【2018年 年間ベストセラー発表】1位「漫画 君たちはどう生きるか」2位、3位は・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出版取り次ぎ大手の日本出版販売(日販)とトーハンは30日付で、2018年年間ベストセラー(17年11月26日~18年11月24日)を発表した。

総合1位はともに吉野源三郎原作、羽賀翔一画「漫画 君たちはどう生きるか」(マガジンハウス)。出版元によると、発行部数は17年8月発売以降の累計で204万部。

日販は2位が矢部太郎著「大家さんと僕」(新潮社)、3位が今泉忠明監修「ざんねんないきもの事典」(高橋書店)。トーハンは2位が佐久間健一著「モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット」(サンマーク出版)で、「大家さんと僕」「ざんねんないきもの事典」とその続編のシリーズが続いた。

文芸作品では、芥川賞に輝いた若竹千佐子著「おらおらでひとりいぐも」(河出書房新社)、本屋大賞を受賞した辻村深月著「かがみの孤城」(ポプラ社)などが上位に入った。


スポンサーリンク

総合1位 「漫画 君たちはどう生きるか」吉野源三郎原作、羽賀翔一画



■内容
人間としてあるべき姿を求め続けるコペル君とおじさんの物語。
出版後80年経った今も輝き続ける歴史的名著が、初のマンガ化!1937年に出版されて以来、数多くの人に読み継がれてきた、吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」。
人間としてどう生きればいいのか、楽しく読んでいるうちに自然と考えるように書かれた本書は、子供はもちろん多くの大人たちにも共感をもって迎えられてきました。
勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、昔も今も変わらない人生のテーマに真摯に向き合う主人公のコペル君と叔父さん。二人の姿勢には、生き方の指針となる言葉が数多く示されています。
そんな時代を超えた名著が、原作の良さをそのままに、マンガの形で、今に蘇りました。初めて読む人はもちろん、何度か読んだことのある人も、一度手にとって、人生を見つめ直すきっかけにしてほしい一冊です。

電子書籍はイーブックイニシアティブジャパン eBookJapanから。


日版2位 「大家さんと僕」矢部太郎著



■内容
1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。
一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた――。
泣き笑い、奇跡の実話漫画。

電子書籍はイーブックイニシアティブジャパン eBookJapanから。


トーハン2位 「モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット」佐久間健一著



■内容
3万人がキレイに痩せ、ミス・ユニバースやモデル、芸能人の体形の悩みまでスッキリ解消した驚きのダイエット法を大公開!

○1エクササイズ1分
○2週間で回数を減らす
○2か月でやめてもOK

なのに、ムリなくやせられる秘密は「モデル体幹筋」にあり。

「モデル体幹筋」とは、一流モデルは使えているけれど一般女性の多くが使えていない筋肉の総称で、使えるようになると基礎代謝がアップし、脂肪燃焼体質になります。
そして全身の筋肉をバランスよく使えるようになるため、ゴツかったパーツが自然に細くなる効果も。
ぽっこり下腹、パツパツ太もも、どっしりヒップ、たぷたぷ二の腕にまで効くと大評判です。
それだけではありません。
続けるうちに体が勝手に「モデル体幹筋」の使い方を覚えるので、1回身につければやめてもOK。
さらに、やせ効果を高める食事法や、「停滞期に入った」「ドカ食いしてしまった」「急いでやせたい」といった緊急事態の対処法まで掲載しました。

電子書籍・本は送料無料の総合書店「honto」から。


総合3位 「ざんねんないきもの事典」今泉忠明監修



■内容
「クジャクの羽は長すぎてじゃま」「サイの角はただのいぼ」「イルカは眠るとおぼれる」…。進化の結果、なぜかちょっと残念な感じになってしまった生き物たちを、楽しいイラストとともに紹介する。
「紫外線をあびると光る」サソリや、「敵におそわれると死んだふりをする」オポッサムなど、ふしぎな生き物を122種紹介。

「ざんねんないきもの事典」続


■内容
「ダンゴムシはおしりから水を飲む」「オカピの体はオイルでテカテカ」…。進化の結果、なぜかちょっと残念な感じになってしまった生き物たちを、楽しいイラストとともに紹介する。
「ナマケモノのおやつは体に生えたコケ」「リスはドングリをうめた場所をすぐに忘れる」など、思わずつっこみたくなる生き物も満載。
ジャケットそでに切り取り式のしおり付き。

本は送料無料の総合書店「honto」から。


芥川賞 「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子著



■内容
74歳、ひとり暮らしの桃子さん。夫に死なれ、子どもとは疎遠。
新たな「老いの境地」を描いた感動作!圧倒的自由!賑やかな孤独!63歳・史上最年長受賞、渾身のデビュー作!第54回文藝賞受賞作。

電子書籍・本は本も電子書籍も送料無料の総合書店「honto」から。


本屋大賞 「かがみの孤城」辻村深月著



■内容
学校での居場所をなくし、閉じこもっていた“こころ”の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。
輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。
そこにはちょうど“こころ”と似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。
すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。

電子書籍・本は送料無料の総合書店「honto」から。


管理人の感想

1位の「漫画 君たちはどう生きるか」は80年前の本を漫画化したものなんですね。
僕の祖母が86歳なので、もう少し上の年代を標準に描いた作品なんでしょうか。
興味深いです。

2位の「大家さんと僕」はずっと読みたいと思っていたのですが忘れていました・・・。
思い出したので読むとして。
「モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット」に関しては、僕はダイエットの必要が無いのでいらない。

「かがみの孤城」は評判良いんですよね。面白いらしい。
最近小説を読むことが少なくなってきていたので、いい機会だ。

個人的には、なかなか良いニュースでした!







コメント