スポンサーリンク

【洋服選びを一発解決!】服の選び方で分かる3つの性格【自分に合う服がわからない女性が増加】

スポンサーリンク

服を買うときの決め手は?「優位感覚」が表れる服の選び方

「あの人は何でもパパッと決められるのに、なぜ私はじっくり考えてもなかなか答えが出せないんだろう?」

「私はひらめきで即決して、あとから後悔することが多い。なぜいつも、こうなっちゃうんだろう?」

……このように、自分の性格に悩んだり、後悔したりすることはありませんか?

◆視覚優位の人……色やデザインから着ている自分をイメージして買う
まず、視覚をメインに使う人。この視覚優位タイプの人は、画像や映像でイメージを思い浮かべるのが得意です。

買い物をする際には、服の色や形、デザインに惹きつけられます。店に並ぶ服を見ながら、それを着ている自分をパッとイメージできます。そのため、見た目の印象で「ステキ」「似合っている」と思ったら、わりと迷わずに買い物ができるタイプです。
あとから思い描いたイメージと違うことに気づき、「どうしてこんな服、買っちゃったんだろう」と、後悔してしまうことも多いかもしれません。

◆聴覚優位の人……情報を集めて計算して服を買う
次に、聴覚をメインに使う人。この聴覚優位タイプの人は、耳から入る情報の処理に長けており、論理的に考えるのが得意です。

そのため、買い物をする際にはその商品に対する「情報」を重視します。服を買う時には、素材は何か、店員が勧めるポイントは何か、コスパはどうか、こうした情報を集めます。

よく考えてから購入するため、大きな失敗は少ないかもしれませんが、自分に似合っているのか、着心地は良いのか、といった感覚には少し無頓着なところもあるかもしれません。
「納得して買ったはずなのに着てもなぜか楽しくなれない」、そんな気分になることが多いのがこのタイプ。

◆身体感覚優位の人……着心地やフィット感を確かめながら買う
最後は、身体感覚をメインに使う人。この身体感覚優位タイプの人は、触覚や身体になじむ感覚を重視します。

買い物をする際には、肌触りやフィット感をじっくり確かめます。そのため、服を買う時には何枚も試着してから、購入を考えます。
お気に入りの一着を見つけたらその服をずっと愛用し、何年も大事に着続けることが多いでしょう。しかし、買うまでに相当の時間がかかり、「何軒も回っているのに結局何も買えなかった」、ということも多いのではないかと思います。
周囲から「あの人、いつも同じような服着てる」だとか「あのタイプの洋服はもう遅れてるのに」と思われがちなのもこのタイプです。

可愛い洋服やカッコいい洋服が数多く存在する現在、その選択肢と比例して「服の選び方がわからない」「自分にはどんな服が似合うのか」と悩む女性が増えています。
上記にあるように、洋服はその人の性格も表れます。
そんなみなさんの悩みを解決に導く対策はないのでしょうか。


失敗しない自分に合う洋服を完全に選定!客観的なプロのアドバイスで一発解決!

自分で似合っていると思っていたり、少なくとも外してはいないはずと思っていても周囲の評価はなかなか厳しいのが現実。
「それ間違ってるよ」と言ってくれる友人がいたとしても、それも所詮その人の基準に過ぎません。
そこで今話題になっているのがファッションレンタルサービス。

■おすすめ&評価1位!TVや数々のメディアで取り上げられているファッションレンタル「エアークローゼット」
1. 面倒な洋服選びはプロにお任せ!
テレビや雑誌などで活躍するスタイリストが、あなたの好みや悩みに合わせて洋服を選びます。
2. 定額制で洋服が借り放題!
アイテムはVERYやCLASSY.など、コンサバ系ファッションが中心です!
3. 洗濯いらずで、汚れも気にしなくて大丈夫!
もし洋服を汚してしまっても、保証がついているので安心です!
4. ムダな買い物ともおさらば!
実際に着てみて気に入った洋服は、そのまま購入できます。
5. 今なら、全額返金保証付き!
はじめてのレンタルに不安な方も、安心してご利用いただけます。

エアークローゼット


■ユーザー層
・20代後半~40代の働く女性や、子育てママ、婚活中の女性など
・「服を選ぶ時間がない」「どんな洋服が似合うのかわからない」という悩みを抱えている方

プロのスタイリストが旬で個人に似合った洋服を選んでくれるのはエアークローゼットだけ。
品質にもこだわりを持つスタイルで、独自の「満足保証システム」を導入しています。
2018年のファッションサービスでの口コミは断トツ。

普段のお出掛けファッションはもちろん、「オフィスカジュアル」「ビジネスカジュアル」「婚活用の服」など様々なシーンに合わせて利用できます。

みなさんの洋服選びと対策は?ネットの声。

名無しさん
よーく考えてみたけど、私は全部ミックスしてる
どれかに傾いてるのではなく、本当に全部同じくらい重視している
すごく気に入った服をボロボロになるまで着ることもある
ネットでさっさと買ってしまうこともある
店員さんによーく話を聞きながら買うこともある
デザイン重視で試着すらせずに買ったこともある
触り心地の良さにひかれて買うこともある
動きやすさ重視で選んだこともある
せっかく買ったのに後悔してすぐにあげてしまったこともある
どれかのタイプに決めきれない(-_-;)
カエル
視覚優位ですが、試着はする。
2着迷うときは、これと、これ、試着して良いですかと断ってする。
名無しさん
用途によって重視する場所変わるな。仕事着は機能性重視。外着はデザイン重視。部屋着は着心地重視。財布がちょっとピンチでも一目惚れしたものは買うし、部屋着なんて似合うかどうか完全無視。気に入ったものはヘビロテも辞さない。
悩んだら自分に必要かどうかで買うかどうか決めるし、自分の好みと似合う服はある程度一致してるから、後悔した記憶はないかな。
名無しさん
服を選ぶときは、サイズとラインを優先します。
肩幅が34cmと狭く、身体のラインに合う服が滅多にないので…
それから色・素材の選別に入りますが、これぞ!という服はほとんどないですね。


名無しさん
ひらひら系・ダボッと系・柄物が似合わないことに気付いたので、シンプルさ・フィット感・着回しの点を重視しています。試着は必ずします。素材はなるべくポリエステルの物を…皺とか面倒で笑。その後に値段かなぁ…好きだけどこんな高い額払うほどじゃないなって感じる服もあれば、高くても買いたい服もある。
特に好きなブランドは無いのですが、私はUNIQLOが多いです。まぁ、デザインが好みならお高いお店でもしまむら系でも買います。
名無しさん
全部使うでしょ
まずデザインを気に入り、素材と値段を確認して、着てみて似合ってたら買うし、合わなかったら買わない
名無しさん
私は着心地かな。小柄なので、体型を考えてから選んでます。部屋着ならどうでもいいやつ、通勤や外出なら、見られても恥ずかしくないのを着こなしてます。
名無しさん
自分もそうだけど、大半の人が視覚優位じゃないのかなぁ。
ダサい服や似合わない服を買ってもしょうがないし。
着心地にこだわるのは部屋着であって、
外着は視覚がすべてって気がする。


deeper
視覚と身体かな?セーターなんてチクチク痛いの嫌だし、今もってる服とか組み合わせとか考えるし。でも疲れた時に服は買うべきじゃないですわ。なんぼ安物でも判断力が鈍る
(`・д・)`・д・)バルス!!
1、サイズ
2、色
3、値段
デブには余り選択肢は無い
最近ネットで色々選べる様に成ったが
基本的に選び方に違いはない
ホームレスにハゲはいない
いや普通に服買う時は全部の要素使うだろ。少なくとも俺はそう。無理矢理まとめたって感じの記事だな。
名無しさん
これ「服」の部分を「女(男)」に換えて読んでもまったく支障なく読めるね。


名無しさん
店員の人と話しながら買うってところが理解できない。
店員の似合うって言葉は信じない。きやすいですよ、何にでも合いますよって自分で判断する。今年流行りですよ、じゃー来年は着られないなら買わない。
デザイン重視そして、試着して本当に似合ってるか、どこで着れるか、2、3年後も着れるかなど色々考えて買う。多少高くても好きなら買う。
名無しさん
他人の「その人らしさ」を認めること。
それが出来ないので
ことファッションのコラムは
大ネガティブキャンペーンになってしまうのね。
名無しさん
自分は完全に視覚優位ですなぶふぉ♪
hikoboshiT
おれは最初の自分をイメージして買う派後で後悔したらヤフオクに出品


参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00014042-nallabout-hlth

まとめ

僕は目で見て試着してすぐ買うタイプです。
トレンドはそこまで重視しない。

直感で買うからすぐ飽きる。

安い洋服と高い洋服を併せながら着ているが、飽きるまでの時間は安くても高くても一緒なので困る。
結局誰かにあげる。

「安物買いの銭失い」と「高価なもの買いの銭失い」が同居している。

こういったサービスがあれば、安く済むのに。
洋服選びに悩んでも、洋服は毎日着るものだし、用途やシーンは自分でわかるわけだから、プランを選んで使えば凄くお得で便利なサービスだと思う。

前に、このエアークローゼットがテレビで紹介されていたが「よく考えたな社長!偉いぞ!」と思ってしまった。
社長は若い男性だった。
ファッションレンタル自体は考えついた人も今まで沢山いただろうが、ここまで顧客に満足のいくサービスが出来るかと考えると、なかなか出来るものではない。

単純にオシャレを追い求めるだけではなく、まさに「悩める女性を解決に導くサービス」だと思った。

エアークローゼット

スポンサーリンク

フォローする