事件事故の加害者家族を追い詰めるメディアとネットユーザーは正義か?「引っ越し先にも報道陣」「自殺するしかない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


大津市の交通事故、あるいは飯塚幸三元官僚が加害者となった池袋の事故では、その家族に対し「家族も同罪だ!」「息子は恥ずかしくないのかよ!のうのうと生きていることが許せない!」などの批判が家族にも向けられている。

また、滋賀県大津市で保育園児を巻き込んだ事故を起こした主婦に「こいつは一生幸せになってはいけない。もちろんこいつの家族も」「全員でこいつのこと潰そう。とりあえず顔写真と住所を広めまくろう!」といった書き込みがなされている。

殺人犯の息子を持つ母親と、彼女を始め多くの犯罪加害者家族の支援を行ってきたNPO「World Open Heart」の阿部恭子代表が語った。

スポンサーリンク

2016年に関東で未成年だった息子が面識のない40代女性を刺して殺害・遺棄した事件

「いつもと変わらない夕食を終えて、いつもと変わらない夜の時間を過ごしていた時に、本当に一言、“人を刺した“と言った。やっと、言葉を絞り出すような感じで…」。

2016年、関東某所。未成年だった息子が、サイクリング中だった面識のない40代女性の背中などを数十回も刺して殺害し、遺体を川に投げ入れるという事件を起こした。

引っ越し先にもメディアが…


警察の調べに、息子は“ただ人を刺したかったと供述。事件の真相を探ろうと、家族の元には報道陣が殺到した。「何が起きているのかも分からない状況で、24時間体制で自宅の周りを囲まれていた。私と主人は報道陣の前に立って謝罪をするべきだろうと考えていた。ただ、捜査関係者の方からは“報道陣とはできるだけ接触を持たない方がいい“というお話を頂いて。娘2人も守らなければいけなかったので…」。

娘たちのことを第一に考え、両親は引っ越しを決意する。しかしメディアの姿は、引っ越し先にもった。「誰にも伝えていなかったが、常に探されているような感覚というか。外に出ることができなくなった」。


ネット上の書き込みが一家を追い詰める


さらにネット上の書き込みが一家を追い詰めた。「鬼畜!悪魔!人間のクズ!死刑にしろ!!」「子どもの実名が出せないなら親の名前を出せ!家族も同罪だ!家族の顔もさらせ!」。家族全員の名前と顔写真、さらに父親は勤務先、娘は学校名まで晒された。それだけではない。報道との相乗効果のように、「家の中で奇声を上げて」「授業中、同級生に“死ね”と発言していた」など、多くの嘘も溢れた。

「途方もない量の情報が集まってきていた。事実であることも、そうではないことも。ただ、もう止める術はなく。報道する側は報道したいことを報道するんだなって印象は受けた。すみません…。でも、自分たちの言葉で説明するというところまでは考えられなかった」。

自営業だった父親は客が離れ、およそ1年間の休業を余儀なくされ、一家は困窮。すでに独立していた娘の援助で、何とか糊口を凌いだ。


「自殺するしかないという気がして…」


「自分は、遺族にとって大切な家族を奪ってしまった息子を生んでしまった。罪を犯す当日まで、この手で育ててきたことに大きな責任を感じる。自分たち家族が生きていてはダメだろうという考えから、ずっと選択肢がそれしかないという気がしていて…」と、希死念慮を抱いていたことも明かした。

そんな時に知ったのが、阿部氏の存在だった。「阿部さんがいなかったら私はここにいないと思う」。母親は相談後に離婚を決断、娘たちは母親の旧姓を名乗ることで、晒された個人情報の波から逃れることができるようになった。

息子は懲役10年以上15年以下の不定期刑の判決を受け、刑務所に服役中だ。しかし、今も犯行動機は不明のままで、精神的に追い詰められた母親は面会に行けず、阿部氏が代理として彼に向き合う。事件から3年が経過した今でも、被害者家族に謝罪に行ったのは父親だけだ。

「被害者の方とご遺族に対しては本当に申し訳なく…。どれほど申し訳なく思っていても埋められないというか…。親の責任としてきちんと謝らなければいけない。そこは本当にもう…申し訳ない」と絞り出した。


「家族の生活が崩れてしまう」「“死にたい“と口にする方が非常に多い」


阿部氏のNPOでは、これまでの8年間で性犯罪から殺人事件まで、約1500件の加害者家族の支援を行ってきた。

「“死にたい“という言葉を口にする方は非常に多い。「責任というのは免れないのではないし、絶望的な気持ちになるけれども、やっぱり加害者家族として生きる道というのがある」。

報道、それを受けたインターネットユーザによって、個人が特定されやすくなる社会ができあがっている。

「マスコミが家族に話を聞きたがる時期は、ほとんどが逮捕の前後。まだ捜査している段階であって、警察や弁護士からも話すことを止められている場合もある。情報が伝わって来ず、非常に混乱している中なので、普通の人であれば“すみません“としか言えないはず。冷静な回答なんてできないと思う。結局のところ、動機や背景が分かってくるのは裁判の前後など、時間が経ってからだ。また、昔は引っ越すことで何とか暮らすことができていた。ただ、今はどこにいても安心できない。プライバシーが暴露された結果、新しい仕事を見つけたい、平穏に暮らしたいという加害者家族の生活が崩れてしまう。そうすると、加害者本人が更生する場もなくなってしまう。これは本当に深刻な問題だと思っている」。

また、今回証言してくれた母親のケースについては「彼が刑務所を出るまで、きちんと罪を償うまで、ずっと見届けようと家族も思っているし、私もそう思っている。我々にとって事件は終わらないが、報道は終わってしまう。だから何が起きたのか、ということについても検証していくつもりだ。刑務所に定期的に通っているが、時間と、専門家の力が必要。細かい分析をするにはすごく時間がかかる。事件は複合的な要因で起きるが、きめ細やかな報道はなかなかされないので、どうしても嘘の報道が出てしまう」と指摘した。


スマートニュースメディア研究所所長・瀬尾傑氏「時間をかけた検証報道を」


雑誌記者の経験もある、スマートニュースメディア研究所所長の瀬尾傑氏は「若い人は知らないかもしれないが、連続幼女誘拐殺人事件では、宮崎勤元死刑囚の部屋が公開され、当時悪い意味で使われていた“オタク“と話題になった。そういう部分だけが面白おかしく取り上げられ、家族はバラバラになってしまった。妹は結婚がダメになり、父親は自殺してしまった。ネットユーザーもメディアも、正義をふりかざし、警察や裁判所になったつもりで断罪しがちだ。あの頃から報道や我々はどれだけ進歩できているだろうか」と指摘する。

「メディアは事件発生直後には群がるけれど、しばらく経ったら忘れてしまう、それを繰り返している。それではなかなか真実にたどり着けない。大津で起きた交通事故のケースでも、客観的に見て悲惨な目に遭っているはずの保育園の方を取り囲み、社会的制裁を加えている会見に見えてしまう。報道機関が社会的信用を失うことのないよう、自分たちの役割を主張するだけではなく、抑制的に、時間をかけた取材がもっと必要だ。何が真実なのか、どういう背景があったのか。警察発表に誤りはないのか。そして、家族の問題なのか、あるいは社会的問題があって、それらは解決できる問題なのか。そういったことを問題提起するために報道がある。一方、メディアは社会の写し鏡でもあるので、テレビは視聴率、雑誌は部数、ネットはPVにつられてしまう。自分たちは社会を良くしようと思って仕事をしているというプライドを捨ててはいけない」。

その上で、「もちろん加害者の家族にも人権があるし、犯罪者ではない。むしろ被害者としての側面もある。その意味で、どうすれば加害者家族を社会が暖かく迎え入れ、ちゃんと暮らしていけるようにできるかが、更生にも役立つ。再犯防止の観点からも、法的な部分でも対策を考えていくことだと思う」と訴えた。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00010003-abema-soci&p=1

ネットの声

名無しさん
加害者が未成年であった場合、被害者は泣き寝入りです。なぜならまだ子どもだから。
ならば子どもを監督する立場の親に、ある程度の責任が生じるのは当たり前な気がします。
でもそれは法的にそうあって欲しいだけで、メディアや一般人による私的リンチであってはいけないと思う。
名無しさん
加害者本人のことや、動機、現在の捜査状況などを調べて伝えていくのは報道機関の役割だと思うけど、加害者家族を必要以上に追い詰めるのは違うと思う。
加害者家族であったとしたも、1人1人が生活していく権利があるわけで、それを妨害する権利はないでしょ。
あと、個人の勝手な正義感による個人情報の流出とか、私刑も取り締まるべき。それも犯罪として。個人にそんな権利はない。加害者は罰を受けるべきだが、家族は共犯ではない。その生活を脅かす権利はたかだか1個人にはない。
名無しさん
加害者側にしてもしんどい目に遭うのは自分だけじゃないからこそ
安全運転をしましょうね、ってお話ではあるんだけど。
ただ本人以外まで追い詰める大義名分にするのは若干おかしいしな。
自分達は善いこと正しいことをしてるつもりだったり、あるいは
自分は傷つかずにストレス発散してるんだから、ろくでもないわな。
メシのタネにしてるマスコミはもっとろくでなしだし。
名無しさん
マスコミのこの執拗さは、東池袋には発揮してほしい。
被害者だけがさらされることは、元々おかしいと思ってるので。
会社役員
ところで池袋の殺人事故はどうなった?
仮病でまだ入院してるのかな???
そもそも池袋の件について同情できないんですけど。
名無しさん
「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。それが現実。僕は生きることをあきらめようと決めました。
死ぬ理由に勝る、生きる理由がないんです。どう考えても浮かばない。何かありますか。あるなら教えてください」
大きな事件の犯人の弟さんが自殺する前に残したコメント。昔この記事を読んで胸が痛みました。親はともかく兄弟がここまで追い詰められるほどの十字架を背負う必要があったのだろうかと。ある意味当の犯人以上に苦しんだことと思います。当事者はともかくマスコミやネットユーザーの悪意で人を追い込むようなことはやはり改めていく必要はあると思います。


名無しさん
両親はある程度の責任は仕方ないと思うけど、兄弟は本当に可哀想…。
今回のケースだと娘さん2人で、おそらく結婚もかなり理解ある人や義理家族でないと難しいでしょうね。
名無しさん
それはそうだろう、とは思う。秋葉原大量殺人の加藤の弟氏も、一時話題になったし、松本清張の砂の器もそういう悲劇の話。
しかし、それと、池袋の元院長が逃げてるのは別の話。
名無しさん

いろいろな意見あって、家族に非はないって事件も多いと思う

でも、自分が被害者の家族になったら
加害者本人だけではなく家族も恨むと思う
追い詰めてやりたいと思うかもしれない
もし加害者の家族が自殺して、加害者が悲しむようなことがあったら「家族を失った悲しみを知れ」と思うかもしれない
その事で想いは晴れることはないと思うが…

名無しさん
息子の罪を謝りに行ったのが父親だけなのはちょっと…。
息子の罪に向き合うことが出来ないって言うけど、息子の罪だからこそ、辛くても向き合わないといけないんじゃないの…
被害者ご遺族が気の毒。
名無しさん
この記事を見て、一つ思ったこと。確かに家族に必要以上の責任を問うのはと思うけど、被害者家族に謝罪に行ったのが父親だけ?
厳しいこと言うけど、そんなだからって思ってしまう。確かに自分が産んだ子が殺人犯して普通の精神状態でいるのは難しいと思います。でも、それとこれとは別。被害者に対してはそんな感情関係無く親として誠心誠意謝罪しなくては。
それが出来ない事がすでにちょっと、、、。
私も子供を持つ親だけど、同じ立場だとして被害者家族に謝罪しないなんて行動取れないと思う。
名無しさん
加害者の家族が大変なのはわかりました。
けど、それ以上に被害者の家族は大変な思いをしているとも思う。
文面にもあったけど、謝罪に行ったのが父親だけって、、、気持ちわからなくもないが、被害者の家族としてなら誠意は感じられないかもね。


名無しさん
自分がもし被害者の家族だったら…親がめった刺しにされたらと思うと…加害者家族には最低限贖罪の気持ちでいてほしいとは思う。
自殺したいなんて、家族を殺された被害者の前では絶対口にしてはいけないと思います。
名無しさん
加害者が未成年だったりした場合、子どもを監督する立場の親に、責任が生じるのは当たり前だと思います。
でも、その責任は被害者や被害者遺族に対してであって、世間に対してではないと思います。
メディアは家族のコメントを求めたがる節がありますが、それって必要なのかな?
メディアやネットで叩かれて仕事を失って、賠償も賠償も進まなくなることもあるでしょうし、過剰な報道はどうかと思います。
名無しさん
犯人の犯罪にどの位影響を与えたのか、防ぐ事はできたのか、の2点だけはっきりさせたほうが良いかも。家族としては。一生かかるかもだけど。
責任の範囲。周囲は知らないから知ろうと責める。知っても何もできない事は知っているのだけどね。学びたいのかも知れない。善意に解釈すれば。
可愛かったときの息子さんを愛し続け淡々と暮らすしかないのかも。被害の方達へも祈る事しか出来ない。苦しんでいる事、伝わらないよりは良いのかもだけど聞かされてもどうしようもない。会えば何かは進む。会ってくれるなら子にも被害者側にも会うべき。今を壊す覚悟で。壊れたあとにしか生まれないものもあるから。頑張って生きて欲しい。
名無しさん
人を刺してみたかった?危険は発想は親なら何となく気づいてたんじゃない?大津の件は自分でもありえる話ではあると感じるし、その家族まで晒される必要はないとは思うけど、この事件に関しては親は責任を果たすべきだと思う。兄弟までネット社会に晒されるの気の毒だけど、親は逃げるべきではないよね。この母親は逃げてるように感じる。
自分は被害者です。って感じが伝わってくるのは何でだろうね。
名無しさん
自分がもし被害者の家族だったら
自分がもし加害者の家族だったら
どちらのケースにもなる可能性があるのに、偏ってる意見が多い様に感じる。
被害者にしかならないと誰にわかると言うのでしょう。
少し判断を見誤ったら、そんなことしたくはなかっただろうに、人をひいてしまう世の中なのに。
私は事件のあと、どちら側にも、命を絶ってほしくはない。
名無しさん
捜査機関なんて自分達に都合の良いアドバイスしかしないし、善意を装って近づく宗教屋も居るから対応は難しいと思うが未成年犯罪なら親として被害者にはちゃんと向き合う事は必要でしょうね


名無しさん
池袋の事件でもそうだけどさ。
もちろん腹を立ててる気持ちは同じだけど、ネットの内容見てると本当に見苦しいし、なんか違うって思うんだよな。
しかも人違いや憶測も多い。
対応や処罰に不満があるなら、警察や行政、司法に論理的にこうするべきだっていう意見書を署名集めて提出するのが民主主義のやり方。
繰り返さない事が大切であって、罰するのは司法の仕事。
終わってしまったことに対してその家族や関係ない人を巻き込む可能性のあることはしない方が良い。
私は性被害にあって、結局泣き寝入りになってしまったけど、その家族に対して今は恨みはない。
赦せるようになるまで時間はかかったけど。
本人は今でも殺したいし、ネットに全部書けば社会的な罰も受けるかもしれないけど、そんな事しても起きたことはもう消せないし、結局仇討ちなんて虚しいだけ。
しかも赤の他人がやるなんて、ただの憂さ晴らしでしょ。
名無しさん
この様な事件で一番可哀想なのは未成年の子供だと思う。おそらく学校でも噂が広まりいじめの対象になることもあり得ると思う。
親はある程度仕方がない責任があると思う。
でも子供には責任はないと思う、その子供を守る為にメディアは控えた方が良いと思う。
多くの人は犯罪者のプライベートな事には関心無いと思うが逆に家の近所だったりすると変にあの家かな?等と関心を持ちたくなる気持ちも解る。その為に情報が漏れるのかも知れないが家族も悩んでる人が多い様だしそっとして上げたい。
名無しさん
加害者の家族も同罪だ。
名無しさん
怒りや嫌悪の矛先が家族にも及ぶのは仕方のないことだと思います。でも、あくまでそれは『容疑者と一緒に非難されてしまう』程度にとどまるべきで、家族の通う会社や学校を探し出して晒すという行動は明らかにやり過ぎ、そんな権利は一般人にはないはずです。それに事件や事故によって状況も異なりますよね。飯塚幸三の場合は車の運転など出来ない状態であることを家族は知ってた上で運転させてた訳ですから悪質だと思います。でも、普通に問題なく過ごしていたと思っていたはずの家族の誰かが実は心が病んでいて突然事件を起こした場合など…気づかなかった気づけなかった申し訳ないとお詫びしているのであれば少なくとも家族へ矛先を向けるのはメディアでも控えるべきではないでしょうか。逆に毒家族のせいで事件を起こしてしまった子ども等は家族をとっちめたくなりますよね…盗んでこいと言われて窃盗したとか。何はともあれ制裁は法にまかせるべきです。
名無しさん
こういう問題は以前からあり、確かに国民全体で深く考えるべきだとは思う。
それとは別に、池袋暴走事件以来、この手の「ネット叩き」が盛んにマスコミから発信されるようになってきたことに激しい違和感を覚える。
「今までずっとスルーしてきたのに、なぜ今急に?」
大津の事故では、私が知らないだけかもしれないが、「家族もさらせ」というコメントはほとんど見たことがない。むしろ「上級国民なら逮捕されずに済んだのに」という皮肉が多い。
やはり何かの「忖度」を感じずにはいられない。
名無しさん
被害者は死ぬまで心の傷を負う
損害賠償も順調ならばまだ良いが
そうでなければ
相当額払って賠償請求を定期的に
作成してもらわなければならない
金銭的負担も相当額強いられる
息子を殺された方は家も土地も売って
請求続けてる人もいる
被害者家族、人生めちゃくちゃにしておいて
加害者家族はそっとして
おいてというのはどうなんでしょうか?
犯罪起こさなければそんなことも無かったでしょうに
加害者がうらむべきはメディア等でなく
犯罪を犯してしまった身内でしょうに
犯罪犯すと言うのはそう言うこと
お互いの家族や人生が狂っていく
加害者家族も何があっても一生をかけて
被害者の墓前で詫びていかしかないと思うけど
行きてるだけマシと思えばなんてことない


名無しさん
加害者の家族もある意味被害者なのかもしれない。でも、捜査関係者はなぜ『報道陣と接触しない方が良い』と言ったのか?!意図が分からない。
加害者が未成年であった場合、やはり親の責任も問われるであろう。と考えると、両親が報道陣の前で謝罪する事はあって然るべきであろう。
想像を絶する苦しみかとは思います。
でも、何故謝罪を父親(夫)だけにさせているのか?!離婚したから終わりでは無い。
謝罪は、離婚していようが共に行なうべきであろう。
罪を犯した子どもから逃げている様にしか…。
キツイ事を言うようですが、離婚しようが親子の血縁は絶てない。
息子さんとキチンと向き合ってあげて欲しい。
丞相
未成年が犯した罪を未成年だからといい理由で、罪を免れられる現行法上、親の教育責任を問うのは至極当然の話
年齢に関係無く、犯した罪に対して罰を受ける法制度に変えれば、多少は変わるかもしれない
しかし法が変わろうと、子の教育監督義務は親にあり
自殺に追いやるほどのイジメ行為、犯罪行為をするような子に育てた事実は変わらないから、親がバッシングを受けるのは、ある程度仕方がない
親の教育を受けて子は育つ
イジメをするような子に育てた親が悪いので、被害者に対して、それなりの責任を取る義務がある
しかし私刑は論外。法に照らして裁くのが法治国家
名無しさん
先天的に精神疾患を患っている人もいるけど、世間的には認知度が低いです
子供の頃から何らかの傾向が見てとれれば誰かしらが気付く可能性はありますが、本人も気付かずにある日突然何らかのきっかけで異常行動にはしってしまう事もあります
また、精神病疾者は比較的高い知能をもっている傾向にありますから、子供の頃に問題行動をしていても歳を重ねるごとに知恵をつけていくので本性を隠すのが上手くなります
なので、家族は『成長して落ち着いてきた』と思ってしまうのです
そのような場合は家族といえど見抜くのは難しく阻止しようもないでしょうから、細かい事情などを分かっていない状況で『家族も同罪』だと軽率な行動をとるのは良くないと思います
近年マスコミの偏向報道が問題視されてますが、自分達が同じ事をしてるのに気付かないんでしょうか?
名無しさん
色々な加害のパターンがあるから一概には言えないが…。
親がどうだとか、兄弟がどうだとか、調べ上げて曝す人間に、なんの権利があるのかと思う。正義感を振りかざし、結局、そもそも関係のない人間なのに、間接的に人に危害を与えている。自分も、客観的に見たら加害者になっているのにね。下手したら、自殺に追い込んだ殺人犯にもなっている。
もし、それに喜びを感じているなら、その人は、相当ヤバい人格者でしょう。多分、自分のしていることは、正しいと思っているのだろうから。
名無しさん
自分の家族が被害者だったら、私は絶対に加害者家族を許さない。犯罪者に育てた責任はあると思います。私なら家族を失った辛さ苦しみを、同じように味会わせたいかな。刑期を終えて出てきて幸せになってもいいと思う。でも、被害者には特別に情報を提供するべきだと思う。自分が幸せになったときに、いつ仕返しされるか怯えながら、生きて欲しい。犯罪者が幸せになる権利なんてないと思います。人の幸せを奪ったのだから。
トランプ課長
元々の被害者の気持ちを考えれば妥当だろう…
この場合のメディアは問題ない。池袋の死亡事故もメディアには良い仕事をしてほしい。人を殺してシッカリ反省してないのは明らかなのだから。


名無しさん
加害者側が責められるのは当たり前のこと!被害者遺族の苦しみに比べたら責められて当然だと思う。
昨日、家、ついて行ってイイですかで、前に浦和の女子高生がライブ行く途中で高齢夫婦(運転は旦那)のクルマが突っ込んで、壁とクルマにサンドイッチにされて亡くなった女子高生の遺族が出てました。
色々過去から今現在の話や事故の状況を話してくれて、観てて辛く悲しくなりました…これを加害者遺族や警察の偉い人、国の偉い人に見せてあげたい…そして道路交通法や免許の改正をしてほしい…改めて本人も家族もクルマを運転する責任を自覚してほしい。
ガドイン直伝ッ!必殺!竜陣剣!!
「重大な事件の加害者にはもっと重罪を」
という国民感情がある
逆に言えば現状の司法制度が罪人の社会復帰に重きを置きすぎていて、懲罰が生ぬるいと感じる人が多いのです
これはルールと国民感情が著しくズレていることの証明です
改めるべきは国民感情でなく、ルールの側だと思いますよ
名無しさん
>報道機関が社会的信用を失うことのないよう、自分たちの役割を主張するだけではなく
これは既にかなり失ってるでしょ、特に若い現役世代の間では。かなりの人が同じ報道を何社か見比べて事実のみを拾い上げようとしてる。これは各社とも恣意的な報道ばっかだからしょうがない。
その世代はツイッターとかの情報を鵜呑みにする傾向があったりするんだけど、既に報道より信用できるからなんじゃないの?それに報道機関がツイッターに使わせてってリツイートする時代だし。
それでも自分の欲しい情報しか拾い上げない高齢者には有効だよね。個人的には新聞が消費税増税の軽減税率制度の対象なのが、どうしても納得出来ないけど。
名無しさん
被害者とか加害者とか関係なくよほどオウム事件のように裁判が長引いてて動向から目が離せないなら兎も角、刑が確定している事件についてマスコミは触らない方が良いのでは?
結局この話のコメの中でも加害者家族叩きのコメも少数ではあるけどあるわけだし。
被害者遺族だって事件の事は忘れられる物ではなく何年経とうが「何故こんな目に遇わなければならなかったのか?」と思っていると思う。だけどこう言う形で何度も何度も取り上げられると「もうそろそろ、そっとしておいて欲しい。」と言う気持ちもあるのではないか?とふと思う。
結果として被害者遺族、加害者家族双方の傷口に塩を塗り込むのではないか?マスコミがどちら側の目線に立っても双方救われない。
名無しさん
私の、小さい頃は、仮名にしても直ぐに、特定出来る、報道を、していました。私は、罪は、本人が、償うべきであって、家族には、関係ないと思います。でも、加害者の、更生は、私は、大切ではない。むしろ、私は、社会復帰出来る事に、疑問を持つ。これでは、犯罪は、減らないと思う。報復殺人も、起こる可能性も、ゆがめないと思います。私達には、人を裁く権利は無いです。被害者家族の、気持ちを、重く考えるべきであると思います。私は、被害者家族から、許されるまで、刑務所に、いればいいと思う。
名無しさん
被害者・加害者家族もそうだが、メディアは弱い立場の人を報道し過ぎな気がする。一方で一部の権力者や一部の外国人にはだんまり。
真に報道機関を名乗るなら、ただおもしろおかしくするだけでなく、事実をしっかりと報道してほしい。


名無しさん
子供が加害者の場合、親にも十分というか同罪、むしろそれ以上の責任がある。結果として犯罪者を育ててしまったんだから、追い詰められるのは仕方がないこと。自分の子育てが間違って、人様に迷惑をかけているのだから当然です。親にはそれくらいの責任はあると思います。被害者側からしてみれば、「お宅が育てたとんでもない子供を社会に出して被害を被ったんだから、親にも同様の罪がある。」としか思えない。
ただ、メディアや報道は、視聴率、雑誌の販売数など、自社の利益、自分の功績しか考えていない。。。。視聴者のことを考えてなんて程のいい建前にすぎず、そこにはモラルもへったくりもない。これはこれで許し難い行為。
名無しさん
東野圭吾の『手紙』と言う小説では
残念ながら加害者家族も同罪と言う気持ちで生きて欲しいと
遺族や被害者は思っているそうです
が、それは当事者が思う事で
周りの部外者が思う事ではありませんね。
だけど、中には聞くに堪えない殺め方をした人達もいます
それが未青年ならさすがに親の責任を追及してしまいます
なぜなら、いつかは自分が子どもが家族が被害者になるかもしれないからです
女子高生コンクリート殺人事件はほんと惨い殺され方で
被害者も加害者も見青年
加害者達はのうのうと今も生きています。
さすがに世の中にだすべきではないと感じました。
名無しさん
被害者の家族からしてみたら、こういう犯罪を犯す前に何かしらの異変にどうして気が付かなかったんだ、やってはいけないことをきちんと教えてこなかったのかって思いますよね。
ましてや人を殺めたのなら尚更。
突然そういう思考が降って湧いてきたのか、それとも元々犯人の中にそういう願望があったのか、それを見抜けるのは一番近くにいる家族なんじゃないかと、被害者の家族や我々からしてみたらそう思います。
また、犯罪を犯した人間が未成年者で少年法という法律に守られてしまうのならば、その保護者は監督不行届として代わりに責任を負って構わないのでは。
そうでもしないと被害者の家族が浮かばれないし、犯罪を犯した本人も反省しないだろう。
加害者の家族が大変なのは分かりましたが、だからといって、私たちはこんなに大変なの!死んでしまおうと思うほどに!と声高にアピールする必要はないと思う。
名無しさん
もちろんメディアやネットでの私刑には適切な対応が必要ですが、こうした加害者家族・親族の実情は、犯罪行為への抑止力として広く世間に知られるべきだと思います。
誰もが大切な家族に、同じように重い十字架を背負わせる事になるかもしれないと、常に意識して行動する必要があるでしょう。
その気持ちがあれば、少なくとも誰かを手にかけたり、飲酒運転を行うなど、自分の意識ひとつで防げるような愚行には走らないのではないでしょうか。
名無しさん
加害者側の家族が道義的に責任を感じるのは当然ではあるが、執拗なメディア取材や不必要な拡散はあってはならないと思う。わざわざ近所の人にインタビューして回ったり、どんどん家族を追いつめている。
それぞれ遠い親戚を含めたら何十人と親族がいる。いつ自分が加害者側の親族として扱われるか分からない(狂気的な殺人ではなくても、大津の自動車事故は、自分に絶対起こらないとは言い切れない)。加害者本人は、生涯を通じて猛省と償いをすべきではあるが、もう少し家族に寛容な世の中であってほしい。
名無しさん
滋賀の自動車事故は別として、凶悪な殺人を犯した加害者が少年法で守られているから、切れる人が多いんじゃないの?
成人と同じように裁判受けて、判例とは関係無く裁判員による一般市民の感情に近い刑罰が下れば家族を攻撃する人は必要ないかと…


名無しさん
重要なのは被害者救済であって
加害者家族を責める事は違うと思う。
加害者が未成年で保護者が責任を負うというのはあるかもしれないが、加害者家族の生活を破壊したら被害者への賠償もできなくなり、それこそ泣き寝入りになる
名無しさん
被害者の無念と比べたらまだマシだと思うよ。
何の落ち度も無いのに悲痛な思いをするのと、自分の身内が起こした罪で悲痛な思いをするのを同等と思っちゃいけない。
しかもレアな事故ではなく、昨今取り上げられまくっている事故を今更まだやるなら尚更だ。
例えば池袋の爺さんとかさ。家族はこうなる事を止めれたかもしれないが、被害者はいきなり身に降りかかったわけで。
いま、そういう時代なんだよ。
名無しさん
加害者家族は気の毒な部分はあるかもしれないけど、人を殺すって事は相応の報いがあるし自分だけが苦しむ問題じゃないってことをわかってほしい。親もしっかり教育すべき
名無しさん
池袋の件は家族も同罪だと思われても仕方ないでしょ。未だに逮捕されてないし謝罪もまだなんじゃないの??
他の件でも家族がもっと親身になっていたら、と思う事件もあるよね。
事故の場合は難しいけど。
家族は悪くないのかもしれないけど、その加害者をそういう風にしたのはやっぱり親や周りの人間なのかな、ってのは思う。
知的障害があったり精神疾患があったなら別かもしれないけど、その場合にも監督責任とかもあるだろうし。
名無しさん
ニュースや新聞等の実名報道その物は否定しません。かなり前ですが、学生時代の友人の父親が事故で亡くなった時、新聞やニュースで知りました。私以外にも遠く離れた友人、知人の事を新聞やニュースで知った事のある人は沢山いると思う。そう言う意味で実名報道は必要かな。ただそれ以外のプライバシーに関する事まで、根掘り葉掘り報道する必要はない。実際に報道の仕方一つで、加害者の家族だけでなく、被害者の家族までが自殺などで命を落としている。つまり、これもまた殺人と言える。その事を報道関係者だけでなく、我々ネット民も自覚持つべきだ。
z
事件の結論まで追わないメディアが多過ぎる。
起きた時に騒いで、途中経過や結果をきちんと報道していない。
最後まで追えないのなら、初めから取材や報道は控えるべき。
局や番組で、違う事件を報道しても良いのでは?
番組も感情を煽る余計な芸能人のコメントなど使用せず、冷静に事実を報道する姿勢が、大事じゃないですか?


名無しさん
特に加害者が未成年の場合、成人と比べ法的に守られてしまう。その不公平感から世間の過度なバッシングを受けるわけであるが、法律がそうである以上感情的になることは否めない。
自分の子供が重大な犯罪を起こした時に自分は関係ないと思うような親もありえない。
この方も精一杯子育てをされた中で結果的にこうなってしまったかもしれないが一生背負わなければならないのだろう、気の毒ではあるが。
名無しさん
被害者側の目線で見るべきだと思う。
加害者側に起こる出来事はある程度致し方ないけど、ネット社会は度を越していますね。マスコミも。
名無しさん
正直な感想を書くと、殺人を犯した犯罪者の家族が普通に暮らすのは無理だと思いますよ。
やはり家族、親としての責任はあると思います。
私の家族が殺されて、加害者が捕まり、加害者の家族は普通に幸せに暮らしてるなんて状況になったら、私だったら許せません。
殺された被害者の家族は一生心に傷を負います。
加害者の家族も傷を負ってもらいたい。
幸せに生きる権利を求めてと言ってられる状況ではないんです。
人の命を奪うということは、そんなに甘くありません。
それだけの罪を犯したということを加害者も加害者家族も自覚してほしいです。
名無しさん
池袋の事故については、正直家族も家族だと思うよ。
真偽はわからないけれど、息子に電話して色々と削除したんでしょ?倒れている人を助けもせず、身の安全を守るために。
そんな家族を保護する気もなれないわ。
殺人の家族に関しては保護は必要だと思う。どんなにいい環境で育っても、やっぱり子供と親は同一人物では無い以上、思っていることも価値観も違うだろうし。学校か何かで精神やられて狂うときもある。
自分はそうだった。叫びたくなったり、暴れたりしたくなった。実際はしてないけど。したらヤバいと思ったし。
親の責任というけど、親もそこまで責任無いと自分は思ってる。
名無しさん
死にたいと思うことはあるだろうけどさ
被害者の親御さんは子を実際に亡くしてるんだよ
命がある内は死ぬまで背負わなければならない
死にたいと言うならそれも良い
無くなった命はイコールになりそれならフェアだ
苦しい心情を吐露したいのは被害者の親族だろう
加害者側にフォーカスを充てる意味が分からない
名無しさん
私は親の立場だけれど、自分の子どもには人様に迷惑かけるような生き方するなとは教えています。この方のような子どもを育てたなら私自身が責任を感じ自分の子どもに始末をつけるのでと脅してます。一人の為に他の兄妹や身内はこれからの人生は針のムシロです。それくらいの思いで生きてほしいです。被害者の気持ち、被害者の家族の気持ちを思うと責任とらなけらばなりません。
子育てはすぐに結果が出ません。道徳的な事をしっかり教えて育てないとダメだと思います。
しかし、死を自ら選ぶのはダメです。何とか立ち向かう強さを持ってください。手を差し伸べてくれる人も必ずいるはずです。


名無しさん
愉快犯だけでなく本来は良識のある人間すら、こうした私刑に走り得る理由として最も大きいのは、そもそも公の制裁が不十分だからではないか。
今回のインタビューでも、
人を殺めた加害者の更生を前提で物事を語られた日には、被害者遺族でなくともやり切れない。
名無しさん
免許証返納制度がある。
なのに高齢者に免許証返納を促さない、ましてや体が不自由な高齢者に車の運転を黙認する等の行為があったとしたら、加害者家族を擁護すべきでしょうか?
ましてや、その高齢者が人を死なせたとすれば。
名無しさん
犯罪を犯した者の保護責任や監督責任にある立場の人が責任を問われるのはある程度仕方がないと思う。この事件のような未成年者の親とか。
ただそうでない、兄弟や責任能力のある青壮年の親が犯罪を犯したからといって家族まで責められるべきではないと思う。
名無しさん
サイクリングに刃物が必要ですか!?たまたま牛久沼を散歩していた女性が刺され殺された。加害者は10年〜15年で社会に復帰出来ます。殺された人は一生戻って来ません。よく考えて下さい。加害者は少年。なおさら親の監督責任が問われると考えます。少年で名前が出なかっただけ救われたと考えてください。ご自分の都合の良い考え方は止めてください。
piop
普通の親、普通の家庭で育った犯罪者もいるだろうけど、「やっぱりね」っていう家庭もあると思うけど。
自分が、加害者家族になったら記事と同じように思うだろうけど、被害者家族になったら無理だと思う。
末代まで不幸になれって思うかもしれない。
社会が良くなるように…無理じゃない?
ネット社会になったり本当にいろんなことが便利になった代償が、今の時代な気がする。
xox
加害者家族よりも、やはり被害者家族の方が何倍も辛い思いしてるので、そこはしっかり加害者家族も責任を負ってしかるべきだと思う。
犯罪をおかしたのが未成年なら特に。
ただ行き過ぎた報道はしなくていいと思う。


xxx
高齢者の自動車事故に関しては、家族責任があると思います。
その他の事件は、なかなか難しい判断ですね。
被害者にとっては、家族も同罪と思うでしょう。
加害者家族を守る活動されてる方は、なかなか出来ない活動だと思いますし、続けて欲しいです。
qwe
一番重責を負わなければいけないのは、事件を犯した加害者であって
その家族までは関係はないのです
仮に、事件を犯した加害者が未成年者の場合であれば、監督責任として
親がその重責を追わなければいけないのです。
ニュース等で加害者側を報道するのは自由であって、関係のない家族まで身分を明かそうとするような過剰な報道やネットによる潰しあいは
決してやってはいけないのです。
名無しさん
家族が殺人を犯してるのだから、その家族は全く無害っていうのは無理だと思う。
もし、自分の隣に殺人犯の家族が引っ越してきたとしたら挨拶ていどで深入りしないし、家族といえど警戒します。
それほど重大なコトをしてしまったということだとおもいます。追いかけまわすマスコミの方は仕事かもしれないけど少し控えた方がいいとおもいますけどね…
名無しさん
加害者側の家族も犯した罪についてある程度の連帯責任を負うべきだとは思うが、必要以上に攻撃したりするのは違うと思う。
最近のネットユーザーなどは、加害者の家族を晒したり攻撃したりすることを何か正義感ぶってやっている人もいるが、そういうやつも結局犯罪を起こしているのと同じだと思う。
名無しさん
事件は終わらない。
何故なら再犯の可能性が大きいからです。
そして、被害者の心が救われるまでは、その事件は
終わらせてはいけない。
それが常識のある考え。
刑期終了=事件終了ではない。
被害者がそう言うなら納得だけど。
第三者が偉そうに言うなら言語道断。
名無しさん
親の責任というのであれば,出所した息子を自らの手で始末すべき
そこまでやって初めて親の責任を果たしたと言える
刑期を終えて出所すれば司法上の償いは果たしたことになるが,親の責任を果たしたとは言えない


QT
百歩譲って親ならまだしも、親戚や兄弟まで私刑の対象にするのはあまりに可愛そうです。
事件関係者のプライバシーをSNSなどで安易に発せないようにする仕組み作りが必要だと感じます。
名無しさん
人一人の命を奪うことの重みを感じなければいけないのは加害者です!家族には何ら関係ないと思う。未成年なら親の責任はあるが、成人になってる加害者は自分の判断でやってるのだから、マスコミの報道は知る権利を振りかざし何をやっても許されると思ってる所がある!仮にマスコミの報道が間違いだったときマスコミはどうやって責任をとるのか
名無しさん
確かに加害者の家族は悪くないのかもしれない
しかし、被害者の家族の事を考えた事があるのでしょうか?
加害者は何年かすれば帰ってくる、でも亡くなられた方は一生帰って来ない
大事な人を奪われた悲しみを一生抱える被害者の家族の事を考えると、加害者の家族も少しは我慢するのは当然というか仕方がないと思ってしまう
名無しさん
確かに加害者の家族は被害者ではなく、その家族にも人権はあるが…
池袋の87歳はそもそも加害者なのに犯人にもなっていないし、自分と家族のことばかりで被害に遭われた方々への配慮や懺悔など全く見えてこない。
そりゃあみんな腹ただしいし、許せないと思う。
名無しさん
加害者の更生する機会も奪ってしまうとあるが、加害者に更生して欲しいと願う被害者遺族がどのくらいいるのか?
更生なんて願ってないでしょう。
特に被害者がまだ若かったりすれば尚更被害者遺族の加害者に対する憎しみは並大抵ではないと思う。
加害者の親族も被害者?
そうかもしれないが、被害者遺族が負わされた傷の深さに比べたらどうなの?
名無しさん
被害者や被害者遺族のことを考えれば、追い詰められても仕方ないのかな?今の日本で賠償がどれほどされているのでしょうか?全額賠償されたケースはどれくらいあるのでしょうか?被害者やその関係者が、まともな賠償もされず、二次・三次被害を受けるような現状を考えれば、残念ながら、同情する気にはならない。


higeyahoo
事件と事故で違うと思うけど。
「誰でも良いから刺したかった」なんてヤツは自分の家族刺せば良いのに。
どちらにしても加害者やその家族のことばかり守ろうとし過ぎ。
被害者側はその後のやり直し効かないのに、加害者はやり直せるようにとか、被害者にプライバシー無いのに加害者は守られてたり。
名無しさん
個人情報の暴露はやり過ぎだと思うし、他人にそんな権利はない。でも一番辛い思いをしてるのは遺族だし、無念の死を遂げた被害者だと思う。遺族に謝罪したのが父親だけなんて…。個人的に同情はできないな。
名無しさん
忌まわしいリンチですね。人間は放っておくといつの時代でもリンチを起こしてしまう動物のため法治国家として法制度を整えた歴史があるのに。SNSの普及で新たな法制度の見直しが必要となりましたね。法制度を越えた者を厳しく罰する法律が必要みたい。
名無しさん
数十回刺されて亡くなった被害者の痛みや恐怖を考えたら、加害者家族の辛さを主張することなんて出来ないと思う。
被害者に関わりある人達も辛い思いをしていることをこの加害者家族が考えているのかも疑問。
きっと、立場が変われば、同じように加害者家族を責めるんでしょうね。
名無しさん
加害者本人の刑罰が軽いことや、加害者の人権などの保護やサポートがとでも手厚いのに対して、被害者はほったらかしにされてやられ損になるのが原因の一つになると思います。
今の制度による結果が信頼できないから、こういった一種の私刑が増えるのではないでしょうか。
名無しさん
兄妹、親戚に嫌がらせやネット拡散されるのは絶対に駄目だが、親は本当に関係ないんだろうか?殺人をしたほとんどの親が子供と向き合わず放置や虐待しているじゃないか?
他人事のように聞こえる。子供が殺人するなんて親の育て方に責任があると思う。
普通に生活を望む方がどうかしてると思うけど。


名無しさん
池袋の暴走事故に関しては家族ぐるみでいろいろ手回しをしたみたいだから、周りからいろいろ言われるのは仕方が無い部分もある。
名無しさん
罪を犯すっていうのはそういうことだと個人的には思う。。
今のマスコミとかの話ではなく
昔から犯罪を犯した人の家族は村八分とかにあってたわけだし。。
だからこそ犯罪を犯したら自分だけでなく家族までこういったことになるということを子供に教えていかないといけないなと感じる。。
笑える時間が一番
テレビや映画、ゲームなど人を殺すことが簡単だと錯覚してしまうのか。ゲームだと生き返る。発達していない未成年がゲームにはまると少なからず影響があると思う。「誰でもよかったから殺してみたかった」。人を殺める教育はするはずない。なぜこんな気持ちになっていくのか、専門家がしっかりひも解いてほしい。
名無しさん
未成年の起こした事件の時は、どう育てたらそんなことになるのか、心配になって気になる。
年配の人の交通事故は、親が同じ立場にならないか、心配になって気になる。
でも、引っ越し先まで追っかけて「責任取れ!」なんて、被害者がよほど身近な人でない限りそんな気持ちにはならないかな。
でもそんな「心配で」って検索することで、度を過ぎた情報発信をする人の「みんなが知りたがっている=正義」という勘違いを助長しているのかも。
そこまで粘着する人は、どういう気持ちなのか?
ブログの場合は、アクセス数を稼ぐっていう算段もあるだろうけど。
それは正義感とはまったく関係ない話。
名無しさん
俺も含めて自称まともな家族のつもりでいるけど、みんな自分の家族から殺人者が出て周りから非難轟々を受けたら誰でも「自分が殺人を犯したわけじゃないのに」と普通は思う。表に出るだけで近所や学校や会社で奇異な目で見られる苦痛は十分に社会的制裁だと思うし、ネットの特定班の行き過ぎた行動はそれこそ犯罪に当たると思う。そこで感情を優先するようではどこぞの国と一緒。
名無しさん
交通事故は過失の程度にもよると思うけど殺人は家庭に問題がある場合もあるしどんな環境で殺人するような人間ができるのかは知りたい。


upup
加害者を育てた親にも責任はあるのではないかな?例えば育てていたらうちの子大丈夫かな?とか気が付くことあると思う。親が適切に対応することで未然に防げることがあったかもしれないし……
愛情持って育てていないとか
もしも何かしら親にも原因があるのかもしれない。
自殺したくなるまで追い詰めることが良いとは言えないけど
被害者家族の心情はそうなってしまうかも
名無しさん
今は悲惨な事故を起こせば加害者本人はもちろん家族も加害者になってしまう時代
だからこそ漫然となぁ〜なぁ〜と運転してはいけないのです
みんな人ごとなんだよね
自分は大丈夫とみんな思っている
とにかく意識するしか無い
“だろう”運転”ではなく”かもしれない”運転をすることをね
名無しさん
なぜ、自分がしたことじゃないのに?って思う気持ちもわかるけど…
家族だから家族だから全員で責任を一生負わなければならないのかなとも思ってしまう。
過度に追い詰めるのはたしかによくないことだけどね…
でも、今の世の中被害者が写真、名前を晒されること多いよね?
自分達だけが苦しいってだけじゃないよ?
一番苦しいのは被害者だったり、被害者家族だってことは加害者家族も頭に入れておくべき。
名無しさん
未成年だったならなおさら、親は何か異変を感じなかったのか
正直とても奇妙に思う。
加害家族を叩く必要はないけど
同じ事を繰り返さないように
どんな生育状況だったのか、それを報道してほしい。
名無しさん
少年法を無くすべき
作った時代と、現在では何もかもが違い過ぎる
名無しさん
最初から事件を起こさなければ良い
日頃から家族内にも犯罪に結びつくような行動に注意喚起するとか
昭和で産まれた方々は宮崎勤事件ぐらいの事はご存知なのでは?いくら家族が悪くなくとも加害者当人の影響によっては親族へ多大なる影響また迷惑をかけることがある
そのくらいは覚悟したほうがいいね
それが嫌なら国から報道の自由を一切無くせばいいでしょう


名無しさん
確かに保育園児の事故の件は保育園が会見をするのはおかしいし、やっぱり池袋の事故は加害者が特別扱いされてるように思う。
名無しさん
こういう記事では私的制裁はダメって意見が多いけど、被害者遺族の記事では私的制裁も必要って意見が大半を占める。結局感情を揺さぶった方に世間は味方するんだよね
名無しさん
加害者が未成年であれば加害者の親族が責任をとるのは当然だが、憶測や事実確認が取れていないことを必要以上に取り上げるメディアも何かしらの責任が必要なのではないか。
ただ、そういったメディアに反応してしまう輩もいるかららその辺のメディアリテラシーを小さい頃から教育していくべきだと思う。
名無しさん
かなり以前の事だが、高校の同級生で殺人を犯したヤツがいる。
実家は金物屋だったが、すぐに廃業、どこかに引っ越していった。
親は子供の行動のどこまで責任を持たなければならないのだろう。
金銭的な補償で済む問題では無いし。
難しい・・・。
ガンさん
少なくとも、池袋の件、飯塚幸三やその親族をメディアが付け回したという話は聞かない。
また、突撃レポートなんてどこもやってない。
その時点で、この論調には違和感しかない。
法の下に平等であったならば、個人による私刑はどうなのかと思うが、実際にはそうじゃない。
女子高生コンクリート殺人事件よりも前からそうだが、加害者は手厚く保護される。未成年なら尚更。
人の命を奪っておいて、加害者は人権を振りかざし権利を主張するという行為に憤りを感じたって不思議じゃない。
それより、早くこの記事の主張通り池袋の加害者、加害者家族への突撃取材して下さい。
名無しさん
大津市の事故はどう考えてもまず交差点の環境がいろいろおかしい。
被害者の遺族が「絶対許せない」とか言うのは分からんでもない話だが、第三者が加害者をそこまで追い詰めようとする意味が分からない。自分にはそんな感情はまったくない。
そんなことより大津が滋賀の県庁所在地だってことを知らない人が一定数いることのほうが驚きだよ…。


名無しさん
事件と事故で大分違うのでは?
名無しさん
少年法が緩すぎて被害者より加害者が守られ過ぎていると感じるからこうなる。
少年法を改正するか、未成年が起こした事件に関しては親が責任を取らなければ、いつまでたってもネットで私刑を受けるだろうね。
名無しさん
確かに大津の件は騒ぎ過ぎだと思う。
犠牲者が小さな子供と言うのは痛ましい事だが、事故そのものはありきたりの事故。
偶然居合わせた園児達には本当に同情するが、メディアやネットの過熱ぶりはまるで私刑だ。
名無しさん
自分自身がしたことで
周りから責められるのはわかるけど…反社会的な思想を元々持ってる人間って
普通の家庭からも生まれるんだよね…
もちろんイジメとかがきっかけ…とか
後天的なものも
あるけど、
親の監督下から離れた部分で持ってしまった思想とかって親どうしようもないんだよなぁ
子を生まないって選択しないと
回避できないよね。
でもそしたら人類滅亡。
幼い子を持つ母ですが、
しっかり育ててるつもりですが、いつ道を外れるかわからないし、
怖いです。
popo
とりあえず、妹さんなど
兄弟が追い詰められるのは
本当に気の毒です…。
やめてあげてほしいです。
そんな幼稚なこと。
こういうのは加害者だけでは
ないのでは。被害者の家族も
同じような目に遭ってるかと…。
綾瀬のコンクリ事件のご家族は、
娘の素行が悪かったとか、その他
惨い酷い根拠のないことを一般人から
言われ続けたのでは?
とにかく、家族は被害者も加害者も
大衆から何度も言葉の暴力で
心が死ぬのでは…。
全然関係ない大衆から責められる。
名無しさん
加害者が成年しているなら、
その親は「被害者」と考えていいと思う。
何も悪いことをしていないのに、心理的にも実状でも家庭がめちゃくちゃになる。
宮崎勤の父親は今でも気の毒だとさえ思ってます。


名無しさん
加害者に罪はあっても
その周囲の人にまで責任を押し付けるのは良くない。
けど、被害者側の気持ちになると色々考えさせられる
名無しさん
分かってはいるんだけど、ただじゃあ家族は全く責任ないのかといえばそれはちょっと違う。
(兄弟除く)
犯罪者は育てられ方にも多少なりとも影響するから。
自分も正直子供を持つ身として多少怖い部分がある。しかも息子。リスクが圧倒的に高い。
そうならないように育てたいけど、自分の育児に自身があるわけでもないしもしそうなったら自分の育て方が悪かったと自分責めるだろうし死にたくなるだろう。
多分被害者遺族より辛いと思う。
名無しさん
うーん。それでも被害者遺族は納得出来ないでしょ。今の法制度とマスメディアは死人には何をしても問題なしのような空気があるからね加害者が未成年だとなおさら。
名無しさん
子どもが起こした事件、事故には親が責任を負うべきですけど親のことで子どもが巻き込まれるのはおかしいと思います。
名無しさん
顔を合わせて発言できない発言は、ネットで書き込むべきではないのではないでしょうか。
当事者ならわかるが、全くの第三者が介入する必要が無いように思う。
名無しさん
仕方ない部分もあります。
国民がそういう事をしてしまうのは、加害者への刑罰が生ぬるいから。
国民は凶悪犯罪には厳しい刑罰を望むという事の表れです。


名無しさん
ある意味、悪意や相当の注意欠陥が明らかな場合はハンムラビ法典の目には目を…がよかったのかもしれない。後腐れないじゃん。
最近の司法や警察の忖度を見るとほんとにそう思う。
名無しさん
言っちゃ悪いけど
こんな事で自殺しようなんて思う方がどうかしてる。
俺は騒音を長く経験して苦痛でも自殺なんてしようなんて思わなかったぞ。むしろし返してぶち殺してやろうと思うようになった。
でもそれをしたら罪になり自由が奪われるから我慢した。
俺は別に悪いことなんてしてないのに苦痛を浴びたが
彼等は悪い事をしたのだからある程度は仕方ないと思った。
名無しさん
最近際立っている「自分は悪くない」とか徹底して犯人を擁護し続ける姿に対して批判がされやすいけど、当人や家族が謝り倒してる場合はそこまで家族を批判していないイメージがある。
名無しさん
加害者が未成年なら
親の責任ですよ。
そもそも
人殺しをする様に育ててしまったのもありますね。しかし
池袋の事故はバッシングを受けても仕方がないでしょうよ。
加害者本人は救護処置もしていないし、
車内で家族に電話かけてたんでしょ。
しかも奥様も助手席に座ったまま………
電話の相手が息子さんらしいですけど、
息子さんが「被害者を助けなさい」って言うべきですよ。
kmuo
故意に殺人とか、池袋のみたいに、人を轢いたのに逮捕されないとかだったら怒りが収まらないのも理解できるけど、大津の場合は、過失で、本人も反省してる様子。だけど、その家族まで批難の的になってしまうのですね。明日は我が身かもしれないのに
名無しさん
自分に置き換えて考えればいいんだよ。
「自分の家族は大丈夫」「自分には関係無い」ではなく、ある日親兄弟が犯罪者になった時、自分まで犯罪者の様にマスコミに追われ、ネットに晒されるのが当たり前だしそれが一生続くのは仕方無いって思う人だけ家族を責めればいい。


名無しさん
そのとおりだと思います。
メディアやネットユーザーについて、もっと問題喚起してほしいです。
メディアの目的は?ネットユーザーの目的は?
正義を振りかざして叩きたいだけなら駄目だと思います。
目的は何かという事に戻って1度考えてほしい。
そのうえで私達にできることは何か。
名無しさん
いくら何でも酷すぎる……今我々がしているように、こうして軽々しくネットに書き込みが出来るからそうしたモラルが低下しているのかもしれない。
それが生身に反映されて断罪者気取りの嫌がらせや迫害が起こり、親族の子供がいじめられても教育委員会も学校も取り合おうとしない。国家ぐるみの迫害と同じだ。
少なくとも、報道関係についてはあの大津の保育園児の死亡事故の会見で分かるようにそうした教育の徹底化など、見直すべきだ。これらを見ると、報道も法律も何もかもが戦後や90年代から大して進歩していないのかもしれない。
名無しさん
ニュースに出れて自殺するしか無いと言う気になれるだけまだマシかな。死んでしまっている人からしたらそう言う感情も生まれない。
生まれながらのサイコパスなのかは分からないけど、産んでしまった事に対しての後悔ならこの親もおかしいと思う。語弊かもだけど、育て方がおかしかったんだよね。発達障害だったとかもあるけど、育て方によっていい子に育つし。
こればかりは加害者は加害者、加害者家族は本人じゃないから責めては駄目!にはなれない。
名無しさん
人を殺して見たかったと言うのはゲームの世界と
現実の世界が一緒になってしまったと思います。
もう少しマスコミも[なぜ]起きたのか、大事な部分んを分析して公表すれば、子を育てる親にアドバイスとなる。
また人を殺してみたいのなら、テロリストでも
良いんじゃない?
度胸があるんだったら本物のゲームだけどね!
yahhooya
その人の近くでヒソヒソするにしてもネットで叩くにしても、家族が罪を償え、死ねと思ってる。正義感じゃなくて、事件の次の展開が見たくてウズウズしてる。人ごとだからね。あとは自分の鬱憤ばらし。昔は公開処刑が最大の娯楽だった。今だってそういう国や地域あるでしょう。ネットはもちろんだけど。
名無しさん
関心深く、興味深く読みました。
家族が晒されることは良いこととは思えないけれども、ではこの場合、刺された被害者とその遺族の気持ちは誰にぶつけたら良いのでしょうか。
謝っても被害者は戻りません。犯人は数年で出所、更生という名のもと生きる権利が与えられる。
それを私は理不尽だと考えます。
もしも私が被害者遺族なら、加害者家族が法廷に立ち、家族全員が加害者(自分の子)の死刑を望みます、と言って欲しいです。


管理人の率直な感想

まず最初に、何の罪もない人間の命を奪った殺人事件の場合。

加害者の更生なんて誰が望みますか。

出所してきて「更生したんだ?よかったね~!」なんてあるわけがない。
そんな世界があるんだとしたら、それこそ許せない。

言語道断。
極刑。死んでもらって結構。
それが世のため人のため。時によっては加害者家族のためでもあると僕は考えます。

誰に何を言われようがこの考えを曲げるつもりはありません。

ただし、加害者家族のことを考えると「追いかけるべきではない。叩くべきではない」というケースがほとんどだと思います。
加害者家族に罪を背負わせることは出来ません。

池袋暴走事故のように、加害者家族にも責任があった場合でも、罪を代わりに償わせるべきではない。

その点、秋葉原無差別殺人の加藤家族は厄介です。
前にも書いたことがありますが。

加藤は取り返しのつかない大罪を犯しました。
しかし、その根源はあの母親にある。

サイコパスな母親がサイコパスを作り上げた。
あの母親はどんどん糾弾するべきだし、追いかけて結構。
追いつめて追いつめて、自分がどんな悪魔を作り世に放ったのか知ってもらうべき。

なのですが、当の母親本人は精神を病んでしまっているので時すでに遅しです。

本当に可哀想なのは加藤弟。

「殺人犯の弟。こんな自分が幸せになってはいけない」と自殺しました。

弟には何の罪もない。

殺人者の兄とサイコパスの母親に板挟みされた被害者の一人です。

だから、一括りに何が正しいかなんてことは言えないのです。

「息子がなぜ殺人を犯したのか分からない」と今回の母親は言っています。
駄目じゃないですか。
被害者家族に謝罪にも行っていない。

「とてもじゃないけど行けない」というのは逃げてるだけです。
引っ越しだとか自殺を考えるとか、その前に謝罪でしょう。

それからメディアやネットユーザーに物申してほしかったです。

そして、息子である犯人に更生なんて必要はありません。


コメント