【水難事故】用水路『中村用水』流された母子が死亡「母親が溺死、男児が溺水による出血死」【石川県白山市】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


石川県白山市森島町の用水路「中村用水」で18日に2人が流された水難事故で、県警は19日、2人は同県野々市市内の30代女性と、長男で10代の小学生男児の母子で、搬送先の病院で死亡が確認されたと発表した。死因は母親が溺死(できし)、男児が溺水(できすい)による出血死だった。

白山署によると、18日午後5時35分ごろ「子どもが流された」と親族の女性から110番通報があった。男児が足を滑らせて転落し、助けようとした母親も流された。2人は通報から約20分後に約1・5キロ下流で消防隊員に救助されたが、いずれも心肺停止状態で病院に搬送された。

この日、母親と長男、次男の3人は現場近くの母親の祖父母宅に行き、兄弟で用水路の近くで遊んでいたという。男児が転落した付近の用水路の幅は約3メートル、水深は約1メートルという。

参照元:https://www.asahi.com/articles/ASQ6M32NXQ6MPISC001.html?iref=comtop_BreakingNews_list

転落した男児、命を顧みず助けに入った母親【ネットの声】

名無しさん
溺水による出血死って初めて聞いたけどわかる人いますか?
名無しさん
映像見たんですが、かなり流れが速く勢いのある感じです。
流されつつ色々な箇所に身体がぶつかり…って事ですかね。
名無しさん
溺れて意識を失い、色々な所にぶつかったんでしょう。


名無しさん
悲しい。
昨日まではごく普通の平和な家族だっただろうに。
一瞬の出来事、不注意か何かで人生が終わってしまうなんて。
流され溺れた男の子は苦しかっただろうな
助けに入ったお母さんも亡くなってしまったが悔やみきれないだろうな。
名無しさん
用水路って衛生的な水が流れている訳ではないからそこで遊ばせるのは間違いだと思った。
名無しさん
大事な息子を助けようとした…結果が悲しいな。しかし立派な母親だよ。どうか母子共に安らかに、お悔やみ申し上げます。
名無しさん
近所に消防車のサイレンが何台も鳴り響いてたので、てっきり火事だと思ってました。
用水に落ちた親子は白山市のお隣の野々市。
きっとお母さんがお子さん連れて実家に帰っておられたんだと思います。
今、田んぼに引き込む用水の量が多い時期で大きな用水だとかなりの水量があります。
野々市の街中の子だと用水の近くで遊ぶ危険性もあまり知らなかったのかも…。
名無しさん
子供が転落して流される。助けに入った人も亡くなる。自分が生きてきた昭和からずっと続く。防げない事故じゃないのに防げない。どうしても防げないんだなぁ。


名無しさん
素人が助けにいっちゃダメなのは知ってるけど、目の前で息子が溺れて助けに行ったお母さんの気持ちも分かります…
とても悲しい事故です…
名無しさん
流れが早いな
名無しさん
お母さん、がんばったね。
涙出る。
名無しさん
親子共々助からない最悪の事態、けどいずれか一方のみが生き残るのも別の意味で不幸だと、無関係の人間がこうして論評するけど、私も人の親だから、この状況下だと、きっと同じ事をするはずです。
名無しさん
母親なら流れが早かろうが飛び込む。
私も自分の子供が同じ状況になったら
助けに行く。後のことなんて考えられない。する行動としてそれしか思いつかない。


名無しさん
そうだね。私も飛び込むなぁ。誰かを呼びに行くとか、助けを待つなんてそんなこと頭に浮かばないよね。
名無しさん
兄弟と遊んでいて、とあったので残されたお子さんの事を思うと胸を締め付けられる思いです。
名無しさん
あの辺は雪解け水だからかなり冷たかったんだろうな
梅雨時で水量も多いから不用心に近づいた事がいけなかったんだろう
名無しさん
お悔やみ申し上げる。
映像で用水路の状態を見るととても激しい流れのところだな。
だからこそのフェンスなのにそれをよじ登られっちゃったらね…
名無しさん
痛ましい。うっかり落ちたんだろうが・・・。言葉も出ないよ。


名無しさん
私だったら…
同じく飛び込む
名無しさん
今の時期は梅雨で水量が増えるし、田舎は田植え準備期で用水路は水が貯まるようにしてあったり、田んぼに水をはる為流れが早くなったりしてる場所がある。これから夏にかけて今一度危険場所に気をつけましょう!ご冥福をお祈りします。
名無しさん
同じ年齢の息子がいます。私も同じ状況なら真っ先に飛び込んで助けようとすると思います。間違いなく…たぶん頭は真っ白で必死です。本当に涙が出ます。
名無しさん
ああ、この流速と水量は厳しいですね…
どこかにつかまるところかながれつくところがあればよかったけどコンクリ水路だと流されていくだけになる…。
大人が水の流れに抵抗できるのは膝下の水量までです。
膝上以上の深さになると基本流されます。
浅そうだからといって、川の向こう岸に渡ろうとして流される事故が後をたたないのは、皆そういうことを知らないんだよね
名無しさん
時期的に勢いのある流れが発生します。
時々、水路を横切るようにロープが垂らされているのを見た事がありますが、こういう事故対策なのかもしれませんね。


名無しさん
子供には絶対に水辺では遊んではいけないと言っています。
私の子供の頃同級生が川で溺れて亡くなっているから。水の周辺で遊ぶ事は本当に危険です。
名無しさん
ニュースで見ました…この用水路は今は農繁期なので深さ150センチで流速がかなりありました。大人でも落ちたらヤバいです。水路に全部ふたをするなどという方法もあるんだろうけどコストも大変だから今の時期は近づかないよう子供に言い聞かせるしかないかな…
名無しさん
なんとも言えない悲しみ、しかし?フェンスを乗り越えて、それはアカンやろ、父、弟、祖父母はどう乗り越えていく人生を送るのだろうと思うと心が痛い️他人事ではあるが悲しい事故である、お母さんの無念さ️天国で仲良く過ごして下さい
名無しさん
公園とかにも小さい子供が間違って縦に入り込んでしまうような見ただけでゾッとする用水路があったりします。せめてそういった穴みたいなのは塞いでおいてほしい。
名無しさん
今の田植え時期うちの横にある用水路も物凄い勢いで水が流れてる。いつものつもりで下りると足を救われそう。10mぐらい先から暗渠になっているので流されたら助からないよな~。


名無しさん
田んぼが始まると普段はまったく流れのない用水路に水を引くと結構、深くなるからね。
特に水門近くはドン深だから、遊ばせると危険だよ。
名無しさん
この年頃の子どもはやるなと言ってもやる。
柵は登りたくなる。本当に不幸な事故としか言えない。
お母さんが咄嗟に取ってしまった行動も気持ちが解るから辛い。
名無しさん
子供は高いところに登りたがる。
これは、何度言っても止められない。
弟や幼馴染の子供の頃の遊びを思い出してみると、よくぞみんな生きていたなと思う。
名無しさん
亡くなってしまったんですね…。
流れが早かったのでしょうか。
梅雨だし、水かさが増してだろうし、用水路の近くで遊ぶのは危険ですね。
名無しさん
この時期田んぼに水を張るのに用水は急流になっている。水が豊富なのはありがたいことだが、気をつけることはある。


名無しさん
水深1メートルの用水路らしいけど、1.5キロ流されたと発表されていますね
この時期は水の流れが本当に速いから
津波と同じようなもの
1メートルの津波からは逃げられない
名無しさん
用水路は人が転落することを想定して作られてないからなぁ
なにかしらのステップみたいなものがあれば良いのかな
名無しさん
田舎の用水路はうっかり自転車に乗ってると突っ込んで落ちるようなところが有るよね。だけど今回はフェンスよじ登ったんだからしゃーないと思うよ。
名無しさん
柵に登ったら直ぐ注意ですね。
まさかと思うことが起こるのでそう言った行為は未然にさせないようにしましょう。
名無しさん
我が子が流されたら、目の前の出来事なら、助けるの一択しか無いですもんね。
悲しいです。ご家族の心境を想像するだに痛ましいです。


名無しさん
生々しい事件を隠さず子供たちに伝える方が事故防止になると思う。
名無しさん
田んぼの時期の用水路は水かさも上がるし何より流れが速い。
これはつらいなぁ。どうしたら防げるんだろうか。
名無しさん
うちの祖父も川に落ちて溺れ死んじゃいました。深さは関係なかったです。気をつけましょう。
名無しさん
何人兄弟だかわからんが、いきなり母親と兄弟をなくしたショックは計り知れない。
残された子供たちのケアが大切だ。
名無しさん
子供たちに「川の近くで遊ぶのは危ない」と教え教訓とさせるには、あまりにも惨く重い


名無しさん
農繁期の用水路は、水量、水圧共にすごいからなぁ
ほんと脚取られたら、大人でも吸い込まれる
名無しさん
1メートルは大人でもきつい
幅も3メートルと広いですし…
名無しさん
用水路なり川なり海なりにおぼれてる人を飛び込んで助けた人が表彰されたりするけど
あれ表彰しちゃ駄目だよなぁ


管理人の率直な感想

新しい男に色ボケして我が子を虐待し死亡させる母親もいれば、この事故のように危険を惜しまず命を投げ出して我が子を助けようとする母親がいる。
世の中の多くの母親は後者であり、だからこそこの事故に心を痛める。

僕も目の前で家族が溺れていたら考える間もなく飛び込みます。
その瞬間には理屈なんて存在しないし、結果批判されようともそれが本来の姿だと思います。

誰も責められない。
この用水路も古くから住民の生活を支えてきたんでしょうし、遠くにいる僕がとやかく言うことはできない。
悲しい事故です。


コメント