熊沢英一郎(44)のツイッター内容…そのつぶやき公開、元エリート官僚・熊沢英昭容疑者(76)が息子を刺殺を決意するまで

スポンサーリンク
スポンサーリンク


激しいフラッシュの中、6月3日送検された農林水産省の元事務次官・熊沢英昭(76)容疑者。6月1日、東京・練馬区の自宅で44歳の長男、英一郎(44)さんを包丁で刺し、殺害したとして逮捕された。

スポンサーリンク

強い殺意を持って息子を殺害

英一郎さんの死因は首を切られたことによる失血死とみられ、刃物による刺し傷や切り傷が上半身を中心に数十か所に上ることが判明した。

警視庁は強い殺意があったとみて調べを進めている。

殺害された英一郎さんを知る人は…

英一郎さんを知る男性:英一郎さんは働いてなかったと思います。服装は会社に行っているような感じではないですね。

警視庁によると、十数年前に1度家を出て1人暮らしをしていたという英一郎さん。現在は無職で、ほぼ引きこもり状態だったという。

官僚トップだった父親を自慢する投稿も


しかし…2018年投稿された英一郎さんのものとみられるツイッターには、

2018年5月 支払い予定分のご利用明細合計323,729円

これが今月の私のクレカの支払額だ。

君達の両親が必死で働いて稼ぐ給料より多いんだよw(Twitter投稿より)

と書かれており、父親の熊沢英昭容疑者から定期的に金銭的な支援を受けていたことが分かる。

また、6月4日から2カ月前の投稿には

庶民が、私の父と直接会話なんて、1億年早いわヴォケ!!(Twitter投稿より)

などと書かれていて、官僚トップだった父を自慢していた様子を投稿していた。

オンラインゲーム上で英一郎さんと2年間交流があった女性は…

ゲーム上で交流があった女性:『何か困ったことがあれば、私に言ってくれれば父の権力でどうにかすることはできます』ということを言ってきたことが一番印象的ですね


母親については“真っ先に愚母を殺す” とも…


しかしその一方で、過去に投稿されたツイッターには

もし殺人許可証とかもらったら真っ先に愚母を殺すな。

愚母はエルガイムMK-2を壊した大罪人だ。
万死に値する。いいか?1万回死んでようやく貴様の罪は償われるのだ。
自分の罪の重さを思い知れ。
貴様の葬式では遺影に灰を投げつけてやる。(Twitter投稿より)

と書かれており、母親に対し“愚母”という言葉を使い、殺意もほのめかしていた。

さらに、2017年には

だから中2の時、初めて愚母を殴り倒した時の快感は今でも覚えている。(Twitter投稿より)

と書かれており、英一郎さんは母親に暴力をふるっていた過去をつぶやいていた。


事件当日には“誰も一人では生きられない”と投稿


こうした中…家族に変化が訪れたのは5月下旬のことだった。
ゴミ出しなどを巡る近隣住民とのトラブルなどを理由に実家に戻ったばかりだったという英一郎さん。

事件当日に投稿されたツイッターには

誰も一人では生きられない。(Twitter投稿より)

と書かれていた。

その一方で、熊沢英昭容疑者は長男の家庭内暴力があったと供述している。

6月3日新たに熊沢英昭容疑者の体に“あざ”があったということもわかり、日常的に英一郎さんから暴力や暴言を受けていたとみられている。


熊沢英一郎「児童ぶっ殺す」


また、事件当日にも親子で口論があったという。
事件の数時間前、熊沢英昭容疑者の自宅横にある小学校では運動会が行われていた。
すると英一郎さんが口にしたというのが…「うるせーな、子供ぶっ殺すぞ」という発言。

この発言を巡って、口論になったという親子。

逮捕後、熊沢英昭容疑者は調べに対して、
「川崎市で小学校児童など20人が死傷した事件が頭に浮かんだ。自分の息子が第三者に危害を加えるかもしれないと思った」と話し、家庭内暴力や他人に危害を加えることを不安視していたという。


家庭内暴力は殺人の動機として汲むべきなのか?

今後の捜査の行方について、フジテレビ社会部の平松秀敏デスクは…

フジテレビ社会部 平松秀敏デスク:本人も殺害を認めているのでおそらく殺人罪で起訴されるでしょう。
その先の裁判のポイントとなると、なぜその殺人に至ったのかという経緯や動機が重要になってきます。家庭の事情・家庭内暴力が、殺人の動機としてどれくらい汲むべき事情として認められるのか。ケースによっては執行猶予がつく可能性もありますし、または刑が軽くなる場合もあります。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00010006-fnnprimev-soci&p=1

ネットの声

凸凹
家庭内暴力もあったようですし、父親としては追い込まれていたところに、「川崎の事件」、「ぶっ殺す」発言。
万一、他のお子さんに危害が及ぶかもしれないと思ったとしたら・・・。
それが緊迫したような状況であれば、今回の行動は私も同じことをするかもしれない。
親の責任として、他の方に危害を及ぶのを止める方法がそれしかないと思ったら。
殺人はしてはいけない事はもちろんなのだけど、否定もできない気持ちもある。
難しいけど。
名無しさん
胸が痛い。暴力をふるう一方でお父さんを尊敬していたのかもしれない。
勢いで言っただけで、小学生に危害を加えようとは思っていなかったかもしれないし、本気だったかもしれない。何が正解だったのかは誰にもわからないと思う。息子を殺すことを決意した父親の気持ちを考えると辛すぎる。親子両方を救う手だてはなかったのか?同じようなケースが起きない様に対策を国全体で考えないといけない。
名無しさん
この一連の事件の連鎖は、引きこもりとその家族に衝撃を与えたと思う。今後、更に似たような暴発事件が連鎖する可能性が高い。
ころされるかも?という疑念がお互いに生じだし、疑心暗鬼になってしまい、やられるなら先にやってやるよ!となってしまう。
何となく惰性で保たれてきた均衡が事件によって崩れて、非常に危険な状態。
名無しさん
気の毒な事件だとは思う。
けれど、もしかしたらお父さんはたくさんの無関係の命を救った可能性だってある。
近隣住民には、正直ありがたいという気持ちを持つ人も多いのではないか…
自分が近所に住んでたら、我が子が他所様を傷つける前に対処してくれたこのお父さんに感謝すると思う。
なかなかできる事ではない。
我が子を刺し殺すなんて、どれだけ辛かった事だろうと思う。
どうか減刑(情状酌量?)してほしい。


名無しさん
父親として、川崎の事件を知り、同居の息子が小学校がうるさいと、ストレスをため込んでいる。家の中での暴力がある。大事件に発展しかねないとの、老いた父親の心配。結果、最悪な事が起こる前に、父親として、かたをつけたのだろうか。悲しい事件だけれど、他人が巻き込まれなくてまだ、いいかもしれない。
名無しさん
なんというか悲しいよね、この息子さんが産まれた時は皆が笑顔になり成長を喜んだでしょう。自分の手でケリをつけるのは、どれだけの葛藤や悩みが有ったのでしょうか。奥さんや子供を守ったのかも知れない、両親が亡くなったら外に向かうしか無くなるからその前に自分の経歴や肩書きを捨ててでも手を染めた。余生を楽しむはずの残りの人生を捨てこの方は背負っていくのか・・・私なら出来兼ねる。相当な覚悟があったのかな
殺人は駄目だけど、事件になるまで警察は動いてくれないからね
名無しさん
これは悩みどころの問題ではない。家庭内暴力もあって自己防衛と親の責任感と疲労が起こしたもの。
sy
殺人は行けない
だか、殺してなければ、いずれなにか問題になってたかも。
なにか起こらないと結局誰もなにもできないから
相談したところで、本人がこれでは無理でしょう。
もっと小さい時から自立について意識させる教育が必要だったのでは。
お父さん可哀想。きっとボロボロの限界で息子を刺したのだろう。
殺してなければ、親が殺されてたかも


名無しさん
これを公的機関に相談しても警察が身柄確保はできないし精神科に強制入院も無理だろう
カウンセラー等に面談も本人が拒否すれば無理
殺人を是とは言えないが現実的な対策は無く父親の追い詰められた心情は理解できる
名無しさん
こういう危機的状況になった時、強制的に預かってくれる所が必要だと思う。保護するにも高齢の親では子供を押さえつけるのは無理なので、警察なりの力が必要です。でも、現状無理ならば、犯罪を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?
今回のような事件を防ぐには、親の決断で強制保護できるようにしてほしい。家族であれば、事件を起こす前に、何か察する事があるはずなので、事前に動けば防げるはずです。
名無しさん
なんと責任感の強い父親だろう。川崎の事件がなければ殺すこともなかったのかもしれない。犯罪者になる可能性のある息子と、子供たちの命を守った父の行動力に考えさせられる。数時間後の犯行というなら、それほど危機感を覚えたのだろう。
その数時間の父の気持ちや葛藤に涙が出てきた。もしかしたら普段から暴力をふるう息子を憎んでいたのかもしれないけど、それなら家に迎え入れないだろうし…
もし苦肉の策であったのあらば減刑をのぞみます。この父親を責められない。無関係の命を自分と、自分のの家族を犠牲にして救ったんだ。
名無しさん
この父親の気持ちが痛いほどわかります
わたしの兄弟にも同じように引きこもりで家庭内暴力をふるう人がいます
何度も警察に相談して助けを求めましたが
身内内のことは逮捕してもあまり抑止力もないと言われました
むしろ逮捕されたことにより逆上しさらに暴力を振るわれるといわれわたしは何年も実家に怖くて入ることすら出来ません
大声で叫んだりするときもあり
それこそぶっ殺すと言っていたときもあります
警察も保健所も助けてくれないので
我が家の父もおなじようにするかもしれません、、、
他人に何かしないと捕まらない
対処出来ない今の日本の仕組みだと
被害者が出るのを待つしかない
もしくは家族が監禁か殺めるしかありません
身内にこのような人がいない人は必ず
無視しておけばいい引っ越せばいいと言われます、、、


名無しさん
中2から家庭内暴力をやって今44歳でも
そんな事やってるって何やってるんだ!?
父親も相当悩んでの事だったんでしょうね。
さがみん
攻撃性のある引きこもりの人にはどう対処すれば良いのか。精神科への受診も子供のうちならまだしも、本人に自覚がなければ難しい。専門家の方々にメディアなどを通じ、実行可能な方法を示して欲しい。
近隣に迷惑をかけている攻撃性のある人の対処にも通じ、多くの人に手を差し伸べることに繋がると思う。
名無しさん
優秀で仕事の追われ家庭に関われない父親。父親不在になりがちな中で、教育熱心な母親。それらに答えられない一人息子。
想像に過ぎないが、でも容易に浮かんでも来る。
父親を尊敬していたというより「自慢」の父親であり、良くも悪くもそれが長男自身の自己評価基準になっていたんだと思う。
依存が抜けない44歳息子の肥大し劣等感で歪んだ甘え。「人は一人では生きられない」「勝手に生んだんのだから、最後の瞬間まで親は責任をとるべき」のような内容をSNSに上げていたというが、5月から同居を再開したというのは驚きだ。
本来ならここは突き放すべきところだったと思う。
しかし、老いる両親もまた一人息子との生活を受け入れてしまった。
哀しい、本当に悲しいと思う。
そして、息子を殺しておきながら、世間のこの人への非難は柔らかいと思う。どれだけ同じように苦しんでいる家族がいることだろう。
名無しさん
>「長男が危害を加えてはいけないと思った」との内容の説明をしているという。
息子のはったりの可能性が高かっただろうけど、万が一があってはだめだし、これは親父グッジョブ。


名無しさん
登戸の事件があった関係で、
責任感の強い父親は、
息子が、他人様のお子さんを殺傷するような事があってはいけないという
気持ちが強くなったように感じます。
子に対する責任、
社会に対する責任、
それらを一人で背負ってしまおうとされているようで、
親はつらいよ・・・・・と、とても同情します。
が、同じ官僚なのに、
池袋の時速100キロで、
母子をひき殺し、
車のせいにしている
あの上級国民は、
自己弁護、自己保身、ばかりで、
人間の質の低さを感じてなりません。
上級国民は極刑にしてほしいです。
が、元農水次官は、情状酌量の余地があると思います。
Mac
息子は「私は肉体は健康だが脳は生まれつきアスペルガー症候群だし、18歳で統合失調症という呪われて産まれた身体。私が1度でも産んでくれと親に頼んだか?」とツイートしてる。もし本当に障害があって幼い頃に療育を受けられなかった場合、二次障害が起こるかもしれない。
神戸連続児童殺傷事件、佐世保小六女児殺害、佐世保高1同級生殺害、名大女子学生老女殺害等の犯人も自閉症スペクトラム症の診断があり、療育を受けられなかったと、となりの少年少女Aという本で読んだ。引きこもりや障害イコール犯罪者では、決して無い。しかし、障害が、二次障害が出るほど放置されていたら鬱などを、発症してしまいかねないと思う。
幼い子ではなく、暴力があり手遅れの段階だからこそ、父親は持て余し、他の解決策が見出せなかったのだと思う。時間を戻せるなら幼い頃に障害に気付いて適切な対応を。少ししか戻せないなら第三者機関の介入が必要だと感じる。
名無しさん
最後はこういう結末になったけど、官僚で登りつめるからにはよい家庭人ではいられなかったり、身内の恥みたいな考えで適切な対応ができていなかったのかもしれないよね。
積もり積もって自身が高齢、息子もいい歳になった時にどうしていくか。
引きこもっている人を否定するのいけないけど、引きこもり行為を肯定するのも単なる先送りで、こういう問題が起きてくるよね。どう脱出していくか、って方向で考えていくべき。
あと問題は、既にこういう積み重なった家庭が少なくなさそうってことだよなあ。
名無しさん
世間一般的には母子を死傷した方を逮捕しなかった件で上級国民のバッシングがあると思う。今回の殺害まで至った加害者の父親も東大法学部を出て事務次官まで登り詰めたスーパー上級国民。BSE問題の火中の栗を拾い引責辞任はしたもののその後チェコ大使をあてがわれるほどの功労者、まさにエリート中のエリート。最後の審判もエリートらしい厳しい判断をくだしましたね。何かを得るには何かを失うことが必要何でしょうか。一般人には理解しがたい思考回路です。家庭を顧みることなく、モーレツ社員でいないと勝ち抜けない社会だったのでしょうか。まだまだこの事件の波紋は続くでしょう。間違いなく執行猶予がつくでしょう。そこは一般人だろうと、上級国民だろうと、司法の判断は中立公正であって欲しいものです。


名無しさん
やるせない事件。カウンセラーが出来る事にも限界があるし、きっと相談して気休めの言葉を貰っただけでは解決し切れない「何か」があっての行動だったのだろう。
単純に責められないな。
名無しさん
近所に住んでます。確かに土曜日は運動会の花火が7:00位から鳴ってました。今日はうるさくなるなぁ、と家族と話してました。
親が子を殺す!って、よほどの事だと思います。それも人様の子供に危害を加えるかもしれない、と思った末の事。登戸の事件で、皆様口々に死にたければ他人を巻き添えにするな、と言っていたじゃないですか。このお父様は、まともな方だと思います。子供達が犠牲にならなくて良かった。登戸の様な悲惨な事件を阻止できるのは、やっぱり家族しかいないと私は思います。
名無しさん
育児に関わろうとせず放置した結果引きこもりになったのかもしれない。愛情をかけすぎた結果、こうなったのかもしれない。どちらが悪いと第三者が想像しても仕方がない。
ただ、ひとつ言えるのは、隣の小学生の親御さん達はひっそりと心の中で安堵しているだろう。
名無しさん
子供を育てる母親として、思ってはいけないこと、言っちゃいけないことなのは承知しているんだけど、それでも敢えて言う。
私はこのお父様を偉いと思う。親としての責任を果たしたと思う。
育て方が間違っていたのかもしれない。殺された彼が他害を匂わせるような人格になったのは両親のせいかもしれない。
けれど、家庭内での暴力や、近所の小学校児童への暴力的発言、それに川崎の事件が重なって追い詰められてしまったんだろうな、と思う。
殺人がいけないのは判る。百も承知。けれど、今の日本に他の解決策ってあるのかな?


名無しさん
この親は正しい。自分の子がって考えたら普通の親なら同じ気持ちじゃないとおかしい。
そもそも、育て方を間違えたんだろうけど。
他人に危害を加える可能性が高ければ
親が手を下すしかない。だって、本当に親子なら男は自分の分身みたいなものだし、母親は自分の腹を痛めて産んだ子供。
今どきの親達は同じ事が出来ない人がほとんどだろうね。でも、最後の砦は間違いなく親。犯罪者になる可能性がある子供ならば親が体を張ってでも止めるしかない。
昔みたいに他人の子供を叱ってくれる近所の怖いおじさんはもう居ないのだから・・・。
親のあるべき姿。
名無しさん
とても悲しい事件ですね。息子を持つ身としては将来的に他人事ではない。もし自分だったらどうするのか。ひきこもりにならないよう、今から共感と寛容と励ましをもって子育てしたいと改めて思う。偉大な父親を持つのも子供としては色々生きづらかったんでしょうね…
ダメ親父も困るけど、なんでもほどほどが一番かも。
gty545wf2
もうこれだけ拗らせたら真人間になるはずもない
元事務次官も寿命があと何年かという話になる
もし元事務次官がなくなってストッパーがいなくなったら、本当に小学生や近所の人に危害が加えられても不思議はない
ここに至っては、もう殺すしかないってのも仕方がないかと
綺麗事で「なんちゃらセンターに相談を~」なんて言う人いるんだろうけど
それはもっと初期の話だな
名無しさん
家庭で問題を抱え込まず相談を、と言ったところで、解決策なんて簡単に見つかる訳がない。
残りの人生を捨て、妻や無関係の人を巻き込まないための選択だったのだろうと思うと本当にやるせない。


名無しさん
多分このままいったら子供に危害を与える様な事になるのではないかと不安だったし、心配だったのでしょうね。最近の事件を知って同じ様な息子の言動や姿を見ている親としてはどうする事が良かったのかは軽々しく言える事ではないと思いますが自分の手で最愛の子供の命を絶つ親の気持ちは切ない。
名無しさん
この殺人で何名かの児童の未来を守れていたのかもしれない。
もちろん殺人は許されることではないけど、とても難しい問題だと思う。
lalala-lai
引きこもりの方々は皆それぞれ事情があるとは思うが、健常者の社会活動を疎ましくいう発言や物騒な言動は心して控えてもらいたい。
名無しさん
それしか方法はなかった。警察はその場の家庭内暴力はおさめてくれるが、家庭内暴力は
ずっと続くので精神的にも参り毎日が地獄です。
まして矛先が他人に向いた場合、日常からのどこか機関への相談だけでは防ぎようがないです。
世の中、全ては事が起きてからなので、一番苦しい親が、一番苦しい選択をしたのだと思います。


名無しさん
殺人を正当化はできないが、同じ立場なら同じことをしたと思う。沢山の人を傷つける可能性が大いにあった…どうせ親が死んだら生きていけない命。お父さんもなら自分たちだけが被害に合っているうちに…と思ったのだろう。内情を知ったら近所の方はホッとした方が多かったのではないでしょうか。オンラインゲームの世界に生きて現実の世界では生きられなくなり、身勝手になって実年齢と精神年齢がかけ離れてインターネット社会が生んだ事件のような気がする。切ない…
名無しさん
エリート公務員として輝かしいキャリア。本省勤務では、深夜までの国会対応などブラック企業顔負けの激務やサービス残業もあったでしょう。それでも勝ち抜いた出世競争…。
しかし、その間、この人は自分の家庭の事を省みたことがあったのだろうか?家族との会話やふれあいがどのくらいあったのだろうか。まともな時間帯に帰宅したことがどのくらいあったのか。
父親として、引きこもりになる初期の段階で何か手を打てなかったのか。息子がこうなったのも、父親の存在の欠如が遠因があるのではないか?
霞が関勤務の公務員を親に持つ子供たちがどう思っているのか、この機に今一度考えてみたら?
名無しさん
家の外に被害者を出さないようするために、我が子を殺すという選択をしたのだから
最悪の展開は免れたと思い
情状酌量の余地は十分にあると思います
名無しさん
どんな子供であれ、親としては可愛いもの。子供を犯罪者にするより、自分が…と考えての行動であればあり得る。
仕方なかったのだと思います。
子育てに教科書は無いし、ただ単に愛情を注ぐだけでもいけないし、叱り方を間違えれば子供の受け取り方も違ってくるし、難しいです。
元次官は親として頑張っていたと思います。


名無しさん
父を尊敬? それは違う。父親に対して強い劣等感と敵意を持っていたはずだ。
ただし英一郎は父の経歴を自慢すると自分も偉くなったような気がし、また相手が自分を尊重してくれるような気がしただろう。
そのような場面で、この女性は英一郎が父親を尊敬しているという印象を受けたのだと思われる。
ZERO
上半身を中心に数十か所の刺し傷って…
父親自身にも想像を絶する殺意が感じられます。
魚神
まあこの愚息は、川崎の事件を意識して親への当て付けで発言したのかもしれんが、愚息の暴力や本質を知る親を思い詰めさせるには十分だったのだろう。
本当にやる奴はこんな風に小刻みに発散せず、大きくためこむものだ。働かずともゲーム三昧の快適環境を捨てない狡さはありそう。
しかし、これだけ親に甘えきる愚息も珍しい。
親の方が最後に爆発したわけだが、仮にこの愚息が社会で虐めぬかれて追い詰められたら、本当にやっていたかもしれん。
そういう遺伝子はあったわけだから。
そういった意味では未来の危険性の芽をつむ英断といえるかもしれん。
名無しさん
お父さん……
まわりの同じ世代のおじさんはきっと、
孫もいて余生を楽しく生きてる。
自分の40越えた息子は、引きこもり、暴力、
他害の恐れあり……
自分がいつかは行動に移さなければ…って
長年うっすらと思い続けていたのかな。
あの事件と息子の危ない言動がきっかけで
糸が切れたのかも……胸が痛い。
自分の未来も息子の未来も考えられず、
苦しんでとうとう手にかけたけど
このお父さんはこの先も苦しむ。
殺す、以外の選択、頼る機関、
こうした子を抱える人を救う方法って
ないのかな。
こんなふうに親が我が子を殺すか、
無差別殺人犯が世に放たれるか、
どちらかしかないのか、と
すごく考えてしまう…。


名無しさん
一概に容疑者の父親を責められない。
そんな殺すぞ発言したり、日頃から暴力あったりしてたら、自分が責任とらないと、外部に危害加えてしまうと危惧したのですね。
胸が痛みます。きっと、ダメ息子でも、我が子だから、殺したくてやったのではないでしょう。どうすることもできなくて、追い詰められた状況だったと思うと…何とも言えない辛いことです。奥様は大丈夫かな?家に一人になってしまって。
名無しさん
ぶっ殺すと聞いた瞬間に何かを悟ったんでしょう。
親にしか分からない事だが、川崎の事件の事もあり、本当にやりかねないと思い、親としての最後のケジメをつけたのだと思う。
決して誰にも分からない事だけど。
名無しさん
川崎の事件はあえていい所の小学校を狙ったんじゃないかな、池田小の時みたいに。
犯行直前に近所の人には挨拶してるし誰でもいいならその人も刺されてるし、普通の市立の小学校なんて警備はなきに等しいし。
兄もその学校の卒業生で劣等感を感じてたんなら余計やと思う、ただ子供を大量に刺すだけなら市立狙った方が圧倒的に楽だし、用意周到にその学校の児童を狙ったとしか思えない。
お金持ちの子供を狙う事によって自分の置かれた境遇を逆恨みしてはらした感じ。現に親も一人は官僚だし、それはたまたまだろうけどね。
名無しさん
もし、境遇が同じで被害者の立場なら親の育て方を恨み、加害者の立場だったら第三者への危害を恐れ、身内で解決は図ろうとする願望は捨てきれない。
鉄は熱いうちに打たないとね。


青果市
自分で殺す前にできることがいくらでもあると思うけど、次官までやった人間が周りが見えないくらい追い詰められてたんだろう。
名無しさん
経緯はどうであれ、殺すべきではなかった。
家庭内暴力があったなら、その時点で警察に介入してもらうべきだったと思う。
自分で決着を付けたとか、美化しているコメントが多いことに危険を感じる。
息子とは言っても、別個の一人の人間なのですよ。命まで奪って良いはずがない。
名無しさん
父親が殺害しなければ本当に運動会に乗り込んでいた可能性もあると思う。
自分が死ぬのは簡単でも子供を殺めるのは辛かったはず。
人を殺すのはいけない事に決まっているけどこの父親には同情してしまう。
名無しさん
父親同情の意見も多いが、それは終焉のみのところであり、子育ての段階で家庭をかえりみない問題や愚息のレッテルを貼っていたのではないか
人様に迷惑はかけなかったが税金は投入される。世の中には仕事、家庭を大変な思いしながら両立している人は大勢いる。
決して擁護する発言をすべきでない。


名無しさん
今は通り魔的殺人があると、親は何やってるんだと世間は家族を責めたてます。
そして危険な可能性のある息子を殺めても、世間は父を責めない。
まるで世の中が、家族内殺人を奨励してるみたいに感じます。
個人主義の自己責任論が行き着く先はどうなるんでしょう。
これから先の世の中が恐ろしいです。
名無しさん
親としての責任も感じたのでしょう。自分の子供がいざ事件を引き起こしかねない兆候を見せる日が来たらと考えると、熊沢容疑者のようになるかもしれないと思えなくもないです。
おやぢさん
くだらない公共事業にカネかけないで、こうした重大な問題に予算かけて、解決の策を探ってくれ、と切実に願うばかりですね。
名無しさん
親の責任というものを深く考えさせられた事件。
周囲のお子さんに危害が及ばなかったことは、立派だったと思います。
社会的地位獲得と子育ての両立に失敗した、いかにも昭和の事件だと思います。このニュース見て明日は我が身と思っている親も多いんじゃないかな。


名無しさん
息子の言動から、他の人に危害が及んでしまってはいけないと思い、苦渋の決断だったのでしょう。自分の子供を殺すなんて余程の事です。今後、このような事が起こらないように考えなくてはいけない。
名無しさん
普段はセキュリティがしっかりしてる学校でも運動会の時って保護者以外の人間でも入りやすいし(祖父母や親戚までチェック出来ないから実質誰でもノーチェックで学校に入れる)、息子さんの言動を見ていて、これは本当にヤバイ、と直感するものがあり判断したんだと思う
スローライフをおくりたい・・・
これは責められない。 親は、親としての責務を果たしただけとも思える。
万が一は絶対に回避しなければならないからな。
名無しさん
これ供述に矛盾がなければ情状酌量してあげてほしい。他人殺すより全然いいじゃん。親の最期の愛情だったかもよ?


名無しさん
川崎の事件の後だから、やるせない気持ちはあるけれど、結果だけ見れば子育ての失敗を殺害で清算した無責任な事件です。
それでも犯罪の可能性を事前に摘んだことは責任ある行為かもしれません。被害者は救いようのない人格だった様ですし。
ただ、この行為を称賛することで発達障害の子を持つ親御さんを社会的に追い詰め、育児疲れのお母さんが未来ある子供を殺したり、心中しないことを祈るのみです。
名無しさん
私にも男の子がいますが、将来罪の無い児童を殺すと言ったらこの事件と同じ結果になると思います。
父親としての最後の責任を全うされた元事務次官に情状酌量をしてあげてください。
名無しさん
よっぽど追いつめられていたのだろうと思います。
名無しさん
悪いけど信憑性に欠ける・・・
殺さないといけないくらい危機感感じたのなら
その時点で警察に通報しても良かったんじゃないのか。
このご時世川崎の事件もあったし警察も無視できないでしょ。
また、それまでに精神的に追い込まれていたのなら相談できる機関に
連絡しても良かったと思うし。
殺された息子はゲームに月30万円以上課金してたようだけど
そのお金の出処がこの父親だとしたらそこまで
お金を渡さなければいけなかった理由は何なの?
第三者に相談もしない、お金は渡す、
なにか公にできない弱みでも握られてた?
わからんけど、なんだか殺しを正当化すること(保身)ばかりに必死になってる印象。
我が子を手に掛けたらもっと自責の念みたいなのもありそうに思うんだけど。


名無しさん
情状酌量をお願いします。この人は他の人に危害をくわえないどころか、大事件なるかもしれない事案を未然防止したわけだから。
名無しさん
この倅は、精神病院に入っていれば良かったと思うね。
間違いなく家庭で治るような白もんではなく、刺し殺されることは正解ですね。
名無しさん
何で苦しんでる家庭の中にいる人に対して心ないコメントをする人が多過ぎる。他人だからしょうがないかもしれないがまわりまわって自分に降りかかりそうな事件なのに。ひと事ではないと思う
本音で語る!
死人に口なし、容疑者の父の話を容易に信用できない。
一度、家を出た長男を暴力の恐れがあるのに、
再び招き入れたのはなぜ?
もし、家庭内暴力があるなら、殺すより前に対策はあるでしょう。
長男を殺す前に警察などへ相談は行っていたのでしょうか。
最近も高齢者の上級国民によ殺人事件が発生しておりますが、
高齢者のこのような身勝手な傲慢さが目立ちますね。


名無しさん
実に気の毒な話だが、それでも、違う方法を考えるべきだったと思う。
名無しさん
今回の小学校を襲う示唆に対しての親の対処は、身をもって最悪を防いだと思える
が、長男の発言などから見る親に対する激しい憎悪の切っ掛けはなんだったのか
自分が破滅してでも親も破滅してほしいとばかりの怨念の原因はなんだったのか
嫌な言い方だが、
『雑に扱ったら壊れたから放置してた。しまいに暴走したから処分した』
そういう事も考えられる段階ではあるから、ただただ情状酌量をとは言えない
日本のジジイ
1人で発言から何を学んだか?
身近にこういった人がいるのは明らかにされない為に分かりにくい。
分かりにくい人が近くにいる。「刺激を控えて欲しい」発言が「語るな」に変換され無意味な議論がメディアやSNSで拡散された。
結果、息子を殺してしまった人が出たではないか?
本人にも家族にも駆け込み寺が必要だ。
名無しさん
こういうタイプ(被害者)は大きいことだけ言って結局巣に戻るタイプだろうけど、感化されて「もし」があったら取り返しが付かなかった。
わが子を手に掛けることの苦しみはあったろうけども、責めれないなぁ


名無しさん
家庭内暴力を振るわれる恐怖から息子にはなにも口出しはできなかったんだろう。でも、もっと他人を頼れば、彼の人生を充実させてあげることができたかも知れない。殺害せざるを得なかったのは理解できる。けれどその前にもっと何かできたんじゃないかな。
名無しさん
詳しい動機は本人にしかわからないがこの容疑者はとても責任感の強い人物だったんだなと思う。
名無しさん
ぶっ殺すとか、その系統のワードは冗談だとしても口にしてはいけない。言葉は重ねることで真実味を増して最後は真実となってしまう。なので、この手のワードは最後に自分を殺す事になる。
名無しさん
その話が本当なら殺人ではあるが情状酌量して執行猶予の選択もあっていいのでは。


名無しさん
44歳、無職の引きこもりゲーマー・・・彼にどれだけの社会的価値がある。父親が下した判断は、絶対悪ではない。
名無しさん
お父さんグッジョブ。これから裁判だろうけど、減刑嘆願書やるなら是非ともサインする。いかなる理由や状況でも、小学生を殺めたらタメだわ。おれが同じ立場なら、同じことをしていたかもしれない。
名無しさん
もし川崎の事件が無ければ、こんなことにはならなかった??
そればかり考えてしまう。
悪が悪を誘発するというか・・
引きこもりはいろんな理由があるし、いろんな人がいる。閉ざされた社会のあり方にも問題があるだろうし、、引きこもりの人が100パーセント悪いとも思えない。引きこもりの人にも、その周囲の人にも、葛藤があったと思う。ただただ、悲しい。引きこもりとされた人が、1週間のうちに2人も衝撃的な形で世を去った。もうこれ以上、こんな事件が起きませんように。
名無しさん
近隣の住民、特に児童を殺傷しかねないと判断し、社会に対する親の責任を果たしたのだと思いたい。 それに比べ元院長の醜悪さ。


名無しさん
引きこもりをやたら擁護する方もいますが、なんでですかね。
あなたのお金で毎月30万円とか払ってあげたらいいんじゃないでしょうか。
絶対に無理だと思いますけどね。
名無しさん
川崎の事件も有った事だし…親として息子のぶっ殺す発言を聞けば自分の手でって思いも解ります…が、正解は誰にも解らないのでは?
fm246
暴力を振るわれて追い詰められてたとはいえ、息子を手に掛けるのは辛かったでしょうね。知人女性が言う、父親を尊敬しているようだったというのが息子の本心だとしたら本当に切ない。育て方を間違えた息子への責任を果たしたと褒める人もいますが、どうにも自己責任の一言で片付ける気になれません。
x
私も親ですが、自分の子供が殺人鬼になる前に、自分の責任で処分する覚悟を持っておかないといけないですね


名無しさん
川崎のような事件を起こさないように殺したと言うけど…、父親として決断したのではという意見があるけど…
なんか美談?っぽい雰囲気あるけど…
そもそも息子さんはどうして引きこもったの?
どうして、家庭内暴力をふるうようになったの?
国家公務員、エリートの父親として、プレッシャーをかけるようなことをしなかった?
彼の人生のレールを勝手に敷いたり、彼の人生を人格を否定したりしなかった?彼を追い詰めなかった?
恥や外聞を捨てて、本気で彼と向き合った?
逃げずに、彼自身を認めて彼の思いを受け止めてあげたのかな?
お父さんはお父さんなりに、息子と向き合っていた?
その向き合い方が、息子さんが望んでいたものと違っていたんじゃないかな?
彼が引きこもった理由はもう誰にもわからないけど…、こんなふうに一生を終えてしまった息子さんが気の毒で、彼の人生は一体なんだったんだろうって思う。
名無しさん
自分はこれ正義感や責任感だけの事件だとは思えないな。
川崎の犯人じゃ無いけど、首を切ったらそれだけで致命傷になるのに、親子なのに十数カ所のもメッタ差し。
単に凶行を制止するためじゃなく、憎しみを込めた惨殺だもの。
息子は愚かで最低だけど、元次官の説明もちょっと自己弁護入ってる気配を感じる。
母親を見下しなぶる息子なのに父親はずっと尊敬して自慢してたみたいだし、この父親もどういう関係性だっただろうか。
Smbk
全てを、身をもって成せることをしたんだろうな。美談とは言えないのだろうが、責めることもできないな。
名無しさん
働きもしない、家庭内暴力、周りに迷惑をかける可能性大。
社会にいらない人物ですね。
父親はよく行動に出て罪を被った。素晴らしい判断だと思います。
情状酌量の余地を与えて欲しい


名無しさん
闇が深い。
名無しさん
父親は悔いのない決断だったと思う、警察に言っても伝わらない家族しか分からない選択
○○○
容疑者だけを責めても何も解決しないと思った。
社会で解決せなあかんね。
Kokko
子供を殺さないといけないという親の気持ちを思うとすごく辛い。


名無しさん
こんな立派な経歴の持ち主からなぜこのような息子に育ってしまったのか知りたい。子育てとは思うようにいかないものだなぁ。
悲しい事件です。
名無しさん
自分の名前から一文字とって、一郎をつけたのだから、産まれた時は、かわいくて仕方なかったのだろう。なんとも、切なくなる事件だ。
名無しさん
根底に警察や役所は頼りにならない。ってのがあるんだろう。
名無しさん
人に危害を加える前に私がやった、家庭内暴力が外に向かうのが怖かった、と父親は言っているのだから
「この父親は世の中の迷惑を救った」とテレ朝の玉川徹は誉めてあげなきゃ。


名無しさん
誰もが他人事ではない問題だと思う
鉄拳おやじ
お父さんもほんとに思い悩んでの犯行だろう。子供を育てた者にならわかると思うが、どんな不出来な息子でも、可愛くないはずはない。世間に顔向け出来ないような事件を起こさせない為での犯行なら、どうか情状酌量の余地を与えてあげてほしい。
Prosciutto
数十か所の傷か。派手にぶっ殺したな。相当な精神状態だったのだろう。高齢で大変だけどしっかり罪を償って下さい。
名無しさん
警察や医療機関などの専門家に頼らず、独断で殺害に踏み切ったことは本当に正しい解決方法だったのでしょうか
もしそうだとしたら、我々の住んでいるのはあまりにも悲しい社会ですね


困ったちゃん
殺すことで、複数の児童の命を救ったのかもしれない。しかし、被疑者は賢いから、うまい言い訳かも。慎重な裏付けが要るな。
名無しさん
児童が犠牲にならなくてよかったです。こんな理由で殺人を犯してしまった人こそ弁護してあげるべき。
名無しさん
父親は長い間家庭内暴力があったので、疲れきってしまい、それならば息子などいっそいない方が良いと思ったのかもしれませんね。
名無しさん
まっとうに生きて来ただろう父親の事を考えると、やるせない事件だと思う。


管理人の率直な感想

究極のダメ息子。
親の権力をかざす。親の金を使い明細をネット上に公開する。挙句の果てには「ぶっ殺す」ですからね。

どうやったらこんな風に育つんでしょうか。

中学でいじめに遭っていたとの情報もあります。

私立の、おそらくお利口さんが集まる中学だと思うのですが、そんな中学でいじめられるとは結構なことです。

もしもですよ?
中学時代からこういう人間性がちらほら見え隠れしていたなら・・・もっと言えばこのままだとしたら、そりゃ周囲も煙たがります。

「愚母を殺す」との発言もあります。

これに関しては、発言としては言い過ぎですが、正直気持ちは分からなくもない。
熊沢英一郎と母との間に何があったのか知りませんが、僕は母親に暴力を受けていたので。

だから、母親を憎む人間がいるのは分かるし、事と次第によっては殺意を抱くのも理解できる。

実際に中学時代に母親殴って「快感を今でも覚えている」と熊沢英一郎がツイッターに投稿しています。
おもちゃを壊されたくらいで。

僕も中学の時に母親を殴り倒しましたが、悲しさが後から湧いて出てきました。
あんなに人を人だとも思わず、ロボットのように勉強を強いて、僕に暴力を振るった母親でも。

母親は母親。
そう感じました。

母ちゃんってのはこの世に一人しかいない。

何だか健気でアホみたいだな・・・まあいっか。

とにかく僕はそれ以来、母親に対して暴力は振るっていませんし母親も変わりましたが、熊沢家は違ったようです。

一つの分岐点だった気がします。
今回の事件は大きな事件なので、母親に対しての暴力や発言については数ある要因の一つに過ぎず、その分岐点も大きいものではない。と思います。

結局、最低な人間のまま中年になってしまった息子ということです。

父親が「怒りの矛先が第三者や子どもに向いてはいけない」と言っているんです。
44歳の息子に。

実際に「運動会の音がうるさい。ぶっ殺すぞ」と息子は言っている。

なんて、こんなことを僕がつらつら書かなくても、ツイッターの内容を見れば一目瞭然でしょう。

東大卒で元エリート官僚の分別ある立派な父親が息子の殺害を決意したほどです。
今の写真も、焦燥感や罪悪感などは感じられず、「やりきった」とホッとしているように僕には見えます。


コメント