スポンサーリンク

何のために生きているのだろう・・・家に帰れない「フラリーマン」の哀しい心情


仕事が終わっても自宅に足が向かず、街をフラフラする「フラリーマン」が増えている。
マーケティングコンサルタントの酒井光雄氏は「マイホームを買い、子供の教育費がかかるため収入を上げようと懸命に仕事をするが、妻子の待つ家には自分の居場所がなく、一人で居酒屋やバーでボーッと無為に時を過ごすビジネスマンは少なくない」という。
「ワケもなく一人になりたい」心理とは――。


スポンサーリンク

趣味の世界に浸る夫の気持ちは「ひとりになりたい」

幼少期にはまり、大人になってもなお手放せないモノやコトがある男性は結構いる。
代表的なのが収集趣味で、フィギュア(美少女・萌え系・アニメなど)、モデルガン、模型(クルマやバイク、ロケットなどのスケールモデル。戦艦や戦闘機、戦車や装甲車などのミリタリーモデル、ガンダム、宇宙戦艦ヤマト、スターウォーズなどのキャラクターモデルで、ガンプラもここに入る)などがある。

ここでしか手に入らない!高品質フィギュア!F:NEX(フェネクス)



■タミヤならではのオンライン限定商品!!



「機動戦士ガンダム」のシリーズに登場するモビルスーツ、モビルアーマーと呼ばれるロボットや戦艦などを立体化したプラモデルのことで、1980年に誕生した「1/144ガンダム」以来、約35年間でおよそ4億4500万個が販売されている。



学生時代にはまったNゲージの鉄道模型をたくさん買い揃え、独身時代には自室で存分に走らせることができた。
だが結婚し子供が生まれてからはレールをリビングルームに敷くことなど許されず、もう何年も押し入れに入ったままになっている。
本人の知らぬ間に、模型は卒業したと思われ、妻に捨てられてしまった男もいる。



Nゲージの名称は、9(英語ではnine)の頭文字に由来し、1960年頃にヨーロッパで商品化され、軌道(レール)幅を9ミリメートルの規格にした鉄道模型のこと。
この軌道間隔に合った車輪をつけた車両やレール、駅舎やジオラマ風景などの模型までNゲージ製品として販売されている。
大きさや価格が手頃なため、日本ではNゲージの製品と愛好者が多く、鉄道模型の主流になっている。

また、少年時代なら誰もが夢を持ってレバーを回した思い出「ガチャガチャ」
大人になった今ならインテリアも兼ねて本体ごと手に入れることが出来る。
しかしそれを理解してくれる女性は少ない。
今も夢は夢のままなのか。

ガチャガチャ・ガチャポン通販サイト【あミューズ】



子供時代からの趣味を引きずっている男性は多く、妻からはもうひとり手間が掛かる子供が増えたように思えるせいなのか、不評だ。


なぜ妻は、「趣味の世界」に浸る夫を許せないのか

アニメーション好きもいる。結婚して子供が生まれると、リビングルームで自由に観ることはできなくなる。せいぜい家族が眠った後で、パソコンで観る程度だ。

アニメ観るなら<U-NEXT>



妻と志向が異なると、音楽を聴くのも制約を受ける。仮に和製ポップスが好きな人でも、相手がクラシック好きなら、リビングルームで聴くことははばかれるようになる。平日に妻が買い物にクルマをつかう家庭だと、カーオーディオの音楽も妻の好みで埋められてしまう。

中高年でもゲーム愛好家は多い。久し振りにハマるゲームを見つけて熱中し、まさに佳境に入っている時に、家事を頼まれたり用事を任されたりしてゲームを途中で中断せざるを得ない状況が来るのは、例えゲームでも辛い。

男が趣味の時間を愛するのは、「ひとりになりたい」からかもしれない。


仕事のストレスに加え、家では妻の愚痴を聞かされる

仕事で人が抱えるストレスの多くは、人間関係だ。契約が進まないことについて上司から何度も叱責を受けたり、問題行動を起こす部下に注意しても本人は全く意に介さずにいられたりすれば、不愉快になり、その気分を長く引きずる。

人はストレスが高じると眠れなくなることがあり、心理的ストレスが肉体的な疲労と重なると非常に辛く、また危険だ。
こうした時には自宅では何も考えず、放心していたい気持ちになる。

ストレスを抱えているせいか、髪質も変わってくる。
髪がべとつく、ボリュームがなくなって髪の毛がへたる。
白髪が増える。
おでこが広くなってきているような気さえしてくる。
それがまたストレスになり悪循環になる。

高濃度リデンシル配合!薬用育毛剤『プランテルEX』



M字型のための育毛剤プランテル≪全額返金保証付き≫



そんな気分の時に限って、帰宅して妻から不満や愚痴を聞かされるとさすがに嫌気が差す。
また休日になにもせず、羽を伸ばそうとしてもそれがかなわない時も辛い。

「仕事から帰って、テレビを見るだけでゴロゴロしてられていいわよね……」
「この前話した子供の塾だけど、月謝が上がるけど仕方ないでしょ……」
「自分が食べた食器くらい自分で片付けてくれない……」
「パパは良いわよね。家では何もしなくていいものね、○○ちゃん。あなたが結婚する時は家事も育児も分担してくれる人を選ばないとダメよ……」

などと帰宅して早々にまくし立てられたら、強靱に見える男性でもボディブローのようにダメージを受ける。


「会社辞めちゃおうかな……」「なに寝言を言っているの」

自分が抱えている問題を、男は簡単に人に話ができず、自分の心の内にしまい込んでしまう。
そんな時にひとり酒を飲むと、飲み過ぎて睡眠不足や二日酔いという悪循環になる。

仕事のストレスで悩んだあげく、朝、会社に向かう時に、玄関で靴をはきながら男性がつぶやいた話だ。

「もう会社辞めちゃおうかな……」

すると妻は、

「なに寝言を言っているの。さあ、お仕事、お仕事」

と、家を送り出した。

この男性は人に話せない自分の辛い気持ちを妻に告げるほど深刻な状態で、相当追い詰められていた。

男性が辛い心情を口に出して伝えるのは、もう後がない切羽詰まった状態だ。
嫌なことがあると、それをすぐに口に出して発散することができる女性とは大きな違いだ。


ワケもなく一人になりたい「フラリーマン」の生態


少しお金に余裕がある時はカウンターバーに行って席に腰を下ろし、ボーッと無為に時を過ごす。
どうしてなのか、訳もなくひとりになりたい気持ちに襲われることが男にはある。久し振りに仕事が定刻に終わって退社できる時に限ってそのまま帰らず、ひとりで好きに時間が過ごせる場所に足が向いてしまう。

なにをするわけでも、バーテンダーと会話するでもない。
ダイヤリーを見て仕事の予定を確認している(フリに過ぎない)様子や、スマートフォンでフェイスブックやブログなどを見たりする。

主人やスタッフが顔を覚えてくれている居酒屋に向かうこともある。

「いつものでいいですか」と言われると、自分のことを他人がわかってくれていることに、喜ぶ自分がいる。

他にお客さんがいなければ主人が話し相手になってくれるが、多忙な時は独りで過ごす。人生の後半戦に入りリタイアした男だと、ダイヤリーを見ても先の先まで予定は空白で、見ていると余計辛くなるので、ダイヤリーの出番はなくなる。また隣に座った顧客と話をすることになっても、仕事のことを尋ねられるとこれまた辛い。

「定年退職したので……」とつぶやくと、相手も悪いことを尋ねてしまったと気まずくなる。
嫌なことを忘れるためにバーで飲むのだが、飲み過ぎると、なにを忘れるためだったのかを忘れてしまうことさえある。


会社のほうが自宅より居心地がいいから休日出勤

男の居場所 (マイナビ新書) [ 酒井光雄 ]

価格:918円
(2018/12/18 12:39時点)


仕事にストレスはあるが、会社が男にとって居心地のよい場所だと感じる男はけっこういる。オフィスには自分のデスク(居場所)があり(フリーアドレスになると、自分専用の机はなくなる)、部下がいて、自分に気を使ってくれる。早く帰宅したくない時は部下を食事に誘うこともある(連れて行く店が部下の自腹でもいけるところだと、部下は嫌がるが……)。

休日にひとりになりたい時、急ぐ仕事があるわけではないのに、会社に行くことがある。部下が休日出勤していると、妙に親近感を覚える自分がいる。

「お疲れ。休日に仕事では大変だな」
「課長も仕事ですか。ご家族は大丈夫ですか」
「家にいないのが当たり前になっているから、もう何も言わないさ」

そんなやり取りをして、翌週に使う書類に目を通す。校正するだけなら30分もあれば済んでしまう。部下が仕事をしているのに、自分だけキーボードを使わないでネットを見ているわけにもいかず、仕方なくオフィスを後にすることになる。

帰路の電車の中で、対面に仲むつまじい若いふたりが座っている。昔はウチも何をするにも一緒だったし、一緒にいるだけで楽しかった。
今だって別に夫婦の仲が悪いわけではない。にもかかわらず、自分はただひとりになりたくて、休日に用もないのに会社に来てしまう。

一人キャンプや釣りは良い。
一人になれるから。
一人でいてもいい大義名分もある。
別に釣れなくてもいいのだ。何も考えずボーっとしている時間がいいんだ。

アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】


大人になると、皆、男はこういう気持ちになるのだろうか……、と自問する。
ふと少年時代に思いを馳せる。

あの頃は何も考えず、あの日々が永遠に続くように思っていた。
今、自分は何のために生きているのだろう。
今の自分は本当の自分なのだろうか。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181218-00027048-president-soci


大人の男の孤独。フラリーマンと言われる人生。ネットの声

司馬至
みんなと同じように学校行って
みんなと同じように就職して
みんなと同じように結婚して
フラリーマンとか言われる人生
他人と同じ事してても幸せになれるとは限らないんだね
名無しさん
今の結婚制度は人間の生物としての本能に反しているのだから改正したほうがいい。
愛情は約3年で無くなるのだから、その後は別れて新しいパートナーを探すのが自然。
そこに金銭的なリスクが発生するから誰も結婚しないし少子化が進むことになる。
結婚は3年更新制にして、子供がいる人には成人するまで国が責任を持って支援するようにしたらいいのに。
名無しさん
色々あるんだろうな、私は1人の方が気楽だし、仕事も自分から皆が嫌がった部署の1人のセクションに行ったが、仕事の効率化を図り、1人での対応を楽に変えたから無駄が減り気楽に1人で仕事をしているが、逆に同僚が避難場所に私の所によく来るな、家族もやり方はそれぞれだし、妻からは相談は受るし出来る事はするが、無理は無理とはっきり言ってる、妻も私の性格は知った上で一緒になったから、その辺は分かってるし私も妻がストレスが溜まったな、と感じたら好きなのコーヒー屋にでも連れて言って話だけは聴いてやる様にしてます、何とかやってるな。
ふぁいてぃんこー
人に縛られる人生は嫌だと思う人は結婚なんてせん方がいいよ
家族持っても自分のプライベート空間がある様ならいいけど
大概はそんなものなくて空き部屋は子供優先になる。
そうすると自分のプライベート空間は「トイレ」だけになってしまう。
男は腸が弱いからトイレに長時間籠るというのもあるが
自分の安らげる空間がほしいからトイレに籠るってのもある。
トイレに籠ってる時「だけ」は誰もジャマしないから・・
あ、ウチの猫はドアの前でニャーニャー泣いてうるさいけどね(笑)
名無しさん
それは単に自分勝手だし自業自得だと思うよ。
今まで仕事やら仕事絡みの飲み会やら何やらで、仕事を言い訳に家事も育児も親の面倒も全て専業主婦の妻に押しつけてきた。妻や子供や家庭を蔑ろにしてきたんだから、家に居場所がなくなるのは当たり前なんじゃないの?
男性は自分の時間が欲しいとか趣味に浸る時間が欲しいとかワガママ言っているが、それを妻である女性が言ったら「母親は家事育児をするべき。自分の趣味や時間が欲しいなんてワガママ」って反論するよね。それって随分と自己中な考え方だよ。結婚したなら夫として父親として少しでも妻の負担を減らすのが責任ってものじゃないかな。結婚しても夫として父親としての責任も果たさないで、家事育児介護をやりたくないから退勤後も居酒屋へフラフラ飲みに行くのはいつまで経っても考えが幼稚な証拠。
妻は何でもやってくれるお母さんじゃないんだから。


(・・・)
これは人と比べているのが根底にあるんじゃないのかな。
内から出る声に耳を澄ませてみたらいいんじゃないかな。
人の事思いやれたら、自分の事も思いやれると思いますよ。
あと、人に何かしてもらいたいとか、してあげたから自分にもして欲しいと言うのは不毛。
名無しさん
これ専業主婦の家庭じゃないの?趣味に浸りたい気持ちも一人になりたい気持ちは男性のサラリーマンだけじゃない。だけど女性は家事も育児もあるしそれらは待ってくれないからできないだけ。やらなくていいならこっちも一人になりたいし趣味に没頭したい。というか、今の管理職世代って家事分担とかしてこなかった人が多いから妻子がいて家に居場所がないとか言ってるんじゃ??今時、奥さんもパートでも働いてるんだから労働としてはほぼ一緒。寧ろ家事育児の方が残業代も出やしないんだからブラック。…つまりは、そこそこ妥協できないなら結婚しかり子ども作るなよって。
名無しさん
1人になりたいのは、何もサラリーマンだけではない。夫が定年退職してずーっと家に居る。家事をこなしてくれるのは良いのだが、一日中監視されているような気がする。自由が欲しい。
名無しさん
家事完全分担制にするなら、仕事も分担制にしなければならない。つまり共働きということだが。
名無しさん
そんな理由で、会社に遅くまで残られても、退社後、楽しみがある人間からすると迷惑な話。
その上司も、同じ境遇なので、会社にいるだけ君を評価する。日本企業の悪習慣。


名無しさん
会社やってまして気楽にしてます。蔵書が増えすぎて、今5000冊はありそう。半分は、会社に置いて、半分を書斎に。良い本に出会えるのが今1番の幸せかも。
名無しさん
気持ちはわからないではないがだったら結婚しないことだね。独身時代みたいに趣味に浸りたいなら一人でいたらいい
名無しさん
男の愚痴を聴ける女なんてこの世にはいない。
かといって風呂掃除も何もやらないでは共稼ぎ時代に夫は務まらない。
嫁さんは外で働いていようが専業主婦だろうが休日もへったくれもない。せめて自分の休日だけでもちょっとした家事をやると嫁さんの自分を見る目は変わる。というか、普段から嫁さんを観察してれば何が得意で何が苦手かぐらい、そこらの当てにならない部下より遥かによく分かるはずだが。
その苦手を手伝ったり請け負ってやることで、たとえ家事負担率二割程度でも嫁さんはありがとうと言ってくれる。
つか、そのぐらいの嫁さんでないなら結婚してても意味ないよ。
4Beat+
反対に考えるならフラリーマンの時は時間が自由に使えるんだから自営よりマシだと思って羽伸ばせばいい。
ニスト※※※
無意識に依存する人間と結婚したのはまずい。
我の強い女を選択してしまったのが原因。
Niku18
フラリーマンになったら、どうやって時間潰すか。ゴルフの練習か短時間バイトかネットカフェに籠るしかない。リーマンは大変だ。図書館で時間潰すのもあり。でも残業手当ない訳だから、いかにカネを使わずに過ごすかだ。


名無しさん
仕事があって
家があって
家族がいて
良いね
名無しさん
こうやって残業されると帰りにくい若手社員の気持ちもかんがえてくれ(笑)
名無しさん
離婚すると楽になるよ〜〜
我慢し過ぎて病気にさえなる。
なんの為に生まれてきたのか?
時間もお金も全て自由に!!
独身最高!!
名無しさん
離婚したいなぁ。
p-REX
仕方がないね。
文句が出ないほど稼いでいたらこうはならないと思う。
文句を言いたくなる程度の収入なんだと思う。
かみさんとはそういうもの。
名無しさん
凄く重みのある記事でした。理解出来てしまう自分もどうなのかな、と。


名無しさん
レンタルマイルームなんてやったら商売になるかもね。
俺は一軒家の独り暮らしなんで、やってみようかな?って考えた事はあるけど、セキュリティ上の問題あるし、うーん。
名無しさん
50代半ばの人で、管理職で残業でないのに毎晩遅くまでいる。家に帰りたくないそうだ。夜10時に山手線一周して動画見ながら時間潰してるとも。
名無しさん
家に居場所がないのは、家庭でのコミュニケーションを怠ってきたツケじゃないのか
名無しさん
この方が疲れてるですね。
けど、こういう方、結構いるんでしょうねー。
名無しさん
家に自分の部屋が有るか無いかはデカイ
・・・
仕事が終わってからフラフラする余裕があるのがすごいわ。笑
ちゃんと仕事してればクタクタでそんな余裕はない。
まずは仕事頑張ることからやるべきやね。


名無しさん
ワーキングマザーですが、よーくわかります、この気持ち
名無しさん
家に帰ると妻も趣味の世界に浸ってたりするのかもね
アイドルとか二次元とかゲームとか…
名無しさん
近所の自販機前が
溜まり場になった時期がある
名無しさん
現代の奴隷制度
Kitakitune
独身だが、居間のまんなかにロッソモデロのドライビングシートにスラストマスターのステアリングあるけど、嫁いたら捨てられるのだろうなw


鯵サンド
妻側だけどやっぱり帰りたくないよ。でも主婦業は放棄できない。
名無しさん
共働きにはまったく関係ない
むしろ奥さんの方が稼いでるし
akuraの視点
家に帰るのは午後10時以降と決めている
それまでは仕事
飲み歩いたり寄り道はしない(車通勤だし)
用意された食事には決して文句は言わない
タバコは吸わない、酒は発泡酒1缶で十分
休みは必ず一人で外出する
パチンコ、ギャンブル、ゴルフ、釣り・・・
金のかかることは一切しない
スーパー銭湯、健康ランドでダラダラ過ごして、また午後10時以降に帰る
今のところ何の問題もない
バーナーうぜえ
フラリーマン?
流行らなそうな名前
名無しさん
オイラには車もバイクもプラモもフィギュアもあるので寂しくない。すぐに家に帰るよ!ただしテレビは観れない。


名無しさん
幸せじゃん。
おれは、毎日仕事→趣味→帰宅→子どもと夜ご飯で、充実感たっぷりだけど。
中学、高校になればまた違うのかな?
sunnosuke
経済的な理由以外にもこういう理由があるんだな。
ますます結婚なんかするもんじゃないな(笑)
名無しさん
一軒家を建てるときは、引きこもりルームを作りたい。
名無しさん
皆と同じように結婚し、家を買い、子供育てて、何の幸せも感じ無かった。
分かってても、産まれてから死ぬ迄は一人で生きて行ける訳無いから今の後悔がある。
ノルマ達成の為働いて来て今思うにそろそろ人と関わら無くても生きて行ける歳になって来たので、人間関係を断って一人好きに生きる準備をしてる段階です。
一番のネックが携帯で、こいつが無いと困るけど、全ての知り合いと関係が切れない。
番号変えるにも不都合が生じ、困ったもんだ。
人里離れた自然界で一人生きて行けたら最高だと思うが。
名無しさん
家事しないでダラダラしたいから帰れないんでしょ。離婚したら?
自分で家事できない人には無理やね。


wbc_dakkan_kigan
小遣い制でカネをふんだくられて、こんな空しい思いをするなら独身がいいよね。
普通はカネを使ったら、サービスを受けられて、精神が充実するものだが。
名無しさん
口にしないからと言って、平気じゃないです。でも、自分の食べた食器くらいは自分で洗おう。子供がいるなら、子供にもやらせることはごく当たり前では?と思いました。
名無しさん
何が何でも結婚という昭和の考えのもと、後先考えずに結婚するから哀れな人生を送ることになる。
名無しさん
まずは全て辞めて自由になろう!笑
名無しさん
その間嫁は一人で子供見なきゃいけないの気がついてるか?
どれだけ精神的に負担か。趣味の時間なら、お相手だって欲しいでしょうよ。なんで私だけ!って思ったって仕方ないじゃん。ちゃんと子育て参加しなさいな。種仕込んで終わりじゃないんだから。


名無しさん
なんで離婚しないのかさっぱり分からない。
離婚すれば、生活費の負担が減る、うるさい嫁と顔を合わせなくて済む、自分の趣味を自由にできる、新しい彼女を作れる、いいことだらけ。
子供のためなのかもしれないが、離婚しても永久に会えなくなる訳でもなし、近所に住んで普通に子供とだけ会ってもいい。
その前に今の賢い男は結婚しないけど、うっかりこういう嫁と結婚しちゃった男は全力で離婚する方法を考えた方がいい。
ニコちゃん大王
男と女は基本的に考え方が違うからね
互いの違いを理解しろとは言わないけど心の深層部に触れない寛容さは必要じゃないかね
趣味ってそうだろ?
幸い我が家では規模こそ独身時代から縮小させても否定されず自由にさせてもらってる。
名無しさん
休日出勤はやめろ、迷惑だ。
名無しさん
30代の男です。娘ができて、男と女は生まれた時から、違う生き物だと認識しました笑。男は黙って仕事!
名無しさん
コンビニでいつまでも車の中でウダウダしてる奴らもこの類?
だがこっちはそんなこと知ったこっちゃねぇからさっさと出てけよ邪魔くせぇ


管理人の率直な感想

実家の近所にお酒を飲めるスペースを設けた酒屋さんがありましてね、毎日下校時にその酒屋にオヤジどもが集まって飲んでたんですよ。
「しょぼくれたジジイどもだぜ・・・勘弁だな」なんて思って毎日通り過ぎてました。

「クソガキー!制服着て堂々と歩きタバコかーこの!」とか毎日言われてましてね。
「おっちゃんたちに言われたくねーよ」ってのが日課でした。

でも今ならちょっとだけ気持ちが分かるんです。
そのオヤジどもは、出身地がバラバラなわけじゃなくて小さい頃から顔馴染みのメンバーなんですよ。
お酒は飲んでますけど、あの場所だけは子供の頃に戻れる場所というか、落ち着ける場所であり自分らしくいられる場所。

ネバーランドってやつですか。飾りっ気は全くない場所ですけど。

家に帰れば現実が待ってますからね。

世の中の奥様達。
趣味くらい許してくれませんか。
人様に迷惑をかけてるわけじゃないんですから。

何で盆栽は許されるのに、プラモデルとかゲームとか漫画とかオモチャ系は許してくれないんでしょう。
盆栽と何も変わりませんよ?

とりあえず一人キャンプか釣りにでも行ってみましょうか。
健全でしょう!
でも、川釣りってなかなか釣れないんですよね。
詳しい先輩、誰か僕にご教授願えませんか。





スポンサーリンク

フォローする