植松被告死刑判決の一方で「施設に入れっぱなし」「面会は?」「障害者差別について」という議論【相模原殺傷事件】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件の裁判員裁判で横浜地裁は3月16日、殺人罪などに問われた植松聖被告(30)に死刑判決を言い渡した。
これまでの裁判で植松被告が一貫して主張し続けたのは、障害者に対する差別だった。

「意思疎通が取れない人は家族を不幸にしているから安楽死すべきで、自分のやったことは死刑に値しない。どんな判決でも控訴しない」

被害者の父親・尾野剛志さん


植松被告がやまゆり園で勤務を始めた際、家族会の会長を務めていた尾野剛志さんの息子・一矢さんは首や腹を刃物で刺されて一時、意識不明の重体に陥った。
尾野さんは事件発生直後から一矢さんと実名・顔出しでメディアの取材に答えていた。
今回の事件で、多くの被害者が匿名を希望している中、尾野さんは「全国に僕の顔なり、僕が話したことを伝えて頂くことで、この津久井やまゆり園の事件を風化させないためにと思ってやっています」と語っている。


障害者差別への懸念


尾野さんは、障害を持った人への差別が蔓延していると訴える。

「日本は特に差別社会だと僕は伝えているんですよ。弱い人に対する差別や虐待が横行していると思っています。人間の心の中にも差別がずっと抜けないまま。だから何かあった時に弱い人を差別してしまう」

死刑判決に対しては「判決が僕らが望んでいる内容だったということだけが救い」と語った。


ネット上での被害者家族への憤り

相模原殺傷事件の裁判では、死者は「甲」、重軽傷者は「乙」と呼ばれた。
差別や偏見を恐れ、匿名を望む遺族が多いことを理由に匿名で審理がされた裁判だった。
日本障害者協議会の藤井克徳代表は「そもそもが差別を扱っている問題です。しかし、固有名詞がなかなか言えずに匿名という状況も『差別』でないかなと思います」と語っている。

植松被告に対する死刑判決は「妥当な判決」と多くの人が考えている。
しかしその一方で、「施設に預けっぱなし」「面会は」という被害者家族に対する疑問や、障害者の社会的受け入れや差別について、ネット上で議論が飛び交っているのも事実だ。

ネットの声

名無しさん
面倒見切れなくなって施設に預けて、殺されたら被害者顔でカメラの前で泣く・・・・?確かに被害者の親かもしれんが、都合良すぎませんか?って思ってしまいます!だって手離しましたよね!放棄しましたよね!
名無しさん
出生前診断で障害の可能性があるとわかると堕ろす親がいる。この親たちは植松被告の行動、思想をどう考えるのか
ただ残忍な事件で終わらすべきじゃないような気がする
名無しさん
彼の価値観や他の誰かの価値観を否定はしない。違ってもいい。だけど、その事で誰かを傷つける理由にはならない。なってはいけない!
名無しさん
施設に入れっぱなしの家族が語る「かけがえのない家族だった」とか「大切な宝だった」とかの言葉って、なんか素直に受け入れられない。
名無しさん
動機を解明したら傷つくだけだと思いますけどね。


名無しさん
この父親の言っていることに説得力なく感じる。事件前はたまにしか施設に行かなかったらしいのに、事件後はこの態度!息子と過ごす時間が増えたことは良かったことだろう。自分のとってきた態度も少しは反省してもらいたいものだ。
名無しさん
別のご家族にもいましたね…
事件に巻きこまれる前に会ったのは、事件の半年前だったと。
実の子なのに、半年も会いに行かず施設に任せきり。
実の親でも障がい者の面倒に根を上げて施設に入れて、他人にケアを任せきりにするんですもの。
施設で働いてる人も嫌になるときがあるでしょう。
名無しさん
もしそれが本当なら、やっぱり厄介者扱いされて入所に至るんだろうなって思う。
特別用事がなくて、可愛い我が子なら半月に一度は会いたいでしょう
名無しさん
この方、事件直後から実名出されている唯一の方ですよね。
以前見た報道では息子さんは奥様の連れ子で事件前、入所した頃は毎週行っていたけれど、自分たちも高齢になってきて体調が悪くなったりすることも増え面会いくと嬉しそうだから毎週行きたいけどいけないことも増えた。
ということも話されていました。
名無しさん
園側の責任で雇っている方が悪いっていう考え分からなくはないけど、現実的に働き手を選り好みできる状況とかあるんだろうか?もちろん会社で不祥事が起きたら会社の責任は間違いないのだが、この問題はそんな浅いレベルではないんじゃないかな。世間の認識とか国の政策とか変えるに変えられないもっと根深い問題がこの国にあるように思います。
園側の責任という発言が、そういった場所で働かれてる方から出たのなら失礼しました。
名無しさん
健常者だって親との会う頻度なんて少ないだろう。年一回も会わない人なんて山ほどいるはず。


名無しさん
配偶者や子供、恋人等の親近者が仮に入院したとしたら、たまにしか行かない人は愛情不足なのでしょうかね。
そういうわざわざ言わなくても良いことを言う人が多いから、他の被害者遺族の皆さんは顔出しや実名を嫌がるんじゃないんでしょうか。
名無しさん
裁判になっても名前では無く、識別番号でしか出来無いって…
名無しさん
施設に入れるにもお金がいる。
そのお金は親が稼いで作ってるんでしょ。
何もしてないように言うのはおかしい。
名無しさん
被害者側を批判する人ってかならずでてくるよね。
施設に預けてほったらかしなんて簡単な話ではないんじゃないですか?
会ってないから愛がないとかそんな話ではないでしょう。
普通の家庭のようにいかないことがたくさんあると思います。憶測でくだらないこと書くのやめた方がいいです。
名無しさん
障害のある方の親は、一生その子の世話をしなきゃならないし、それを代わりに担ってくださる場所があるとしても、様子を伺いに行くことが常識的だと思うのがおかしいですか?自分のかわりに大変なことをしてくださってる方がいるのに?
遠方でも月一は死守している人もいますよ、親が行けなくても兄弟姉妹は?親族は?
健常な社会人の子と同等に考えられる方がいることに驚きます。
こんな事件の被害に遭われるのは本当に気の毒だし、今回の事件の遺族を叩きたいわけではなくて、一般論です。
名無しさん
施設で過ごすための費用は、ほぼ年金で賄われているはず。
親の稼ぎ云々関係ない。
高級施設は別だけど。
仮に、そこに親の稼ぎも必要だとしても、休日もないのでしょうか。
このお父さんを非難したいわけではなく、施設にお子様を預けていらっしゃるご家庭の一般論として。


名無しさん
何かこの父親、あまり悲しんでない気がするのは気のせい?
名無しさん
健康問題などないならば、施設に対する最低限のマナーとして、できるだけ顔を出すものだし長期休暇など自宅に戻らせるようにすると思うのですが。
施設側も、厄介だから押し付けられたって気持ちになりませんか。
健常者がたまにしか親に会わないことと比べるのは違うと思います。
名無しさん
やまゆり園にいるのは何故?もともとの家族との生活は?
そこを無視して議論しているからモヤモヤする
名無しさん
この父親の言っていることに説得力なく感じる。事件前はたまにしか施設に行かなかったらしいのに、事件後はこの態度!息子と過ごす時間が増えたことは良かったことだろう。自分のとってきた態度も少しは反省してもらいたいものだ
意味不明。預けてる子供や大人を無事に安全な状態にできなかったことが焦点であって、安全な管理下に置いてなかった。この犯人も全くの他人ならまだしも園側が雇った職員だった。
これで何を反省するの?自分ならこいつを雇った園側の責任について訴訟するが。または、こいつは、思想が働いてる中で目覚めた。みたいな事言ってるんだから、そういう教育を怠った責任。園側と委託していた県の責任追及をすべきで。
親が反省する余地なんて1ミリもないから。
名無しさん
死刑は妥当だと思うが、ご家族が余りにも面白すぎる。
事件前に意識不明など重篤な状態で入院しても、面会すら来ない状況が事実ありました。私の家族が代わりに何名かの付き添いをした。が又この事件で見舞金等が入ったのをいいことに、大盤振る舞い等の行為も自宅近所では有名です。何が家族の中心だったのか、あまりにも現実とかけ離れており面白かったです。
名無しさん
この事件で解放されたのは、亡くなられた被害者と親かもしれない。
助かった方の…
精神障害者を家族に持つ方は、自分の気持ちに気づき悩む、この複雑な気持ちはTVのコメンテーターにはわからんだろう。


名無しさん
可愛い我が子を記号呼ばわりされたらブチギレしないか?
つまりそういう恥の感覚があるんだねって邪推しちゃうよ
名無しさん
「障害者がかわいいという気持ちがあったのに、なぜ気持ちが変わったのか。僕自身も分からない」
変えたのは、おそらく、障害者を疎む入所者の家族やスタッフでしょう。
名無しさん
仕事に見合う報酬もらってれば不平不満出ないよ。知り合いが福祉系だから聞いてるけど、この被告は生真面目過ぎたんだそうだ。
ブラック業界ゆえ、給料高いから頑張るか、とは到底思えないし、割りきることもできない。ステータスもなければカネもない。
必死に入所者のためにと働くうちに自身の精神と人格を擂り潰してしまった。
安月給じゃ結婚もできないし、激務じゃ精神が壊れてくる。
その結果がサイコパスじみた犯行にに繋がった。
被告が悪いのは事実だが、そうならないように仕組みを変えないと、何件も同じ事件は起こる。
名無しさん
それが本当にそういうことだとしたらキッチリ言い放ってほしかったところ。少なくとも快楽殺人の類ではなく、確実に信念があるパターンの案件っぽいから、特に。本当に最初はかわいいとか思ってたのだとしたら、もともとあったはずの信念が何らかの影響でねじれたんだと思う。薬の影響だけじゃなくてね。
逆に、「かわいいからこそ楽にしてやりたい」と思ってしまったとしたら・・・?そこまで彼に思い詰めさせてしまったとしたら、それは逆に周囲にも問題があるということになる。
名無しさん
決して許される事ではないのだが、生きている事も隠し、亡くなったことも隠すような家族を見てきた被告がこのような考えになるのは少し分かる気がする。
名無しさん
私もそう思います。
障害者を大切に思っていたからこそ、障害者を取り巻く環境に耐えられなくなったのではないかな?と思います。
彼がした事はやってはいけない罪だから許される事ではないですが、反省するのは彼だけでは無いと思う。


名無しさん
私も福祉の仕事に従事してますが、この案件は考えさせられた。家族会の会長をしていたこともあるという彼が…なぜ。彼を取り巻く環境が彼の思いを後押ししてしまったんじゃないかと考えてしまう。
名無しさん
因みに被害者に1年に1回も会いに来ずに親ヅラして涙する方も居るみたいです。それってお金払って子供を捨てたも同じじゃないかな?
名無しさん
軽度から中程度の方々を相手にしたことがありますが、かなり疲弊します。良いやつもいるけど暴力を振るわれたこともあります。でも一緒にくらす親御さんたちの愛情や家族のサポート、心身の苦労は並大抵ではない。
今回の事件があった施設に入れた親たちだって、その子たちのために懸命に稼いで養っているわけで、背負っているものはやはり重い。軽度障害なら自立の道があるけど、重度の場合は親は一生の負担になる。問題は重度障害者に対して
1家族が負担する。
2国や自治体、ボランティアで負担する。
3安楽死も認める。←親の人権保護や心のケア必須
世界各国ではどうしているのだろうか。
名無しさん
職員が自分の仕事に対してネガティブになったのはなぜかわからないけど死刑を望むというのは理解する気がないのでは。
名無しさん
業界の待遇改善とこの凶悪事件はまた別の問題だろう。
もちろん業界問わず待遇が良ければ問題のある人物が入り込む率は減るだろうが…。
名無しさん
日本人の『人様に迷惑をかけて生きるんじゃない。』って言う国民性がこの様な形でデメリットとして現れたのではないでしょうか


名無しさん
見てきた環境の問題だろうな
俺達が知らない世界があってそこでの経験が彼を間違った道に進めてしまったんだ
そして誰もが植松のようになる恐れがあるという事を教訓にしなくてはならない
名無しさん
楽にしてやりたいの対象はその家族の方では?
彼の持論だとその重度の障碍者がいるせいで無駄な金と負担があるという考えではなかったか?
名無しさん
生真面目な人間なら気が狂ってやめるだろう。
教育してやる、という目線が彼からは強く見える。彼を支持している人たちは、彼がその人たちも教育してやる、と思っていることに気がついていない。
その傲慢さは己を死に追いやるに充分なものだよ。
名無しさん
家ではなんともならないから施設に任せっきり
この様な障害者が施設に24時間預けられて幸せだったのか
この被害者のオッサンも毎月何回面会に来てたのか?と聞きたい
どうせ来てなかったと思う
名無しさん
死刑にするしかないんだろうな
それでも仕方がない・・・一生涯医療刑務所や精神病院で暮らさせることもこ選択できるだろが
どっち道一人の人間を処刑してみても問題は解決はしない
人間社会の障害と言うことに向き合う悲しい現実
名無しさん
妙な擁護湧いてるけど可愛いから「楽にしてあげたくて」殺したわけじゃない。
刃物で刺されるという激しい苦痛の中で死ななければならなかった被害者の方たち。
植松被告は単純に「憎しみ」に突き動かされていたんだと思う。
ナチスヒトラーの優生思想に限りなく近いものを感じる。
人間とは元来残酷性を秘めた生き物。
みな理性があるのに、彼だけがその理性を持ち得なかった


名無しさん
いくら障害者の人に偏見があったとしても自分の世界を押し付け実行するのは間違っている気がする
そう考えると所詮彼はサイコパスだったのだろう
人間の皮を被った悪魔
彼は死刑になってその後は地獄に行くだろうけど
その中で手をもがれ足を焼かれ、彼の嫌う者の様な姿に自分自身がなった時に初めて気が付くのだろう
名無しさん
たとえそうだったとしても
人様の子を殺すのは絶対にいけない。
名無しさん
楽にさせたい割りには楽な死に方させてないんだよなぁ
名無しさん
そういう家族やスタッフが表では障害者思いの振る舞いをしているわけだよね
偽善だよ、偽善
名無しさん
殺すのに、綺麗事は無しですよー
名無しさん
しらん。人殺しといて、満面のドヤ顔した姿がコイツの全て。


名無しさん
脳に不具合あったんじゃないかなあ。
名無しさん
たまに障害のある子供を連れて一緒に歩いてる人がいて大変だろうに凄いなと思うけれど、この事件の場合は大事な子供の面倒が見れなくなって施設に入れて障害手当て貰ってたまに面会に訪れて大事な子供だったのに許せないって言っているのが素直に受け取れません…
名無しさん
障害者への手当は、未成年の場合入所していない場合に限って親に給付されます。入所していれば親に手当は給付されません。
成人の場合は本人へ給付ですが、その場合施設が管理します。
親が手当だけもらって施設に入れる事はありません。
名無しさん
もう面倒がみれないから施設に入れたとかじゃなくて、施設に入ることも、自立だと思います。親が亡くなってからハイ施設じゃ遅いと思うし、親が生きてる間に環境のいい施設か見極めたいとかもあると思います。たまに面会にきて、離れた所で見守りながら、少しずつ早い段階から環境に慣れさせたいんじゃないかな
名無しさん
うちの子には身体障害があります。
本人には何の非もなく、寧ろ健常に産んであげられなかった自分をずっと責め続けて生きてきました。
でも子供には「障害者だからと言って誰かに助けてもらうのが当たり前だと思うな。自分で自分の人生を手に入れる為には健常者の人よりも何十も何百倍も努力が必要だ」と言い続けてきました。
酷い親だと思います。
ただ、差別を無くすのは到底この世の中では難しいです。目に見える差別や、本人の望まない優しい差別もあります。
でも仕方がないのです。どうしようもありません。
差別があると嘆くより、自分が死んだ後にどうやったら子供が1人でも生きていけるかの教育をするか、環境を整えるかが親の務めです。
殺人は勿論絶対にいけない事です。
ただ、この遺族の方の発言に同じ障害者を持つ親として納得出来ない所があるのは事実です。
名無しさん
私が接した障害者は大きく2つに分けられた。「あなた(社会)は私に何をしてくれますか?」というタイプと「私は社会で何ができますか?」というタイプ。後者の方がよい関係を築く人が多かったように思った。


名無しさん
「助けてもらうな」ではなく「助けてもらうことを当たり前と思うな」ではないでしょうか??
これは健常者も同じですが、当たり前と思ったら感謝の気持ちは生まれないですよね。
助けてもらうなではなく自分でできることをできる限り増やして、支えてくれた人には感謝しなさいという気持ち。
差別が無くならないのも事実ですが障害者またはその家族にも様々な考え方の人がいます。
その中でやってもらって当たり前というような逆差別的な方との出会いが多い場合ますます偏見を持ってしまう人いますね。
名無しさん
どれぐらいの頻度で面会に行っていたのか、などの意見もありますが、、、私もも障がいのある子供がいるので、早いうちから将来のことを色々聞きにいきます。グループホームなどの施設に預けるのは、面倒を見たくないなどの理由ではなく(中にはそういう方もいるかもしれませんが)親亡き後のことを考えたらそれは当たり前のことです。面会なども、慣れるまではあまり頻繁にはしないでほしいと職員の方から伝える、とも聞きました。
慣れたあとも、頻繁にとはいきません。日程が決められたりしているところもあります。その後の生活に支障が出てしまう人が多いので。障がいがあろうと我が子を愛しています。
もちろん、死ぬまで一緒に居たい、と思いますが、自分が死んだあとの事を考えたらそれはできません。
私の子供はまだ小さいですが、今から将来はどうしたらいいのか、と毎日考えています。
名無しさん
確かにきれいごとでは済まない案件だと思います。私の家族は実際当該事件のやまゆり園に関係したことがありますが、「入所者が入院した時も、どの家族も施設に任せきりで面会にも来ないと嘆いていました。」それが手のひらを返したような発言が見られます。
私も福祉の関係の仕事をしていますが納得のいかないところはあります。
名無しさん
優しい差別は難しいですね
悪意なく傷つけていたとしたらそれは不本意であり、気づかないうちの自分の傲慢かもしれない
伊坂幸太郎のチルドレンに
障害のある友人に対し主人公が、お前ばっかり優遇されてずるい、羨ましい…的なセリフがあって、なんて暖かいのだろうと感じたのを思い出しました
が、今思えばこれも傲慢かもしれません
難しい…
名無しさん
生きているうちに毎日でもわが子を大事にすべきですね。自分の生活も大事ですがそばに居てやったほうがいいのではないか。こういった場合悔いが残りますね。正常,異常に関わらず家を離れることは本人は不安を感じるものです。たぶん、家族が会いに行ったらすごく喜ぶでしょう。その辺を家族は考えるべきではないか。だから施設に入れない人もいるようです。
名無しさん
自分の親も障害を持っていたので、この遺族というか、この代表に対してはかなり違和感を持っています。何か裏があるように思えます。
ほぼほぼ園に任せっきりだったはずです。園で働く人たちと家族がコミュニケーションを取れていたとは思えません。
この家族の会みたいなのは、本当に存在していたのか、もしくは運営していたのか疑問なところがあります。
この会と働く人たちがコミュニケーションが取れていたのなら、ここまでひどいことにならなかったはずです。怪しすぎます。


名無しさん
この記事に出ている親御さん。
どのくらい自分で世話をし、どのくらいの頻度で面会に行っていたのかも知りたいです。
施設にあずけっぱなしで数えるほどしか面会に行ってない。
なんてことはないと思いますが・・・
名無しさん
事件の内容を超えて社会批判をしてるわけで
その場合被害者遺族どうこうではなく一原論者として批判を受けるのは当然かと
名無しさん
自分で障害者に産んでおいて人に助けを求めるな。乞うな。当たり前だと思うな。とかなんて悪魔にも程があるかと。
普通の人でも困ったら他人に助けを求めなさい。という教育をするのでは。弱者に手を貸すのは人として当たり前のこと。
それを障害者に対しては助けを求めるな。なんて狂ってる。異常。そんな鬼畜ぶり発揮するなら健常者に産めよ。ってなるだけ。健常者に産める能力ないくせに他人に自分ができなかった厳しさを求めんなよ。
厳しいこと言うけどこんなの当たり前。子供がかわいそすぎる。虐待すんなよ
名無しさん
障害も人それぞれだろうし、同じ障害を持っていたって、人それぞれ考え方は違って当然。
障害をもつ子の親はみんな同じように考えると思う方がおかしいです。
みんな間違いじゃない。
納得する必要もない。
名無しさん
まだ学校に当たり前にわかば学級があって障碍児の面倒を当番制で見ないとならなかったりした時代で育った自分には偏見が相当ある。中学の時にダウン症児の同級生に水泳の時間に押し倒されて乗りかかられた事があり、胸を握られたりと性的な暴行に近いことをされた。体も大きいせいで先生たちが引きはがすまで時間も結構あって完全にトラウマです。でも、そのダウン症児の母親は学校に来て「この子は障害があって可哀想な子で、普段はこんな事しない可愛い良い子なんです!」と泣くだけ。私にもうちの両親にも謝罪は無く、学校側も障害のある子なので…とうやむやにされた。
住んでいた地域に障害向けの学校があったから近所でも色々とあった。被害を被ったのに障害だからで片付けられた人たちが偏見や差別的になるのはしょうがないと思う
名無しさん
生む前に障害が解るようになってきた今の医学の技術は凄いと思う。
五体満足でないと今は生きづらい世の中であるから、障害者が助けを求める事は生きる上でのスキルになると思う。助けを求める事は大切なこと。
生んでくれてありがとうって障害のある子が、素直に言える世の中になって欲しい。


名無しさん
難しい問題だ。
弱き人を差別しないで優しくとは思っているが、一方で資本主義の競争の中では価値の低い者から淘汰されるのも道理。
健常者だって仕事の質が相対的に低ければ会社からクビ切られる事だって普通にある。
そんな中で人に優しくなんてしてられない。
どうすりゃいいんだよ、ってね。
名無しさん
西暦から少なくとも2000年以上の歴史を重ねていても、未だに社会から障害になる物を無くせず、障害者という言葉を無くせない事に、たまたま健常者側に生まれた自分は、申し訳なさ、無力さ、を感じます。
名無しさん
この人のお子さん亡くなったの?
名無しさん
子供に「障害者だからと言って誰かに助けてもらうのが当たり前だと思うな。自分で自分の人生を手に入れる為には健常者の人よりも何十も何百倍も努力が必要だ」と言い続けてきました。酷い親だと思います。

自分で障害者に産んどいて無責任極まりない言葉。当たり前だと思うな。というのは、勝手に障害者に産んどいて、助けてもらうのは当たり前だと思うな。と言うな。ということでは。
酷い親だよ。人間助け合って生きてるのに、障害者に対して、他人に助けを乞うな。なんてパラシュートなしにスカイダイビングしろ。っていう論理の破綻そのもの。
名無しさん
大切な息子なのに一緒に暮らすのは無理
その現実が答えです
名無しさん
障害者施設で働いていましたがああしろこうしろとうるさい親もいました。例えばその日着る服をそれぞれタンスから取りこちらが決めるのですが施設に来た際気に入らなければ変えていたり、食事はおかずから食べさせてと決めたり、、
なら最初から自分でしてよ。ってなります。
なぜ上からなの?預けているならもう好きにさせてよと。そんなに細かいことまで出来ないです。介助に手を抜いているわけでもないし仕事でしょみたいな態度でそのあたりを勘違いしている人がいるので私は疲れてやめました。介護も同じです。こちら側のストレスなんてわからないと思います。彼がそうなった責任は周りにもあると思う。


名無しさん
平等じゃないんだよ。。この世の中は。綺麗事は通用しないしね。
夢の国じゃないんだよ。。。
全て現実世界。。。
名無しさん
専門職と言えど、施設の方々の苦労を考え、親は毎週土・日でも行って少ない職員でも対応できるようにすべきではないか。施設の職員は家族でも大変なら、なおさら大変だと思う。完全にまかせっきりではいけない。
名無しさん
手のかかる自分の子の面倒を見てもらっているスタッフに、「お世話になってます」と言っているか、それとも家政婦扱いしてるか。後者のような親なら「自分で世話もしないくせに」と思う。でもそれは障害者に限ったことじゃない。高齢の入院患者の家族も然り。
名無しさん
うちの息子は、2階住んでいるが夜中でも平気で屋根伝いに下へ降りていき、車にはねられたり海で泳いでいたり、線路の上歩いたり24時間家事をしながら目が離せない状況で勿論置いて買物も行けず、姑が亡くなり、1人で見られないので施設に入れた。
毎日散歩したり、車で公園行ったりしていたが、よく家を抜け出しました。
手を抜こうと施設に入れた訳では無いと分かって欲しい。
今は毎週末帰って来ます。
名無しさん
姉が障害者です。
私の親は、○○ちゃんが普通の子だったらってよく言います。
その時点で、1番差別してるのほむしろ親なのでは?と思った事があります。買い物していても、周りの目をすごく気にします。実際自分達が思ってる程周りは何も思ってないと思います。親が1番気にしてるし、障害者だからって言ってます。
デイサービスの施設に行ってますが、お母さんは仕事はしてません。○○ちゃんが家にいるのが退屈だろうからと預けてますが、お母さんが楽だからだと思ってます。
施設の方には本当に頭があがりません。我が子が障害者だからと100パーセントみれず、他人様の手を借りているのは事実です。
名無しさん
全くその通り、殺人は悪いことですが彼は一緒に生活する中で悟ってしまったかもしれない。その結果が…。
自由に外に出歩けない。家族からは煙たがられ施設に閉じ込められる。何をしても怒られる。
そんな生活普通は耐えられないのでは。
そんな彼らを解放する唯一の方法だったかもしれない。
キレイごとは、施設、病院の実状を知らない人々のたわ言。


名無しさん
親は子供より先に歳をとります。
いつかは、体力的に世話ができなくなる時が必ず来ます。
そんな時は、不本意でも施設に入れることになると思います。
特に、片親の場合は、「自分に万が一のことがあったら」という思いが強いと思います。
親が高齢になっても、ずっと家で障害を持った子供と暮らしていて、親が突然死しても誰にも気付かれず、助けを求めることのできなかった子供が、その後、亡くなってしまう、という事件は、毎年起きています。
子供のために、子供を大切に思っているからこそ、施設に入れる人が大部分だと、私は思っています。
名無しさん
施設に入ることを自立だと、障害者の親御さんは言うけれど、自立じゃないよね…。色々モヤモヤします…。ただ、もし私の子が障害者で、施設に入ったらホッとすると思う。きっと介護も同じような感じなのかな…。安らかに死んでくれるのを待つ…みたいな感じだよね。
名無しさん
障害者が人を殺した時もきちんと刑を科さないとそれこそ不平等。
施設を利用するのは良いと思うけど預け放とか愛情もクソも無いよね。
プロの力を借りたいってコメントもあるけど自分の子供で毎日の事何だから自分がプロになれよと思う。親の責任ってなに?ちょこちょこ顔出したり金払ったけば終わりなの?一緒に暮らす努力は?預け放しってどうなの?
名無しさん
障害のある方を家族だけでケアするのはとても大変なことなので、社会の中で支援を受けながら、本人も障害のない方と同じように尊厳が守られ、家族も生活を破綻させることなく生きて行けるのがバリアフリーの社会だと思う。
一緒に暮らさないことは、家族を大切に思うことと矛盾していない。
名無しさん
論点が重度障碍者は誰が生かすのかということになって
これが植松の目的の一つなのは社会に一石投じて満足だろうと思うと正直うーんとなる
名無しさん
結局は金


名無しさん
障碍者の親は尋常じゃない苦悩をしてるからだろうね
・まず自分を責める
・他人から責められる
・楽しそうにしてれば何を楽しそうにと言われる
・いい車に乗れば何をいい車にと言われる
・ゆっくり車を乗り降りしてればまた言われる
・外食すればまた言われる
結果的にメンタルが強くなる
そんなに自分らは悪いのかといいたくもなる
もっと重度を見ると自分らは良かったと思う
そんな自分にも嫌だなと感じる
なのに苦労してない他人から図星を言われると頭にもくるが言い返せばもっと叩かれる
同情されるのも頭にくる
というは障害がらみでは苦労は味わってない
自分の想像でしかない
名無しさん
手に負えないから施設へポ~イでしょ。
で、施設で何かあったら、「うちのカワイイ子供を・・」と。
何年かして、自分(親)が居なくなる時には安心するだろ?
一人で何も出来ない状態の子供を残して逝くより。
本当の自立は出来ない。
名無しさん
障がい者の親はわかってたんだよ
自分らの子が負担をかけその日常を他人が見てくれてるのが
世間からみたら無責任にみえやしないか?と
でも職員は優しいし自分の周りも理解者だから安心していたが
こんな事件がおこり世間の一部は確かになとか、親何してるとかやっぱりそう思われていてショックだったろうな
名無しさん
たしかにぽーいとかは表現があれだけどね
図星でもあるわけだろ
名無しさん
環境さえ整えば一緒に暮らしてるって。
名無しさん
理由はともあれ、親達も子どもをわざわざ施設に入れた。
直接手を下したのは植松死刑囚かもしれないけど、親達も元々職員だった植松死刑囚を通じて間接的に手を下した。そう考えられなくもないという趣旨の意見もちらほら見受けられる。
そうだとすれば植松死刑囚もある意味被害者。親たちは施設使用料を払って無罪放免というところか。まぁ、うがった見方ですが。
見方を変えて、なぜ植松死刑囚はこんなに歪な人格になってしまったのか。元々歪ならわざわざ人を助ける福祉施設で働くことなく、なんとか詐欺みたいな仕事をやってただろう。そうすると、彼には消化できない様々なしわ寄せがやってきた結果、彼を死刑にして一件落着、今回の判決で落し所を付けたような気もする。
手を下したことが非難されない、そんなことは絶対ありえないのだが、しかし、なんだか今の社会を縮図にしたような残念な事件だったと思う。


名無しさん
知的障碍者だからと言って心がきれいだなんて笑っちゃいます。
毎日、自分が勤務している入所施設では利用者同士、罵倒しあってますけど?
世話をしてもらっている職員に「バカ、死んじゃえ、大嫌い」
一日中誰かの悪口を言っていないと気が済まない人も何人もいますよ。
しゃべれない人は憎まれ口も言わないので心がきれいってことになるんでしょうか?
名無しさん
かわいい、愛おしい子供でも綺麗事だけじゃ障害者のお世話はできないですよ。高齢の親なら尚更。
こういった無知なコメントを堂々とできちゃうの、ひとえに想像力のなさなんでしょうね…もっと外に目を向けて色々な事情のある人がいる事を知った方が良いです。
名無しさん
健常の方が学校を卒業や結婚を機に、家を出るのと同じで、重度の障害者のかたにとっては、施設に行き、親からの自立をしたのですよ。障害があるからと言って、いつまでも親元にいるのが当たり前ではありません。
名無しさん
被害者家族はどんなに悔しくても死刑判決は望まないのかと思っていた。
どんな命でも命に変わりなしではないんだ…。
個人的には障害の有無に関係無く、殺人を犯したら死刑でいいけどね。
名無しさん
たとえば「お前の存在価値は寝たきりの障害者と同レベルだ!」
って言われてムッとしない健常者なんていないんだよなぁ。
この世界ってそういう世界。
名無しさん
仏の目にはすべての人が平等です。


名無しさん
そうは言っても親は子供が自然死するのを看取れない。
内心ホッとしたことだろう。
名無しさん
しかも名字は匿名ね。障がい者が自分の家族だと知られたくないから。
名無しさん
親も近くに置いときたくない。
しょう「害」しゃ。
名無しさん
自分で障害児生んでおいて他人に世話を全て丸投げしてるくせに、殺されたら文句言うとか意味わかんないしー!
名無しさん
障害を持った人はみんな心が綺麗なのに
親御さんが怖い人が多い。


管理人の率直な感想

障害者への対応。
この事件も勿論そうですが、度々考えさせられることがあります。

僕は、知的障害を抱えている人に絡まれたり文句を言われた経験が何度かあります。
でも、何も言い返せないし、何もできない。
障害を抱えていると分かっているから。

だからこそ怖いと思うこともありました。

でも、障害を抱えている人の家族は「傷つけたりしないよ」と言います。
確かに障害は様々ですから、そういう人もいるんでしょう。

何が平等かということを考えると難しい。
障害者の方から嫌がらせを受けて黙っているのも差別のような気がするし、過度に丁重に接するのも差別のような気がする。

植松被告の犯行や思想は常軌を逸しているので、僕には到底理解できないし、何をもって差別なのかさえ分からない僕には答えは出せません。
裁判員の方々も植松被告の人間性について相当難儀したのは想像に容易い。

障害者を施設に入れるか入れないかというのは、僕の中で答えは決まっています。
「入れるべき」です。

障害者だけではなく高齢者もそうです。

会いに行かないのは論外ですが、どういった施設かを見極めて、優良だと判断した施設を利用することに何の問題があるのでしょうか。
僕の祖母は完全入居ではありませんが、デイサービスを利用していて楽しそうですよ。

裁判で甲乙で呼ばれた被害者には、何とも言えない悲しい感情が沸いてきます。


コメント