましたがこの記事を読んでゾッとしました。
この記事の信憑性はいまいち分かりません。促進剤の有無は医師の判断にお任せですが、やはり説明は欲しいですね。
ただただ無事に生まれてくれたことに感謝です。
名無しさん
このような記事をもし出産前に見ていたらとても怖かったと思うので、私の経験談を。
39才で初産、二人目41才、両方とも促進剤での出産でした。
一人目のときは促進剤を点滴されたときから激痛で、子宮口がなかなか開かず、ただただ痛かった。促進剤投与後10時間で出産でした。
二人目も同じように遅れ促進剤でしたが、点滴が始まっても、あれ?全く痛くない?で、陣痛がつかず、一日中点滴マックスまでしましたが陣痛つきませんでした。
翌朝また点滴開始、も、やはり陣痛来ずで、お昼過ぎて人工破水したら即効で陣痛きてから30分のスピード出産。
促進剤うったから痛い、というわけでもないみたいです。
子宮を収縮させて、赤ちゃんの居心地を悪くさせ、赤ちゃんが出たい、と思ったら、ホルモンを出して陣痛がつくんだそうです。なので、促進剤が劇薬みたいに思って不安になる必要もないかと思います。
名無しさん
最初の子の時に、破水して病院に行くと何の薬とも言われずにこれ飲んでと薬を飲みました。それから陣痛がどんどん進み、痛みもすごくて、休みなく来る腰とお腹の痛みに泣き泣き訴えましたが痛くないと産まれませんと助産師さんに冷たく言われ過呼吸になりながら出産しました。退院する時の明細に促進剤と書いてあって初めて促進剤を使ったのを知りました。
最初に経験した陣痛があまりにもすごかったので、促進剤を使わずに出産した次の子の陣痛はあまり痛くないなと思ってしまいました。
名無しさん
1人目3日半促進剤打ったからこの記事気になって見てみたらそんなリスクがあったなんて知らなかった。
私は1人目は夜中に陣痛が来て病院に行きその日の夕方破水しましたが中々陣痛が強くならず朝を迎え微弱陣痛だと説明を受け破水もしてるので早く出さないといけないから促進剤使うのに同意書?書かされました。
9時から17時まで促進剤の点滴を3日半打ちやっと出てきました。
12日に2人目出産しましたが2人目は自然分娩でした。
促進剤を打った時は痛すぎて痛すぎて動くことすら出来ず3日目にはもうお腹を切って欲しいって言ったくらい痛かったですが2人目は500g近く1人目より大きかったのに促進剤に比べたら全然痛くなかったです。


名無しさん
陣痛促進剤を使う分娩はハイリスクと言えるかもしれません。
ただし、陣痛促進剤の不適切な使用が赤ちゃんを危険にさらすことは産婦人科医師は十分知っているはずなんですが。。。
ただ、ガイドラインが間違っていないとは言えませんが、比較的陣痛促進剤で頻回陣痛昔のカキョウジンツウなるようであれば帝王切開を比較的容易に選んでしまうのも今の産婦人科医と言えます。
ただし脳性麻痺の原因は三分の一が分娩に関わるものであるが残り三分の一は胎内ですでに起こっており残りは不明と言われていますので。
名無しさん
人間やから全てのお医者さんが完璧な対応を出来るわけじゃないけど、ほとんどのお医者さんは第一にお母さんと赤ちゃんの事を考えて対応してくれてると思うけど…。
ここの書き込み見て、産婦人科医のなり手が無い理由がなんとなくわかった気がする。
名無しさん
残りの7割は促進剤使わなくても発生してる。
それも記事に含むべき。
促進剤を使わず死産や母体が耐えられなかった際、病院が訴えられるから利用というのもあるんだろけど。
むやみに乱用は良くないけれど、不安をあおるような記事の書き方はどうかと思う。
名無しさん
そもそも 促進剤を打たなくてはいけない状況で 断った場合 別の方法は何かあるの?
説明されたかもしれないけど あの状況で覚えてなんてない。旦那が 書面にサインしてた記憶しかないし とにかく早く赤ちゃんを出さなきゃいけない時に使うだろうから サインするしかないような気がする。
名無しさん
他の人も言っているように因果関係がどんなものか不明ですね。
無痛分娩の友人は、計画分娩だから前日入院で翌朝から促進剤投与したって言ってた。
いきむタイミングわからず、力も入らず、結局会陰切開プラス吸引分娩だったみたい。無事に産まれて元気に育ってるけど。
計画分娩のため促進剤投与する人、微弱陣痛で促進剤投与する人、子宮内感染で早めに赤ちゃんを娩出するために促進剤投与する人、色んなパターンがあると思うけど、
結局は、必要だから投与するわけであって……
先生から「促進剤使いましょう」って言われて「嫌です」と拒否出来るものなのか?帝王切開の提案も一緒にあるのか?
少なからず促進剤で助かった赤ちゃんもお母さんもいるからきちんと調べてから記事にして欲しいです。
名無しさん
なんでだったかは忘れたけど…この日に産むと決められ、当日、陣痛促進剤で出産。
様子を見ながら、ちょっとずつ投与量を増やしていってたら、赤ちゃんのしんどいサインが出たとおもったら、いきなりお産が進んで、あっという間に子宮口全開大。
するりと産んで、でも、虚血性低酸素性脳症とのことで、赤ちゃん3日間低温状態で寝かされてた。もちろんNICUでひとつきほどあとに退院。
いまになって思えば脳性まひになる可能性があったのかな。
そんな状態になったのも促進剤のせいでなったのかは、お産は同じ人でもひとつひとつ違うしいろんなことが重なったりするから、一概には言えないだろうから、ちゃんとした原因の統計とるの無理だろなぁ。
お医者さんの説明もあやふややったし…
こちらも言われるままに信じるしかないし。


名無しさん
促進剤の点滴を少しずつ何時間かかけて入れていき、何回も看護師のチェックが入り、半日後には生まれた。確かに急激に痛くなったが今では小学生。元気に生まれてきてくれたこと、こう思うと感謝しかない。
名無しさん
今頃公表するの?って思いましたよ
私がこの話を耳にしたのはもう11年以上前の事
ベテラン助産師さんからの話でした
彼女がいうには脳性マヒの半数近くの原因が促進剤でやたらめったら使うべきではないと
当時臨月の私にはとてもびっくり!の内容で
した
帝王切開で出産しましたから使う事は無かったけど、その後出産する予定の友達には促進剤の使用は慎重になってねと言いふらしてました
もちろん主治医の勧めで薬を使った子からは
脳性マヒの話は聞いたこと無いと言ってましたね
JJJJJ
30年前、出産予定日を2週間過ぎても生まれる兆候がなく、命の危険があるから陣痛促進剤の飲み薬と点滴を使って無事に出産しました。
陣痛促進剤を使ったお産の何割が脳性麻痺なのか…を出さないといけないのでは?
命の危険があるから陣痛促進剤を使っている場合もある。
薬の力を借りずに出産できるのであれば
みんなそうしているでしょ。
名無しさん
3人子どもがいます。
陣痛が長すぎるため、3人とも促進剤を使いました。
3人目は同意書みたいなのを書いた記憶があるけど、前二人は殆ど何も説明されないまま促進剤を使いました。
こんな副作用があるとは…
怖いですね。
幸い3人とも健康に育っています。
名無しさん
>自然に陣痛が始まらなかったり陣痛が弱かったりした場合
それぞれの統計を取るべき。
何となく前者より後者の方がトラブルが多そうに感じる。
陣痛が弱いだけの理由があるんじゃないの?ただの体質なら良いんだけど、そうじゃない理由がある場合もありそう。
名無しさん
雑な記事だなと感じた。
陣痛促進剤のリスクを完全に否定する気はないが、これだと徒に不安を煽るだけ。
毎日新聞を始め、大手メディアの医療関連の記事に関する責任感の無さは常々疑問に思う。


名無しさん
確かに1人目促進剤で産んだけど、7時間ずっと30秒ごとの強陣痛で本当に辛かった。
本当に産む直前くらいの痛さで。
子宮全開になって促進剤の点滴が止められたときすんごく楽になってそこから3時間産むのにかかったけど、その時促進剤って怖すぎると思った。
痛みに耐え過ぎて産後は首も体も動かせないくらいの筋肉痛に苦しめられたな。。。
出血も多くて産後は起き上がろうとして3回気絶したのにもびっくり。
2人目は幸い促進剤使わずに産んだのは良かった。
促進剤って怖いな。
名無しさん
私も促進剤使いました。2泊3日の難産でした。看護師さんがほぼ付きっきりで促進剤の後の私の様子を観てくれていました。薬の善し悪しはよくわかりませんが、病院の対応も大事だと思います。細かい説明は不安を取り除くためにもぜひお願いしたいですね。
名無しさん
母親は命がけで出産するのに子供に障害が残ったら身も蓋も無いよなぁ。母親のリスクを最大限に減らすことが子供が安全に産まれてくることに繋がる、自然分娩神話は万全ではないと言う認知を持たないといけないのかもしれないよ。
名無しさん
傷みを促進させるお産じゃ無くて
無痛分娩を選択するのが当たり前の世の中になれば良いのに
現代にお産は痛むものって凄く古臭い感じがする
名無しさん
42週を過ぎたら促進剤使いますと言われました。結局その
非公開
何だかんだ、子供が元気に産まれて母も元気でいる事がどんだけ幸せなのだろう。
私は帝王切開だったけども。これもこれでリスクあるし。


名無しさん
お産間近、陣痛促進剤を使った方がいい状態で、「脳性麻痺になる可能がある」と言われた妊婦はどうすればいいのか正直困惑してしまうと思う。
名無しさん
促進剤を規定量以上うって自然分娩するなら、早い段階で帝王切開したほうがいいと思う。
そもそも、無理やり陣痛を強くして産むのが自然分娩なのかも疑問。。
名無しさん
出産して驚いたのは、出産時子供が、へその緒が4回首に巻き付いたまま医者が気がつかず(その場合帝王切開)、子宮口が10cmのまま1夜明かし、朝に9時前に医者が来て、子供の心拍数が親しそうな感じで、陣痛促進剤を使うと点滴で入れられた。
分娩室に入ってから20時間で出産。
出産後、なかなか赤ちゃんを見せてもらえず、取り上げられた瞬間全身「紫色」だった。
偏差値が日本で一番高い大学病院の産科でです。
死んでいたかもしれないと思う。子供は発達障害(スペクトラム)です。
陣痛促進剤がそんな危険なものだったとは、へその緒が首に巻いていて帝王切開すべきらしい。恐ろしい見落とし。出産時、子供は大変な負担だったと思う。
名無しさん
陣痛が進んでめっちゃ痛い時に促進剤の説明されても理解できなかった。医者の言うことだしって鵜呑みにしちゃったけど陣痛が来る前にこういう場合もありますって聞けてたら良かったのかも
名無しさん
脳性マヒの方に失礼じゃないですか!!3割ってじゃ脳性マヒじゃない場合も促進剤なんて5割超えてると思いますが。
なんか嫌な記事。陣痛促進剤と脳性マヒの因果関係なんてないし脳性マヒになった方親御さんにも失礼な記事だと思います。陣痛がうまくつかなければ陣痛促進剤を使って早めに産まなければもっと脳性マヒのリスクは増えると思います。要は脳性マヒの陣痛促進剤を使わなかった7割に関してもっと調べた方がいいかと。
名無しさん
このような記事を書く場合
母親の出産年齢も併せて記事にしてほしい
高齢出産には高いリスクがある。
国の財政の負担になる事象が発生する確率が
極めて高い事を国民に広く知ってもらえる機会でもある


名無しさん
3日間、点滴の促進剤を使いましたが生まれず、子の様子が悪くなり緊急帝王切開となりました。
無事に生まれましたが、時代は違うかも知れませんが、今思えば適切な説明はなかった気がします。
この記事を全て鵜呑みにしてはいけないと思います。
脳性麻痺の子の数も書いてないし、促進剤を使った件数も分からない。どのくらいの確率かも分からない。
促進剤を使えば3割の確率で脳性麻痺の子が産まれるって勘違いしてしまうような記事です。
Yaboo!
そもそもこの発表は、医療関係者向けに、「基準量を守れ」と言いたいのでは?
一般人向けだと、単に不安を煽るぞ。
名無しさん
他の人も言っているけど、これきっちり検証してから記事にしないと、
変に過剰な反応が巻き上がって(ないとは思うけど)促進剤に規制かかったりしたら、
今度は脳性麻痺どころか死産が増えることになるでしょ。
名無しさん
第1子の時は2週間早く破水してから陣痛が来ず促進剤使いましたが、陣痛起こしますよ〜位のざっくりした説明だけで特に脳性麻痺などの話もなく。
自然陣痛と違って痛みの度合いが強くなりすぎて初産だった私には負荷が強すぎたのか、ひたすら嘔吐してました…
名無しさん
そもそも促進剤を使わないといけない状況になってる時点でお産が順調にすすんでないってことだよね?
母体内にとどめられた時間が長かったという原因もあるのでは。実際促進剤で助かってる母子もたくさんいるはず。
反ワクチンみたいな人が涌くと困るから薬との因果関係は慎重に調査してほしい。


ミッフィーちゃんo(・x・)/
一人目の時、あと1センチが開かず促進剤を投与してもらった。でもあの悶絶している時に、サインや説明を聞いている余裕はなかった。促進剤を使うのであれば、出産前に説明して欲しい。
名無しさん
微弱陣痛で促進剤使ったけど、
説明なんてあったっけ?
何かに署名した記憶もない。
ただ、微弱とは言え陣痛に丸3日悶えていたから、朦朧として忘れてしまったのかな…。でも、危険度の高い処置をしている雰囲気では無かったけど…。
名無しさん
脳性まひに「ならなかった」赤ちゃんのうちでは、何割に陣痛促進剤が使われていたのだろう?もしそれが3割であれば、陣痛促進剤と脳性まひとの因果関係は明らかでなくなるので、その数字も示さないと無意味だと思う。
名無しさん
薬は副作用があるから怖いけど、それでも大半の場合は使った方が良いから難しいね。
名無しさん
7割は促進剤使わなくても脳性麻痺なんですよね?でも、妊婦さんからしたら不安になる記事の書き方。もしこれを読んだ妊婦さんが、促進剤を使うべき場面で促進剤を使わないで!と主張し、母子に何かあったらどうするんだろう。
名無しさん
31年前35歳の高齢初産で足かけ4日掛けて出産しました。
痛かったので先生に陣痛促進剤を使ってくれ、と
頼みましたが、「脳性麻痺になる」、と言って自然分娩でした。
今思えば自然分娩で良かったと、先生に感謝しています。
もっとも余りに痛かったので、2回目は別の病院にしましたが。


ki
急遽促進剤を使うことになったが
脳性まひの説明はなかった
お産は十人十色で命がけです
定期検診時など事前にキチンとリスクの説明があっても良いかもです
名無しさん
一人目は促進剤あり、二人目は促進剤なし。
圧倒的に促進剤ありのほうが陣痛の痛みがきつかった。促進剤を使わなければならない状況だから仕方ないけど、怖いなと思った。
名無しさん
普通は使いません。使わないといけないから使うのです。つまりは、それだけそのお産に対しリスクがあるということ。私は使わなければ母子ともに危険な状態でした。浅はかな統計を記事するのはやめて下さい
kanda8070
破水後、子宮口が開かずお産が進まなかったため、点滴で促進剤を使われました。陣痛で苦しんでたし、特に促進剤の説明はなかったと思います。ただ、安全でスムーズなお産の為に一任下さいといった説明が妊娠中のオリエンテーションの資料に書いてあったような…。結局カイザーになったけど、今考えると恐ろしいです。
名無しさん
妊娠高血圧症で計3日間促進剤使いました。2日目までは本陣痛に繋がらず。3日目、最終的には陣痛の間隔2分くらいの時に子宮口4.5センチでエコーしたら赤ちゃんが旋回異常で出てこれなくて緊急帝王切開になりました。
母子共に元気だってので、良かったと思います!脳性麻痺の危険性があるのは初めて聞きました。用量等加減が凄く難しい薬ですよね(((゚д゚;)))
名無しさん
促進剤を使用せず脳性麻痺になった子が7割。促進剤を使ったら脳性麻痺にはならなかったかもしれないという事例はこの中にないのでしょうか。


名無しさん
うちも促進剤を使ったけど、「陣痛を早める薬を使いましょう。」と言われただけでリスクの話は一切されなかった。
説明されていたら、使わなければならない薬でも、少し躊躇したかもね。
名無しさん
無痛分娩をするといきみが足りず、促進剤を使うことになることがあるというのは本当でしょうか。
名無しさん
こういう書き方は促進剤を使ったから脳性麻痺麻痺になったととられかねない
促進剤を使わなければならない様な難産やハイリスクだった可能性が高いと思います
これの記事を読んで促進剤使いたくないと思ってしまう妊婦さんが増えないことを祈ります
名無しさん
結局医者の都合が優先されるから使用されることが多いのではないでしょうか?
背景には医者不足も看護師不足等も考えられるのでしょうか?
それにしても脳性麻痺の可能性がそんなに高くなるなら告知義務はあるはず!
きちんと倫理的ルールを守ってほしい。
医者にとっては沢山いる妊婦の一人でしかないのでしょうが妊婦にしたら自分と子どもの命がかかっているのだから!
名無しさん
因果関係について不明であるし、相関関係についてさえ触れられていない。こんな感情のないいい加減な印象操作の記事があるか?母子いずれにおいても背景の異なる可能性がそもそもあるのに、そのへんの交絡因子の排除をした上での話なのか。読者が無知なのは仕方ないが、記事を書く側が無知なのは許されない。
名無しさん
自然な陣痛と促進剤での陣痛は 痛みがかなり違う。
脳性まひが起こるなら 帝王切開が増えそうだ


名無しさん
促進剤を入れて出産しましたが、自発陣痛が41週になっても起こらずこのままだと胎児が危ないという事で入院しました。
出産はリスクも高いという事なんですかね…
名無しさん
私も長男を、促進剤で産みました。
難産でヘロヘロになって、でもお産が進まないから促進剤使うと言われた記憶はある…
無事に元気な子が産まれたから、良かったですが、冷静に考えたら怖いです。
名無しさん
私も二人出産しましたが、二人とも促進剤使われました特に長女の時は看護婦さんが止めに入るほど長時間点滴され、一時中断するほど使われましたもう少し待ってもらえたり自然に陣痛来たかも、、と長い時間思い悩んで辛い出産の思い出となってしまいました、、
破水してから陣痛が全然来なくて、羊水なくなったらどうなるの?とかパニクって、促進剤打って欲しいと話をしたら、うちは自然分娩を推奨してます。
本当の本当に必要となるときまでは促進剤は使いませんと言われた。
なんでやねん!ってそのときは思ったけど、12時間後に無事に出産。
病院、先生、看護師を信じてよかった。
※妻は元々妊婦のときからそういった説明を受けていたらしく、促進剤打って欲しいって話をしたと言うったら、アホちゃうかって笑われたのは後日談。
肉じゃが
友人が産んだ産院は変わってて、
「何週までに産まれなければ強制入院で促進剤」って方針だった。
確か39週で、一般的に予定日とされる日より前だったはず。
当時は子供は居なかったけど、充分驚いたし、
子供を産んだ今でもありえないと思ってる。
破水後24時間で産まれずいろいろやって最終的に点滴促進剤、初産でわけわからずお医者さんにお任せ状態、無事に産まれて24歳。今ほどの情報あったら不安になってたかも。できれば薬は使わない方が良いと思うけどね。


未来デザイン
やっぱりだけど、医療の知識や理解というのは医者だけとかでなく、一般人全員が知る必要ありだ。 現代は金の有無で決まってしまうが、未来は全員が医師でもあるべきだろう。
*****
お産全体では何割促進剤が使われているのだろうか。
そこが分からないと、3割が多いのか少ないのか言えないのではないのか。
名無しさん
なら、リスクを考えた場合、促進剤を使わず帝王切開をした方がいいのだろうか。
名無しさん
帝王切開の方が安全なのでしょうか…?
よりリスクの低い方を選択したいです。
名無しさん
出産時に使ったけど、脳性麻痺や子宮破裂なんて危険性があるのは
初めて聞いた。なんともなく生まれてよかったけど、それ聞いたら怖くなって使わないでほしいっていってたかも。
名無しさん
予定日から1週間経って全く気配無かったから促進剤の話出たけど、赤ちゃんの頭も大きい感じって言われたので帝王切開で出してもらったわ。
出てこなかったら帝王切開するのがいいと思うわ。


名無しさん
陣痛促進剤には世論は寛容なくせに、無痛分娩には厳しい。ホントは陣痛促進剤こそ危険なのに。
無痛分娩と陣痛促進剤をセットで使う医者はやめた方がいい。
名無しさん
促進剤がとても危険なもののように感じる記事。
名無しさん
促進剤使いました。
正直、医療ミスじゃないの!?と思うほどの状況になりました。
皆さん、ある程度の説明があったようですが、私は何も説明ありませんでした(・_・;
名無しさん
そんな危険性があるとは知らず息子の出産の時に使われたなあ
無事生まれましたが
名無しさん
出血から3日陣痛はジワジワ48時間かかったお産でしたが、安易に促進剤使わなかった先生ありがとうと思いました。あの時はあまりの長さに促進剤でもなんでも使って出して欲しかったけどこわいんですね。
名無しさん
女性は大変だ
男に生まれて良かったのは出産と生理が無い事だ
野宿も一人旅も簡単に出来る事も


名無しさん
三割が多いのか少ないのか判断がつきませんね。七割は使ってない訳だし。分娩の何割が促進剤を使ってるのでしょうかねー?
名無しさん
こっわーーー!!!
下の子のときに何も疑問も持たずに使うところだった!
それまで何も悪いものだと思っておらず、使うかもと言われて「ふーん」としか感じず、同意書を渡されて「なんかヤバそう?」と思ったけど「出てこないなら仕方ないよね」くらいにしか思わなかった。
同意書には子や母体への影響ってほとんど触れてなかったと思う。国立の病院だったんだけどな・・
同意書渡されてほどなくして自然に生まれてきてくれた我が子に感謝。
名無しさん
50時間近い難産でしたが、
ラミナリアと子宮口を柔らかくする薬と促進剤で
大量出血と子宮脱を伴った出産になり、
MICUに担ぎ込まれ
出産後10年以上たっても
未だに骨盤底筋が緩んで
尿漏れに悩まされています。
正直説明も最初の入院の際に
子供第1で出産に望みますという誓約書だけで
薬の説明はなかったです。
命があっただけでマシだったのかもしれませんが
娘の発達のグレーゾーンもそのせいだとしたら
いたたまれません。
名無しさん
私も促進剤使ったけど、破水してるから使おうだけの説明ですぐ点滴が行われた。こういう記事を読むと怖くなりますね。。。
幸い、すぐ産まれたから良かった。
名無しさん
分娩全例では何割が陣痛促進剤を使用しているのかを書かないと何の意味もない記事だと思う
名無しさん
3割なら薬の影響は考慮すべきかと


管理人の率直な感想

様々な声があります。

僕は男ですから出産経験は無いですし、これからも無い。
子供がいないので出産についての知識もありません。

ですので、みなさんの声を参考にしていただきたいと思うのですが・・・。

一通り僕が目を通した限りだと、出産の際に陣痛促進剤についての説明がきちんとされていないという共通項が見えてきます。

それと、このニュース記事自体が凄くぼんやりと書かれているんですよね。

脳性まひになった赤ちゃんのうち3割に陣痛促進剤が使用されている。

統計の情報が乏しい。

「陣痛促進剤が起因しているケースが多いと考えざるを得ない。
この割合は異常であり、陣痛促進剤を使用して脳性麻痺になった赤ちゃんの半数以上が適切な使用量が守られていなかった。」

ということで、勇み足で発表した感じが男の僕には感じられるのですが。

薬にはリスクがあるということ。
それはコメントの中にも見受けられます。

リスクがある薬剤を使用する際に、適切な使用量を守られていなかった。
つまり過剰投与に当たるわけです。

ぼんやり書かれてるな~もう!
ちゃんとハッキリと物を申してほしいものです。

出産経験者の方の声がほとんどですが、実際に脳性麻痺で生まれてきたお子さんを持つ方の話だと、薬自体じゃなく説明や管理が原因ではないかとの意見もあります。

それと共に「使用せざるを得ない状況だった」との声も少なくない。

『効き具合の個人差が大きい』ということだけは確かなようです。
もちろん母子ともに可能な限り安全に出産するために促進剤を使用する場合が大前提にあるわけで。

医者もちゃんとした詳しい説明と、効き目に個人差があるのであれば個々に合わせた使用条件の基準を予め把握しておくべき。
「はい促進剤」というイメージしか湧いてこないんですよね、どうしても。

決して帝王切開を推奨する発表ではないので、そこだけは今一度コメントと併せてご一読いただければと思います。


コメント