【企業連続爆破事件】桐島聡容疑者死亡…藤沢市の土木会社「どんな会社」内田洋としての人生「幸せだったのか」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


俳優石原良純(62)が29日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜午前8時)に出演し、1970年代に起きた連続企業爆破事件をめぐり重要指名手配されていた桐島聡容疑者(70)を名乗る男がこの日朝、入院先の神奈川県内の病院で死亡したと報じられたことについて「死ぬ間際に名乗るのは、ずるいよね」などと見解を示した。

番組では、桐島容疑者を名乗る男の死亡を、放送中に速報として伝えた。良純はこの速報を受けて「最後になぜ、名乗って出てきたのか。被害者の方、遺族の方の思いの中で(男が桐島容疑者の可能性があることが)分かったことは、ひとつ区切りになるかもしれないが、結局ずるいよね。ここにきて、死ぬ間際に名乗って…」とコメント。「結局、彼がやっていたことは、騒乱を引き起こすこと。彼らなりの思想があったのかもしれないが、最後の最後に名乗るのが、最後にまたずるいことをしているなと、僕なんかは思う」と指摘した。

元財務官僚で信州大特任教授の山口真由氏も「完全に自分の死期を悟った後に、最後に思想犯独自の自己顕示欲みたいなもの(で名乗り出た)かなと思うが、少なくとも8人が亡くなっている。私も良純さんと同じだが、自己顕示欲は浅ましい」と指摘した。

桐島容疑者は、一連の事件に関与した「東アジア反日武装戦線」のメンバーとして、75年に爆発物取締罰則違反の疑いで指名手配された後、半世紀近くにわたり逃亡を続けていた。「東アジア反日武装戦線」内のグループが74年8月に起こした三菱重工ビル爆破事件では8人が死亡した。

桐島容疑者を名乗る男は、末期がんで治療を受けていた。

参照元:https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202401290000188.html

どんな会社?内田洋としての人生【ネットの声】

名無しさん
50年近く偽名を使い逮捕されることに怯えながら逃げてたんだから惨めな人生だったんだろう。だからこそ最後は本人として死にたかったのかな。
名無しさん
どんな会社なんだよ
名無しさん
明治学院入学とありましたが横浜キャンパスだったのかな?土地勘もあったんだと思われますね。


名無しさん
普通なら、勤務先の会社が怪しむよな〜
年金や社会保険も掛けて無い訳だから
適当な会社だったんだろうな
名無しさん
勤続40年って本来なら素晴らしく表彰ものだよ。その間苦しみながらもささやかな幸せを感じていたのかな。
名無しさん
とりあえず、今の容姿見せて
答え合わせさせてくれ。
名無しさん
市橋容疑者も土木の住み込みだったよね。
全国の土木事業者の寮ガサしたらまだまだ出てきそう。
名無しさん
ここ数年だったらかなり老けて指名手配の顔写真とはかなり違った顔つきになってバレないかもしれないが、まだ若かった事件当時から国内にいたってどうやって隠れ続けてたのか本当に気になる。


名無しさん
長年一緒に働いていた土木会社の同僚の方々は衝撃だろうな
名無しさん
末期がんで死んだんだからほとんど何も聞けていないだろう。
そもそも警察が見つけたわけでもないし、追いかけていた警官もいないんじゃないかな。
名無しさん
親父もガンの最期数日は意識が混濁ししゃべるどころか意志疎通すらできなかった
「俺が桐島」言った地点からほとんど情報は出ていないと思われる
名無しさん
「桐島聡として死にたい」とか言って、本人はスッキリしたのかもしれないけど…。
連続企業爆破事件では、8人もの人が亡くなり、400人近い人が負傷している。負傷者の中には、人生がメチャクチャになった人もいるだろう。本人だけスッキリしてどうすんの?というモヤモヤ感がある。
名無しさん
個人事業主で、建築・土木関連工事の下請け業者やっております。
少し前まで緩々でしたので、住所不定、マイナンバーない人、国保ない人、生活保護受けながら潜り込んでいる人など普通にいましたので、正直そんなに驚く事ではないです。
もしかすると、知らないで内田さんとすれ違ってたかもしれないです。
みんな猫かぶってて本性わからん


名無しさん
今まで雇っていた会社も今頃、大騒ぎでしょうね。
犯人と気付かなかったのか?
身元調査はしないのか?
など
名無しさん
藤沢南口界隈の飲み屋で良く会ってました。
スキーに行ったり釣りに行ったり。隠れて生活してる感じはなかったです。家に行って飲んだ事もあります。その頃の仲間で彼の事を悪く言う人はいないと思います。被害者の方には申し訳ないのですが、御冥福をお祈りします。
名無しさん
数奇の運命だな。
海外に行ってなかったとしたら、協力者もいたというところ。
逃げ切ったのか。
ホンマ、捕まらないもんだな。
名無しさん
保険証もない、免許証もない、銀行口座もない。
仕事も、本来なら能力活かしたもっといい仕事に就けただろうに。
お気楽逃亡生活ではなかったと思うよ。
名無しさん
コソコソ隠れた生き方に幸せは無いわな・・


名無しさん
長年一つの会社で働いていたのに、健康保険も年金も掛けておらず、口座も持っていなかったようですが、税金は会社から引かれる源泉徴収だけだったのでしょうか?
不思議な感じは確かにあるけれど、問題を起こすこともなく真面目に働いてくれれば、昔からあるような町経営の土木工事系の会社なら別にそれで良いと考えても不思議ではありませんよね。
名無しさん
職場もいわくつきの人とわかってて安く雇ってるようなところじゃないの?
普通怪しむよ。
ドラマで逃亡犯が住み込みで働いてるの見たことあるけど、現実にもあるんだもんね。
名無しさん
工務店と言っても従業員が2〜3人のところだったら社会保険の加入義務は無いからねぇ。
名無しさん
口座も作れないような人間を雇う会社って普通じゃない
名無しさん
治療も受けられず、薬もなく、最後は想像を絶する痛みだったはず。
それがせめての償いなのかもしれないね。
偽名で生活して毎日怯えながら何十年も生きるなんて私は絶対嫌だな。
死に際に何を思ったのかな。この人は。


名無しさん
なるほど、これが中二病発症者の行く末なのね。
自分で自分のオケツも拭けずじじいになって死ぬ間際になっても尚、自身のことしか考えられないという。いと哀れ。
名無しさん
ゴミのような人生だったと語り継ぐのがいいでしょう。
名無しさん
がんの人って一週間経たずに亡くなるよな。うちの親戚も皆「もうダメだ」と言って一週間もたなかった。
名無しさん
保険証がなくてかさむ医療費や治療の苦痛や死の恐怖、寂しさから気弱になってポロッとという流れかと思ったら、本当に死ぬ直前のやつだったのか。色々確認するにも意思疎通ができる時間は少なかったかな。
名無しさん
美談に、したくないけど映画になる話ですね。


名無しさん
十年くらい前、勤務していた病院にホームレスらしき方が救急搬送され名も言わず亡くなられた。数日は会話ができたものの身元のわかるものは何もなく聞いても答えず。警察から連絡が来たのは半年後。失踪者だったらしい。自分から名乗るというのは存在を示したかったのかな?
名無しさん
「逃亡生活」と書いてありますが、逃亡どころかむしろ40年も同じ場所、同じ会社でがっつり定住していたということですよね。普通なら街中に自分の顔写真が貼られていたら不安になって定期的に移動してしまいそうな気がするんですが、相当肝が据わってますね。
それにしてもこんなに見つからないものかと、、、驚きです。
名無しさん
他の指名手配人も、しれっと国内で普通に働き、普通に暮らしてる人もいるんだろうな。
名無しさん
最後は本名でって、それって仲間に俺は死ぬよってTV使って知らせたかったんじゃないの?って思っちゃった。
名無しさん
本当に本当に最後の力振り絞って教えたんだね。
事件のことなんて殆ど聞けなかったろうな。


名無しさん
完全に逃げ切られたという感じだけど、こいつの人生が幸せだったとは思えないな。
名無しさん
長年勤めていたという会社の人たちは本当に知らなかったのだろうか?
名無しさん
末期にも程があるやろ
名無しさん
仮にこのジジイが桐島だったとしたら、日本中の住み込み抱えてる建設業にガサ入れしたら他の逃亡犯も見つかるんじゃないかな?
なんなら最近長年いたけど急にいなくなった住み込みがいないかとか聞き込む価値すらあると思う。
名無しさん
そのうち映画になりそうな人生


名無しさん
日本で長年、偽名で生活できたことが驚きだ。働けば健康保険、年金などの支払いが関係する。勤めていた職場はどう処理していたのだろうか。
名無しさん
当時のこういう連中は、学もあって、前科なかったから指紋も取られてないから、逃げきれたのかな。
最後は自首だった訳だから、逃げきった人生だったんでしょうね。
名無しさん
ばかな妄想にとりつかれて、人を殺し、一生逃げ回ったテロリストの哀れな最後。
名無しさん
図々しい、遺族に一言もなく罪も償わず、最後に本名出して親族に葬式でもあげて貰いたかったのか。死に逃げや。
名無しさん
「最期くらいは本名で死にたかった」…お前の被害者は何の予告もなく殺害されたんだぞ!
甘えんな!!


名無しさん
癌であっても早期発見、先端医療してれば延命できたかも知れんかったのに、バチが当たったな!
人○しのテロリストの哀れな末路やな!
名無しさん
やるせない結末だ。桐島が関わった爆破事件の死亡者はゼロで、つまり殺人犯では無かったのに、50年も潜伏する必要が一体どこに有ったのだろうか。すぐに出頭していれば、模範囚なら数年で刑務所から出られただろう。もっと良い人生だったはずなのに。
名無しさん
税金で無理矢理生かす手間が省けただけのことだ
名無しさん
アンビリーバボーもしくは世界仰天ニュースで再現ドラマ化されるのは間違いないでしょう。
名無しさん
分けのわからない思想と暴挙の結果、本名も名乗れず、望む仕事も生活もままならず最後は病死。
この人の人生って何だったのか?
幸せだったはずもないが。


名無しさん
今も逃げ隠れしている思想に囚われ愚かな革命に失敗した志士たちには、このニュースを我が事としてどの様に受け止めているのだろうか。
名無しさん
死の直前に自ら名乗り出たのは、それ相応の計算があってのことだろう。問い詰めるにも限界があっただろうし。この人物の周囲の人たちに問いただしたところで、どれだけ過去の事件が究明されるかわからない。左翼運動が以前ほど勢いがなくなった今、闇の部分が多いと思う。
名無しさん
偽名で働いたということは納税もしてないよね。この工務店の会計どうなってるんだ。
そして病院にかかっていたというが無保険で医療を受けていたということでしょうか?まさか医療費まで逃げ切りじゃないでしょうね。
名無しさん
交番の掲示板に昔から貼ってありましたね
警察への完全勝利宣言なのか
亡くなる前に少しでも話を聞き出せたのでしょうか
今となっては何ともやるせないですね
名無しさん
八田よく聞け、逃げ回っていたら最後は桐島のようになって終わりだ


名無しさん
はっきりと言えることは、この桐島聡なる人物の自己顕示欲の強さ。それから、公安、警察の末代まで語り継がれる大失態というこの2点だろう。
名無しさん
典型的な活動家の末路
現在、まだ活動家やってるファッション左翼は自業自得であることを学ばないだろうなあ
名無しさん
この年齢で、広島から上京して、私大にまで進学させてもらって、
とんでもない親不孝をして、大勢の市民の人生を狂わせて、何を考えていたのかな、国民番号制や全ての入国者の番号制も、少し思った。
名無しさん
身分不確かな人間にはこういうのも混ざっているという実例だよね。
手ぶら主義とかいう奴らって指名手配とかオーバーステイ怪しんでしまうわ。
名無しさん
3億円事件の犯人も出てくるだろうか


名無しさん
桐島、病院で●んだってよ
名無しさん
かっこいい死に方。
名無しさん
完全犯罪やな
名無しさん
逃亡記のようなモノはまさか残されてはいないでしょうね
名無しさん
そのうち福田和子のようにドラマ化されるんだろうな。


名無しさん
家族も居ただろう何の罪もない人達が人生半ばで惨い形で終わらされ、罪を犯した人間は人生を全うする。こんな理不尽な事はない。
名無しさん
犯罪者達の中で神奈川県に潜伏すれば捕まらないと評判になりそうだな
名無しさん
完全勝利宣言して逝ったんだろ。さぞ満足だったろうな。
名無しさん
逃亡記でも出して欲しかった…
名無しさん
勤務先にも何らかの処罰をしないと今後も容疑者が偽名で潜伏出来てしまう。身元確認が取れない人間を雇うべきでない。


名無しさん
50年間逃亡生活ってゴイス〜です
名無しさん
逃げ切ったという人がいるが自分は哀れな敗北者としか見えない。この人を見かけた人によればガリガリ痩せ、これでよく肉体労働が出来るなという風体。そして最後は国に助けを求めた。恐らくすべての関係を断ち切ってきたからこその結果だ。これが爆発事件を起こしてまで求めてきた人生なのか。自分ならすぐに人生をリセットしてやり直すと思う。
名無しさん
海外で潜伏してたが日本に戻ってきた、という情報は誤りか。
がん治療も自費。
パスポートも保険証も、どうにもならなかったという事か。
支援者がいて、公文書偽造もお手の物、みたいに言われていたが。。。
逆に、そういう事をしなかったからこそ、足取りをつかまれなかったのかもな。
事件後、仲間との接触を断って、ひっそりと暮らすのを徹底したといった感じか。
名無しさん
40年もの長い間、よくも国内に息を潜めて生活できたものですね。
至る所に掲示されている己の写真を見ても、冷静に見過ごせたものだ。
そらストレスで胃もやられるわ。
名無しさん
最後は本名で死にたいって事は、人生の半分以上は偽りの自分だったワケだ……何の為に生まれて誰の為の人生だったんだろーな
一度きりの人生が虚しすぎるわ


管理人の率直な感想

あっという間に亡くなりましたね。
1月上旬に自宅近くで蹲っているところを近所の人に救助され、それから1ヵ月も経たずに最後に自分の本当の名前を名乗って死亡してしまった。

重篤な状態で苦しみながらも約50年前の罪から逃れようと必死だった男。
僕が生まれる前の事件なので儚く悲しい人生のように感じますが、事件をリアルタイムで見た方々にとっては贖罪もなかった容疑者に怒りや憎さのようなものはあるのでしょう。

40年間も勤めていた藤沢市の土木会社。
「結局俺達ってあの人のこと何も知らないんだよな」と同僚に思われ続ける年月としては長すぎる。
人には話したくないこともあるし聞けないこともある。
何かあるんだろうとは思っていても、まさか半世紀前に日本を震撼させた指名手配犯だとは思っていなかったんでしょうね。

今回の件が現在の指名手配犯たちを追い詰めるきっかけになる気がしてならない。



コメント