海岸を歩いていた11歳女の子が高波にさらわれ行方不明『自殺行為』親を責める声も…爪木崎海岸付近【静岡県下田市】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


16日昼前、下田市の海岸で11歳の女の子が高波にさらわれました。警察や消防、海上保安部などが捜索にあたっています。

午前11時47分ごろ下田市須崎の爪木崎海岸付近で、11歳の女の子が高波にさらわれました。

警察によりますと女の子は県外から家族4人で下田市を訪れていましたが、波にさわられた当時姉と一緒に海岸付近を歩いていて、両親は別の場所にいたということです。

海上保安部によると姉は自力で陸に戻りましたが、女の子の行方はわからず、現在警察や消防海上保安部などが捜索にあたっています。
下田市では15日から波浪警報がでていましたが、16日朝からは波浪注意報に切り替わっていました。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000006-sut-l22

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
助かってほしいが,救助する方も波が高い中ではなかなか捜索も困難だろう。
先日の大分のバーベキューもそうだったが,わざわざ危険な状態の自然の中に子どもたちをなぜ連れていくのか?
名無しさん
高波の威力は物凄い力。厳しいでしょうね。
大人でも高波にのまれたらば意識を無くしますから助かって欲しいですね。
名無しさん
まだまだ高波は続きますよ。
発見を祈ります!
名無しさん
どうしてこういう日に近づくのか。
親の判断を疑う。
無事見つかってほしい。
名無しさん
海岸に近づくなって報道があっただろうに。何しに行ったの?


名無しさん
なんで近づくのよ。
名無しさん
台風の影響が出るあたりまえの状況で海岸に連れていくとは、親の責任重大だと思う。
名無しさん
台風が過ぎ去っても、海の高波は危険だなと思う。
親が近くにいなかったのも問題だな。
早急に発見して助かって欲しいと願う。
名無しさん
一体親は何を考えてる?
台風の後で波も高い状態だと思うが。
早く見つかるといいが。
名無しさん
台風の後、あれだけ海には近付くなとテレビをつければ耳にタコが出来るくらい注意喚起していたのに…
両親は別の場所に居た?
命捨ててもその場所に行かなきゃならない理由なんてあるの?
こういう事故、意味が分かりません。
名無しさん
ニュースで繰り返し川や海に近づくなと言ってるのに、、、


名無しさん
高波がある日に海岸を歩く人の気が知れません、助かって欲しいけど救助の人も命がけ、わがままに対処する側の気持ちも知るべき
名無しさん
都内にいても強風で台風の影響があると認識できるのになぜ・・・
救助される方の二次被害の可能性だってあるのだから無責任な行動は慎まないと。
名無しさん
台風が来ている時期の海だよ?
耳にタコが出来るほど海には近づくなとテレビで注意していましたが。
なぜ親が目を離した??
救助する方の安全も考慮して無理なく捜索して欲しいです。
名無しさん
台風は去ったとはいえ、まだ波は高くて当たり前だと思うんですけど
名無しさん
自然を甘く見てはいけません。
親の危険予知が甘いです。
生きて戻ることを祈りますが不測の事態も覚悟しておく必要があります。
親の後悔が計りしれません。
名無しさん
子どもっていくら11歳でも親が思ってるほど危険をわからないということを頭に入れるべきです。わざと親も流されればいいのにと思って連れていったわけではないと思うので親を責めるのもなんか違うし。海に限らず、自分も子どもを全て見てるかと言われたら見れない時もあるし。だけどやはり今回は台風の危険をわかってるんだからわざわざそんな時に行くべきではなかったと思う。


名無しさん
連日のように海や川の悲惨な事故が報道されている
楽しみにしていた夏休みの旅行
気持ちはわかる
わかるけど台風来てるのに海に行くという選択で取り返しのつかない事になってしまった
たらればは無い
自然の驚異をしっかり把握しておけば…こんな事にはならなかったはず
見つかって無事でいてください
名無しさん
自然の本当の恐ろしさを身をもって経験しているわけではないけど、台風が来ているときの川や海は危険ということぐらいは想像つく。それにニュースでもしつこいぐらいに警戒を促していましたよね。
地震のように予測不可能な自然災害もあるけど、今回の場合はそうではない。
大切な子供達を危険な場所に近づけることは絶対しないでほしい。
難しいかもしれないけど、どうか女の子が見つかり、家族の元へ帰れますように。
名無しさん
台風の時、どのように危険なのか見たことが無いから分からない。車の事故でも、シートベルトをしていないと、どのように危険なのか分からない。川でもそう。いつも見慣れてる川がどのように危険なのか分からない。まさかのみ込まれるような危険が潜んでいるなんて分からない。大人になれば大体想像が付くが、大人でも自分の目で見ないと分からない部分があると思う。自然をなめてるというか、まさかね、、、という部分が私にも正直ある。
子供の頃から、衝撃的な映像にはなってしまうけれど、高波に飲み込まれた状態。危機一髪生還みたいなVTRあるじゃないですか?ああいうのを見せて、自然の怖さを教えるって事が必要かもしれない。今年、水難事故すごく多いですよね。口で言っても理解出来ないんですよ。バカにしてるとかでは無く、自然の力って予想以上と言うか。自然の怖さを教えるってこれから大事なのかもしれないと思いました。
名無しさん
親がそんな環境に育ってない。田舎でも企業が海岸を占有して地元の人間が海に接する場所が遊園地化されている。昭和25年位までは親が子供に付いて遊泳の監視をすることなど無かったが子供は自然に危険な事象に付いては知っていた。プールで泳げるから海でもと思うのが大間違い。プールでは早く泳げる事を主にしているが海は足が届かない下を見れば真っ黒。知らない間に流されている。離岸流の所がある。沖に船の姿がなくても戦艦の様な大型の船が高速で走った後、突然バシャと大波が来る事がある。干潮時に歩けば鬼オコゼに刺されて泣き喚いた。水の力は凄いことをしらねば。
名無しさん
うちは今日出かける予定でしたが、まだまだ台風の影響がありそうなので延期にしました。
バーベキューの家族もそうですが、そんな影響がある日に行かないといけないのかな、、、延期にしようってならないのかなと本当に不思議でなりません。
楽しむためのバーベキュー、旅行だけど、延期もまたきっと日にちを決めたり、キャンセル料取られたりとあるかもしれないけど、命にはかえられない。
自然の力はとても怖いです。
名無しさん
なんで海行っちゃったの…。
11歳なら天気予報なんて見てないだろうし、高波がどんなんかもわかってないよね。
まだまだ親御さんの注意が必要な年齢だよ。


名無しさん
手の届かない波打際に子供だけで行かせるなんて。波の威力や怖さを親が分かっていなかったんでしょうね。無事に見つかる事を祈ります。
名無しさん
高波自体より、むしろ引き波に足を引かれ引きずり込まれたと思います。高波時は波が浜の奥まで押し寄せますし、流れも強い海辺に住んでいる方でも無いと理解するのは難しいと感じます。
昨今は無駄な公共事業で、河川の土砂の流れを変えてしまい遠浅の海岸が、急に深くなるスポットが増えてる事が多いです
下田付近の海岸も浸食が酷い昨今、砂を他所から導入してるのが現実です。急に深くなっている所も増えてますので平時も十分な注意が必要と思います。
名無しさん
県外からということで観光か帰省だったのでしょう。昨日から台風が通過しているのになぜ海岸に行ったのだろうと他人ながら悔しいです。穏やかな海しか知らないのでしょうか?
高波は本当に急で背丈以上にもなることがあります。
晴れて穏やかな海ならまだしも荒れた海は絶対に行ってはいけないです。岸や岸壁も同じです。自然を甘く見てはいけません。
名無しさん
たまたま運が悪かったのか、こういう気象状況で海に連れていったのがいけなかったのか?いずれにせよ悔やんでも悔やみきれない。だから、親は十分すぎる程、安全を考慮した行動をすべきでしょうね・・自然の猛威を軽視してはいけない。せめて、目の届く状況は確保すべきですね。子供が犠牲となる水難事故はとても悲しく辛いニュースですがその中には防げた事故も多いはず。この教訓を世間の保護者や周りの大人がどれだけ生かせるかが子供の命に繋がると毎回感じます。
名無しさん
子供は、幼少期に危険認知を学ばないと、ここで無事でも将来事故に巻き込まれる可能性が高い。
無事に大人になっている人の多くは、意識的に危険を避けてるはず。
ある程度分別付く年齢なら、親からの教育が重要と言える。
名無しさん
海とか川では時々失敗して後悔することがあるけど、取り返しがつかない後悔になりましたね。
子供の為に波の恐さを経験させる施設を作るべきだと思う。


名無しさん
空は晴れても、台風が遠くても、うねりや、離岸流の強さはハンパない。親が危険性を本当に理解していれば子供らも海には近づかなかっただろうに。親の危機管理感覚を高めるためにも、離岸流の強さを体験できる施設を各都道府県に作って欲しいくらい想像してるより自然の力は強くて無差別。
名無しさん
膝までの水の流れがあれば足をすくわれる。磯釣りしてた時に海が荒れてきて海に背を向けて釣り道具を片付けてる時にもろに頭から水をかぶったことがあるけど、必死の思いで岩にしがみつきずぶぬれでも助かったことがあるけど、海岸だったらしがみつくものなんて全くないだろうし、波が高いときには近づかないに越したことはないと思う。
名無しさん
他人事、自分達は大丈夫だと思ってるから、この手の事故は無くならない。
無事に発見されるのを祈ります。
名無しさん
非情ではありますが、捜索する方達の命の危険があります。
高波がおさまるのを待つべきです!
女の子の生存は極めて低いと思いますし…
名無しさん
私はずっと瀬戸内育ちだから、高波にさらわれるっていうのが想像できなかった。台風の後だし海水浴は怖いからしないけど、ちょっと浜を歩くとかはやっちゃうかもしれないな…。朝には高波が警報から注意報に変わったなら、歩くくらいならと思いそう。でも海ってこんな怖いんだね。荒れた海を見たことないから気をつけよう…。そもそも海苦手で殆ど行かないんだけどさ。泳がなくても近付くだけで危険て頭に入れとこ。
名無しさん
県外からで海がない地域から来ていたら、海に行ってみたい!って気持ちになるのも分からなくはない。
だがそこは、親が止めるべきだ。
今日は台風も近づいていて波にさらわれたら危ないから行くなと。
日頃の親の教育がなってない。と言われても仕方ない。
起こってしまった事は事実。無事を祈るばかり


名無しさん
下田は外海、波が落ち着いていても突発的に大きな波がくることがある。
波浪注意報がでていればなおさらそのリスクはあるはず。
高校の修学旅行で四国桂浜に行った。
波は高くない、友人が海をバックに写真を撮ってもらうため背を向けたら大きな波で全身ずぶぬれ、波にさらわれなかったのでみんな笑っていたが突如大きな波が来るんだとその時の経験から外海は気をつけねばと思ったね。
外海は初めてでそういう経験すると頭に焼き付くね。
ともあれ無事に見つかってほしい。
名無しさん
うちの子、物心ついた頃から、意味わかってくれてなくても川の怖さや地震の怖さ、どうしたらいいか。いろんな状況を想像して話して聞かせてる。
今は小2。それだけ言ってもどれくらい頭に残ってるかはわかんないけど、前に登校時に少し大きな地震があった時は周りの子も連れて自動販売機のそばから逃げたらしいし、今もお友達からの川遊びの誘いは乗らない。
やはり周りの大人が、怖さを教えておくことは大切だと思う。
名無しさん
こんな日に海に行くとか自殺行為。旅行だったにしても下田なら他に楽しいこと色々あるだろうに…。お姉ちゃんよく戻れたな。
普通なら見つからずに捜索終了。後日どこかに亡骸が流れ着けばいいほうだと思う。捜す大人だって高波は無理だよ…
名無しさん
自然は味方にすると恩恵をうけることができるけど、自然の力をなめきると、取り返しのつかないしっぺ返しをくらうことがあるのだから、舐めてかかってはいけない。
youtubeには波にさらわれる動画もあるし、小さな子供には、こういうのを見せて自然の恐ろしさを教えてあげてほしい
名無しさん
毎回大雨や台風などや川の増水等の時には危険だから近づかないようにと言われているのに何故だろう…。
子供はわからなくても大人が一緒なら万が一を考えて子供を連れて危険な場所の近くには行かないよね!!
しかも事故が起きた時は決まって子供だけが危険な波の側にいて親は近くに居たって…オカシイよね!!
子供の無事だけを願わずにはいられない。必ず見つかって欲しい。
名無しさん
こういう不幸に言うのはあれだけど、台風とかあって一体親は何をしてんねん。
よー見られへんねやったら海とか川とか危ない場所に連れて行かない方がいいと思うな。
うちにも子供4人いてそれぞれが別々に走り回るから危ない場所には連れて行かないよーにしてる。
親がある程度注意してやらんとアカンと思う。
危ない事は危ないとしっかり教えて。


名無しさん
台風来て波が高くなっているのになぜわざわざ…
名無しさん
うーん、こどもと言っても親がちゃんと注意なりしていればこんなことにはならないと思いますが…。
とにかく無事を祈ります。
名無しさん
台風の時の波は体が吹っ飛ばされぐるぐる回転させられる。
40年位前の九十九里浜のゼミの合宿で経験した。
あれ以来海の波や川の流水には気をつけるようになった。
両親にこの知識は無かったんだろうか?悔やまれることだ。
名無しさん
今回の台風はすごく風が強い。
離れて行って大人しくなったと思っていてもビックリするくらいの突風が吹くときも多々ある。
波も同じ、いきなり高波が来る。
台風が通り過ぎたと言っても気流が乱れているので海岸沿いに出ないほうがいい。
名無しさん
自分もちょっと高めの波を頭から被った時、砂が舞い上がった海中で何回も回転して上下もわからず視界はゼロ、底に頭がぶつからなければ、そこを頼りに立ち上がる事も出来ずにさらわれていたと思う。海は好天でもそんな事が起き得るがこの天候では…早く見つかると良い。
名無しさん
親を批判している人はどうしたいのかな。
親は誰に言われなくても、自責の念と後悔で憔悴しきっていることだろう。弱った者をさらに叩く。どこかの国にも似たような諺があったな。溺れた犬は棒で叩け。だっけ。
第三者に出来ることは、親を批判することじゃなくて、女の子が無事に見つかることを祈ることだと思うけど。


名無しさん
お盆休みでどこかに行きたい&つれていきたいは同じ親としては理解できるけど、命あってだよ。海の近くに住んでいるが、台風時は、海なんて近寄らない。常識。
厳しいけど、助かってほしい。
名無しさん
台風じたいはそれたものの波の高い状態は続いてたはず。今さら言っても仕方かないけど、親も海に近づく事はさけられなかっただろうか。一緒に行くにしても子供達だけ波うちぎわに行かせた責任は十分あるような気がしてならない。でも見つかって欲しい。
名無しさん
好奇心の強いお子さんなら普段と違う荒れた海を見てみたくなってしまうかも。写真を撮りたくなるかも。もっと近付いて度胸試ししたくなるかも。
これが親の好奇心だったらモヤモヤしますが。
せっかくの旅行、全員揃って楽しく笑顔で終えたいものです。残念。
名無しさん
普段から海を見ていれば波が高い、低い、岸もここまでは普段波は来ない、近くにいる人の数、がわかるが県外から来ていたらそれも判断つきにくいんでしょうね‥。少しでも波が高く感じたら遠くから眺めるくらいにした方が良いと思います。毎年同じような事故、なかなか無くならないですね‥。
名無しさん
完全に親の責任だと思う。これだけ水の事故が続いているにも関わらず、リスク管理が全く出来ていない。他人事とは思わず、自分の身になって考えるべき。難しいかもしれないが、どうか無事に見つかってくれることを祈るしかない。
名無しさん
早く見つかる事を祈ります。
でも、台風の影響が出ているのに何故行くのでしょうか️
モラルがないと思います。


名無しさん
厳しいけど親の不始末で家族の大事な命が失われた事故と言わざる得ません。台風通過する語の海岸に行くことがまずありえないし、しかも目を離していた、子供だけで海岸線を歩かせていた。申し訳ないが起こるべくしておきた事故でしょう。
名無しさん
天災ほど恐ろしいものはない。学校だけの対応だけでは無理。親がしっかい教育すべきはずであるが、今の親も自然の怖さがほとんどわかっていないと思う。天災が牙を向けて来た時はすでに遅し。可哀そうやな。無事を祈るしかない。
名無しさん
あえて言わせてもらえるなら、かわいそうですが、親、大人に危機感が無さすぎる気がする。最近の自然は昔より厳しくなっていると思うが人間が昔より緩くなってることが有ると思う。
名無しさん
数日前、波打ち際から3mぐらい離れて歩いていてら、急に膝までの波が来てびっくりしたことがあります。
波打ち際から数m離れてるから大丈夫と思わない方がいいです。波が複合的に合わさって、思わぬ高波が発生することがあります。
本当に台風時は、用心に用心を重ねた方がいいです。
名無しさん
台風被害はまったく心配されてない地域ですが不要な外出はしなくていいよう食料を買いこみ庭の飛ばされたら危ないものを片付け子どもたちにも家でゲームをさせました。
風がつよく扉で手を挟まないよう指導しました。お盆の時期、台風の時などその時々に危険をしっかり指導します。
そしてもしもの対処法も話します。
大切な時間だと思っています。
海に自ら近くなんて言ったら悪いですが自殺行為です。
自然をなめています。
自分の身は自分で守れないとダメです。
名無しさん
海岸線を子どもだけで歩いて親は近くに居ないとは。
想像力無さ過ぎて子どもが可哀そう。
風と波を見たら危機感が伝わって来ると思うけど。
どうか無事に助かりますように。


名無しさん
自然は経験から学べるけど一度の経験で終わっては次に生かせない。まさか突然大波が来るとは二人とも思いもよらなかったんだろうし、ご両親も海が身近でない暮らしなら想像も出来なかったでしょう。共に流されたお姉ちゃんの為にも助かって欲しい。
名無しさん
高波の時は海沿いの道でさえ通行止めなのに、
海岸に何故行くのかなあ。
小5や小6ならある程度の危険の判断はつくとは思うけどな。
台風が近づいていてもサーフィンをやってる駄目な大人もいるけどね。
名無しさん
何度、注意されてもわかる親とわからない親がいるのが現実。子供はまだ11歳。大きいようでまだまだ子供だもの。親の責任。
ぴよ
どうか無事でありますように。
海は、1日、数回は大きな波が来る。
そして、海は、台風が去ったあとも、ときに、二、三日、大きな影響が残る。
地上とは違う。
海は絶対に目を離しちゃダメ。
海はこわい。
(サーフィン歴17年)
名無しさん
もう少し、大人が危険予知をしないと…。
悲しい思いをするだけで、誰も得しないんだから…。
名無しさん
子供の事故の際なんでも親の責任にするのはおかしいとは思うけど、本件はさすがに親の責任が重いだろうな。


名無しさん
台風が過ぎたとはいえ、しばらく風が強い状態が続いている時に、無防備に海に近づいてはいけないなと思います。
想像ですが、お姉さんと砂浜を散歩してただけで、まさか急に大きな波が来るとは思わなかったのでは。
去年だったか、静岡あたりの海岸で、大学生3人が高波にさらわれた事故を思かい出しました。
名無しさん
こういうニュースを聞く度都会育ちなんだろうなあと思う。
私は街中で育ったけど、親の郷里が漁師町で夏に帰省する度に祖父母や親の承諾・付添いがなければ海に絶対に近づかないようしつこくしつこく言われていた(地元の子達は子供だけで海に行ってたけど、街育ちの私は海に慣れてないから子供だけでは駄目だと強く言われてた)。
海に入らなくても海から波が手のように伸びてきて連れて行かれるって幼稚園児の頃に半ば脅されてたので台風前後の海なんてもっての他で大人になってからも潜在意識で怖い。
名無しさん
山海川での事故は、自然を甘く見てる!大人が勝手に行くのは諦めもつくけど、親に連れられていって子供が事故に遭うのは、やりきれない!判断力も乏しい幼児や小学生だからね!親がいかなきゃ子供だけではいけない場所だよ!
何故、台風が来てるって言うのに海に行った?
全ては親に責任があるよ
子供が可愛そすぎる
名無しさん
本当に命を大事にして欲しい
これから夢を叶えたり楽しいことがいっぱいあるのに、危機管理を本人、周りの人が大事にして欲しい
名無しさん
お姉ちゃんの年齢がかかれていないから、お姉ちゃんがついていればお散歩くらいは大丈夫と思って行かせたのかな?
私もこのお盆、下田で海水浴していましたが、海水浴場によっては引きがとても強くなっていて波打ち際でも思わず足元を持っていかれるくらいの強さでした。その日はさすがにそうそうに切り上げましたが。
爪木崎はもう何日も遊泳禁止になっていたはず…。
せっかくの家族旅行、こんなことになってしまって一緒にいたお姉ちゃんも含め後悔いっぱいでしょう。海、川、プール、水の遊びは絶対に子どもから目を離したらダメです。目を離さない自信がない、いざという時子どもを自分で守れる自信がない人は連れて行くべきではないです。
名無しさん
多分自分は事故にあわないと思い海上は荒れているのに子供を連れていき注意不足とは最悪の事故です。


名無しさん
台風が去ったので、安心してしまったのだろうか?
まだ波浪注意報は出ているはず!
海の事故が続いている昨今、なぜこんな日に、親は子供を連れて海に行くのだろう?
なぜ、まだ11歳の小学生の子供から目を離したのだろう。
高波はまだあるはずなのに、悔やんでも悔やみ切れない事故です。
女の子が、早く発見されますように!
せっかくの楽しい夏休み、これは防げた事故なのに、とても可哀想でなりません。
名無しさん
これも考えの足らない大人のせいで、若い命を犠牲にした事故です。
頼むから自然を舐めてかからず、大丈夫だろう、、は、危ないだろう、、とイコールだと気付いてください。防げる事故は未然に防いで欲しい。
名無しさん
台風の前後で、お盆の前後。
海や川に行く人の気が知れない。しかも、子供を伴って。
昔の人の謂れをきちんと聞いている人は、そんな事をしない。
断絶しているか、人の話しを聞かないのかも。
名無しさん
毎回思いますが、なぜ台風時に海に行くのか?
海は、行かないので良さがわかりませんが、悪天候で行っても楽しいと思えない。海をもっと警戒したほうがいいと思う。
名無しさん
海の怖さは、怖い思いをしてどうするかを考えないと、避けがたい。
私は海で生きる人間だが、未だに恐れている。そしてとっさにに取るべき行動も編み出している。それをどこまで他人に浸透させられるかは、夏前特番でリアルに監督指導しないと、これからも毎年起こる残念なことである。
名無しさん
どう考えても自然を舐め過ぎていると思う。
海や山、川、相手は人間のコントロールに及ぶものでは無く、常に危険と隣り合わせだと言う事を親は子に教えるべきなのに。
こんな親は常に「自分は大丈夫」って思っているんだろうね。


名無しさん
ほんのちょっとした隙に起きる事故ですね。用心にこしたことはありませんね。
名無しさん
旅行者家族かな
天気良く一見落ち着いたように見えたのかも
民宿や旅館の人が注意してあげるべき
そんなに責めるべき状況じゃないと思う
私も下田なら海岸に散歩に出てたかも知れん
名無しさん
なぜ子供から目を離すんだろう。今は台風で波が高いのは百も承知だろうに。
名無しさん
連日悲しいニュースを聞くのでどうか無事でいて欲しいです。
ここでも親の責任を追及する人がいるけど記事にはどういう状況だったのか詳細は書かれていない。
わかる事実は
・海岸には子供達だけで行った
・地元の人間ではなかった
ということだけ。勝手な憶測で発したコメントで傷つく人間がいるかもしれないとこをもっと考えるべき。
名無しさん
まだ台風は遥か遠い海上だったものの、お盆始まりの土日、海岸が会場になっている花火大会は中止となっていました。
例え距離はあっても、波が危ないというのが理由だったようです。
風は多少あるもののそれ程でもなく、波も荒れてる雰囲気も無く、中止と聞いた時は「中止にまでしなくても・・」と思ったものの、
隣県では昼間のレジャーで遭難者も出ていたとのニュースがいくつかあった。
ただでさえお盆の頃の海は危険と言うし、そこに台風があれば海には近づかないのが鉄則
名無しさん
昔、うちの嫁と子供が川で溺れて救助されたが危うくということがあった。平日私は仕事で現場にいなかったのだが、ひとつ間違えたら家族を失っていたかもしれないと水難事故が起きるたびに思い出す。お子さん無事であって欲しいです。


名無しさん
厳しい言い方だけど、日頃から自分の子供に甘い結果が仇になった感じがします。
助かってと祈ります。
名無しさん
海の波って直前までそこまでしか来てなかったのに、急にそれを大きく超えて高くなることがありますからね。それを知っていないと本当に怖い。
名無しさん
一刻も早い発見を、、、
これだけメディアで高波や台風情報があるなか、自分たちだけは大丈夫。まさか自分達が、、なんて考えは無くすべき。
名無しさん
出先からの帰り道や、普段とは違う波が物珍しくて通ったのか…無事だといいが救助する方も荒波ではそう簡単にはいかないだろうね。
名無しさん
波くらい大丈夫と思っていたら本当に危ない。
波に耐えれる体力と筋力があってもビーチとかだと足元の砂から崩れる感じになりそのまま海に引きずりこまれる。自然は舐めてはいけない。
名無しさん
台風自体は日本海側だから直撃してない地域の人達からしたら台風はもう終わった感覚になるかもしれないけど、過ぎていったって風が強かったり波が荒れてる可能性なんて大人は予見可能だろうに、子供達だけ波打ち際で波にさらわれたとしたら遣る瀬無い。
お姉さんも精々1、2才歳が違うだけなら自力でも取るのが精一杯だったろうから自分を責めないでほしいね。その為にも11才の子、無事生きて見つかってほしいトコロだけど…


名無しさん
子供は気の毒だけど、これは完全に親の責任だろう。
先日のBBQと言い、子供を守るべき親の危機管理が薄すぎる、自然を甘くみてはいけない。
名無しさん
自然に対する知識や経験がないのだろうか
親が一緒にいて危険にさらされる子供や遊泳禁止を無視して悲しい結果になることが多いです
楽しい癒されるだけが自然ではありません
名無しさん
15日に付近を通りましたが波がかなり荒れはじめてる感じでした。場所によりけりで静かな海もありましたが。危機感が少なすぎましたね、取り返しがつかない。
名無しさん
夏休みの家族旅行だったのでしょう。
太陽の照りつけるなか、伊豆白浜の白い海岸で海水浴。のはずが、台風で海に入れず。。。
せめて、海岸であそびたい。
海に入らなければ大丈夫。と子供は思ったのかもしれませんね。。。
無事に見つかることを切に願います。
名無しさん
戻り流れですかね。
離岸流の怖さは周知されつつありますが戻り流れはまだ知らない人が多いですもんね。
はまってしまうと離岸流より逃れるのが困難らしいです。
台風の時は海には近づかない事ですね。
ここで言っても仕方ないですが。
女の子の無事をお祈りします。
名無しさん
心配性…ぐらいの身内はいないものかね~
県外から来ている子ならなおさら地元の事はわからないんだから、もっと大人が注意して気を配るべき。
自然を甘く見ちゃいけない。


名無しさん
膝下に寄せてくる波でも引き波に足をとられることもあるのに…。高波に注意するように、海岸や河川には近づかないようにと繰返しニュースで注意喚起していたのにね。痛ましい事故。残念でならない。見つかればいいけど。
名無しさん
今年も海で沢山の事故が起きていて、更には台風の影響であれだけ報道で注意喚起を促しているのになぜ海沿いを歩く。例え両親が一緒でなかったとしても監督責任だね
名無しさん
私もおとといまで下田に家族で海水浴行ってたけど膝ぐらいまでしか使ってないのに引き潮がかなり凄かった!!
私は海にたいしての知識が多少あったので子供は波打ち際でしか遊ばせなかったです。
それでも目をはなすことなく!
親御さんも少し知識をもって行動してもらいたいですね!
ご無事をお祈りします。
名無しさん
海も川も理解してない人が多いんだね。無事救出を祈ります。
名無しさん
こんな日に浜辺を歩くなんて親が気をつけてやらねばダメじゃないか!
またもや不慣れな土地での事故。
地元の人なんて一人もいなかったと思う。
異国の地では注意力倍増させないとダメ。
注意力不足では命がいくつあっても足らない。
名無しさん
泳ぐのは無理だから、波打ち際だけでも歩こうかぁって感じだったのかな?
うちは、川も禁止だよ
台風の後に水辺にいく?


名無しさん
何で近づくかな。。
名無しさん
可哀想に何処らを歩いていたんだろう、岩場か防波堤か
これは親が注意して波の高い日は近寄らせてはいけない場所
波が乗って岩や防波堤が濡れていたら要注意
突然の高波に飲み込まれるように連れ去れてしまう
名無しさん
台風が過ぎ去っても波は高いままです。
波打ち際だからと安心してたのでしょうか?
波打ち際でも油断をしていたら、波に飲み込まれてしまいます。
海岸は遊泳だけが危険と思っていたらダメですよ。
何とか無事に助かりますように。
お姉さんも辛いでしょう。
名無しさん
波が高い時の砂浜は流動的で、足を取られます。そこに沖に戻る波も加われば、大人でも結構踏ん張らないと厳しいです。
とにかく子供から目を離さない、ではなく離れない事。
名無しさん
非常に痛ましい事件ではありますが、もし最悪の事態になった場合には正直、ご両親の責任は重たいですね…
名無しさん
これからは親が自然の恐ろしさをちゃんと子供に教えていかないといけないね。
自然は時には綺麗で時には豹変して恐ろしい物になる。


名無しさん
台風は日本海に抜けたし、浜辺を歩くだけなら大丈夫と思ったんだろう。
わざわざ泳いだわけでなし、心情的にはよくわかる。
が、やはり海に慣れてなさすぎだし、知らなすぎた。
この女の子がどうか無事に見つかりますように。
名無しさん
子が高波にさらわれた事はかわいそうな事で親の心痛はいかばかりかと思うが、警戒が必要な台風が近づいているときに、海沿いで大切な子供2人で歩かせる親の危機管理能力は最低だと思う。
名無しさん
以前、高知の桂浜でひと月に男の子が2人波にさらわれたことがあった。それも県外の人だったと思う。太平洋は甘く見てはダメ。親が守ってあげないと。
名無しさん
台風通過しても天気予報では、太平洋側の高波に注意して下さいと喚起していた矢先に。
無事に発見して欲しいですね。
警察と救助隊の皆さん、お願いします。
名無しさん
自分は波乗りをやるが、こういう日は海に近づかない。子供はわからないから、親がフォローしてあげないといけない。無事に見つかることを切に願う。
名無しさん
小学生のころ毎年静岡の海に家族旅行に連れていってもらってた。小さい頃は家族に砂で体を形作られて(寝た状態)ガバッと起きたり、それか親は浜で寝そべり、私も一人で泳ぐ組だった。浮き輪をして高い波は怖かったけど興奮して急いで上に飛ぶ。(周りの人も飛んでて一体感)波のすぐそばにいると乗れるんだけど、波から逃げれば逃げるほど、流されたりのまれることに気がついて、沖のブイがあるところにいつもいた。高すぎる波のときは敢えて波の下に潜って進むと飲まれないことを発見してからは、ずいぶんと楽しんだ。後年は浮き輪無しで沖に向かってた。一度波に飲まれて流され、浅瀬に着いたときにいかだのような浮き輪?に下敷きにされて、上下にくるくると回って、あのときは死ぬと思った。恥ずかしいことだと思ったが今となっては運が良かったんだと思う。子を持った近年は危険な場所という認識になってきた気がする。ただ連れてきてもらえて感謝してる


名無しさん
一発大波ってのが理論上も実際もあるから、それにやられたかな
奇跡が起きて無事であることを願います
名無しさん
海のことあんまりよく知らないのかな。波が高い時は一定の周期で大波が来る事を。このくらいなら大丈夫と思っていても次に来る波はわからない。
名無しさん
台風で波浪警報出てたのに何故海岸に行くの?こんな時に行くなんて自殺行為だよ。この数日でけで台風の時に海に行って流されて亡くなってるのに危機感がなさ過ぎ。助かれば良いけど救助費用は自己負担させるべきだと思う。
名無しさん
なぜ同じことが繰り返されるんだろう…。
たとえ海や川が地元になかったとしても荒れた天気の日に海に近づくことしなければ事故は防げる。甘くみちゃダメです。
名無しさん
自然の脅威を子供はわかってない
いくら言い聞かせてもそれは理解しきれない
しょうがないといえばしょうがないけど、先日のとしまえんのプール事故と同じで大人がしてあげれることに限界はあるよね
名無しさん
お盆の時期はあの世と水の中が繋がってて、足を引っ張られるから水に近づくな、入るなと言われて育った世代です(お盆時期はクラゲが多いから海に入るな、という理由もあったのだろうけど)。
なのでなぜにこうみんながわざわざ死人に足を引っ張られに行くのか不思議。
呼ばれてるのかなぁ・・・・


名無しさん
自然には勝てない。皆さん、慎重を期しても・・・よりもっと注意を払って良いくらいです。可哀相に・・・
名無しさん
歩いていただけで、11歳で、不慮の事故だったのでしょう。
こういった事故を無くすのは海に行かない事位しか思い付かない。
名無しさん
助かればいが救助する方の身にもなって欲しいけど️これで死んでたら親が殺したも同然、虐待は叩かれるけどこれも立派な虐待行為だろ
危険を承知で歩かせたんだからな️️
名無しさん
ニュースでは、あれほど「注意してください!」って言ってたはずなのに…なのにどうしてまた、その場所に居たのか…?波を甘く見てはいけない!
決して油断はしないで下さい!
こんなこと言ってはあれですが、台風が来てるというのに海岸へ来るのは間違ってるのではないかと思うのですが…。
名無しさん
これだけ水難事故があってて報道されている中で今回の件は親の責任は大である。
まして大型の台風が来たばかりで海岸に行くのは自殺行為。
名無しさん
あれも危ないこれも危ない、というのが事実だが、命に関わるようなことはそうならないようきつく諭すのが親の役割。


名無しさん
「川の様子を見に行く」とかも依然としてなくならないし、やはり自分は大丈夫という根拠のない思いがあるんでしょうね。
名無しさん
遊泳禁止になっている海岸は何が危ないか…水深なんかもあるがかけあがりと言われる部分があって波が海岸付近で潜り込んで高くなるそういうとこは危ない。釣りなんかでは逆に良い場所なんだが…
名無しさん
静岡在住ですが今日はかなり風が強いですよ。
下田なら地理的にそれ以上と思います。こんな日に親が子供を海に近づけてはいけないと思いますよ。
だいふくさん
海岸に着いたときは波打ち際なら大丈夫って思っちゃったのかな?でかい波っていきなりくるから、台風の影響があるうちは海は危険だよね。
無事に見つかるといいですね。
名無しさん
11歳の少女が高波にさらわれたことに「台風の後でも高波が高い」、「波浪注意報が出ているときになぜ海に行く」などご両親への批判がありますが、人間は「不注意」な生き物です。気が付いたら周囲の方が「危険だから海に近づかない方がイイ」の声をかけましょうよ。
今は少女の無事を願います!
カエル
親はきちんと状況を子供に教えないと。
その年齢なら話して聞かせたら解りますよ。
って、親も解って無かった?


名無しさん
お姉さんは何歳なんだろ。子どもたちが親の目を盗んで抜け出したとも考えられるような。
それとも、台風は去ったし気をつけて行っておいでって送り出しちゃったのかな。
とにかく取り返しのつかないことになったね。みんな心の傷を負う悲しい出来事。
危険なことはしない、近づかない。
そこは嫌っていうほど言い聞かせないといけなかったね。言っても聞けない子もいると思うけどね…
名無しさん
見つかるといいのですが。
それにしても何でシケの日に爪木崎なんか行ったんでしょうねえ。
灯台くらいしか無かったと思うのですが。
注意報の出るような日に海岸に近づくことが危険。
名無しさん
静岡あたりは陸上でもまだ風が強いからね。海辺なら周りが静かに見えても油断して近づいたらダメでしょう。
名無しさん
毎年無くならない海岸事故。大人だけでも流されてしまうのに、子供なら尚更。近くに親が居なかったのもどうかと思うし、随分前から台風に関する報道が連日されているいるにも関わらず行く心境がわからないですね。楽しい夏休みになるはずが悲しい日になってしまう事を親が自覚しなければこういう事故は無くならない。
名無しさん
お盆の時期には、海や川には行ったらダメです。見つかればいいのですが。
昔からの言い伝えを守ること。
名無しさん
女の子の無事を切に祈るし、危険な捜索をする方たちの無事故も祈っておりますが、親の危機感の無さを強く感じます。何故こんな時に……


名無しさん
大人が歩いて引き波が強い所は注意が必要、波打ち際の海底の地形は変わりやすい、遠浅でもいきなり深い所があるので安心はできない。
名無しさん
子供は興味本位でどうしても波打ち際に行きたがる。台風接近により、関東沿岸でも高波が押し寄せている。行く先が遊泳禁止だったり、波浪警報が出ている場合は予定を変更するなりして、リスクの少ない日を選ぶべき。
名無しさん
なぜそんな所に連れて行ったんだろう?
しかも親は別の場所。
無事に見つかって欲しいけど、親の責任は重大。
名無しさん
お姉さんと二人で歩いてたって……お姉さんも可哀想だな。「私が………」なんて責任を感じなければいいけど。
親はどれ位離れた場所にいたのだろう。折角海水浴に来たのに海に入れずようやく台風も去ったし、海辺を歩く位なら大丈夫だろう。と言う思いだったんでしょうね。
名無しさん
1時間に1~2回、波高、波幅とも約2倍の波が必ず押し寄せます。
普通に安全に海岸を歩いてても足元すくわれてそのままさらわれます。
そのスピードと海水量は想像を遥かに超え極めて危険。
名無しさん
こういうニュースを聞くと、保護者が道路、駐車場で手を繋がずにいる保護者が多いのを思い出す。事故が起きてからでは遅いのに。


名無しさん
こんなに危ないと言われてても、後を絶たないですね。複雑な気持ちです。行かなければ、こうなってないのは明確ですから。
名無しさん
安田純平さんと同じ。
安田さんを批判するならこうゆう人も批判するべき。
なぜこんな危険にさらされに行くのか理解不能。
名無しさん
親の危機管理能力の低下ですかね。
うちも旅行が台風と当たったこと何度かありますが、いくら海水浴が目的でも海のそばにはいかず、宿で泊まり、水場以外の遊び場を探したりしましたけどね
台風通過しても3日くらいは危ないから、旅行中に水のそばはダメです。1週間も滞在できるのならいいですが、普通はそこまでいませんから。
名無しさん
台風とか波荒いのにわざわざ遊びで近づく意味がわからん。しかも子供だけにして。
名無しさん
この時期しか休めないから、せっかく来たんだから。そんなことより、命と安全のほうが大事。下田なら他にも楽しめる所があったはず、、、
名無しさん
昨日、大洗に出かけたけどかなりの高波。
でも気にするでもなく、浜辺歩いてたり、遊んでたりするんだよね。
高波は一瞬だから、気をつけてほしい。


名無しさん
さすがにこれだけ時間が経つと死んでしまったと思う。せめて遺体だけでも無事に見つかると良いが…。
名無しさん
完全に親の責任。無知は人を危険に晒す。大分の渓谷遭難も、台風が来るのに午後4時半まで現場にいたとの事。5ヶ月の乳児の親とか、何を考えているのだか。
名無しさん
注意力がない親が多い。
子供がかわいそう
名無しさん
危険意識の低い親。リスクのあることを何故させるのでしょう。
名無しさん
ニュースで海の高波映像を見て恐いなと思った。一瞬が命取りになるんですね。
海の近くに住んでいる人ほど海の恐さを知ってるけど、そうでない人にとっては注意したら大丈夫レベルなのかな。
名無しさん
無事に見つかるといいですね。
助かったお姉さんも辛いですね
女の子だから無茶はしてないと思うけど海に近づいてはいけなかった


管理人の率直な感想

助かってほしいですが、現実としては難しいでしょう。

「なぜ行ったんだ」

僕もそう思います。

波浪注意報が出ていて、天気も悪い。
夏に海に行きたい気持ちは分かりますが、天候や海の状況を考えると、海岸なんかに行っても全く楽しめない日です。

危険しかない。

流された女の子の姉は自力で陸に戻ったとのことですが、そのことが奇跡。
以前にも書きましたが、僕も目の前で波にさらわれた後輩を見ていますから怖さが分かるんです。

あっという間です。

そんな僕らも「なぜ行ったんだ」ということになりますが、「あんなのが来るとは思わなかった」としか言いようがないです。

きっとこの家族もそうだったのでしょう。

ただ歩いていただけなんですけどね。
自然とは時として非常で残酷です。


コメント