スポンサーリンク

「ハズキルーペ、好きだなっ」なぜか頭に残る…ハズキルーペのCMが視聴者の心を射止めたワケ


「小さすぎて読めなぁいっっっ!!」。ハリウッドでも大活躍のあの世界の渡辺謙が“ブチ切れた”演出が話題となり、世間を騒然とさせた『ハズキルーペ』の新シリーズCM放送から1年。
現在放送中の第4弾の新CMでは松岡修造が起用され、ネット上では「ついに世界一熱い男がw」「ハズキルーペ最強すぎ!」など話題を呼んでいる。なぜ『ハズキルーペ』のCMは、ここまで視聴者にインパクトを与え続けているのか。
ハズキカンパニーの代表取締役会長で、プリヴェ企業再生グループの最高経営責任者でもある松村謙三氏が語った。


スポンサーリンク

松村氏「最近はタレントのイメージCMばかり。何の宣伝をしているのか分からない」

松村氏は、渡辺謙&菊川怜が出演する新シリーズ第1弾から、総監督を務めている。それまでの石坂浩二、舘ひろし出演のCMは大手広告代理店が制作していたが、松村氏の意向がCMに反映されなかったという。「役者に商品名言わせてと頼んでも『そんなCMはないですよ』と突っぱねられた。有名タレントが出演する際、タレントに嫌われたらと怯んで制作者は忖度してしまう。だから最近はタレントのイメージCMばかりになっている」

松村氏は「イメージCMは、有名タレントは覚えていても、何の商品を宣伝しているのか分からないものがほとんど。私はCM制作の素人ですが、CMを見て商品を買う視聴者側もCMの素人。商品を売るためにCMがあることを忘れている」「イメージCMは、スポンサーのためにあるわけではなく、CMクリエイターのために作られている。」と語る。

CM総合研究所の好感度ランキングで4135作品中、第1位を獲得(2018年10月度後期作品別)。玄光社の雑誌『コマーシャル・フォト』の「クリエイターが選ぶ2018CMベスト10」では、第1位、第3位を獲得している。

CM効果もあり、『ハズキルーペ』自体の売り上げも好調だ。


出演タレントを自宅に招待、食事しながら意図を説明

キャスティングも担当している松村氏。キャスティングの基準は、一流の役者であることだ。「渡辺謙さんは映画『SAYURI』で、小泉孝太郎さんはドラマ『ブラックペアン』(TBS系)を見て決めましたね。松岡修造さんはドラマ『陸王』(TBS系)の外資系社長役の演技を見て、役者としても一流だと感じ、出演を交渉した」

武井咲が出演した第3弾の「クラブ編」は、テレビ業界が驚がくした。武井の主演ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)を彷彿とさせる設定で展開されるからだ。

同事務所の菊川怜が出演した第1弾が好評だったこともあり、事務所から了承を得て、見事CM制作にこぎ着けた。

「キャスティングした俳優、女優さんたちは、撮影前に自宅に招いて食事をし、コミュニケーションを取るようにしています。いきなり撮影現場で顔を合わせても、良い演技をしてもらうことは難しい。事前にCMの意図を説明して、納得してもらった上で、撮影現場に入るのが重要なんです」


話題の“ヒップアタック”は松村氏の実体験から発案

『ハズキルーペ』のCMといえば、商品をお尻で踏む演出を思い起こす人も多いだろう。いわゆる“ヒップアタック”だが、松村氏の実体験から生まれたアイデアだという。「ベッドで本を読んで寝た時、いつの間にか下敷きにして壊すことがよくあった。背中だと何とかなることもあるが、お尻だと全体重がかかり、壊れる。おそらくメガネ所有者は皆体験していると感じ、演出に取り入れた」


フジテレビ騒動への見解「否定するのは、表現の自由を侵害すること」

だが先日、フジテレビが同演出について「セクハラといった視聴者からのクレームがあった場合は差し替える」とし、『ハズキルーペ』が全CMを引き上げると激怒したところ、フジが謝罪する事態になったと『週刊文春』が報じた。

この件に対し、松村氏は「セクハラは同意がない場合の話。出演している女性モデルは、自らの意志でオーディションに参加し、選ばれた人たちだ。美脚な人が職業として表現しているだけなのに、それを否定するのは、憲法で保障されている表現の自由を侵害することだ」と、自身の見解を明かす。

手でハートマークを作り、“ハズキルーペ、だ~い好き”と笑う演出も松村氏の発案だ。“ヒップアタック”も含め、大手広告代理店は「そんなのはやりませんよ」と難色を示したが、松村氏はこう語る。

「機能など理屈だけで人は動かない。人の脳は、理論を理解する部分と感情で判断する部分がある。大好きやすごいなどは一見、何の意味があるのかと思う視聴者もいるだろう。だが主観的な言葉である大好き、すごいは、脳の感情で判断する部分に強く訴える言葉です。」

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000300-oric-ent&p=1


どこか古臭い作り方のCMだが、しっかりとした戦略があったハズキルーペのCM。ネットの声

名無しさん
「CMクリエイターのためのCM、賞の選考に商品の売上は考慮されていない」という意見はすごく共感する。最近はイメージ先行になりすぎて、もしかしたらスポンサーですら本来の目的を忘れているのかもしれない。
ハズキのCMは確かに好き嫌いは分かれるかもしれないが、飛ばさずに手を止めて見る人もいると思う。イメージCMと比べてその割合は高いのではないか。
名無しさん
素人が考えたと聞いてすごく納得したのは地方CM感やダサさを感じたから。
それを大スター渡辺謙がやっている良い意味での違和感。
それがある意味大手メーカーにはない新鮮さと何よりも商品の事がすごく理解できた。
名無しさん
私は菊川玲さんのCMはみている方が少し恥ずかしい感じがした。そしてその後武井咲さんのバージョンになり落ち着いた感じになった。これは多いによかったがこれは前作の菊川玲さんの”だーいすき”のインパクトがあり成功したのだと感じた。そしてまた新しいバージョンに変わったが菊川玲さんと渡辺謙さんは登場してなくていつ出てくるのかと期待しているのである。
まるでドラマをみているようで面白い。
もちろんハズキルーペも店頭で手にしたがまだ必要はなかったですが。
名無しさん
最近の携帯電話の会社(ドコモやauやソフトバンク)のCMと比較すると、違いがよく分かる。
携帯電話のCMって、好感度は高いらしいしカネをかけてるのも分かるけど、何を伝えたいのかサッパリ分からない。
ハズキルーペのCMは、カネをかけてるし伝えたいことも明確。
笑っちゃうくらいに大袈裟なのもいい。
よく深夜放送やBSでやってる通販番組や通販CMを超ゴージャスにしたらこうなりました、という印象がする。
名無しさん
スポンサーの金を使いクリエーターが自身のエゴのため好き勝手にやっていただけのCMに風穴を開けた功績は大きいです。これを機会に、電通離れが加速してくれることを願います。
だいふくさん
CM自体は古くささを感じてダサいけどそこがまた良い。
あと老眼の人は、本当に文字が小さくて読めないって心の中で叫んでいる人が多いと思うし、見える〜っていうのも使う側にイメージしやすいようなストーリーなのが良いと思う。
お足で踏んだり寝返りで踏んだりする事があるので、お尻で踏む演出も良かったと思う。


名無しさん
目を引くのは確かだよね。
でもこのCMを見て買おう!って思う人がいるかはなんとも言えないけど
あのCMでしょ?って年配の人でも会話で伝わるくらいのインパクトは残したと思う
ティッシュがなかったから窓から外に出した
>最近はタレントのイメージCMばかり。何の宣伝をしているのか分からない
特に携帯3社。新機種や新プランを宣伝してるのかもしれないが、全然記憶に残らない。ハズキルーペは賛否両論出るほどインパクトがあるからCMとしては成功したと思う。
名無しさん
松岡修造さん出演の新CM。今までは観ていて、こちらが恥ずかしくなってしまうような感じがあり、あまり好きではありませんでしたが、新CMでは、そんな感覚になってしまうのを逆手にとり、面白さとインパクトを兼ね備えた好印象のCMになったように思います。
最近、字を読む時やスマホの文字を打ち込むのに見にくいといという母親に『ハズキルーペ』を買ってしまいました。1万円という価格設定に少し高いなぁ…と思いながらも見やすいと喜んで使っている姿に嬉しく思います。
名無しさん
家電メーカーの方と話した時「もともとその分野に興味のあるユーザーは、どこどこから新商品が出たという事だけ伝われば自分で情報収集してくれる。逆に、CM尺で伝えきれる程度の情報では足りない。違いは難しくてわからないけどとりあえず一台欲しい、というライトなユーザーに”◯◯さんがCMしてたな”とか”あのCM好きだな”と売り場で足を止めて貰えれば成功」と言ってましたよ。確かにな、と思った。色んな会社が作ってる製品を選ぶ時、会社自体に対する好感度も大事なのは間違いない。
名無しさん
必要な人はとっくに買ってる。高いから類似品で間に合わせている人もいる。これから必要になる人の印象に残ればいいんだ。制作者の自己満足より微笑ましくインパクトが強いほうが見ていて楽しい。録画した番組を見る時、CMは飛ばすけど、ハズキだとわかると見るもんね。あんなことしなくていいのに、とおもいつつつい見てしまう。
匿名だから言えること
近年のTVのCMに見入る事は無かったが、ハズキルーペのCMは何度みても楽しくて見てしまう。
CM制作を大手広告代理店に任せても、スポンサーがカネを捨てるだけの事になる構図が良く解った。身銭でCMを創るなら、自分で制作しなきゃダメだと思った。
CMはたとえダサくてもインパクトがあり、話題になって副次的に広まり、商品が想定する有望見込客に覚えられ、商品の持ち味など訴求したい事が伝わってナンボ。その商品を最も深く愛し、理解して、誰よりも伝えたい人が自ら創らないとダメだ。広告代理店は、それを補完的に手伝うべき存在なのに、主客転倒している。


名無しさん
放送されているCMでは消費者には不親切で説明不足です。大きく見えて使い勝手が良いように宣伝しているが実際は焦点距離内での手作業や文字を読むだけの性能しかない。試しにメガネをかけたまま立ち上がってみればすぐに船酔い状態になる。何でもよく見えるなど誤解を与えるようなCMは流すべきではない。簡単に説明すれば手で持たなくて済む虫眼鏡じゃないですか。説明不足です!
名無しさん
そりゃあ、あれだけのタレントを使えば
実売価格で10、000円は超えるはなあ。
と思う。
多分、製造原価は…。
名無しさん
結果、CMが評価されて、商品が売れているのであれば、正解だったのでしょう。
ただし、個人的にはあのCMをきっかけに、
それまでは、優先的に選択していたハズキルーペを買う事が二度となくなった。
その理由は、あのCMまでは、他の老眼鏡よりも、小洒落た印象を持っていたハズキルーペが、
CMのイメージにより、
とてつもなく下品な商品だと感じてしまったから。
記事を読む限り、自身がマイノリティであることは理解したが、
そのマイノリティには商品を手にする事すらなくなる程、
マイナスな意味でインパクトを残した最低なCMでした。
名無しさん
事業規模や財務などから判断すると(素人ながら)、ビッグネームのタレントをたくさん使いかつ、かなり多くCMをうっているので、こういう感じの会社って注意だったりする。売り上げもさほど大きくないし、何故これだけの広告が出来るのかを逆算して考えればわかりますよね。答えは一つですよ。ざっくり言うと付加価値の搾取です。例えば原価10円のメガネを1万円で売るからです。いやいや、それはきちんと付加価値を創出できていて消費者が認めてるから成立するのだから問題ないでしょと言う人もいるだろうけど、ようは、お金取りすぎ!これはいずれマーケットで修整が入るだろう。儲けすぎてるからCMに大きな金を回せるのだ。昔、「儲けちゃだめですか?」って世に問うて逮捕までされた人もいたけど、1万円で売るなら2、3割は原価でなけてばならない。それが消費者への礼であるべきなんだ、本当は。大きすぎる付加価値は必ず修整される。
名無しさん
悪いけどハズキルーペのCMは、あの渡辺謙のバージョンが一番インパクトがあってベストで、現在のものは亜流というかパロディのようなもので面白くも何ともない。
やはり素人のラッキーヒットだったんだろうなと思わせる。
それから、この経営者はもっと商品そのものを良くするよう努力すべき。価格と品質のバランスが取れていない。まずフレームが重過ぎる。あれでは眼鏡の上に二重掛けなどやってられないレベル。
さらに単独でも鼻あてをシリコンにしようがしっかり跡がついてしまう。さらにフレームは踏んでも大丈夫とかCMでいってるが、形が決まっているので個人の顔に合わせて調整できない代物。
あんなものはオモチャレベル。何故ルーペとしか呼べないかがよくわかる。メガネの機能として稚拙過ぎるからだ。
名無しさん
手でハートや「だぁーいすき」など、
企画だけ聞いたら止めたくなるのも無理はない。
スタッフリストを見てみると、渡辺謙のCMは映像広告業界でも有名な凄腕の職人たちによって作り上げられたものということが分かる。
(渡辺謙の時点で凄いけど)
クライアント側の無茶なアイデアを、
世間に受け入れられる形に仕上げたスタッフのみなさんの力もすごいと思います。
これがもし予算が少なく、地方CMのクオリティだったら酷い仕上がりだったかも。
素人の企画をこんなに良い作品にした、演出の武藤さんの話も聞いてみたい。


名無しさん

老眼鏡世代の男性向けCMとしてはホームランCMかと。

セクハラ云々については、セクハラされた経験ない人にはカッコよく艶っぽいバブリーなイメージで終われますが、セクハラされた経験のある人には、単純に「間違えて座っちゃった」以上に見える「制作側の無意識部分」が見えて自分のショックが再現されてしまうといったところでは。

ある意味で気付けない幸せってあるかもしれません。はっきり言って他人のそんなところまで気遣ってCMなんてやってたら創造活動が出来ないとも言えるかと。

多分自分も中学生ぐらいの頃なら前者で見てたかと(笑)

CMにGoを出すチームには後者の視点でモノを言う人がいないというだけのことで、それは非難されるべきことじゃないですし、単純に営業戦略上も後者の人はターゲット外なだけではないかと。

名無しさん
インパクトがありすぎて、渡辺謙さん出演のシリーズでは、CMが始まるとチャンネルを変えたいました。西郷どんの役作りと相まって、あの俳優さんがすっかり嫌いになりました。最近のはチャンネルを変える程ではありませんが、俳優という職業の方々が三文芝居をする学芸会だと思っています。ハズキルーペ買ってなるものかという思いが募ります。
名無しさん
好みはあるけどストレートさが受けた。
多くのCMは回りくどい演出で失敗しているものも多いと思う。
クリエイターのありがちな演出方法とタレントを目立たせすぎることで、CMの価値を失わせていると思う。
名無しさん
確かにハズキルーペはくどい感じはするけど、何の商品のCMなのかハッキリ分かる事は間違いない。
他のコメントにもある通信会社のCMは、結局何を伝えたいのか継続中のプランなのか新プランなのかすら分からない。細かい契約内容はCMでは伝えられないけどもう少し別のやり方は無いのか。
音楽系アプリ等そういうCMもオシャレな雰囲気だけで、つまり利用者はどうして欲しいのが伝わってこない。最後に企業ロゴやアドレスが一瞬映っただけで覚えろって言うのかな。
食品関連のCMはマシな方かな商品を手にしたり、商品名がセリフに入ってるCMもあるからね。
名無しさん
嫌いな番組は見なければ良いが、不快なCMが突然流れてもすぐにはチャンネルは変えられないので辛い。これは素人がノリで作った下品なCMで駄作だが、社長の取り巻きがへりくだって社長をべた褒めしてる姿が目に浮かぶ。
この商品は原材料費がめちゃくちゃ安いから莫大なコマーシャルの経費が使えるのだろうが、同じグレードの拡大鏡なら遥かに安く購入出来る事を消費者は知っても良いと思う。
名無しさん
ストーリーは稚拙だが、豪華キャストを使ってることのギャップがちょっと話題になっているようだ。
ちなみにショップジャパンのビッグビジョンとスペックはほとんど変わらず、フレーム上部に縁のないビッグビジョンの方がむしろ視界がすっきりしており、コスパもビッグビジョンの方がはるかにいい。
ハズキルーペはこの奇妙なCMで話題作りをして、結果的に割高な自社製品の知名度を上げることに成功しているが、CMの露出が増えてきてイラッとすることが多くなってきたのも事実。
同社の今後の展開を見守りたい。


名無しさん
商品に頼るよりタレント頼みよりもよっぽどインパクトあると思います、でもCMってそういうものでしょ。好き嫌いは別にして️
名無しさん
インパクトがあった。
けど、一発目が当たってから似たようなのを何度も造り増ししてるのはどうかと思う。ドラマは人気があれば続編が作られるけど、そういうのとは違う。出演者を変えてもやることは同じ。むしろお尻とか強調してるし。一発目は例外・異端要素ウケだと思うけど、常用化はつまらなくなる。何時まで続けるのだろう。
名無しさん
批判があればすぐにやめる最近の流れに逆らい突き進むところが批判の影の隠れ支持者に人気が出るのでしょうかね。
悪い意見もあれば良い意見もあるはずだから。
名無しさん
大げさな演出。
可愛子いい子ブリッコ。
あちら側の国の人。
全てはCM制作が優れているからだが、あちらよりであることは間違いない。が、おもしろい。
だ〜い好き!は、わかっていても、可愛らしく思う。そこが、洗脳のやり方が上手い。それに、団塊の世代に向けての開発、皆目に何らかの問題あり、老眼から近視など抱えているので、良く見えるなら救世主、別にユダヤ人で無くともメシアの到来を待ち望んでいる。理想郷を創る背乗りかも知れないがそれはそれで必要悪なのかも知れない。
名無しさん
大手企業のステレオタイプなオサレ感だけ強調しているようなCMよりよっぽどインパクトある。
なんとなくニヤケながら突っ込みどころ探して思わずしっかり見てしまう。そういう意味では成功してると思う。
名無しさん
経営能力だけでなくクリエイターとしての資質を持ち合わせたかたなのだと思う。そしてバランス感覚があり、ちょっと変わったものでギリギリのところをつくセンスがあるのだと思う。こういうかたは他の分野にも進出して日本を盛り上げてほしいと思う。


名無しさん
つまり、今なら便乗して出演を希望する役者もいるかもしれないが、
第一弾のよくわからない環境下でありながら、
嫌がらず「だーいすき」と言ってくれた、
菊川怜の功績はでかいということ。
名無しさん
大手広告代理店の人もクリエイターも「無理だ」って言ったり情けないな。
ことなかれ主義というか、波風たたせないように気を使ってる感じが。
この会長が商売人だから、できたCMとも言える。
無理でもなんでも、まず聞いてみて交渉しないと。
何のために頭や口があると思ってるのか。
CMが人気になったのは間違いなく、分かりやすさ。
それと、最近のCMはみんな似たようなのばかりで面白くないね。
ハズキルーペが人気になって他も似たようなのを作り出したから、また面白味に欠けた状況になりそうだけど。
スポンサーと話し合って、ライバルがいないトコを狙って逆張りした方がいいよ。
名無しさん
シンプルに昔のCMみたいな感じがしますね。
昭和や平成初期のバブル期の。
確かに最近のCMはイメージ先行で商品が伝わって来ない事が多いです。
名無しさん
日本のCMはタレントCMが中心。海外では一企業の不正や事故の責任の一旦を担う可能性もあるので、企業のCMに有名俳優が出ることは非常に稀です。日本では、大手広告代理店が芸能プロとの連携の中で、タレントをTV局を通して育てあげ商品価値を高めてクライアントに売り、1人のタレントにつき何社もの契約を可能にして効率的な収益体制を作り上げて来ました。はずきルーペのような直裁的な表現でタレントとクライアントが結びつくと、さすがに何社も同じタレントを使いにくく、クライアントが代理店を超えてCMをハンドリングしていくことは、TV局や代理店にとっては苦々しい。確かに、女性蔑視の世界観をお金という手段を使って、あれだけ世の中に流通させて文句も出ないということには、がっかりですが、企業とタレントが強く結びついた力強い表現世界は、クリエイターとしては歓迎すべきだろう。はづきルーペ、絶対買いません。
名無しさん
謙さんのインパクトはでかかった。
ただ、今のCMには謙さんには内緒だよ。っと本人が、出ていないのが寂しい。
名無しさん
よい商品を見合った価格と性能で訴える理念があればいいと思う。
値段設定も徹底して、どこで買っても一律というところが逆にいい。
ケータイのコマーシャルが一見華やかなキャストだが、いったい何をしたいのか?それであれば一律安くしろといいたい。


名無しさん
CM出演者でハズキルーペを必要とするのは
年代的に渡辺謙と舘ひろし位
全く必要ない武井咲や小泉孝太郎の
起用が関係ない世代に迄
知られた由縁僕もKSデンキにコーナーが
あったので、試着はしてみた。
もしもCMががなかったら掛けてみる事は
無かったと思います。
ハズキルーペより格安な物で
十分な対応出来ると思いますが
買う人はハズキを選びそうな気がする。
ジャンボ
ハズキルーペのCM、渡辺謙さんの起用が大きいですよね。彼じゃなかったらただの田舎CMに思えたかも。
続編での「謙さんには内緒だよ」もストーリー性を大切にしていて良かった。
最初はセクハラに思えたシーンも今となっては「あはは」と笑える。大したものですね。
商品としては、もう少し手元よりも先(パソコン画面くらい)で焦点が合わせられたら買います。
名無しさん
嫁が誕プレに買ってくれた。
CMも好きみたいで、買おう買おうと言うので買ってもらったが、
思っていたよりはるかに良い。
ちょっと高いけどおススメ商品だわ。
老眼に入りかけでもびっくりするくらい使い勝手が良いです。
誕プレにちょうど良いかも。
試着は絶対にした方が良いですよ。
名無しさん
1回目が一番面白かった、2回目は武井咲は正解だが、ヤサ男の孝太郎や舘ひろしは要らない。3回目は最悪、松岡の良さも出ていない、ラブポーズも要らない、武井咲も連続出演は面白くない、ここが素人制作の限界か?もう一回チャンスをあげよう、4回目で判断する。
名無しさん
ハズキルーペのCMは数回見ただけで、画面を見ていなくても聞くだけで場面が想像できるし商品名が頭に浮かぶんだよね。
他のCMはMVやショートドラマの最後の1秒だけ会社名や商品名を見せる感じで商品のイメージが残りにくいね
クリエイターの為のCMは分かるな。
名無しさん
尻でハズキルーペを踏むシーンがありCM的にはインパクトあったけど買おうとは思わないなあ…。
CMに多額の費用をかけてるけどはたして数年後にこの会社は生き残ってるかなあ??


Bu
記憶に残っても買う気は全くしない。そもそも、眼鏡をかけたままでは、相手をまともに見る事は出来ない。あくまで近距離で文字などを見るものでしかない。ただの虫眼鏡にしては高すぎる。
名無しさん
ハズキルーペのCMは子どもも見入っている。
大人は出演者のインパクトもあり、つい見てしまうと思っていたが、子どもにも受ける要素はなんなのかといつも不思議に思う。
ななし
インパクトを与えるCMだと思う。
かといって、強度に強いなど商品をアピールし説明しているし。
どれもCMには必要だと思う。
って、どこがどうセクハラと捉えられるのかが理解出来ない。
名無しさん
目を引くし、耳にも残る。椅子に置いた商品の頑丈さをアピールするにはインパクトも有る。
ただ、私はこの演出が嫌いだし、商品名を何十回も連呼されると、イメージ自体が悪くなる。
昔、yesばかり連呼してるタバコのCMも嫌いだった。
名無しさん
インパクトを与えた理由は、あまりにくだらなくて驚いたから。トップクラスの俳優陣もプライドよりお金なんだと驚いたから。あの商品を1万円で売るのに驚いたから。
売れて儲かってるんだからコマーシャルとしては正解なんだろうけど、それがなんだか情けないな。
名無しさん
ワンマン企業にありがちなコマーシャルの制作だと、これを読む前から思っていた。そして、やはりそうなんだって思った。
全てのイメージ広告が悪いわけではない。というか、イメージを伝えるのか必要だったり、その空気感を伝えたいと思っている企業もたくさんある。商品が商品だけに、このような直球手法(かつ素人的手法)でよかったのかもしれないが…。
でも、お尻で潰したりっていうのは、なんか不愉快にしか感じなかった。個人的にはですが。


名無しさん
私は決して上品な人間ではないが、あのCMには嫌悪感を感じてしまう。印象にはたしかに残るが、ハズキルーペは決して買わないと決心させるインパクトがある。それに高過ぎるよ。
あれだけ垂れ流したらCM代も高過ぎるだろう。
名無しさん
年末か年始の特番でこのCMのウラ話をやっていて、色んな事がようやく腑に落ちた。
〝好感度No.1〟をそのまま字面通りに受け止めてはならない。多くの人々は「よくやるわ!」「あちゃー!」といった気恥ずかしさが伴う面白さだけで話題にした訳で、決して好感は抱いていなかった。
スポンサーが自ら出ばって口出し、手出ししないと、あのCMは出来ない。あのCMが話題になり出した頃、あの内容、演出をクリエイターが創り出したかとか思うと絶望感にも似た、今なお新しいバズらせ方が残っているもんだと微妙な感情が湧き上がった事を思い出した。
名無しさん
CMの内容に賛否両論あるのは知っているが、それでもこのCMと商品名がここまで話題になる(=浸透する、印象付けられている)時点でハズキルーペ側の勝ちなのでは。また、この記事で述べられている社長の考え方にも共感できる部分が多々あると感じた。
名無しさん
数億というCMコストを回収するには、インパクトのある内容にしなければならないことを知っている。ハズキルーペは価格の半分以上がCM料でしょう。
名無しさん
そんなに評判がいいとは……
数あるCMの中でも最も下品な部類だし、
購入するのもキャバクラのハズキプレー用に
限定されるのではないか、と思っていた。
CMギャラ高くて拡大眼鏡が1万強って(^ω^)
千円出せば同等の物が手に入るのにネ……
名無しさん
このCMは好きになれない。
インパクトは与えたかもしれんが、ただそれだけ。
とても買う気にはならないし、プレゼントなんかしたらセンスを疑われそう。
出演者たちにあんな演技をさせて、好印象とはいいがたい。
彼らはそれを同意のもとで出演しているからいいんだろうが。。
ま、その程度のタレントたちなんだなと思う。


名無しさん
インパクトではなくて、不快感だけではないでしょうか️このようなCMでは企業の体質や感覚が問われて当然と思われるのに、良い評価迄出てしまう。最近のメディアはどこへ向かっているのか、不安になります。
名無しさん
豪華さにインパクトがあった。でも本当に字が小さすぎて読めなくて悩んでいるから、それを思いっ切り代弁してくれるCMはハズキルーペの他にはなかったと思う。だから共感してCMを見入ってしまう感じ。
名無しさん
インパクトを与えたのは事実、商品名も浸透した。
ただCMの最終的な目的であるその商品を買いたいと思わせて売り上げに繋がったかは甚だ疑問。
マイナスイメージがついたような気がする。
あれならCMで多額な費用費やすよりジャパネット方式で枠を買って通販番組作ったほうが売れてると思う。
名無しさん
確かに商品説明としては分かりやすいCMだと思うが逆に主張が強すぎて何か少し嫌みな感じも拭えない。イメージとのバランスは難しいね。
名無しさん
ハズキルーペのCM見てていつも思うのだけど、あんな柔らかいシートに置いた上で一瞬だけ尻の下に引いただけで頑丈を謳うなよ。頑丈であることを強調したければ車に引かせるとか、像に踏み潰してもらったり、もっとインパクトのある見せ方あるだろ。あんなやり方じゃ逆に「あの程度の衝撃にしか耐えられません」と脆さを強調しているようにしか見えん。
名無しさん
私は嫌い派です。インパクトがあるのは認めます。購買意欲がそそられるかどうかは別で。
見本があれば、手に取るでしょう。


名無しさん
街の噂によれば、この会社宣伝費に100億円を使ったと主張しているらしい。テレビコマーシャルの回数をみたら、いったい幾ら宣伝費を使っているのかと感心する。でも、よく考えてみたら、このメガネいくらで作れるのかと疑問に思う。それで調べてみたら、中国で作ると一個50円で作れることがわかった。量産すれば、40円でも可能だと言う。日本で作っても装置産業製品なので量産すれば似たり寄ったり。それを10000円以上で販売していることを考えると、さもありなんとなる。現代の一種の錬金術方法だね。悪く言えば、詐○商法に近い。中国製と性能も見えかたもまったく同じ。むしろ中国製の方がよく見えるものもある。もちろん、尻に敷いてもこわれない。それを高い金を払って買う日本人にとても疑問に感じる。ABSやポリカーボネイトなど、どこで作っても基本的には同じ。摩訶不思議な商品に困惑する。
Aurélie
演技力は無いけど頑張ってる菊川怜が面白恥ずかしい感じがあって良かっただけ。ベテラン使ったら面白くない。
清左衛門
松岡修造の次は誰になるのかな?松岡修造自体がインパクトあるから、次は難しいと思うけど。
名無しさん
あのCMのおかげで「持ってたらネタになる」とスケベ心だして購入する人多そう!
これは完全にCMのおかげだと思う!
名無しさん
広告代理店は固定観念を捨てるべき。こんなのやりませんよ〜と言っていたとするなら現場には全く改革が無い。CM製作はもう出来ない人間の集まりだ。経験なんて無い方がマシなのでしょうね。
正直なところ、当初は斬新過ぎて酷いと思っていたけどね、賛否あっても両者に対してここまで印象付けられてしまうとCMとして大成功なのでしょう。
heaven
何より驚いたのは、このCMが好感度No.1だと言うこと。本当に?評価者はどう言う人達なの?
地方の昭和のCMそのもので、タレントに金を掛けただけのダサCMだと感じていたのは私だけか?
私は十分に高齢者だと思うが、一般大衆とやらの気持ちは分からない。。。


***mm
たしかに映画のように凝ったCMもあるけど、果たしてなんのか宣伝だっけ?ということも少なくない。
ハズキルーペはあまりのわざとらしさに最初びっくりしたけど、印象に残りやすいから覚えられる。ハズキルーペの社長さんが企画したCMとは聞いていたけど、ちゃんとした信念や理念に基づいたやり方だったんですね。
名無しさん
タレントを見てその商品名が思い出せるのは企業にとっていいことでしょう。逆にタレントはそのイメージから抜け出せなくなるでしょうけど。
それにしても武井咲は苦手。だから見ると鬱陶しい気持ちになります
名無しさん
企業イメージをアップするイメージCMも中にはありますが、殆どは
「イメージCMは、スポンサーのためにあるわけではなく、CMクリエイターのために作られている。CMに関する賞が多く設けられているが、そのほとんどは商品が売れた実績を元に選考されていない。」これに当たると思います。それに広告関係の賞なんて身内での審査が多く、受賞してても信用できません。
名無しさん
話題になってるのは今だけだと思う。主力商品が1skuだけなら、売り上げが落ちたら経営危機に向かうだろう。いろいろカッコいい文言が書いてあるけど、5年後も同じ事言えるかな?
その嘘フォント?
名のある俳優を使いひたすら棒読みの説明を続ける。これはある意味凄くないですかね?インパクトとは違う、狐につままれた感じ、うーん例えに困る。
gura
久しぶりにインパクトのあるCMってのを見た気がする
渡辺謙から今の路線に移行したのもびっくりした


mar
友人のハズキルーペかけてみたが、度が強く頭がグワングワンしてすぐ外した。
あれはかなり高齢にならないと要らないと思うけど、若い女性を起用して、違和感しかない。
CMも商品もキライ。
名無しさん
以前、CMクリエイターが選ぶCMという企画をテレビで見たが、どれもイメージCMで、途中どの企業のCMかわからないものがほとんどだった。どうせスポンサーになるのであれば、このCMのように商品が売れるCMを作りたいと思うのが企業の本音だと思う。
名無しさん
インパクトのあるCMを見て早速商品を手にして思案に暮れた。
ただの虫眼鏡じゃん。
商品とCM、それに価格がちぐはぐやなあと感じましたね。
部屋とYツャシと私
確かにわけのわからないCMがあるよなー
「視聴者に」というより「同業者に見せつけたい」感がある。
名無しさん
石坂さんが出演されていた頃は「こんな便利なものがあるのか、いつか欲しいなあ」と思ったが、最近はあのCMを見て欲しくなったと思われたら恥ずかしいので買う気がしない。
名無しさん
女優さん方は納得の上での出演かもしれませんが、一視聴者として、あのヒップアタックは見ていて非常に不愉快です。類似商品も多数ある中、ハズキルーペだけは絶対に買わないと誓います。


名無しさん
CMのインパクトが強くて商品のPRは成功だと思うが、買おうとは思わない
使用していたら笑われそうだから
名無しさん
去年、渡辺謙さんが出ていたこのCMを見た時は驚いたな。「何でこんなCMに?」と。
一見するとめちゃくちゃな様に思えても、実は、使っている人間の実体験がもとになっているというのをここで初めて知った。それなら、ああいう内容になるのも納得がいく。
名無しさん
武井咲さんの着物姿の美しさに見惚れて、見入ってしまいます。
あと、セクハラのクレームがきたら差し替えますというフジに抗議して、CM引き上げるという姿勢も支持する。
綺麗なお尻が次々にハズキルーペを踏むシーンはインパクト有る。
女性だけと、セクハラとは感じない。
CMとしての用を十分に果たした、素晴らしいと出来だと思う…好みは別にして。
名無しさん
人それぞれでしょうけど自分が思うのは最初のバージョンから正直イラッとするCM。
客の立場なら選択肢に入れません。
名無しさん
インパクトは与えたけど、胡散臭さが一気に上がったと思う。
名無しさん
確かに虫メガネに何でTVCM?って違和感が大きい。機能をプレゼンしたいならテレビショッピングの方が合理的って言うのが常識だと思う。


名無しさん
周りで購入している人増えました!変だけど面白いし、不快感はありませんね。あのダサさがいい。
名無しさん
パワハラ、セクハラとかいうくだらないクレームや批判に臆せず会長主導で制作した結果だろう
CMづくりが始まった当初は、CM専門制作会社が担当していたけれど、クレームに気を使いすぎる姿勢に不満をもった会長が自ら演出したって言っていたね
名無しさん
設定が古いようで新しい
音楽はオーケストラでワクワク感を演出(大江戸捜査網の感じ)
わざとらしいが面白い
もう一回見てみたいとついつい思う
名無しさん
「なぜ」って、そんな難しい分析や説明が必要だろうか。
プロならプライドが許さないような禁じ手を、これでもかと詰め込んでぶち込んで来たのだから、良い意味での素人の熱量がそのまま前面に突き抜けたCMなんだから、話題になるのもさもありなん。
名無しさん
事務所に対しての殺し文句がいいね。
「高視聴率でも80パーセント以上の人は見ていない。」は目から鱗だよね。
10数パーセントが高視聴率になる時代だからこそ言える言葉。
でも、事務所に伝えた担当者は、大変だったろうな。
バカ大学宝塚医療大学
インパクトはあるかもしれないが、少しも商品を欲しいとは思わない!


管理人の率直な感想

先日、中学の時の担任と会う機会があって、ハズキルーペをかけてたんですよ。
ビックリしましてね。

「先生!それマジで普段からかけてる人初めて見たよぅ!」と言ったら「老眼でな、ダメか?」なんて言いやがるんです。

「ハズキルーペ…好きだなっ」

と返したら

それはかけてる側が言うんだ!俺が言うんだ!お前は年齢的に小泉孝太郎に近いだろ!知り合いだったりするか?」

「いや、知り合いじゃないし、先生も舘ひろしじゃないし。ビーバーみたいな顔だし」

「何を~!」

なんて不毛なやり取りが展開されました。
どっちが教え子なんだかわかりゃしない。

あのCMは、最初こそ「昭和のCMかよ」と思いましたが、今は納得して観てます。
15秒バージョンだったら15秒内に商品アピールがふんだんに盛り込まれているんですよね。

確かにCMとはタレントのためにあるわけではない。
商品をアピールしてなんぼですから、CM本来の姿と言えるでしょう。

分かりやすいですしね。
僕は老眼じゃありませんが、ああいうCMが増えれば商品によってそれぞれ購買にも繋がると思うんです。

ハズキルーペ好きだな。


スポンサーリンク

フォローする