生活一覧

我慢しすぎ、自信がない・・・人付き合い「敏感度」をチェックしてみようぜ

人の気持ちに敏感で、自分より相手を優先させてしまう「いい人」は、人間関係に疲れがち。自分を大切にしながら、ほどよい距離感で人とつき合うにはどうすればいいのでしょうか。人気カウンセラーが教えてくれました。みなさんの経験談と共に、一歩立ち止まって少しだけ考えてみましょう。きっと「自分らしい自分」が見つかるはず♪

メルカリ終了か?18年7─12月連結決算、36億円の営業赤字

メルカリが7日発表した18年7─12月の連結決算は、売上高が237億円、営業損益が36億円の赤字、経常損益が36億円の赤字、純損益が44億円の赤字だった。その要因は?ユーザーからは、やはり数々の問題点の挙げられている。メルカリに未来はあるのか。今回の発表に関してネットでは物議を醸しだしています。

在日韓国人男性に掲示板でヘイト投稿「名誉棄損で罰金10万円」沖縄で全国初の命令

在日韓国人の自営業男性(35)=沖縄県石垣市=をインターネット上の匿名掲示板で誹謗中傷し名誉を傷つけたとして、石垣区検が市内に住む男性ら2人を名誉毀損(きそん)罪で略式起訴していたことが、5日分かった。石垣簡裁はいずれも罰金10万円の略式命令を出した。根深い在日問題。そしてヘイト。ネットでは物議を醸しだしています。

職場の昼休みにホットプレートで焼肉したら怒られた!ダメなの?【弁護士の見解】

「会社の昼休みにホットプレートで焼肉したらめっちゃ怒られた」。こんな体験談がネットの掲示板に投稿された。投稿によると、火災報知器が鳴らないように窓を開けて焼肉をしようとしたところ注意をされたという。結局、居づらくなって、退職することになってしまったそうだ。社会人としてのモラルは?ネットでは炎上状態だ。

学校にセブンイレブンの「セブン自販機」を設置!生徒「おなかすいたら…」

育ち盛りの子どもたちの栄養補給を支えようと、横須賀学院(横須賀市稲岡町)の校内に、コンビニで扱う食品や飲料を購入できる自動販売機が登場した。稼働しているのは、セブン-イレブン・ジャパン(東京)の「セブン自販機」。気になるネットの声は?

最寄りのコンビニまで15km!住民の7割が高齢者 「日本・北摂のマチュピチュ」バブル期に生まれたニュータウンは今?

大阪北部の、とある山道。その曲がりくねった道を抜けた先に現れたのは、桃源郷?…ではなく、限界ニュータウン。バブルの時代、幸せの象徴だった街が、平成の世を経て、なぜ、「北摂のマチュピチュ」とまで揶揄されるようになったのか!?全国に存在する限界集落ですが、今回は「限界ニュータウン」。ネットでは物議を醸しだしています。

非正規一筋20年「中年フリーター」の悲哀

この国では、非正規雇用で働く35~54歳の「中年フリーター」が増加し続けている。なぜ彼らは「非正規」から抜け出せないのか。増加し続ける中年フリーターについて考える。この問題に対してネットでは多くの声が上がっている。

明石市長パワハラ暴言問題「今日火付けてこい!」以外のテレビが伝えなかった発言

兵庫県明石市の泉房穂市長(55)が2017年6月、道路の拡幅事業で立ち退き交渉を担当する職員に対して吐いた暴言が一斉に報じられた。しかし、多くの新聞・テレビが報じていない市長の発言があると伝えたのが、地元紙である神戸新聞だ。ネットでは物議を醸しだしている。

【ブラック校則】白い下着以外は脱がして没収?「子供たちが壊れていく校則の存在」

トンデモ校則がいま、子供たちを縛り付けている。生徒たちの人権にかかわる『ブラック校則』が、いたるところで存在する。いじめや不登校に繋がるとの懸念も。皆さんが通っていた学校には変な校則はありましたか?ネットでは物議を醸しだしています。

盗まれないの?無人の古本屋の謎『なぜ営業を続けられるのか』

東京の三鷹駅に、ちょっとユニークな古本屋がある。商店街に面した店舗の広さはたったの2坪。4つの棚が並んでいて、そこに500冊ほどの本が並んでいる。普通の書店にはスタッフがいてレジが置いてある。この店には誰もいなくてレジも置いていない。24時間営業で扉にはカギもない。盗まれないのか?経営状態は?意外な真実がそこにあった!

キラキラネームで悩む子供たち…そして親【名前を変えるのは意外と簡単?】

もはや誰もがご存じだろうが「キラキラネーム」とは、漢字に一般的ではない読み方をつけた名前のことで、2000年代ごろから様々なメディアで取り上げられてきた。こういったキラキラネームがつけられた子供の中には、成長とともに自分の名前に悩んだりいやな思いをしたりしている人がいるかもしれない。また親本人も同様。名前を変えるには?

ヒカキン絶賛でセブンの商品売れすぎ「どこも売り切れ」メルカリ高額転売続く

人気YouTuberのヒカキンさんが1月18日、YouTubeでセブン-イレブンの好きな商品を紹介したところ、品切れが続出するなど話題になった。東京など一部地域限定販売の商品はそもそも入手できない地域が多く、動画配信から10日経った28日時点でも、メルカリでの高額転売が続いている。ネットで物議を醸しだしている。