【京都】『山の主』に扮した校長に驚いた児童が転倒ケガ、両親が500万円損害賠償請求「肝試しもできない時代」「モンペ」物議

スポンサーリンク
スポンサーリンク


小学校の校外行事で児童がけがを負ったとして、児童と両親が京都市に対し、計500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、京都地裁であった。増森珠美裁判長は「教諭らの過失で事故が発生した」として市に21万円の賠償を命じた。

判決によると、当時4年の児童は2019年5月、松陽小(西京区)の2泊3日の体験学習で、京都市野外教育センター奥志摩みさきの家(三重県志摩市)を訪れた。同日夜、児童5~6人の班で同施設の敷地内を歩くナイトウオークを行っていたところ、山の主に扮(ふん)した校長に遭遇した児童らが慌てて走りだし、ランタンを持った仲間とはぐれた児童は側溝に落ちて転倒。前歯2本の先端を折るけがを負った。

児童側は、過去にも側溝に転落する事故は複数起きており、教諭らが隠れて見守るなど事故を予防する措置を怠ったなどと主張。市側は、安全に十分配慮していたと反論していた。

判決理由で増森裁判長は「何かの拍子に驚いた児童らが暗闇の中で側溝に転落する危険性を教諭らは予見できた」と指摘。けがを負った児童に対する慰謝料など21万円の支払いを命じた。両親の精神的苦痛は認められないとして請求を退けた。

市教委は「けがをされた児童にお見舞い申し上げる。教育活動での事故防止の徹底に努める」とコメントした。

参照元:https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/684461

学校の責任か?モンペか?【ネットの声】

名無しさん
出ましたね!モンペ! これじゃ課外授業もオリエンテーションも修学旅行さえ見合わせなければならない。
名無しさん
自損事故で歯が折れたら500万かよ。
どういう計算だよ、モンペ
名無しさん
校長先生の再就職先が無くなりましたね(笑)


名無しさん
肝試しもできない時代の閉塞感
名無しさん
職員は罰を受けなくていいと思う
課外授業で起こり得る事故で100%の防止策を講じ機会をなくす方が損失だ
治療費+慰謝料の21万円くらいは経費(保険適用)でいいんじゃない?
名無しさん
子ども向けコンテンツに大人のクォリティを求める時代ですけど、子どもが子どもとして楽しめるコンテンツは少ないです。
子ども時代は楽しかったのに、大人になってみるとさして面白くないことってあるじゃないですか。
暗闇からどう考えても校長でしかない男が変な格好で現れたら、子どもなら大ウケなんです。大人から見たらアホに見えてもね。
名無しさん
自分が子供の頃、個人的にはインドア派だったと思うが、外に遊びに行けば、みんながコケる、落ちる、打つなどの痛い目に毎日のようにあってた。
そんな中で、自然に受け身を覚え、これ以上無茶すれば取り返しがつかないほどのケガをすると身をもって知り、自分の体を守るすべを理解していったと考えている。
肝試しも毎年のようにやっていたが、ケガしたとか見たことも聞いたこともない。
名無しさん
側溝におちた子がいたのに続いたのは、子どもが愉しみにしている人気行事だったからじゃないでしょうかね。


名無しさん
両親の精神的苦痛は認められないとして請求を退けた。
とあるように、米国だったらいざ知らず、この状況で裁判起こすも慰謝料で和解させるべき内容ですよ。これこそ親が教育がなっていないと言いたい。
名無しさん
保険適用されるかな?
神経質な人が増えたから、何をするにも、何か発言するにもすごく気を使わなきゃならない時代ですね
今度はPTSDとか言って慰謝料請求するかもしれないね
名無しさん
落ちたら危ない側溝をいつまでも放置しておくほうがおかしい。そこは学校側の過失でしょう。
名無しさん
子供達を楽しませてあげようと先生がんばったんだろうなー。
いい先生なんだろうな。
名無しさん
昔は小学校の宿泊でよく肝試しやったねー。今はしない方がいいみたいだね。


名無しさん
危ない事は全部時代に合わないと事やな、組体操しかり、騎馬戦に棒倒し、あほな時代になったもんや。
名無しさん
いつの時代も夜道で脅かしたらあかんよ
子供は走って逃げるし、しかも山道だと転んで大怪我するのは簡単に想像できること
昔は怒っても訴えるという発想がなかっただけだからな
名無しさん
どこでもおちおち転んでケガできないね
何でも責任問題にされる
こどもなんてケガがつきものなのに先生も大変だね・・・
名無しさん
小学校の時やったなー!
昔の常識は今の非常識か。
名無しさん
肝試しの強制参加は勘弁してほしいわ。


名無しさん
(行事用の)保険の加入なし?
名無しさん
児童に怪我をさせたら責任問題でしょう。
名無しさん
小学生の校外学習でそれやる必要ある?
名無しさん
楽しませるためのレクリエーションをしたら、ちょっとしたことで責任問題にされる時代。
もう学校は授業以外本当に一切何もやらなくていいのでは?あまりにもアホらしい。
名無しさん
勝手に驚いて勝手に転んで勝手に歯を折っただけなのに
だから小学校では夏合宿をしなくなったし、肝試しもしなくなったんだろうな
学校では勉強以外教えない方が良いよ
躾も親に全面的に任せた方が良い


名無しさん
おちおち肝試しもできないなら何もせずに貝のように生きて何もできずに閉じこもって終わるしかないな
名無しさん
なんで治療費とお見舞いですまないのかわからん。
がめついモンスターだな。
子供がかわいそう。
名無しさん
ゆたぼんが喜ぶだろ。
こうゆうモンペ親が増えてガキのゆたぼん化が加速する。
名無しさん
親がこれは金になると思ったんだろうね
名無しさん
21万なら裁判やる手間考えると


名無しさん
永久歯?
名無しさん
私なら訴えない。たいしたことではない。
名無しさん
子供がドジなだけ
名無しさん
馬鹿親が増えたな。
名無しさん
500万よこせは反社やな


名無しさん
裁判官も悪質なアホなのがたくさんいるからな!
名無しさん
いや実際授業にのみ専念するべきだと思うよ
レクリエーション専門の企業だって、そこの経理や総務といった事務職はレクリエーション業務に携わったりしない。求められているのは事務仕事なんだから
ましてそれらと無縁の教職員がなんでそんなものやらなきゃならないのかと。授業を通じて教育を施すのが本業なのに
教師は授業のみ。イジメ等の犯罪行為は警察へ。躾は家庭で。部活やレクリエーションは親が個別に費用負担して専門機関に
本業でないことをあれもやれこれもやれって押し付けてきた今までが異常だったわけで
名無しさん
そう、勉強だけ教えればいい。
そして教員の給料も下げる。一部の海外のように夏休みは研修なしで先生もお休み、そして無給。
もうそれでよい。
時代や世間も教員に何も期待しなくていいし、その代わり批判もしてはいけない。
教員もビジネスとして最低限の読み書きそろばんを教えればいいし、5時に帰ればよい。その代わりそれなりの給与で我慢。
名無しさん
教員です。市がお金払って、リスクがあるので来年からやらなければいいだけだと思います。仕事も減ります。学校は余計なことをどんどん減らすべきです。
名無しさん
「折った」ならわかりますが、「折られた」のでしょうか。


名無しさん
たまたま歯を折っただけで済んだが、もし逃げた方向に崖でもあれば落ちて亡くなるケースもあったよ。
夜道でしかも子供を脅かしてはいけない。
名無しさん
なんにもしないことが、教師の正義にならないことを切に願います。
名無しさん
怪我をした場合自己責任という誓約書にサインした子供のみ参加可能にすればいい。
名無しさん
結果的に事故が起きたのだから責任取らないとあかんと思います。主旨はわかるが無理があったのかも。
名無しさん
歯が折れるようなレクリエーションあったか?
無事だったのは子供が知らないところで大人たちがちゃんと安全を考えてくれてたんだよ
ただ楽しさだけ求めたからこうなる


名無しさん
運動会もあと10年で終了ですかねぇ。
名無しさん
お粗末校長やね。他の教員は止めなかった?
名無しさん
ナイトウオーク=肝試し
肝試し禁止の流れだなこりゃw
名無しさん
何もかもできない時代。
名無しさん
和気あいあいじゃん
大人になったらドライブで脱輪するタイプ


名無しさん
500万請求…
どこのガメツイナマポや。
名無しさん
子供が小学生の頃、肝試しがあった。
何名かが泣いていたが、その子にとってそれは虐待だったのではとおもう。
名無しさん
肝試しがダメなわけじゃない。
ナイトウォークがダメなわけじゃない。
側溝の近くで、驚かし過ぎたのが問題。
もし被害者が自分の子供だったら激怒します。
永久歯の前歯2本て…!!
名無しさん
お疲れ様クレーマー。
名無しさん
ノイジーマイノリティがギャンギャン吠えてくれるお陰で、遊具の一切無い素晴らしい小学校の環境が出来上がった。怪我が怖いのなら家の中で無菌状態で一生を過ごせば宜しかろう。ホントに迷惑な話だ。


名無しさん
怪我を負った子供が、肝試しがあると知っていたか否かで、事情がずいぶん変わるのでは。もし、知らなかったのなら子供がパニックになっても無理もないが。知っていたとすれば学校側の過失となるかは疑問がある。いずれにしても、こういう判例が増えると、学校側は自粛して何もしないという選択肢に走るだろう。これも時代かもしれないが、ずいぶんつまらなくなったとは思う。
名無しさん
「児童側は、過去にも側溝に転落する事故は複数起きており、教諭らが隠れて見守るなど事故を予防する措置を怠ったなどと主張」とある
「過去にも」というからには、ナイトウォーク中に肝試し的なイベントがあるのは恒例で、児童たちも知ってたんじゃないかな
まあ、知ってたとしてもいざいきなりやられたら、パニックになる子もいると思う
名無しさん
学校で子供同士で殺人事件が起こる時代です。不審者情報を聞かされ、防犯ブザーを持たされ、同級生は刃物を持ってきているかもしれない。そんの今の子供達は日常的に平和ボケしてる暇はなくなった。
名無しさん
そもそも校長が直々に山の主を演じるって手間ひまかけて、しかも夜だし残業代が給特法により一円も出ないのに夜まで働いて児童を楽しまそうとしていたのに損害賠償とか。もう学校は教員にボランティアで行事をやらせない方が良い。これからの人はブラックな教員にだけはなっていけない。
名無しさん
もう、父兄もボランティアで一緒にくっついていったらいい、
生徒の行くところどこでも。
先生だけで万全を期するのは無理、何をするにしてもね


名無しさん
自分が子供のときに参加した林間学校だと、先生が夜にイベントすることはなかった。
むしろ、敷地内を縦横無尽に子供が騒ぎまわって、早く寝ろ状態だったので、先生はそんなイベントを考える必要すらなかったのでは。
肝試しも近所の寺、神社等でやるのが普通だったので、先生にわざわざやってもらうとか考えたこともなかった。
名無しさん
一応、「山の主」のデザインも掲載して欲しい。
ガオーさんだったら、ちょっとヤバイかな?
名無しさん
親ならば嫌だな、子どもが重症負って帰って来たら。でも裁判になるにはそれなりのプロセスがあったのだろう。親がモンペか、学校に誠意がなかったのか。そっちの方が知りたい。
名無しさん
学校行事なら保険加入しているだろうし治療費がでないなんてないだろうからね
規定上裁判が必要な慰謝料請求したか、責任の所在を明確にする為の少額裁判か
怪我の程度と金額的に後者かな、知らんけど
名無しさん
「山の主」っていうのがジワるw
まあ側溝に落ちちゃってるあたり、やる場所が悪かったんだろうね。


名無しさん
最近の子は何かと安全すぎる環境のおかげで運動能力落ちて鈍臭い子増えてる気がするなぁ…
名無しさん
怪我させたらいけないけど500万も必要?
名無しさん
小4から差し歯はさすがにキツいよ。教師たちに悪気がなかったのには同情するけど、親の気持ちもわかる。
名無しさん
来年からは校外行事自体中止ですね、何から何まで責任取れないもの。
名無しさん
怪我の程度によるが、子どもに怪我は付き物。
先生もやってられんな。


名無しさん
怪我の程度が、足の捻挫とか骨折だったらなんとか許せるけれど、歯は二度と再生できない。
名無しさん
そしてイベント自体がなくなると。
出しても保険から治療費まででしょう
名無しさん
先生たちは盛り上げようと思ってやったんだろうけど、、
こどもが前歯2本欠けたってなったら母泣くわ
永久歯だよ
名無しさん
教諭が隠れて見守るって、何人配置するつもりだよwww 10メートルごとに草藪に隠れるの?その方が怖くてビックリするわ
名無しさん
結果論だけの話


名無しさん
なんにもやれんし
なんにもできんしやらん。
そんな時代到来ですね。
寂しい限りです
名無しさん
先生は、子供のためにはなんもせん方がいいな。
授業の準備も5分で終わり~。
採点などなど、子供の為にしてる仕事も、勝手にしてる扱いだしね!
宿題もすべてタブレット。
課外活動とか連れてかないで子供達にはギガスクール構想で配られたタブレットを使ってすべて室内の仮想空間で安全に体験やってもらいましょう。
名無しさん
来年からナイトウォークできなくなるのかな…
何でもかんでも厳しすぎるのも…と思いつつ永久歯は辛い。。お気の毒です。
名無しさん
前歯2本ならうちもやったから(自転車で壁にぶつかって)あまり重症とは思えないけど…
パニックになりそうな子は予めやらないという選択肢を設けては?
個人的には山の主に扮した校長先生って素敵だけど。
名無しさん
私もこの校長先生は熱心だなと思いました。
事故が起きてしまったのはすごく残念ではありますが。
山の主に扮した校長先生が、ワクワクで登場したら、本気で子供に逃げられて子供が転んだ時の校長先生を想像するといたたまれません。


名無しさん
過去に何人も側溝で転ぶ被害が出てるのに、対策もせずに続けてるのは、怠慢では?
歯は大事だよ。永久歯なら尚更。
せめて強制参加ではなく、自由参加にすべきだよね。児童らの安全を確保した上で。
名無しさん
こんな主張が裁判所でも認められるようなら、学校はつまらない「子供だまし」な名ばかりの行事だけで、思い出の無い場所になってしまいますね。
名無しさん
先生方はきっとコロナで窮屈な思いをしてきた子どもたちを楽しませたい!と思われたのでは…。
子供がケガして帰ってきたら親としてはびっくりするし腹も立つかもしれないけど、ちゃんと学校側に問い合わせれば先生方の気持ちも理解できる気がするのにな…
そんなモンペばっかりじゃないですよ、実際…。
名無しさん
記事だけだと、親がモンスターなのか学校の初期対応が悪かったのか分からないよね。
両者共に普通の人であれば、校長が治療費の実費払って終わってる話でしょ。
名無しさん
元京都市民です。みさきの家懐かしい。私の小学校では5年生のときだったけど。
行ったのはもう20年以上前のことになりますが、その頃からナイトウォークはありました。私の学校でも先生が脅かしたりして私もビビってド派手にこけましたが、それも今じゃいい笑い話です。
確かに夜のみさきの家の道はかなり暗かったし、側溝などはあまりよく見えないだろうから危ないかも。パニックだったなら特に。ただ、歯が折れてしまった子どもにとってナイトウォーク自体は嫌な思い出なのかな。大人になってみれば痛い思い出も案外楽しい思い出になったりするもんだけど。もちろん親御さんからすれば自分の子どもが大怪我をして帰ってくるのは辛いだろうけど、昔ならきっと訴訟までは起こさないだろうなってちょっと思った。校長先生かわいそう。児童のために頑張って準備しただろうに。


名無しさん
何十年前にこういう時代がくるかもっとは思ったけど、やはり時代だね。
裁判まで行くまでに何とかできなかったのかなあ。
名無しさん
学校は学習活動だけやれば良いんだよ。わざわざ校外学習などを企画して、膨大なエネルギーを使って、夜の見回りまでもやって、報われることなんかない。
そもそもこんな肝試しのようなイベントは素人集団の教師がやるべきではない。危機管理に対する知識はプロではないのだから。教師は学習教育活動に専念すべきだ。学力をつけるにはどういう授業をすれば良いかを研究し、実践することに専念してくれ。全エネルギーを注いでくれ。その他の事はやらないで良いように文科省が労働内容を規定するべきだ。たくさんのことをやらせるから、ろくでもない教員が出て来る。
学習活動以外の社会的経験は保護者を含めて社会が担うべきなんだ。すべてを学校にやらせるのは社会の手抜き。
名無しさん
小学校の時まさにこれと同じのやったな。ナイトハイクという触れ込みでランタン持って、でも実は途中で先生たちが脅かすという実質肝試し。
肝試しなら肝試しと最初から言って欲しかったね。友達とランタン一つで夜道を歩くだけで十分に貴重な体験だし、それだけでも思い出に残ったと思う。あれは本当に蛇足だった。
名無しさん
肝試し、最近聞かないですね、
この学校の先生たちは子供たちの思い出のために手のこんだ準備もされてたのだと思うと、子供に怪我を負わせてしまったことはとても後悔されていると思います。学校側には気の毒だと思う気持ちもあります。
ただ、子供が怪我をして帰ってきて、歯まで欠けてたら、学校に謝罪や経緯の説明も求めるのは当然のことだと思います。歯が欠けるのは正直きつい、、差し歯ならまた何年か後につくりなおさないと大きさが合わなくなります、費用もこの賠償金じゃ賄えないと、、治療費は別に負担してもらえなかな?小学生のとき友達がお祭りの獅子舞に追いかけられて前歯を折ったことがありました、この学校の先生方とは違って獅子舞の人が酔っ払っていたのが原因だったのですが、、
でも、どうして裁判にまでなったのでしようね
名無しさん
素朴な疑問ですが、真っ暗な夜の山道での歩きや肝試しって、希望者だけでなく学校で全員参加で行うほど子供全員にとって必要でしょうか?
私の場合は、学校ではなく市の子ども会小6全体対象の宿泊研修でしたが、山道の本当の「闇」を歩かされてしかもランタンは本物のろうそくでそれが途中で消えたら明かりをもった他の班に運良く出会わなければ、本当に本当に比喩ではなく何も見えなくなる状況で歩かされました。大人になってもあの経験が必要だったとは思えないです。
まして、その状況で他人から驚かされたら子供なら走るのは当然。前歯を折ったのは事故だったとしても、暗闇ですから他に何が起きていたかわからないですよね。最悪のケースでは将棋倒しもあり得ます。見えませんから。
つまらない社会になった、とかではないと思います。
「肝試し」なんて、スリルを味わう楽しいレベルの話ではない。
そういうのがやりたい人は個別にやればいい。


名無しさん
訴訟にまで発展したのはいろいろ残念な気がしますが…数年前にうちの娘もナイトウォークしてましたが、しおりの持ち物にはヘッドライトと懐中電灯となってました。班にランタンひとつっていうのは本当かな?本当ならそれはさすがにちょっと危ないし準備不足な印象を受けます。
名無しさん
4年生のキャーは先生の誰かだと分かっててのキャーでしょ。
ランタンが1グループ1つが間違い。
1人1つ持参させるべきだった。
夏には近くでやってるけど、1グループにいくつもの明かりがありましたよ。
名無しさん
もう学校も勉強以外一切なにもしないようにしないといけないですね。
先生達が残業したり、休日返上したりしながら子供達のために色々としてくださってるのに・・
名無しさん
学校の教師が【聖職者】と呼ばれるご時世ではないよね
今やなり手が少ないから少々難ありでも採用されるし 何より児童の親のほうが学歴が高くて高収入で子供の前で先生をバカにしているようではダメだわ
名無しさん
肝試しなんてやらんでいいよ。
双方に良いことない。
怪我しても我慢しろみたいにネットで言われるのも可哀想だし、教師側も責任問題になって可哀想だし。


名無しさん
児童側にも、誰が大人がライト持って付き添って、児童らがパニックになって走り出すのを静止した方が良かったのでは。
友達がライト持って逃げてしまって、まっ暗闇の山に一人、化け物と取り残されたら、そりゃ小学生はパニックになるでしょうし、トラウマになると思う。
しかも歯まで折って、悲しすぎる。
名無しさん
学校教育は粛々と行い、生徒のため、良かれと余計なことをしない方がいいということですね。治療費は見舞金も合わせて、学校安全会から出てるやろぉに、500万円請求する方も大概ですね。
名無しさん
見守った所でパニックになったら意味をなさないので過去に何度もおきてるなら側溝をふさぐ、コースを変える対策は必要あると思う
名無しさん
小学校4年って永久歯でしょうから、前歯2本が折れて21万って安すぎると思う。
教育的現場で子どもを脅して何が楽しいんだか。
名無しさん
決してスリルがある娯楽が悪い訳じゃなくて、児童の安全が担保されてないのが問題なんだよなあ。
避難訓練みたいに告知してなけりゃ、親が居なければ先生が『保護者』なんだから、驚いて転倒したり逃げて迷ってしまう危険も考えないと。


名無しさん
もう必要最低限のこと以外やらない方がいいしそうすべき。良かれと思ってやったことでもこんな仕打ちに合うんだから馬鹿馬鹿しくてやってられんやろ。そういうつまらん時代になったことが悲しいね。
名無しさん
校長を擁護してる人多いね 私は肝試し大好き、お化け屋敷大好きだけど
肝試しが本当に苦手な人間もいるんだよ 某声優はおばけ屋敷の入り口で泣き出したし、出てきたときには腰抜かしてへたり込んだ。
名無しさん
校長が演じた山の主の写真がないとなんとも言えないので山の主を記事に載せるべき
名無しさん
治療費は保険から出るでしょう、なのに慰謝料とは世知辛いのう、子供たちの楽しい事がどんどん無くなっていく・・・。
名無しさん
前歯かぁ。2本も。将来的にインプラントの可能性があるから、200万円は欲しいな。
精神的苦痛ではなくて、実費分として。


名無しさん
まぁ怪我したら恨む気持ちはわからなくもないけどさぁ
子供が遊んでりゃよくあることクラスの怪我だと思うけど
名無しさん
みさきのナイトウォークはほんとに怖いからね。道に置いてあったマネキンの首に驚いた記憶があれから20年経っても残ってるから…。
名無しさん
もう肝試しとかが現実では不可能なフィクションだけのものになるのもすぐそこだな。
名無しさん
もう、学校は授業だけやりましょう。
やってられません。
名無しさん
慰謝料など21万円の支払いなら妥当な線じゃないかな。
前歯二本を将来、インプラントにするには全然足りないが。


名無しさん
先端だからインプラントはしてないと思うよ
名無しさん
前歯のインプラント代はそれくらいなのでしょうか?もっと高くつくのでは?
名無しさん
いい校長なのにもったいない
こんだけ現場に顔出す校長はそういないでしょう
名無しさん
見張りがいても昼間だったとしても、ギャーギャーわめいてテンション上がってる小学生ならこけて怪我くらいするよ…
学校も気の毒に。
名無しさん
幅70センチのフタの無い側溝の横で脅かしたら落ちるの当たり前だろ
頭おかしいのか市の教育委員会は
むしろ前歯で済んで良かったねと言いたくなるくらい危険行為だぞこれ


名無しさん
こんな行事に力入れるなよ!
名無しさん
岬の家に行ったけど夜道に怪しのが出てきたら大人でも怖いわ。
この校長アホですね。
名無しさん
ブランコから落ちて、ジャングルジムから落ちて、自転車でぶつかってとか、子供が歯を折れさせてくる出来事は多いけど、こういった校外学習みたいなものに参加して先生のおどかしでびびって走り出して歯が折れたから?
それぐらい笑い事ですませたら?
謝罪と治療費で先生に少々のお小言が行って、次の年の生徒はそれを聞いて逆に先生の不意討ちを楽しみにする……っていうのが理想だけど。
学校の過失で先生を訴えるんですよね、モンペもどきの親子は。
次の年からこういうのが無くなって、つまんないイベントになったらその原因になった生徒を恨むよ? 楽しみにしていた子ほど大人になっても、そういったことは覚えていますよ?
名無しさん
前歯2本の先端ね、先端。。
これ、恒例行事だったみたいだし、
親のリスクマネジメントの方が抜けてんじゃ無い?
まぁ、親の気持ちもわからんでは無いけど、、
面倒くさいな、保護者。
名無しさん
原告父です。校長先生の名誉も含めコメントさせていただきます。京都新聞が、校長の責任にしたほうが面白いと思い書いた節があります。事故は2019年5月ですのでだいぶん前です。
事故後校長先生と担任の先生と状況をお聞きして、夜間にも関わらず、診療いただける歯科医院を見つけていただき対応してもらい、感謝の意を述べております。校長先生は、最後まで責任を持って対応するので耳の痛いことも言ってくださいねとのことでしたが、ナイトウォークは、京都市では、暗闇を感じることができずいい経験とおもいますが、45cmの深さの側溝に蓋もされておらず、暗闇の中境目もわからない
なかで、ランタン一つで子どもたちだけ長距離歩くのは、プログラムと施設の不備の問題でどうかと思い、教育委員会と話をしましたが、可否の判断はできない。賠償するにも市議会の承認がいるので公的な判断必要ですと
言われ、これ以上話し合いもできず、諦めるか訴訟するかとなりましたが、お金もかかりやりたくなかったなかったのですが、調べると調停という方法がありこちらは、非公開で話し合いができ、合意事項は判決と同じということをしり調停で話し合いしようおもいました。
母親が、毎日歯磨きをして乳歯から虫歯が一本もなく永久歯に生え変わり、半年も立たないうち欠損してしまい
、永久歯は蘇生することなく、人工物でうめるしかないということで金額に換算することができないくらい大変ショックを受けました。
調停が始まり、教育委員会は担当弁護士にバトンタッチしたようです。4回も調停に呼び出されたにもかかわらず、一切責任の可否をのべることもなく、当方の主張を認めませんので不調にしますという答えだけで終了しました。子供にもなんの説明もできず、諦めるか訴訟するしかなくなってしまいました。
訴訟となりましたが、相手方は弁護士のみで、確認事項は、岬の家での施設の不備とその状態でのナイトウォークが適切であったのか問うだけでしたので、弁護士は予算なくつけませんでした。
裁判が始まると、弁護士は、こちらの質問事項には一切答えず、破損ではなく、虫歯で治療していると主張はしてそのために2回五ヶ月もかかり裁判所が日赤の先生に依頼して、弁護士の主張がすべて間違いであることが
証明され、弁護士も反論せず、ありがとうございましたの一言で終わり、結審してやっと11月26日に判決がでました。
本来なら校長室で話し合い解決を望んでましたが、教育委員会の判断で、調停にしたら、一切話し合いには応じず、裁判までして2年半もかかってしまいました。
しっかりした弁護士ならディレクションして1回の調停で済んでいたところ、無駄に4回も話し合いもできない
調停と裁判での無理筋な主張で1年かかりました。ちなみに弁護士は着手金とは別に調停不調にもかかわらず謝金ももらっています
ただ、京都弁護士会によると、調停で話し合わないことも、裁判でどんな主張をすることも違法ではないとのことでした。だから、私のようにケチらず、弁護士をつけて話し合いをするのが、時間とお金の節約になると思います。
京都新聞も、訴状や準備書面に目を通さず判決文だけを切り取って、記事にするのは問題であると思いました
クマ
原告母です。
子供には負担をかけさせない様に、将来の治療費として準備しといてやりたいと思いました。
一般的に請求した額より、うんと低く判決されると知り私達に出せる限り限界で請求しました。
500万でも、勝っても2万〜5万だろうと。
初めての裁判で右も左も分からず費用も無いので弁護士を付けず全て自分達でやったので疲労困憊。
京都市相手に負け前提で戦った。
校長は、毎年今年はナイトウォークをやめておこう、今年はやめておこうと思いながら経験にあぐらをかいてしまい取り返しの付かない事になってしまった、今更ながらとても後悔していると、全ては私が責任を取りますと言われたが、私達は校長個人が責任を取るのはおかしな話だと、責任者は教育委員会もしくは京都市だと話を進めた。
私達と同じ思いを他の両親や子供さんに絶対させたくないとの思いに、校長と教育委員会に側溝に蓋をする様に何度も御願いしました。
分かりましたとの良い返事ばかりで動きは何も無かった。
次年度のナイトウォークも同じ様に行われた事を知り、直ぐに市長へ手書きの手紙を書きました。仕事も忙しく就寝時間を削り時間をかけて自分の思いを全て届く様に心を込めて書いた。
その後メールでも何度かやり取りをする。実際のメール↓
拝復
お手紙拝読しました。
再度,貴重なご意見をいただいたことに感謝申し上げます。
以前,市長への手紙を頂戴した以降も,みさきの家での活動をより安全に行えるよう,引き続き対策を検討しております。
対策として側溝の溝蓋設置のみにとらわれず,今回,ご提案いただいたフェンスを設置し,転落を防止する案も含めまして,費用面や管理面も考慮し総合的に安全対策を検討したいと思います。
時期は未定ですが,具体的なことが決まり次第,教育委員会の担当課よりご連絡させていただきます。
引き続き,子どもたちが楽しく安全に活動できるよう,施設の整備に努めてまいります。
敬具
令和元年11月15日
京都市長 門川 大作
側溝工事決定の連絡は無かった。
初調停の相手方資料より、すぐに側溝に蓋が付けられていた事を知る。
蓋を付けないのは、落ち葉が道に広がり掃除が大変になるからだと主張、人命より掃除を優先するのかと反論した。
岬の家、学校より連絡されたのは、歯の件だけだったがタンコブや切り傷打ち身と全身傷だらけで帰ってきた。
他の子供達が健康で笑顔で帰って来たのを見て涙が止まらなかった。
仕事中にも涙が止まらなかった。
後日、校長より山の脇には崖がある事も沼がある事も知り命に関わらず良かったとゾッとした。自然体験は、蛇に遭遇や地震や自然災害がある、側溝事故も同じだと言っていたが、自然災害と人工物で初めから危険を把握回避出来るものとは違うと反論。
側溝に落ちた息子は痛さと暗闇の恐怖で身動き出来ず星を見ながらお母さんと言いながら泣いていたそうで、誰にも気付かれず長い間放置され可哀想でたまりませんでした。
息子も私も、今でも学校イベントや修学旅行等は怖がり不安で夢にまで見る。
調停、訴訟をしてくれと話の結論を出さない教育委員会は逃げてしまい出てこない。内部事情を教育委員会、校長より何も聞いてもいない弁護士一人交代で出てきて質の悪い悪質な作話や黙秘をつらぬかれ、話し合いどころの話では無く、とてもズレた違った話での戦いに無意味さ辛さ情けなさを相手方弁護士に感じた。
虫歯治療のくせに破折と偽りスポーツ振興保健を使用した事は罰則に値すると話にならない。
だが、法的には嘘の作話も主張として通ると裁判長より言われた。
学校長の山の主は、布をかぶる程度。
間違った報道が事実であるかの様に独り歩きするとはこの事かと京都新聞を見て実感した。
面白おかしく間違った記事は人を人権を人命を傷付ける。
自分達の仕事に誇りを持ち、正しい記事を世に送り出してほしい。今回の記事は如何なものか。誤解を招く記事に遺憾に思う。
私達は、校長の山の主の話や脅かした話、
教員を攻める話は全くしていない。
いつも大変お世話になり、楽しい行事を大変な思いをして準備して下さり校長、教員には感謝している事は先生方にお礼を伝えている。
岬の家管轄管理をしている教育委員会の安全対策不備について攻めていた。
ヒヤリハットも行動も何も対策が無かった。私達は、こんなに大きな話にしたくは無かった。校長室、又は調停で話し合いを終わらせたかった。
調停を望み希望したのは教育委員会。
訴訟を望み希望したのは京都市。
進まなければ泣き寝入りして下さい、それが裁判への始ま
りだった。京都市長代理人とは、とうてい思えない弁護士に軽蔑した。


管理人の率直な感想

僕が小学生の頃は学校行事での肝試しは無かったのですが、地域の行事で保護者達が扮装して子供たちを驚かすという肝試し大会がありました。
当然のように僕らは逃げ惑い、走って転んだりするのでケガは付き物でした。
当時の保護者達のことは全員覚えていますが、例え転んで前歯を折っても訴える親はいなかったと確信しています。

様々な事件があり、昨今の学校の体制に不信感を持っている僕ですが、今回は学校側を擁護させていただきます。
校長に悪意は無い。子供たちも楽しみにしていた行事だと思います。
気になる点は、過去にも同様の事故が複数起きている点ですが、市は安全に十分配慮していたと主張しています。

とにもかくにも500万円。
ふっかけすぎじゃないでしょうか。

事故は事故なので親御さんの気持ちも分かりますが、500万・・・。
保険に入っているはずなので治療費とは別に慰謝料としての請求ですよね。
実際に、精神的苦痛と書かれています。
「窮屈な時代になった」で済ますのは違うかもしれませんよ。

ランタンを持った友達とはぐれたがゆえに転落してしまった児童。
その子本人は、この裁判沙汰をどう考えているのでしょう。


コメント