【さいたま市浦和区】父親が巨漢息子を殺害、コンビニ店員が感じていた 「元日無理心中」 の予兆

スポンサーリンク
スポンサーリンク


事件が起きたのは元日。

「私、これから死にます」

さいたま市浦和区の無職・細谷俊夫容疑者(67)は午前6時20分ごろ、そう110番通報した。


スポンサーリンク

身長180センチ・体重120キロの息子

「救急隊員が通報のあったマンションに駆けつけると室内には家族3人が倒れていました」(捜査関係者)

長男で無職の祐介さん(31)は6畳の和室で布団の上にうつ伏せになっており、搬送先の病院で死亡が確認された。妻(64)は脱衣所であお向けに倒れ、首に軽いケガ。細谷容疑者は果物ナイフで自ら首を刺したとみられ、重傷を負っていた。

「細谷容疑者が祐介さんの首を絞めて殺害したとみています」(前出・捜査関係者)

ケガが回復した2月14日、埼玉県警浦和署は殺人の疑いで細谷容疑者を逮捕した。

一家は約30年前に現場の分譲マンションを購入し3人で暮らしていた。

「祐介さんは大学に進学した10年ほど前に統合失調症と診断され、通院していました。介護が必要な状態で、お父さんが面倒を見ていました」(知人女性)

妻も同じ病気で、細谷容疑者が2人の介護の担い手だった。数年前に定年退職してからもそれは変わらなかった。

自宅療養していた祐介さんが日中、マンション周辺を歩く姿は近所で有名だった。

「祐介さんは身長180センチ、体重120キロと大柄。髪は肩まで伸びた天然パーマで、ヒゲもモジャモジャでした」(同じマンションに住む男性)


細谷祐介さんの奇行

その風貌に加え、目立っていたのは奇行だ。

「路上をはだしで歩いたり、夏場に上半身裸で道端に寝てしまい、マンションの住人が数人がかりで自宅まで連れて帰ったこともあった。病気のことはみんな知っていましたので、“しかたがない”って思っていました」(同男性)

家の中では大きな声を出すこともあった。

「昨年8月、細谷容疑者は“息子が暴れている”と警察に相談したこともあったそうです」(全国紙社会部記者)

細谷容疑者は中肉中背。息子を押さえつけるのは大変だったろう。

発症前の祐介さんを知る小中学校時代の同級生の母親は、

「祐介くんは身体が大きくておっとりした優しい子。“ホッちゃま”と友達から呼ばれる愛されキャラでした。どうしてこんなことに……」

と言葉を詰まらせる。


年越しの異変

細谷容疑者は、病気と闘う息子や妻ととことん付き合ってきた。近隣住民の理解や助けを得るためか、自治会活動には積極的に参加したという。

「笑い声が大きくて、豪快な方。物事をはっきり言う裏表のない性格で、何事にも一生懸命でした。奥さまと買い物に出かけるときはいつも荷物を持ってあげて、見ていて微笑ましかった。家族のことでご苦労されていたと思いますが、愚痴は1度も聞いたことがありませんでした」(同じマンションに住む60代女性)

妻に注いだ愛情は、長男にも向けられた。この女性には忘れられないシーンがある。

「祐介くんが外出するとき、お父さんが2~3メートル後ろから見守るようについていくのを見かけたんです。他人に迷惑をかけたり事故に遭わないかと心配なんでしょう。祐介くんは上の空で気づいていませんでしたが……」(同)

なぜ、愛する息子に手をかけたのだろうか。前出の捜査関係者によると、細谷容疑者は取り調べに対し、「何も答えたくありません」と容疑を否認しているという。

一方、前出の男性住人によると、細谷容疑者は「人の話を聞かなかったり、突然怒りだす側面もあった」という。

年末の大掃除を終えて家族で1年を振り返り、テレビの紅白歌合戦を楽しむのが大みそかの定番スタイルだとすれば、細谷家の昨年末はどうだったのか。大みそかの晩から元旦にかけ、細谷容疑者が自宅で酒を飲んで大声で騒いでいたというマンション住人の証言がある。

不穏な年越しの予兆はあった。細谷容疑者を知るコンビニのスタッフが打ち明ける。

「細谷さんは毎年うちの店でクリスマスケーキとおせち料理を注文してくれたんです。ところが昨年末はいずれも注文がなく、どうしたのかな?と気になっていました。事件は衝撃的でした」

何が犯行の引き金になったのかはわからないが、12月初めには遠因が生じていたのかもしれない。家族を支える献身的な姿を長年見てきたマンション住人からは細谷容疑者に同情する声もある。



参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190227-00014570-jprime-soci&p=1


統合失調症を患う息子と妻を懸命に介護していた細谷俊夫容疑者。限界を迎えた上での無理心中か?ネットの声

名無しさん
お父さんのお気持ちお察しします…
想像超える疲労、心労があったと思われます。
もし自分ならどんな選択をしていたか…
名無しさん
身近にこの家族がいたとしても、どうしてあげればよかったのかわからない。
解決方法があったんだろうか?
名無しさん
これは一個人での解決方法は、ないと思う。
行政がなんとかしてくれないものかなと願うけど。
名無しさん
無理心中したい気持ちもわかる。減刑をお願いしたいね。
名無しさん
以前就労支援の施設で統合失調症の利用者さんを見ていた
経験がありますが、比較的症状の軽い方でも調子が悪く
なったり、少し良くなったりの繰り返しです。
ご夫婦で精神疾患の方を見るのも大変なのに、お父さんが
1人で2人を見ていたというのは想像を絶するご苦労が
あったのではないかと思います。
どちらか、あるいは2人とも施設にお願いしてもよかった
のではないかと思います。行政の力添えが必要。
どんぐり
これはどうにもならなかったことなんだから、刑を軽くしてほしい。


名無しさん
容疑者を非難するようなコメントがあまりなく、この病気の家族を抱える大変さに理解を示していただけて感謝しています。私は兄と姉がこの病気です。この手の事件が起きると、同情するけれどでも殺してはいけない、役所等社会福祉に相談すべきだった等のコメントをよく見聞きします。しかし役所がしてくれる事には限界があります。一時的な入院だったり、短時間のサービスだったり。家族は、場合によっては暴力を受け、一般的な常識や理屈が通らない相手に何十年間も付き合わなければならないのです。他人に危害を加えてしまったら、という恐怖も何十年間も伴います。生活が出来ない、または家族や周りが異常を感じる限り、正直ずっと入院していて欲しいと思いますが今の行政ではそうしてもらえないのが現状です。隔離について、人権が…等おっしゃる方がよくいますが付き合わなければならない家族の人権はないのかと思ってしまいます。
精神疾患の人をなんとか入院させられなかったのかな。詳しいことはわかりませんが、介護をずっと続けていて、しかも息子は巨漢で力も強いから、周りの方に迷惑をかけたくなかったんだと思う。
経験上、家に一人でも精神疾患がいたら、普通の人間の方が滅入って鬱になるよ。本人は変なことは言うし、暴れるし。外からは近所の目もあるし、他人には噂を立てられる。
幼児教育無償化は要らないから、こういところに政治家はお金をつかってください。
名無しさん
これは辛いですね。
精神を病んだ人間と向かい合うのは本当に簡単なことではありません。
それが家族でも、というより家族だからこそ一層苦しいと思います。
多少は周囲の協力も得ていたようですが、ほとんどをお一人で背負われていたのでしょうね。
何が引き金になったのかわかりませんが、ご自分の年齢などから将来を考えてしまったのでしょうか。
名無しさん
精神系の障害は、聞いたり調べたりするのや、なんならいって時間か変わるだけでは決してわからない闇がたくさん、そして深くある。
一緒に暮らしてみて、やっとわかることばかり。
お父さんは、ほんとに大変だったんだろうと思う。
行政などの助けも受けてはいただろうけれど、金銭的な負担は当然軽くないし、夜間や休日など、結局は一人で何とかしなくてはならない場面は多いから…
名無しさん
妻と息子二人が統合失調症で自宅介護は無理では?
しかも120kgの巨漢なら幻覚や幻聴で暴れだしたらどうしようも無かったのではないかと。。
こういった事件があっても、病人を閉じ込める病院は悪だと叩く人権団体が居るけれど、
親が年老いて子供を看れなくなれば周囲の人は対応の仕様が無い訳で…
お父さんに寛大な判決が出て欲しいと思ってしまう。。
名無しさん
親からしたらもし自分たちが先に死んで不安定な子供を残したら生きていけない所じゃなく、もしかしたら他人が犠牲になるかもしれないと悲観的になりますよね。 不謹慎だけど少ない可能性ですが未然に将来の被害者を出すことを防いだのは良かったとは思います。 自分も一杯一杯だったのかもしれませんが…  更生を美徳として犯罪者を世に放って被害者を増やし続ける人権ガーが一番悪だと思う。


名無しさん
施設に預けたいが経済的な余裕がない。
おそらく相談できるところに相談し尽くしたと思う。
だが結末は悲しい形になってしまった。
本当に必要なところの改革を後回してにした結果だと思います。
国にとっては小さな問題なのだろう。
この人は愛を持って殺めたと思います。
言葉がありません。
名無しさん
息子の将来を悲観してなのかな。
殺すのは悪い事だけど
いろいろ悩んだ末の決断だったのかな。
ダイアモンドダスト
不謹慎な様ですみませんが、一昨年亡くなったゴ一ルデンレトリバー犬が生まれつきの統合失調症でした。奇行があり、酷くなるばかりで飼主の私にも警戒心を抱いて疑いの目を向ける始末でした
。困り果て病院などを巡っても薬を出されるばかりですが、大きな身体と奇行とで手に負えず薬で効かないなら、もう手の施しようが無いと言われました。9年間闘いました。行き着いた動物病院の先生から、後は猛獣の様になるばかりです。良いと思える時がある日を決めて、なるべく早めの決断を進めます。と言われました。私に決心がつかないと思ったのか頂いた薬を飲んで2日後に亡くなりました。偶然かも知れませんが長年これでもかと苦しみました。人間には、どの様な手段があるのでしょうか?やはり犯罪者になる道しかないのでしょうか。
名無しさん
なんとなく父親の気持ち分かるな~。
僕は20歳になる障害のある息子がいます。超未熟児で産まれ、歩く事は出来ず車椅子生活です。知能は小学低学年程度です。毎日グループホームに通い、人様には迷惑かけないように幼少期からしつけてきました。息子の将来や親である私達が死んだ後の事を考えると、いつか息子と一緒に死のうか考えてしまう時があります。障害を持って産んでしまった事が申し訳なく思うと同時に、自分が嫌になります。健常者なら思い立つまま遊びや外食等、出かけたり出来ますが、車椅子だと何日も前にヘルパーさんの予約取ったり車椅子でも利用出来るトイレがある場所に限定されてしまって、本人も口にはしないが辛そうです。介護は、する方もされる方も地獄を感じます。弱い父親ですが、それでも息子が大好きです。
名無しさん
妻も息子も統合失調症で介護が必要な状態で高齢のご主人一人でやっていたならそりゃ精神状態はパンクするでしょう。
親の愛情で、夫の愛情で二人を見ていたのだろうけど一人介護するにしても相当大変なんだよ。
それが1対2でしょ。無理があったんだよ。せめて息子だけでも施設に入れられたら結果は変わっていただろうに。
無理なら無理と介護する側がちゃんと声にしないとわからないから。
名無しさん
お父さんは真面目で一生懸命家族を支えていたのでしょうね 奥さんと息子さん二人の介護はどれほど大変な事だったか
なんとか解決方法はなかったのか 誰かに助けを求める事は出来なかったのか悔やまれます。


名無しさん
お父さんにとっては最後まで愛する息子だったと思う。介護疲れもあると思うけど、自分も年を取って将来を悲観することが増えて、、、、きっかけがあったというよりも、日々の悩みが積み重なってのことなんじゃないかな。。。気の毒。
目には目を♪愛には愛を♪♪
いやー、容疑者だけどお父さんもそれ相当な苦労があって、心中なんだろうね。
若いならまだしも、体力的にはかなりキツかったと思う。息子だけならまだしも、奥さんまで同じは病気では、正気のお父さんも精神的に生きてるのが嫌になったんだと思う。
近所の周りの人が日常見て知ってたんだろうし、情状酌量の判断があるかもね。
結婚したときはお父さんもこんなことになるたは思っても無かったでしょうに。
名無しさん
これから先も大変な問題だと思います。
認知症、介護、国は家庭介護を進めもしているが
それには、家族の支えが不可欠で、家族は仕事が
出来なくなる可能性がある、家族には迷惑をかけたくないと言う思い。
老老介護、ストレスが溜まるでしょう、イライラもあるでしょうし、こう言った問題は国を挙げて
解決しないとと願います。
どうしようもない所まで追い込まれてしまうんでしょうか、居た堪れない出来事に悲しすぎます。
虐待、親が子、子が親をと悲し過ぎる事件の何と
多い事でしょうか!
名無しさん
腕の中におさまるうちなら面倒も見られますが、その子が成人し自分が老いてくると…とても大変だったと思います。家族のなかでもお父さんが一番辛かったろうと思います。手にかけたことは許されないけど…じゃあどうすればよかったんだろうとも思う。
名無しさん
殺人は絶対に良くない事だけど情状酌量の余地は充分にあると言う。
名無しさん
マンションの住人の方々も“仕方ない”と微力ながら、加勢するお付き合いがあったのでしょうが、流石に家庭内までは無理だったんだろう。逆に、周囲にコレ以上、迷惑をかけたくないと言う気持ちも強かったんだろう・・・


.
お父さん、一人で子供と妻の問題を抱え込みすぎていたのでしょう。退職後ますますその傾向は強まり、お父さんも精神状態を壊してしまったのであろう。
積極的に民生委員や地域の人が声をかけることがあっても良かったろうし、お父さん1人に負担をかけさせる状況を回避出来たら
殺人事件に発展しなかったろう。
福祉制度等を利用したら良いというコメントもあるが、それは
ごもっともだが。利用する人が相談をしに行く今のやり方では、声をあげられない人間はどうするのか?声を拾ってくれなかったらどうするのか?このお父さんもそうした人だったのかもしれない。
つまり.・・・制度の方からアプローチをかけることくらいあっても良いとは思うのだが。
名無しさん
精神疾患ではないけど、発達障害の息子たちがいます。医師からは、社会に出たら二次障害で精神疾患を併発する可能性が高いと言われています。
そうならないように、周りに迷惑かけないように、本人たちも生きやすいように、小さい頃から労力も時間もお金も何もかも犠牲にして育児してきました。
それでも何の成果も報酬もない。
暴言、暴力、癇癪、奇声、認知の歪み、他罰思考、ゼロ百思考、感覚過敏。。
もう気が狂いそうです。
このままでは殺してしまいそうだから助けてくださいと児相に駆け込みましたが、現状行政ができることはありません。
親が明らかにおかしい危険なヤツなら子供を助けてくれるけど、この事件の父親や私のように、子供のことを愛して一生懸命頑張っている親には支援の手は差し伸べられ無いのです。
この事件は、まるで我が家の未来を見ているようです。
名無しさん
統合失調症の薬は、体重増加の他にも辛い副作用があります。巨漢とかいう言い方は、ひどいですね。こういった副作用は自分の力ではどうしようもありませんから…
名無しさん
病の患者を看ている周りも、辛いと思う。変わってあげることは出来ないし、負担は容赦ないだろうし、父親が殺害した動機を
「話したくない。」と言っているのだから父親の心の中に封印しておきたいのだと思う。第三者は、それ以上触れてほしくないのだと思う。
名無しさん
1人で2人の面倒を見ているのはかなり大変だったと思う。精神的にも肉体的にもキツい。こんなとき時こそ行政に相談するべきだと思う。責任感の強い方だったのかな。
名無しさん
お父さん、自分一人で全て抱え込んで悩むに悩んでの行為だと思います。
お父さんもお気の毒です。


名無しさん
介護の苦労はまわりには本当の意味ではわからないと思う。
奥さんの病気がどれくらいなのかは分かりませんが、家庭の中で自分ひとりで2人を介護って相当な孤独感だったと思う。
介護が必要な人が全入居もしくはデイケア施設への所属を義務化するような制度があれば事件が減ると思うんだけど・・・。
先立つものがなぁ・・・。
名無しさん
家族ふたりが統合失調症で、高齢なうえにその介護。
心労も相当なものだったでしょう。
殺したことはよくないけれど、気の毒でならない。
責任感ゆえに、ふたりを置いて逃げ出すこともできなかった。
これは、何が正解だったのか。
名無しさん
奇行を繰り返す場合はそれなりの専門の病院か施設で治療が必要だったのでは無いでしょうか。
この様な場合はどこに相談すれば良いのでしょう。
家族で見守るのにも限界が有ったのではと思います。
名無しさん
31歳の息子さんだけでは無くて、奥様も精神的な病だったなんて、そんな家族二人を、たった一人で面倒を見て居たのだとしたら、御本人も鬱病等の心の病に成ってしまったのでしょうね
30年前にマンションを購入したとの事ですが、その時点では、奥様と一歳の息子さんと3人で明るい未来を描いて居たのでしょうに、犯罪者に成ってしまった事に同情します。
名無しさん
自分の兄もうつ病で苦しんでたからよくわかるよ。
障害年金とかもらえてたのかな、このての問題はお金が占める割りあいが大きい。
精神障害の場合は認められないケースが多い、特に若い男性は特にそう。自分の兄は申請しても認定されなかった。
政治家や官僚の天下り先での二重退職金払うぐらいなら、障害者の待遇改善してくれよ。
名無しさん
統合失調症って治らないと言われますが、一人でお辛かったと想像します。自分がいなくなったらと想い連れていこうと。
>妻に注いだ愛情は、長男にも向けられた。この女性には忘れられない>シーンがある。
これが全てでしょう。同情します。


名無しさん
家族だけど、この状況を毎日となると誰だって壊れてしまう。精神の病気に対する対応が日本ではまだまだ遅れていますが、似た様な状況の人達がこれからの日本社会では増えて行くでしょうね。
黄昏彗星群☆
なんともやりきれない事件。
統合失調症の家族2人を1人で見ていたなんて。
行政の制度で救うことはできなかったのだろうか。世間に迷惑をかけないようにお父さんが
自分の手でケジメをつけたのだろうけれど
そこまで精神的に追い詰められていく心中を
思うと辛すぎる。
みなさんが安らかに眠れますように。
名無しさん
お父さんの方が可哀想。自分も年なのに、いつ終わるかわからない介護(しかも二人も)に追われる毎日なんて。
きっと、疲れてしまったのと、将来の事を考えて、この選択肢しか思いつかなかったんだろうな…
誰か相談できる人いなかったのかな?
どうか、刑が軽減されますように…
個人的には、無罪でもいいと思うけど…
介護はしんどいし辛いよ。
tak☆☆☆☆☆
容疑者となってしまったお父さんの心労は限界を越えていたのでしょうね。精神疾患の奥様、お子さんを抱えて。
毎日毎日家族の為に頑張って数十年働いて、やっと退職して余暇を楽しむはずの時間が介護とはやりきれなかったと察します。
出来ることなら情状酌量で。
心が痛いですね。
****
高齢の父親一人では限界だったのかもしれませんね。息子さんがこのままでは他者への危害も恐れたのかもしれないし、悲観したのかもしれない。
痛ましい事件だと心痛みます。
解決策はあったのだろうか?正解はあったのだろうか?
名無しさん
外で愚痴を言わないということは、家庭でストレスを発散させていたのだろう。それにより、奥様、息子さんが過度なストレスを感じていたのだと思う。統合失調症は、精神科医が適当につける疾患名の代表格。おかしいと言われる行動は、精神疾患の薬による影響だと思う。
精神疾患の薬は、覚せい剤のような薬物と成分が紙一重。精神科医もピンキリ。悪い医者にかかってしまうと薬をどんどん増やされ薬物依存になってしまう。その悪い医者を監督指導する行政機関が日本には存在しない。そして、覚せい剤と紙一重の薬は合法的に沢山処方され、薬物依存者が増えこのような事件がおきているのだと思う。精神科医、製薬会社の暴走をとめる行政機関は今の日本に存在しない。厚労省と自治体とたらい回しにされその事実がわかりました。


名無しさん
措置入院させておけば父親もここまで悩まずにすんだろうに。統合失調症が家の中にWは相当キツいと思う。
名無しさん
身内の介護というのは、やったことある人にしかわからない壮絶さがあるんじゃないかと思う。
一見元気そうでも、なかなか手がかかるわけで・・・それを一人でやっていたのだったら、見えないところで追い詰められていたのは何だかわかるような気がします。
私も今、義母の介護をしています。
義兄と義兄嫁は口出しだけで何にもしません。
長男だからと威張るだけです。
心折れそうになる時もありますが、義兄家より職場の同僚なんかと話している方が立ち直れます。
協力者がたくさんにれば、息子を手にかけなくてもよかったのかな・・・きれいごとかもしれませんが。
名無しさん
お父さん一人の頑張りで妻と巨漢の子供2人の面倒を見るのは限界があるでしょう。
年とともに体力も落ちてくるし、この先自分が倒れたらどうなるのかと不安もあったでしょう。
やはり、こういう案件は行政がなんとか手を貸さなければならないと思う。
hagujyouyaku
施設か看取りでしか生きれない治る見込みも無い・・・。
自然界なら真っ先に補食されて周りとは断絶されるのに人間界ではそれが許されない。100まで生きる価値があるのかどうか?護らなければならいのか?政治家が決めれないなら国民投票でも決めれないのだろか?諦めるという選択。
言い方悪いかもしれないがコミュニケーションが取れない時点で人権のカテゴリーから外れて動物なのかもしれない
責任を持って動物として個人で保護出来る方なら良いかもですが、保護出来ない時は悲しいですが人権のカテゴリーではなく動物として扱う方が実は人間社会としては生きやすいのかも知れない
明日は我が身と考えると自分なら家族に迷惑かけるなら長生きするより早く諦めたい
名無しさん
統合失調症が家族に二人もいて、介護は壮絶だったと思います。子供だと自分よりも長く生きる分、辛かったでしょうし、いろいろお考えになっての事だと思います。
名無しさん
介護や育児に限らずですが、周りに助けを求める勇気って、大事なんでしょうね。また、どこに助けを求めればいいのかという情報も。
もし自分が同じ状況になったら、どうしてよいのか、どこに助けを求めればよいのかわからないと思う。


pinotansanma
お父さんと息子さんが統合失調症と聞いておりました。
お母さんも同じ病気だったとは…。
お二人の介護の日々で、お父さんも精神のバランスを
欠いておられたのですね。
こういう事件の時、警察は行政はと、必ず出ますが
やはりご家族の方が動かないと無理ではないかと思います。
なかなか声を出せない病気ではありますが、相談機関は必ず
ありますので家族でなんとかしようと思わないでください。
名無しさん
統合失調症の母がいますが本当に大変です。怒り出す、暴れ出す、家族を泥棒呼ばわりするなどを毎日しつこく繰り返されますのでこちらの気が狂ってしまいます。
残念な結果ですがそもそも病院に入れるべきだと思います。
名無しさん
統合失調症は周りの負担が大きすぎる。
それなりにコミュニケーションできる相手ですらイライラするのに。
海外でもこの病気は多いと思うが、副作用の少ない、よく効く薬はないのだろうか。
名無しさん
息子を自宅に置かずに、施設など専門的にみてくれる所にお願いすれば良かったのにと思う。妻も統合失調症との事で、一人で抱えるには無理があったのでは…
名無しさん
統合失調症は遺伝するとも言われてる。
だから何だと言われるかもしれないが、子供を作るのは通常でも覚悟がいることだが、遺伝するかもしれないことを頭においておいた方がいいかもしれない。
名無しさん
時には、大声を出したり、暴れてみたり
したとしても、またすぐ我にかえり、
それでも愛する家族だからと頑張って。。。
自分の精神状態が不安定なのも気づいていて、
そして、衰えていく自分と、家族の今後に思い至った時、どうしようもなくなってしまったのかなと思います。
自治会等に積極的なのに行政に頼らなかったのも、自分でみてあげたかったんじゃないかな。


名無しさん
統合失調症の家族がいる。大声出したり、自分で移動することができない。でも不安になると奇声をあげたり、暴れたりする。
本人は在宅を強く望んでいるから、家族が望んでも施設に入ることはできない。医療保護入院もずっとはできない。入院︎少し良くなったら退院︎悪化︎入院という流れになってしまう。一緒に住んでる家族は精神的に追い詰められる。結局、受け入れ施設がないから家で抱えて行くしかない。大切な家族を手にかけるほど精神的に追い詰められてしまった父親..人ごとに思えない…
mizuyama
「巨漢息子」ってどういう意図でネーミングしたの?
統合失調患者とコミュニケーションを取り続けるにあたり、おそらく才が無かったんだと思う。徐々にダメージが蓄積し、ご自身が覚悟された勝負に敗れたのでしょう。
行政の支援には期待できないけど、国が放棄して良い議論ではないと思うよ。これが普通の殺人犯と同等なわけないじゃん笑
名無しさん
精神疾患と言われている方のなかには、内科的疾患があるために思うように動けない方もいらっしゃると聞いています。
道路で動けなくなっていたのだって、奇行ではなく、疲労や脱水症状が原因だったのかもしれません。
精神疾患というだけで、なぜ「殺してはいけない」と言われることさえ、許されないのでしょうか。
名無しさん
障害のあるお子さまをずっと介護していくことは、想像を絶すると思います。
また、奥様も同じように介護が必要とは、本当に地獄のような毎日だったのかもしれません。
限界を感じていたのでしょう。
誰かに甘えることができたら、弱みや本心を打ち明けられる場所があれば違っていたかもしれません。
残った命は大切にしていただきたいなと思います。
名無しさん
巨漢で奇行、施設だって出来ればお断りしたいでしょう…。
以前、ダウン症の同級生を20年ぶりに見かけた。
ぼってりとした身体で、母親の後ろをヒョコヒョコと歩いていた。
小学生低学年の頃は母性本能の溢れた女子たちがこぞって面倒を見てたけれど…。
頭は幼児のままなのに、身体だけ老化が進むなんて残酷ですよね。
身体も幼児のままなら、周りも優しいし暴れても抱きしめるだけで済むのに。
シナモンさん
心の疲労、体の疲労、将来への絶望、お父さんの中に明るい希望は何もなかった。他人に迷惑かけずに終止符を打つ方法はこれしか無かった。お父さんを誉めてあげたい。


名無しさん
前途悲観されての犯行この父親の年齢だとそこしか考えられなかったんでしょ。綺麗事では解決できない現実だったと思います。残酷です。
名無しさん
以前務めていた職場で、事務を担当していた社長の奥方が統合失調を患った。
妄想や妄言の垂れ流しものべつではなく、一時的に正気に返る期間があってそれが事態をさらに悪化させることにもなった。
2年ほど入退院を繰り返したが、結局廃業の運びとなって晴れて無職(のち転職)の身となったことがあった。
それはもうただの社員でしかない自分にとっても壮絶な地獄の様相だった。
それが家族、しかも妻と子供を一人で面倒見なければならなかったのだから、実情は大げさでなく生き地獄だっただろうと思う。
法律の上で殺人は許されることではないが、この父親の心中察して余りある。
せめてもの救いは、ようやく一息つく時間ができたのではないかということだ。
追い詰められていたら、真っ当な判断なんてできっこないんだから。
まずは、少し休んで欲しいな。
名無しさん
法律ではダメな事をしてしてしまったと思いますが、自分がもしその立場でその年月生活してたと想像すると、無罪にして欲しい。周りの理解がある程度あった様なので非常に残念です。
名無しさん
妻も息子も統合失調症で介護が必要。それを10年も一人で介護したのなら限界でしょうに。
自分が死んだ後に周囲に迷惑をかけないよう、無理心中したのでしょう。
これは責められない。責めてはいけないと思います。
名無しさん
生きていくなかで一番辛いのは精神を患った人と関わらないといけないことだと思う。自分の努力では乗りきれないし乗りきったと思っても再発してしまう。遺伝など先天的な原因なんで絶対結婚の際は親族などの身辺調査は大切。綺麗事ではない。差別ではなく区別。
名無しさん
奥さんとお子さんが統合失調症って、かなりキツいと思います。
将来を悲観し無理心中を図ったのだと思う。
幼い我が子を虐待したり、身勝手な理由で殺めた親は罪を重くして欲しいけど
今回の事件は減刑してあげて欲しい。


ぼーちゃん
以前障害を持った子を離れの部屋に閉じ込めていた事件があったが、非常に難しい問題。
やはり行政によるバックアップのシステムを確立しなければならないと思う。
aa
昨今は、なるべく入院期間を短くし、自宅に帰す傾向が強い。
それだけでは、たとえ通院はできたとしても、家族とって負担はかかるばかりだ。
行政は、実情に見合った方針を立ててほしい。
名無しさん
老人介護や精神を病んだ方の世話とかなんでも家族でしないといけない世の中はどうかと思います福祉で家族の負担が軽くなる仕組みが必要と思いますあるのかもしれませんが充分でない気がします悲しい事件です
名無しさん
一生涯治る事もなく、働くことも出来ず、人様に面倒をかけるご子息を自分の手で始末したことは称賛に値する。勿論殺人は決して許されることではないがご子息の幸せを考えた結果の行動なら情状酌量の余地は十分にある。
名無しさん
一人で抱え込んだ介護だったのでしょう。
息子さんは障害のサービスを使った外出支援、奥様は介護保険を使ってヘルパー、デイサービスなど、プロが介入する必要があったと思われます。自分一人でできると思い込んでしまう男性介護者は多いです。旦那さまは家族会で仲間を見つけて、ご自身のケアを忘れずにしてほしかったです。
名無しさん
とても悲しい事件。愛情や責任感だけではどうにもならない事ってある。ましてや病気を抱えていれば、専門家の手を借りることや介護者が気兼ねなく相談出来る相手が居なくては。
ただ、見守ってくれる優しい方々がご近所にいらっしゃったことは、お父様にとっては唯一の救いだったはず。殺人は決して許されない事だけど・・・複雑な気持ちになります。


名無しさん
どんな事件にも必ず背景がありますね。
背景を共有していくことによって事件の本質が見えてくるうに思います。
今回の記事の続報を期待します。
返信しないで!?私削除魔だから!?
かわいそうだな。お父さん。自暴自棄になられたかな。お母さんが首に軽い怪我なのは愛情があったのだろう。息子は絞殺もとても刃物では惨くて出来なかったのだろう。情状酌量になってくれると良いな。
名無しさん
お父さんも鬱みたいになっていたのかもしれないね。それまでは病気の2人を抱えながらもクリスマスケーキとお節料理を準備していたということは、家族を大切に一生懸命やっていたことの表れだよね。それが今年はなかった。張り詰めていた気持ちが破裂しちゃったのかな。もう、三人で来年を迎えないことを決意してたんだね
muuran2017
父親の疲労は蓄積され心身ともに
精神的に衰弱・消耗した結果、
こうゆう痛ましい事件になったと思います。
罪は犯したことには違いはありませんが
国や地方自治体の要介護者に対する
補助的な制度を浸透させ生かして頂きたい。
名無しさん
息子も妻も病気持ちで、2人の介護は肉体的にもかなり大変だったと思う。しかも息子は巨漢だし。殺害はダメだが、それだけ精神的に追い詰められてんだろう。行政や施設に助けを求める事はできなかったのかな。
名無しさん
自分だけで、抱えてしまいましたね。
行政の助けが必要でしたね。
二人も精神的病にかかり、大変苦労されたかと想像します。
張りつめた糸がプツンときれてしまったか。
助けを求めて欲しかったです。


名無しさん
抱えた人でないと大変さはわからないですが、相当大変だったと思います。
私も親族にいましたが、暴言を吐いたかと思うとかわいい事を言い、恐ろしかったです。
raionmaru
自ら決着をつけた父親の決断を私は称賛する。
父親は望まないだろうが、裁判では酌量が必要だと思う。
名無しさん
きょうだいが統合失調症でした。
投薬によってだいぶ病状は抑えられるようになっていましたが、ある日突然自ら命を絶ちました。もちろん大変なこともありましたが、両親が悲しみに暮れていたのを見て、親よりも先に死ぬことがなんと親不孝なことかを気付かされました。きょうだいの分もしっかり生きていこうと毎日思っています。
名無しさん
これは誰が悪いとかの話ではないよね。
統合失調症になった原因がある意味犯人だね。
大学に合格したって事は多分それまでは普通だったんだろうから何があったのか・・・
名無しさん
統合失調症、発達障害等…50年前は明るみにならなかった病気ですよね。
それが今顕著になった…生きるのがつらい世の中だってこと。
このお父さんは幸せな未来が見えなくなったんでしょうね。先行きの希望が見えなくなったから一家心中を図り、幕を降ろそうとしたんだろうね…それは家族や社会に対する責任の取り方の表れだったかもしれないようにも思えます。
名無しさん
定年後毎日一人で二人の介護って辛すぎる
施設に入れるお金もなければどうすれば良いのだろう?


あ〜
このお父さんに同情します。
一時的に病気で親の介護が必要だった時、とても大変でした。
このお父さんは2人、それもいつ治るかわからない病気。長期介護は、精神的にもつらく、歳をとり、肉体的にもしんどくなったのでしょう。
殺人は悪い事ですが、もし自分が同じ立場になったらどうしていたか、考えさせられる事件です。
結果Allright☆彡
御三方とも人並みの幸せを謳歌できず無念であった事でしょう。
決して他人事ではありません。周囲の方も知っていたぐらいですから、何らかの行政の手助けはできなかったものでしょうか…。
名無しさん
どうせ過去の判例とかで現代の実情に合ってない司法の判決になるのだろう。
自分がこの立場ならどうなるのか悩まさられる。いくら身内でもこんなに面倒見てたら自分の人生壊れるし難しい。
名無しさん
このお父さんには同情しかない。
こういう、障害のある母、息子はどうすればいいのだろうか…
一人で介護するしかないのかな。そりや、いつか破壊する。
バブル星人
他人に危害を加えた訳じゃないし、嘆願書を集めて執行猶予が妥当だと思います!
まみむめもみ
精神病院に入院できなかったのかな?
精神病院は家族が拒否すれば、本人が退院を希望したり、病状が落ち着いても退院できなかったりする。一番支援が必要だったのは、お父さんだったのではないでしょうか。


名無しさん
かわいい我が子を殺害するまで追い込まれた親はどんなに苦しくツラいだろうな。
いっぱい泣いただろうな。
12月には殺害する話し合いになっていたのかも。
限界を通り越していた。真面目に頑張って来たのに何故に刑務所いかされるの?神様は理不尽だと思う。
答えたくないのは、あなた達(警察官)に我々の気持ちなんて分かりませんと、意味にとれます。
幼児は数年で成長して手がかからなくなるけど、介護は死ぬまで終わらないから精神的に苦しみます。
名無しさん
遺伝すると言うより、息子が精神病になった事によって、母親は心を病んだのだろう。
その後、父親も介護疲れと絶望により犯行におよんだのだろう。
データ上は精神分裂病の患者より、健常者の行う殺人の方がはるかに多いと言う。
この場合も、殺人を犯したのは精神病の2人ではなく、健常者の父親であった…。
ggibit
友人のお母さんが、痴呆ではないが、
「死にたい!」「殺して!」
「喉に癌がある」「身体じゅうに針が刺さっている」などと毎日暴れ、手がつけられなくなり、精神病棟に入れて貰った。何日も面会謝絶。健康診断もしたが、どこも悪く無い。
で、結局3ヶ月程で退院させられた。
医者は「もっと症状の重い人で病室は満室です」
「お宅のように軽い人は、国の医療費がかさむだけだから退院して下さい」
などと言われたそうです。
確かに、自分でトイレも行けるし、食事も(拒否して食べないが)出来る。
一年後に衰弱して、肺炎になり亡くなった。
精神病棟に入れて貰うのは、大変だったそうです。
色々、コネを使ったそうです。
名無しさん
社会全体が余裕が無くなり皆が我の事で精一杯でもようやく何とかなる人はまだましだが、それでも何とかならない人が増え(普通にレギュラーで仕事をしていても)頼りになる人が激減した世を造った国家主導者はどう思うのだろうか?
名無しさん
1人で統合失調症の家族2人の介護をしていて正気を保てる人のほうが少ないのではないかと思う。
せめて周囲に愚痴でもこぼす人なら結果が違ったのかもしれないけれど、1人で頑張りすぎたのですね…
名無しさん
ニュースの記事でしか内容はわからないけど、家族にしかわからない苦労があったし、心中する気で手をかけたのもすごくわかります。
他人には迷惑もかけないようにしてただろうし、今後も犯罪とか無縁だと思います。
なんていうかうまく話せないけど無罪でお願いします。


名無しさん
この記事よんで泣けてきました。
ひとりで全部かかかえこんで辛かったとおもうんです。保健所って、統合失調症の人が自死の可能性があったり、周りに危害加えるとか危険な場合じゃなかったら強制的に精神病院にいれたりしますが、そうじゃない場合は家族が面倒みれる者がいたら何もケアしてくれません。その人が全部関わっていかなければならない。苦しくなりますよ。。正常じゃなくなる。もっと国の保証やなにかしらの緩和される体制を作る社会になってほしいです。
名無しさん
真面目で一生懸命だったんだろうと思います、年の暮れまた・・・・辛く苦しい年がやって来る・・・何時まで終わる事のない無間地獄を思うと苦しいですね息子さんを手にかけてしまった事は悪いですが、このお父さんも散々苦しんで来てるし、可能なら奥様と二人で息子さんのためにも生きて行って欲しいです。
名無しさん
殺人とはいえ、長い介護生活の末の無理心中、辛いです。施設という選択肢もあったかと思いますが、亡くなったとはいえ、自宅で家族と共に暮らすという安らかな時間もあったことでしょう。亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
昨年までクリスマスケーキを用意してくれる優しいお父さんだったんですね…。
今までよく頑張ったと思います。
減刑を望みます。
名無しさん
愚痴を言わないんじゃなくて言えなかったんだろうね。
息子さん、だいぶ病状が酷そうだったけど入院や施設への入所は出来なかったのかな?
統合失調症は落ち着けば普通に近い生活が送れるようになるけど、薬が合わないと本当に大変。
我が家の親戚にも居たからお父さんの苦労がよく分かるわ。
1人で2人を見るとかかなり大変だったと思う。
名無しさん
個人ではどうにもならない案件だと感じる。
2人の統合失調症患者の自宅介護なんて無理が出るに決まってる。
こういう時こそ行政が支援しなくては。


名無しさん
とても、可愛そうな事件ですね。ご夫婦は毎日が苦と闇の生活であったのですね。大切な息子さんが精神を病んでしまっては、さぞお辛かったでょう。自分の子供がもし、病んでしまったらと思うと、心から同情致しますお父様の減刑を願うと共に、息子さんのご冥福を謹んでお祈り申し上げます
名無しさん
情状酌量されて刑は軽くなると思うが、人が良さそうな父親は一生後悔に苛まれてしまうと思う・・・
辛い事件だ。
名無しさん
世捨て人の様に山奥の過疎地で畑を耕して自給自足の生活していたらどうだったんだろう。月に一回か二回、福祉に通うか来るか。それこそ年金プラス生活保護で。
ただこう書くと社会と少し離れ、静かな環境で療養、と思うが実際は姥捨て山になるだろう。
でも、性に合えば将来は社会に復帰できるかも知れない。
過疎の放置されてる畑とか使える様にならないだろうか?
イニエスタ
介護経験持ちや精神障害者と何かしらの接点がある人あった人は、
この記事で何が悪とは決められないよね。
俺の今の所の結論としては、自分自身を優先順位第一位にして
世の中の普通を無視する事が、穏やかにかつ正解に近いと思うよ。
名無しさん
何が犯行の引き金になったのかはわからないが、と書かれてるけど…
十分すぎるほど分かるだろう。
自分以外の家族が皆統失。これはキツすぎる。
遺伝があるのでこういう家族は少なからず存在するはずだ。どうにかできませんか。
名無しさん
精神の病気は大変で家族だけではどうにも出来ない局面にぶつかる事もあると思います。施設にと言うコメントもありましたが、そんなに簡単な事ではないです。


名無しさん
個別の事情を無視して、誰だろうと、とにかく生きることを強要する、という体制を見直して欲しい。
死ぬ権利や親族だろうと見放す権利を認めれば、もう少し幸せな結末も有り得たのでは?
ジャミラ
抱え込んで隠してたなら把握できないだろうけど、
これだけたくさんの地域住民が把握してるようなオープンな状況だったら、民生委員も把握してるはずだけどな。
民生委員が施設入所の橋渡しとかできたんじゃないかと。
名無しさん
どう対応すべきか答えは出せない。昔の日本のような対応が案外良かったのかな…
名無しさん
大学まで行けたんだから普通だったんだと思う。統合失調症は要はストレスからくる病気なんだろ。多分、母親も世話しているうちに同じようになったんだと思う。父親も大変だっただろうな、いきなり息子が変わったんだから。多分、引きこもりやニートは最終的にこうなると思う。朝日とともに働き、夕日とともに終え、しっかり休むこれが大事で体と心のバランスが一番いいと思う。
名無しさん
父親は行政等に助けを求めなかったのでしょうか?介護は頑張り過ぎないが鉄則でしょう、父親だけでやれる訳がない、甘えられない性格なのか、考える事も出来ない状態だったのか、刑を軽くすることはできても精神面も軽くすることは出来ない。子供に手を出させた気の毒としか言えないやるせなさ。
名無しさん
>「祐介さんは大学に進学した10年ほど前に統合失調症と診断され、通院していました。介護が必要な状態で、お父さんが面倒を見ていました」(知人女性)
>妻も同じ病気で、細谷容疑者が2人の介護の担い手だった。数年前に定年退職してからもそれは変わらなかった。これはキツイですね
ある意味、牢屋に入らない終身刑ですよ


名無しさん
いろんな障害を持った方が増えている昨今、介護を受けられる範囲を高齢者に限らずに広げるべき。
名無しさん
67歳、元気な人もいれば身体の不調、衰えを感じ出す人もいる。妻はともかく息子の先行きを考えて悲観したのだろう。自分がいなくなった後を。
Dancer
殺人はとても重たい罪ですが、懸命に10年も介護されていたのなら、情状酌量を望みます。
…容疑者も鬱状態だったのかもしれませんね…
名無しさん
他の人が言うのは簡単かもしれないけど一人で2人も面倒を見るのに疲れてしまったのかな…。
1978スキップ
言葉や文章では表せない苦労や心情があるだろう。それを他人に伝えたくても伝えきれない。わかってもらえる部分には限りがある。だから、ひとつも話さない。わかってもらうための行為ではなく、それしかなかったからの行為なのだと思う。
名無しさん
ご家族だったり身近な人がこういう病気になると本人はもちろんですが、やはり家族の抱える負担があまりにも大き過ぎますよね。
いい薬がもっと開発されたり、入院措置がとれる施設などもっとたくさん増えればいいなと願います。


管理人の率直な感想

胸を締め付けられるような事件です。

コメントを見ていると被害者の息子さんと同じ統合失調症を家族に持つ(または持っていた)人が少なからずいました。
しかも、一人とは限らず複数人のケースも。

遺伝的な要素があるのかなと気になりました。

統合失調症について調べてみましたが、確かに遺伝的な要因も考えられるとのこと。
ただし、原因としては脳の異常や環境の変化やストレスなど、複合的な要因が挙げられるのでハッキリと「これだ」と言えるものではないらしい。

厄介な病気です。

今回の件もそうですね。
息子さんと母親が同じ統合失調症という病気を患っている。

息子さんはもともと小さい頃は友人にも愛されるキャラだったらしい。
父親も裏表がなく豪快に笑う人で家族の愚痴は言わない。

分譲マンションを購入し、新しい土地で家族3人で暮らし始め、凄く幸せだったでしょう。
誰もが微笑んで見守りたくなるような、常に笑顔があって温かい家庭像。

それが統合失調症という病気のせいで一気に崩壊した。

病に侵された成人した息子が他人に迷惑をかけたり事故に遭わないように外出するときは父親が2~3メートル後ろから見守るようについていく。
肝心の息子さんはそれにすら気付いていない。

奇行の数々。
家では暴れる。

唯一の救いは、近隣住民の理解ですよね。
病気のことを知っていて家まで連れていくとか。

普通だったら怖いと思うんですよ。
体も大きいし、近隣住民とはいえ、もはや自分のことも覚えていないであろう人間に手を差し伸べるのは。

良い人が多い地域だったんですね。

けどその救いも限界があった。

殺してはいけない。
というのは頭では分かっていますが、「筆舌に尽くしがたい苦しみからの開放」ではないでしょうか。

悪い人なんて一人もいない事件です。

病気が憎い。

ただただ、それだけですね。
コメントの数々と併せてこの記事が少しでも多くの人の目に触れ、ほんの少しでも理解を得られればと願います。

僕らに出来ることは「理解」くらいしかないかもしれないので。

統合失調症に関する書籍>>>統合失調症 治療・ケアに役立つ実例集






コメント