【獣害事件】クマに襲われ即死『顔など大けが』山中で高齢男性の遺体発見【宮城県気仙沼市】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


宮城県気仙沼市の山中で高齢の男性の遺体が見つかりました。警察は、クマに襲われたものとみて詳しい調べを進めています。

警察によりますと、19日午後1時ごろ、気仙沼市関根の山中で林道脇に高齢の男性が心肺停止の状態で倒れているのを通り掛かった人が発見し、119番通報しました。

男性は顔や頭に大けがをしていて、即死の状態だったということです。
警察では、傷の状況などからクマに襲われたものとみて身元の確認を急いでいます。

現場近くでは体長120センチ、体重80キロほどの雄のツキノワグマ1頭が猟友会によって駆除されていて、男性を襲ったクマとみられています。

現場から北に2キロほど離れた場所には小学校があり、19日は児童を保護者に引き渡して下校させたということです。
県内では人がクマに襲われる被害は今年に入って19日までに4件発生していて、去年の同じ時期と比べて3件増えています。
県は、山林に入る際は十分、注意するよう呼び掛けています。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190719-00000071-ann-soci

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
東日本大震災の福島原発放射線の影響で、熊肉が食べれなくなりました。
頭数制限の為、各自治体はハンターに駆除要請を出しますが、熊肉を食べられない現在、駆除依頼金よりライフルの玉代のほうが高く、危険も伴うため割に合わず頭数が増えている状態です。
縄張り争いが激しい熊は、頭数が増えれば、里山や人家近くに住むしかなく、人間と鉢合わせになります。
高齢者ではなく子供が襲われないと動かないのでしょうか。
後手後手の対応の行政に、歯がゆさを感じます。
名無しさん
ツキノワグマなら大丈夫、っていうのは過去の話。今や人間の味を知っちゃってますから。注意し過ぎるぐらいに注意するのがいいと思います。
名無しさん
毎年ツキノワグマに殺される奴が後を絶たないな。
どんなに強い人でも熊としては小柄なツキノワグマ相手でも勝てる訳無かろうが。
昔はおとなしいと言われていた事も有ったが、これだけ毎年の様にツキノワグマによる犠牲者が出ていると言う事は狂暴な証拠や。
本州は、端から端まで山が途切れず続いており、山沿いだとどこに居ても遭遇の恐れが有ります。
北海道でより狂暴なヒグマに襲われた話は長い事聞かないのですが。
結局心構えが違うのだろうね。
名無しさん
気仙沼の離島だった大島にも熊が海を渡って流れ付いたニュースやってましたよね! この亡くなったおじいさんも写真を見るだけだと、わざわざ山中に入って行った訳では無く、生活圏内の山中の様な感じがします。それを考えると常に腰に熊よけスプレーを携帯して生活するのは、大変。それだけ、熊と人間が近い生活領域で生きて行かなければならなくなったのでしょう。知り合いの猟銃会の方は東日本大震災以降福島県の熊や猪が駆除されないため宮城県にかなりの数が入り込んで来ている話しを聞きました、これは国で何か対策を講じなければいけないと思います。
名無しさん
北海道のクマは危ないけど本州のクマは大丈夫という認識は過去のものになりつつあるんだろうな。
クマ除けの鈴、いつまで使えるだろうか。
今のところは、クマの方が人間を避けてくれてるから人間がいると知らせ、遠ざけるためだがこのままクマの方で、人間の食料の味を覚えたりそれこそ、人間を食料と認識するようになったら「鈴の音? よっしゃエサ来た!!!」と、クマ寄せの鈴になってしまう。


名無しさん
ツキノワグマはヒグマと違い「対抗できるクマ」と言われてるけど、素手で普通に戦ったらプロ格闘家でも普通に負けるし、負ければ当然トドメを刺されることもある。
とにかく穏便に、穏便に、同じ山に生きるものとして会釈してすれ違うくらいの気持ちでゆっくり離れるしかないと思います。
とにかく興奮させちゃいけない。
名無しさん
子連れのツキノワグマは、特に危険です。小熊に近づくことは、絶対にしない方が良いです。何人もの登山者が、母熊に襲われています。熊に素手で勝てる人はいませんが、登山ナイフの1本位は持参しないとダメです。
名無しさん
最近はクマの方から襲ってくる事例も多いし罠にかかった後で手負いなら始めから一撃必殺で来そう。クマが可愛いのは動物園で「ウェーイ、餌こっちこっち~」ってやってるやつだけだよ。野生が本気出したらこんなもん。
名無しさん
大ケガってあるけど見た感じで即死ってわかるなら頭噛み砕かれたのかな。
名無しさん
自然は人間だけのものではありません。山中には自然界のモノすべてが平等に存在します。
熊も襲いたくて襲った訳ではなく、運悪く出くわしただけです。立ち入るときは、その辺もしっかりわきまえて入山するべきだと思う。
名無しさん
人はクマに出くわすまい、、、クマも人と出くわすまい・・・
でも双方が出会った時はどうするか。。。
人はクマに襲われ無いようにと知恵を絞るかもしれんけど、、、
クマは場合によっては襲うしかなくなる・・・
こんな事情で駆除されるクマが切ない(悲


名無しさん
熊をなめてはいけない。
クマのプーさんだと勘違いしてる人が多いが、めちゃくちゃ凶暴で人をズタズタにしてしまう。
顔から頭にかけて皮がめくれ上がって大怪我したり、内臓飛び出て死んだり、腕や足が引きちぎれて死んだり様々。
亡くなられた方も残念ながらまともに見れない状態でしょう。
走るのもめちゃくちゃ速い。恐らく時速50kmは出ている。
近づいて写真撮ってるバカが居たが、襲われればいいと思う。
駆除したが発砲許可が出てなくて免許取り上げたとかいう事があったが
どれほど平和なバカ共なんでしょうね。
名無しさん
今年は熊被害が多い だんだん山に食べるものなくなってんのかな
名無しさん
120cmで80kgって、肉の塊だな。
そんなに小さくても、人間は即死なんだ。
三毛別ヒグマ事件で、7人を食い殺したヒグマは、体重340kg、体長2.7mだったというから今更ながら、野生動物の恐ろしさを痛感する。
熊を可愛いとか言ってる脳天気な奴らは是非、森の中で熊と遭遇して欲しい。
「森の熊さん♫」みたいにはならないから。
名無しさん
クマにとっては、人間は一番簡単に狩れる美味しいエサらしい。だから、人間を襲って食べたクマは駆除しないと第二、第三の犠牲者が必ず出る。
名無しさん
素手で熊を撃退した空手家のおじいさんいたな。自分もそれなりに複数の格闘技をやって来たけど、やっぱり相手が熊では攻撃パターンも読めないし加減もクソも無いだろうから、当たり前だけど勝てる気は全くしない。てか、競技じゃないし。トレッキング大好きだけど、山中で熊と遭遇したら恐怖以外の何物でもないな。というか、二度と生きては下山できないか。。。
名無しさん
前に書いたがやはり自衛隊に駆逐させる以外方法がないと思う。各所に熊や害獣が増えて手がつけられなくなる。ハンターは高齢化で減少し発砲も規制だらけこれじゃ何もできない。


名無しさん
海にいけばサメに襲われるし山にいけば熊に 安全なところはないのかもしれない。
名無しさん
遺体を見て即死って判断するあたり、頭部が見るに耐えない状態だったんでしょうね。。。
でも食べなかったのはなんでだろう?
名無しさん
ぬいぐるみのようなかわいい外見と本来は凶暴な肉食獣であるギャップ
名無しさん
熊と人間、どちらが知能が高いですか?
我らホモサピエンスでしょ。
なら、より知能の高いほうが、低いほうを避ける工夫をすべきだろうと思う。
無駄に殺される熊を増やさない為にも。
名無しさん
そんなに大きいような気はしないが力が強いんだろうな。
名無しさん
最近は温暖化で冬越しの熊が生き残りが多く地元の人たちは考えを変えないとやられる。年寄りには無理だろう。南無阿弥陀仏


名無しさん
昔、動物たちは人間によってテリトリーを奪われ山に追いやられた。だが人間社会は高齢化が進み若者は都会へ出ることとなり人口が減る。そこでクマに限らずイノシシなども追いやられた山からテリトリーを広げているだけではないか。
名無しさん
熊はただ、自分たちの本来の生活をしているだけです。
熊も臆病な動物と聞きます。
山で出会いたくない者同士が出会ってしまった。
人が亡くなったり怪我をすると人は簡単に熊を駆除という言葉で排除する。
こういう話を聞くたびに悲しくなります。
お互いに生活圏です。
熊にも命があることを忘れないで欲しいです。
名無しさん
上級国民がクマにバラされれば国も動くのではないでしょうか。
名無しさん
インスタするなら、看板に留めてね。
熊を観に行く粗忽者が居ない事を願う。
名無しさん
人を恐れなくなったクマは平気で人に近づくでしょうね。
名無しさん
万が一生還する方法があれば知りたい。
ワンパンされたら終わりならどうにもできないけど
目潰しとか効果あるのかな?攻撃しないと無理なんだろうか?


名無しさん
45年前、冬の奥多摩山行で仕留めた月輪熊を担いだハンターたちとバッタリ。
冬眠前なのに痩せてたことを。
岩手県の叔母の果樹園にも、熊とシシが現れるようになり、ホント心配。
自分はクレーはやるが、足を痛め狩猟はむり。
名無しさん
群馬県在住ですが、今年はあちこちで熊目撃情報が出ています。しかも民家のすぐ近くで。怖くて外にも出られない状況です。
名無しさん
そうなんだよな、熊は襲って来るけど基本的に人肉を食べない。
俺も夜散歩で最近、2mの距離でイノシシと対峙して猛ダッシュで逃げたばかり。猪突猛進と言われるがお互い数秒見つめ合っただけで向かって来なかった、何でも経験が大事だと思った。
名無しさん
できるだけ危険な場所には近づかない、でも最近では民家付近にも出現してるから、こればかりはなかなか防ぎようがないですね。
a
このところ高齢者が撃退したニュースが流れた。被害者も薄々知っていたかも知れない。
それだけに気が緩んでいたのかも。
そして高温多湿の長雨。
動物にも火病なのは存在する。
名無しさん
120センチって小学生レベルの身長、それでも熊は強いんやね。


名無しさん
小さい熊が鹿用のワナにかかってしまった
ようするに道を歩いてる人を襲ったとかそういう訳ではない。
熊も必死だったのです。
名無しさん
ツキノワグマ研究所所長の米田氏は熊に遭遇しそうな時は熊除けスプレーを二本携帯して山に入る。今のところ一番効果的だそうです。腰に二丁拳銃みたいに装着してるよ。
名無しさん
熊にしてみれば普通の出来事。
名無しさん
熊にすれば人間は天敵。
射殺で済ませる人間ならなおさら。
名無しさん
忘れがちだが、日本の山中にも猛獣はいるんだよ
名無しさん
喰ってるね


ぽー
今後生息が爆発的に増えるよ。
名無しさん
即死。。
名無しさん
前世で熊に殺されたのか?という程熊が怖い。
山に行きたいけど熊が怖い。
動物園でも熊が怖い。
熊怖い。
名無しさん
注意したところでどないすんねん。
名無しさん
熊なら噛まれた跡喰われた跡がある
これは殺人だ
名無しさん
戦わない人が生還できないと聞いたことがある。


名無しさん
クマって、ぬいぐるみの定番だけど、同じ定番の犬や猫と違い実物はマジに怖いなあ
名無しさん
気仙沼には熊はいなかったのに最悪な事態になってしまったな
名無しさん
岩手で捕まってオリに入ってるツキノワ見たけど鼻息ハアハアで暴れ回ってオリがっちゃんがっちゃん言わせててとても怖かった。
ポン菓子
鈴を身に付けてチリンチリンさせとけば熊は近寄らないという話は嘘ですので信じたらいけません。熊と出会ってしまったら……あとは運任せ。対峙して目を合わせても襲ってくるし目一杯ダッシュして逃げた方が逃げれる可能性は高いと思います。もちろん蛇行しながらとか木を利用するとかしてね。
名無しさん
熊スプレーは必要。
名無しさん
山に出るときはスラッグ弾常備する時代がくるな。


名無しさん
プーさんとか、なんとかベアーみたいなかわいいものを沢山出すから熊の恐ろしさを忘れてしまうのだよ
武器なしでは、ツキノワグマでも勝つのはきついね
名無しさん
クマよけの鈴は持って出歩かないの?
名無しさん
牙をむいて怒った熊を正面から見たら怖いです。動けませんね。そして速いよ。人間の足では逃げきれません。今年は餌が足りないのかも。
名無しさん
大変気の毒だがわざわざ熊がいる山にのこのこ入ったのはいかがなものかと….
しかも高齢な上に武器や熊スプレー等も持たずに入るというのは、もしかしたらわざわざ北海道までヒグマと戦いに行く空手バカ一代と同じぐらい無謀だったかもしれないですね!
名無しさん
金太郎に頼むしかないな!
Reiko
山にクワガタやカブト虫を取りに行ってる人も危ないぞ。


名無しさん
はい、「怖いのは北海道のヒグマだけ、本州のクマは温厚」とか言う人たち、どうお感じになりますか。
名無しさん
熊は悪くない
名無しさん
「顔など大けが」ってもう亡くなられてるので「顔などに傷痕」って表現が正しいのでは? 被害者の冥福を祈ります。
名無しさん
キマイラでは
名無しさん
シンプルに森
名無しさん
それぞれの都道府県で人が到底入れないくらいの山間部に熊用の餌場を設定すればいいでしょ


名無しさん
アニマルリベーンジ。。。
名無しさん
クマったなぁ
名無しさん
クマったなぁ…
名無しさん
クマも亡くなられた方もどちらも悪くないんだけど、クマが駆除されたと言うのも辛い話だね。
名無しさん
クマに鈴の音ってほんとに有効なんですか?
名無しさん
熊のすみかに侵入したのだからやられても仕方がない。


名無しさん
さぞかし無念…
名無しさん
森のクマさん♪みたいにならないですかねぇ〜
人間の我欲にある意味警告してるみたい。
名無しさん
ヒグマならともかく、ツキノワグマにやられると何か悔しい
名無しさん
まぁ熊に罪はないけどね。
名無しさん
熊もかわいそうと思ってしまう。
名無しさん
また不注意な人間のせいで、熊が犠牲になった。


名無しさん
熊たちの逆襲? さんざん殺されてきたから、仕返し。
人間は美味しいのかな。
名無しさん
山は熊の場所、ってことに出来ないもんかねぇ
熊のテリトリーに入って襲われたから熊を駆除、というのがなんだか違う気がする
人間の方が少し遠慮すれば被害も減るはず
それにしても熊は顔を攻撃してくることが多いみたいだね
名無しさん
くまさんがかわいそう。
名無しさん
熊さんが安心して山で暮らせるように、自然を元通りにすれば良いだけのこと
名無しさん
熊田曜子に襲われるほうが良いなぁ
m
クマったなぁ


名無しさん
まず、そこに住んでない場合はまず行かない。どうしても?て時は、元東北サファリパークレンジャーの俺だったら、超大型特殊警棒を、スパスパに研いだ長い山刀小型催涙ガス2種は、熊用超大型催涙ガス2つ装備自分の命を守る為には、「熊の、首切断するくらいの気持ちで、挑まないと相打ちですら?無理です」(笑)草食動物に飼育襲われた時事務所の幹部「ゲートレンジャー金子は?現場いなかったのか?(その日やられた飼育搬送された、病院で、定期検診休み)」ていわれてた俺が言うからねー福島金子慎
名無しさん
動画で罠に引っかかった熊を見たけどあんなのに襲われたらひとたまりもない。
名無しさん
野生の動物が出てくる場所に住み続けるって勇気がいることだと思う。
名無しさん
人間の都合で山を切り崩し、伐採し、杉やヒノキばかりを植えるから熊との遭遇が増えるんだ。針葉樹は木の実がならず、野生動物の餌にはならない。
本来ツキノワグマは山奥で木の実や昆虫を食べ、人里に降りてくることはないのです。
日本人に花粉症の人が増えているのも、日本が杉、ヒノキばかりになっているせい。土ではなく、舗装道路ばかりになっているせい。
便利を求め過ぎると何かが犠牲になるという事を考えてほしい。
名無しさん
熊よ安らかに
くろねこ
熊肉


名無しさん
山に入るときは十分注意・・じゃなくて山に入ること自体を禁止にするべき。街中に出没して駆除されるのはやむ無しだが、熊にも熊のテリトリーがあり、生活もかかっている。人間が熊の生活を脅かしてるわけよ。
名無しさん
熊の生息地に無断で入った人間が悪い。
名無しさん
老人は危機感のない生き物
老衰で息を引き取るまで幸せが続くと勘違いしている
名無しさん
どんな状態か?のーみっそばーん。
名無しさん
最初に殺られた奴が、一方的に殺られると簡単に倒せる獲物と熊に認識され、二人目以降も襲われるリスクが高まる。殺られるにしても、目玉の1つも潰してやる位の気概が欲しい
名無しさん
熊の縄張りに、2足歩行の人間が入ったら勝ち目は無い。
猪の突進さえ、かわせない。不利な上に危険。
それが、縄張り。近ずいたら喰われます。


名無しさん
狂暴だな、熊は!
名無しさん
熊には勝てん。
でもカバほどは人を殺してないらしいね。
名無しさん
一般人は動物に対して何も出来ない鳥獣保護法(笑)
名無しさん
くまがでるところには ちかづかない
くまからちかづくところには とおざかる
名無しさん
死んだ真似をすべきだった。大山倍達と違うのだから、戦っても無理です。
名無しさん
警察に殺らせないと、逮捕される可能性有るのだから一般人は手を出さない方がいい。


名無しさん
まぁ人間が勝手に森林伐採して自業自得なだけだよね。逆に熊が可愛そうだよね。熊が怖いなら引っ越せばいいのに。
名無しさん
クマと殺し合いでいいじゃない
人間が清廉潔白である必要はない
そういうのは余裕があるときに言えばいい
名無しさん
動植物の保護区を設定せよ。
名無しさん
愚地独歩なら勝てる
名無しさん
先日飼料サイロに熊の親子が入り込んでいるニュースがあった。
助け出したらしいが、なぜ駆除しなかったのかと思っていた。
ところが、妙なことに、熊を助けたことを喜んでいる連中が多数いた。
熊は危険生物。そこら辺の犬や猫のペットとは訳が違う。お花畑な連中が多いのが事実なんですね。
名無しさん
熊からしたら襲ったんではなく、狩りをしたんでは。。
山の所有者は人間であっても熊や鹿や猪からしたら、そんなん知らんだろうし。
名無しさん
独りで黙々として、熊と遭遇なんて普通。
即死か怪我か無傷で終わるかは単に運不運だけ。
庭、畑で一日中AMラジオかけてる家もある
・・・田舎でしか出来ないな(笑)


名無しさん
猟友会が頼りにならないなら自衛隊しかないよね。税金で購う弾丸も人の生命を救いクマを退治するためなら誰も文句は言えまい。
名無しさん
山に登る人の理解が出来ない!
熊に襲われたり、遭難したり自分で危険なところに行って救助されるのアホらしくない?
名無しさん
ヒグマとツキノワグマは早急に根絶するべき。人間に害を与えるだけの動物。両方とも年間700頭程度が駆除されているが、やはり根絶しないとますます人間の被害が増えてくる。
名無しさん
ペットと勘違いしている呑気なばか者多いが熊は人間の顔を食べるんだよ
名無しさん
危険な動物はどんどん駆除しなきゃね
名無しさん
熊には罪は無い。悪いのは人間です。
名無しさん
人間だって自分の家の庭によくわからない生き物が侵入してきたら攻撃するのでは?
なぜ報復のように熊が殺されるのか理解できない。


管理人の率直な感想

亡くなったのはおそらく地元の男性だと思うのですが、生まれてから今まで数えきれないくらい山の中に入ってきたはず。
それでも避けられないのがクマを始めとした獣害事件。

何度も遭遇していたと思うんです。
クマは温厚とは言えませんが臆病なので、何かないと襲ってきたりしないものですが、その何かが今回はあったのでしょう。

子連れだったのか、急に人間と遭遇し驚いたのか、男性が過剰に反応してしまったのか。

本州に生息するクマはツキノワグマです。

好んで人なんて食べようとはしないし、ヒグマに比べると小さいですが、それでも脅威。
山の中に入る機会のある方は気を付けていただきたい。

クマがいない九州が羨ましいです・・・。


コメント