【本格的な冬季シーズンを迎える前に】降雪による「事故防止」&「困った対策」クルマに関する5つの準備とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

冬季シーズンを迎えるにあたり実施しておくべき、クルマに関する5つの準備とは?

2018年11月20日、札幌で観測史上最も遅い初雪が記録されるなど、いよいよ冬季シーズンの足音が聞こえてきました。

豪雪地帯はもちろんですが、東京のようにあまり雪が降らない所での急な降雪は、交通事故や交通マヒが大問題として毎年ニュースになります。

お正月期間に車で帰省される方も多くいらっしゃることと思います。
本格的な冬季シーズンを迎える前に、事故の防止対策や、降雪によって困ることをまとめました。

今回は、そんな雪の季節の訪れとともに行っておくべきタイヤの用意や積載しておくと便利なグッズなど、事前に準備しておくべき最低限の5つの項目を紹介していきます。


スタッドレスタイヤとタイヤチェーン


さまざまなメーカーから発売されているスタッドレスタイヤは、毎年改良を行うことでその性能が高められています。よほどの急勾配や凍結した道でなければ問題ありませんが、近年、極地的な豪雪に伴う“一部チェーン規制”も検討されていますので、念のためにもチェーンを積んでおく方ことをおすすめします

■便利!タイヤの購入と取付予約が同時にできるサービス



タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】は、タイヤ購入と取付予約が同時にできるサービスです。
タイヤをネット通販で購入するときは、購入したあと取付作業をする店舗に電話で日時を確認するのが一般的ですが、TIREHOOD(タイヤフッド)なら、購入手続きと同時に取付作業をする店舗予約もオンライン上で行えます。

購入したタイヤは予約した店舗に直送されるので、指定日にクルマで店舗に行くだけ。取付作業料金や交換したあとのタイヤ処分費なども、購入時に一緒に支払っていただくので、現地での支払いは一切ありません。

店舗への電話は不要で、取付作業日まで購入したタイヤを家に置いておく必要もなし!
女性にも利用しやすいサービスになっています。

昨今、タイヤ取付作業のオンライン予約も増えてきていますが、TIREHOOD(タイヤフッド)では取付作業を郊外にあるカーショップや待合室のない整備工場でなく、ご自宅近くで設備も整った”ガソリンスタンド”を中心に行っているのが強みです。
まさに「ネット通販ならではの価格」と「ご自宅近くでの取付作業」というネットとリアルの良いとこ取りのサービス。
全商品に無料のパンク保証も付いており、購入後に万が一の事態が起きたときも徹底サポートします。



■人気のタイヤチェーン(サイズ選択可)

タイヤチェーン 亀甲型 金属 12mm ジャッキアップ不要 雪路 雪道 脱出 サイズ選択 crd 2018Dec

価格:2,480円
(2018/11/27 11:25時点)

車に積載するべき最低限のグッズ


雪国に限らず、気温の低い地域で役立つスノースクレーパーは、ガラスの雪や霜を除去するのに最適なグッズです。また、その他にも積雪地域での屋外作業に必須といえる長靴や手袋、懐中電灯、スタックした際に役立つ牽引ロープやジャッキなども積載すべきグッズといえます。

『送料無料』車の氷スクレーパー、アンチフリーズハンドル自動氷スクレーパー、車用の除雪機、スノースクレーパー 雪かき、ガラスクリーナー、氷と霜を取り除く、水切りスコップ、フロントガラス 霜 雪 氷 除去対策 操作簡単(BH0075ds)

価格:1,399円
(2018/11/27 11:00時点)

[SUNCAST]アメリカ生まれの強靭スノースクレーパー! 凍った硬い重い雪を砕く&割る&削る!

価格:5,200円
(2018/11/27 11:02時点)

ヤック のびるのびる牽引ロープ4.8t用 GR-114

価格:3,034円
(2018/11/27 11:05時点)

【送料無料】【最大1000円クーポン配布中】ガレージジャッキ 低床 フロアジャッキ 3t ジャッキ ローダンウンジャッキ 油圧ジャッキ 低床ジャッキ デュアルポンプ式 ローダウン車対応 ジャッキアップ タイヤ交換 オイル交換

価格:13,800円
(2018/11/27 11:08時点)

冷却水やウォッシャー液の濃度確認/軽油の凍結


冷却水やウインドーウォッシャー液は、濃度が薄くなると凍結する恐れがあります。寒冷地に行く前には一度、整備工場などで点検してもらう方が良いです。
また、ディーゼル車の燃料である軽油は、地域によって凍結する恐れもあるため、目的地までに残量を調整し、燃料タンクの半分以上は現地で販売されている寒冷地軽油をガソリンスタンドで給油しましょう。

バッテリーの状態チェック


ロードサービスの出動理由で常に上位にランクインするバッテリー上がりです。気温の低くなる冬場は、バッテリー内の液温も下がり、能力が低くなる傾向にあります。冷却水などと同様に、寒冷地に行く場合には事前に整備工場やガソリンスタンドで状態の確認をし、必要であれば交換や対策を行う必要があります。
【激安バッテリー市場】


用意しておけば役立つ便利グッズ


その他、用意しておくと便利なグッズとして、スノースクレーパーの代用品になる霜取りスプレー、チェーン装着後の油汚れ落としに役立つウェットティッシュ、防寒用やスタック時にタイヤと雪の間に挟む物として使用できる毛布などが挙げられます。また、キーレスのないクルマでは鍵穴解氷スプレーなども用意しておくべきでしょう。

氷・霜取りスプレー1000ml~窓ガラスの雪・氷をとかす!雪対策/除雪剤/大雪対策~

価格:753円
(2018/11/27 11:18時点)

結露 結露防止スプレー 【最大14日間、効果が持続!】結露ブロッカー3S 《500ML》 けつろ 結露防止 結露防止シート 結露吸水テープ 結露とりワイパー 結露シート 結露防止ヒーター 結露対策グッズ 結露予防 結露用品 水滴防止 凍結 霜取りスプレー ガラス

価格:3,240円
(2018/11/27 11:18時点)

【ゆうパケット発送可:5本まで】ウイルソン 鍵穴解氷スプレー 25ml (車用)

価格:409円
(2018/11/27 11:20時点)

車載用の防災セット


大雪による通行止めや、事故の際の立ち往生、渋滞や車中泊を余儀なくされた場合に凄く便利なのが車載用の防災グッズのセットです。
極寒の中で車を動かせない状況は命に係わります。
体温を保つためのアルミブランケットや懐中電灯、保存食や飲料水、携帯トイレ、救急セットや軍手、マルチツールは必需品です。
バッグ型の防災セットは、かさばるものではありませんので必ず車に常備しておきたい物の一つと言えます。

車載用 防災セット 最新版 車中避難グッズ 緊急脱出ハンマーLEDライト 災害対策 緊急避難 車用防災セット 非常用 簡易トイレ 震災対策 防災グッズ セット 家族 一人用 非常持ち出し袋 防災用品 保存食 非常食 セット 災害グッズ アルファ米 保存水 男性 女性用 子供用

価格:6,480円
(2018/11/27 11:49時点)

車載用 防災セット 2人用 最新版 車中避難グッズ 緊急脱出ハンマーLEDライト 災害対策 緊急避難 車用防災セット 非常用 簡易トイレ 震災対策 防災グッズ セット 家族 二人用 非常持ち出し袋 防災用品 保存食 非常食 セット アルファ米 保存水 男性 女性用 子供用

価格:8,100円
(2018/11/27 12:10時点)

車載用 DX防災セット 最新版 車中避難グッズ 緊急脱出ハンマー防水LED多機能ライト 災害対策 緊急避難 車用防災セット 非常用 簡易トイレ 震災対策 防災グッズ セット 家族 一人用 非常持ち出し袋 防災用品 保存食 非常食 セット アルファ米 保存水 男性 女性用 子供用

価格:12,960円
(2018/11/27 12:12時点)

みなさんの降雪時の対策。豪雪地域へ向かう際の対策や重要グッズ。ネットの声

名無しさん
記事に何故かありませんが、降雪地域はスノーブレード、いわゆる冬ワイパーは必要ですね。
あとは個人的に常備しているのは伸縮式の車載用スコップですね。スタックする時はだいたいフロアがつかえて「亀」になってしまっているので、雪を掻き出す道具があると便利です。
準備とは違いますが、冬季は気温が下がるとタイヤの空気圧も下がりますし、組み換える方もいらっしゃると思うので初期はエア漏れのチェックも小まめにしたほうが良いと思います。積雪してしまうとスペアの交換も難しいですからね。

【頑張って送料無料!】アルミ製伸縮式車載スコップ ECS-215アルミ製で500gと超軽量スノーショベル!ショベルから鍬形にも変身!簡易的な除雪スコップ。バッグにすっぽり入るからバックカントリーに搭載!

価格:2,980円
(2018/11/27 11:37時点)

名無しさん
日本海側の豪雪地帯、それも降雪予報なのにノーマルタイヤで旅行や里帰りされる方が多い。人口も少ないので高速道路は片側1車線の対面通行。それが事故や立ち往生で通行止めになり、並走する国道や県道もカオス状態。日本国内でも雪に対するイメージが千差万別ありそうで、雪道の運転とは何かをドライバーは心得る必要があるでしょう。例え雪国で無くても。
名無しさん
最近は無知なドライバーがびっくりするくらい多いので、まずはチェーンの準備の他にチェーンの表裏やどの車輪に取り付けなければならないのかも頭に入れておく必要がありますね。
慌てて裏返しに装着したり、FFの車の後輪に装着してハマってる車がよくいますから。
名無しさん
自分はタイヤチェーンや牽引ロープ以外にも雪掻き用のスコップ大小と雪山用寝袋を積んでる
あとはチェーン装着時用にレインコートとか汚れてもいいような作業着、ゴム手袋、ライト類も
日頃から定期的にタイヤチェーンを点検したり実際に巻いたりしてるけど、いざ巻く必要があるときにスムーズに巻けるか心配


名無しさん

その他にあると便利なのは
ブースターケーブルかな?弱ってる
バッテリーで寒冷地に行くと
翌朝にはスターターが回らなくなる。
最近の車は横滑り防止装置が標準だから
スタッドレスタイヤに変えていれば
そこそこ走っちゃうしスピンもしない
ただアイスバーンでは停まれないから
追突だけには注意だ。

ブースターケーブル 5m 500A 大容量 極太 自動車 バイク 使い方簡単 バッテリー上がりに 12V 24V 両対応 インバーター とセットでどうですか 日本語説明 付き

価格:3,980円
(2018/11/27 12:15時点)

釧路へ出張していたときに、軽油は凍結することを知りました。燃料パイプの中で、凍結しました。スタンドでは、寒くなる前に、徐々に灯油を混ぜるらしい。
名無しさん
東北住みですが
厚での手袋、暖かいゴム長、雪にも耐える上着、雪スコップ、雪かき棒は冬は常備です。
ブースターケーブルは年中常備。
油脂類濃度確認はど素人は、プロに任せた方が無難。
検討違いの補充をして、壊れる原因になりかねない。
名無しさん
前にスタッドレスにチェーンはかえって危険と
聞いた事あるけど実際にはどうなんだろう?


名無しさん
やれやれ、雪国って言っても北陸・東北・北海道だって札幌と旭川と釧路じゃあ全然違うの書いた人は身をもって体験しているのかしら?天気予報も同じだけど北日本で一括り、北海道で一括り、で関東というと東京中心で懇切丁寧。マスコミはじめ記者さんはもう少し視野を広げてくだされば正確な情報が発信できるのにね。相当程度が知れます。残念。
名無しさん
タイヤチェーンは夏場も土砂崩れの事も考えて積んでるね
雪がふって積もりそうな時はワイパーを起こして置かないといけない
ななし
ウォッシャー液は、必ず補充と予備を積んでます
名無しさん
大事なモノが抜けている。
冬用のワイパーはスタッドレスタイヤと並んで必須だぞ。


名無しさん
極地的では無く、局地的です。
車好き
私は(豪雪地帯)は、車内に毛布・お菓子など入れておきます。スタック→渋滞で身動き取れなくなった時のために。ガソリンもこまめに入れて、満タンをキープ。
名無しさん
チェーンが役に立つのは、凍結路面。豪雪時のチェーン規制は、あまり役に立たない。
名無しさん
電圧はどれくらいなら問題ないのか。


名無しさん
昔だけど、鍵穴の解氷スプレーが凍りました。
ののの
めっちゃうるさい人も居るけど、これでも十分よ。別に100点満点の記事なんて書く気ないだろうし、長ったらしい文章は誰も見ない
x
暖冬ちゃうの
すずめだちゅん
スタッドレスにタイヤチェーンは絶対。記事でユルい書き方をしているが、今冬から場所によっては何らかの処分(罰金等)を受ける事になりそうだ。あまり降雪の無い地元だけを走るドライバーにはほぼ無縁だろうが、よく遠出する人達には必須アイテム。スタッドレス履いているから大丈夫、こんな時代じゃなくなった。


名無しさん
京都に住んでて、普段から普通に愛車をメンテしてる自分には要らないものばかりでした。スタッドレスも持ってるけど、ここ2年は交換すらしてない。雪、降らないもんな〜
名無しさん
車よりも冬のおしゃれが大事。UGGのムートンブーツは最強
名無しさん
雪国の人はこの分余計に維持費かかるから大変だ
名無しさん
北国で一般人がチェーンを装着する習慣なんてない…
夏タイヤは論外だが。
チェーンなんて巻いたら公道のゴミ扱いされるよ(遅すぎて) 北国には雪道の走り方ってのがある。


名無しさん
ディーゼル乗りが寒冷地に居引っ越す時は軽油入れ替えろ定期。
名無しさん
まず冬タイヤは用意して欲しいね!
降雪エリアに夏タイヤで来るアホは迷惑以外の
何者でもない!( ̄Д ̄)ノ
kso
積雪時に夏タイヤでスタックしてる車両を警察官が押していた。
違うだろ、、、。違反車として切符きれよ。
迷惑なんだよ!


管理人の率直な感想

毎年、お正月に事故のニュースを見ると、やるせない気分になります。
何で正月に死ななきゃなんないのって。

もちろん当人は死ぬつもりなんてこれっぽっちも考えていなかったのでしょうが。
事故は誰にでも起こり得るものですからね。

スタットレスタイヤは、やはり必須ですよね。
決して安いものではないので「今年だけ交換せずに乗り切ろう」という気持ちも分かりますが、命には代えられない。

個人的にはスタットレスタイヤはもちろんですが、スノースクレーパーです。
「持ってないバカいるの?」って思います。

事故以前の問題ですね。
視界ゼロじゃ発進すらできませんもん。

とにかく、お正月期間の運転はお気を付けて。
帰省する方は、行きは心持ちもしっかりしていると思いますが、帰りはどうしても人間は気が緩みがちになりますのでお気を付けて。
また元気にここへお立ち寄り下さることを待っていますよ!

まだ1ヶ月ありますけどね。
ん?「あと1ヶ月しかない」ですね。。。





生活
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
人生パルプンテ

コメント