【綾瀬女子高生コンクリート殺人事件】元少年・湊伸治被告が傷害事件の公判で裁判官に猛抗議「なんで?なんで?」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

綾瀬女子高生コンクリート殺人事件の元少年・湊伸治被告46歳を殺人未遂で逮捕
「なんで?なんで?」

坊主頭にアシックスの紺色ジャージ上下で法廷に現れた湊伸治被告は、程よく肉付きのよい中年となっていた。「被害者Aさんの首の後ろの傷は自分がつけたものではない」と主張するために必要な証拠を却下され、裁判官に興奮気味に問いかける。

「意見いいっすか、裁判官に手紙出したの届いてます? ナイフは頭に当たってない、捏造だと言ってるんです! 幅2センチ、深さ2センチの傷が……」


スポンサーリンク

綾瀬・女子高生コンクリート殺人事件

東京都足立区で当時16歳から18歳の少年らが、見ず知らずの女子高校生(当時17)を拉致したうえ、一人の少年の家に監禁し、強姦や暴行を繰り返したのち死亡させ、その遺体をコンクリート詰めにして遺棄した凄惨な事件である。平成が始まったばかりの1989年に発覚し、世を震撼させたこの事件では、逮捕された主犯格の少年4人に対し実刑判決が下され、服役ののちそれぞれ社会復帰していた。


女子高校生を監禁した家の元少年・湊伸治被告(46)を昨年8月、殺人未遂で逮捕

昨年8月、女子高校生を監禁した家に住んでいた当時の少年、懲役4年以上6年以下の不定期刑を受けた湊伸治被告(46)が、埼玉県で逮捕された。同県川口市の路上で、当時32歳の男性の肩を警棒で殴り、首をナイフで刺したという殺人未遂容疑だ。その公判が現在、さいたま地裁(結城剛行裁判官)で開かれている。

初公判は2月1日に行われた。逮捕容疑は殺人未遂罪で、そのまま起訴されれば裁判員裁判となるはずだったが、なぜか起訴罪名が傷害罪に変更されており、一人の裁判官が裁く単独事件となっていた。


湊伸治被告(46)が起こした昨年8月の事件の経緯

読み上げられた起訴状によれば、湊被告は昨年8月19日の夕方、埼玉県川口市の路上において、車に乗っていた男性Aさんの顔面を拳で数回殴り、その後車を降りたAさんの右肩を警棒で殴ったうえ、車に乗って立ち去ろうとしていたAさんの後頚部をナイフで刺したという。逮捕当初「殴ったり刺したりしたが、殺すつもりはなかった」と殺意は否認したものの行為自体は認めていた湊被告だったが、罪状認否では「えーと、警棒で右肩殴ったところ、ちょっと違う」と警棒で殴ったことを否認。ナイフで刺したことは認めていた。

ところが3月5日に開かれた第二回公判で再び主張が変遷。湊被告はAさんをナイフで刺したことも否認し始めた。弁護側が新たな証拠として、Aさんの“現在の”傷跡を撮影したいと証拠請求したが、裁判所は却下。これに納得いかない湊被告の発言が冒頭のシーンだ。

どうやら、湊被告は「自分が刺してはいない」という主張を、事前に手紙にしたため裁判官に直接送付していたようだ。裁判官も大きな声をさらに大きくして湊被告に呼びかけた。

「弁護人をすっ飛ばして、頭越しにあなたと直接やり取りすることはできないんです! その手紙は弁護人に渡してます! あなたのほうでどう考えるか、これ以上議論をするつもりはありませんっ!」

だが湊被告は止まらず、しばらく議論が続いたが「これから被告人質問であなたの主張を言う機会はあるから!」と裁判官が発言を抑え込み、Aさんの尋問が始まった。


被害者Aさんの供述

Aさんの供述によれば、事件の日、バーベキュー帰りに職場の後輩を助手席に乗せ、Aさんが運転する車で事件現場を通りかかると、湊被告が睨んでいることに気づいた。窓を開け「何見てんだよ」と言ったところ、湊被告に顔を殴られたという。

「ノシノシ歩いてきて殴られました。ん~、5~6発は入ってる。メガネぶっこわれて右のレンズが吹っ飛びました」(Aさん)

助手席の後輩が車を降り、湊被告ともみ合いに。これを止めようと湊被告を押さえつけ、手を離したところ警棒で殴られたのだと述べた。

「警棒で殴られて、よけて、先端が右肩に当たって切れた。そりゃ痛いっすよ。鈍器で殴られた痛みっすかね。(それが警棒だと分かったのは湊被告から警棒を)没収した時。そしたら警棒だった。すげえ、警棒普段から持ってんだ、やっべーと」(同)

その後、車に乗り込み立ち去り際に首を刺され、後輩に「血が出てます」と指摘を受け、首だけでなく警棒で殴られた肩からも血が出ていることに気づいたのだという。

「『大事になりそうだから行くよ』って(後輩に)言って二人で車に乗った。窓を開けっ放しだったから、そこから(首を)やられた」(同)

その後、病院で、後頚部を縫う処置をしてもらったが、仕事が忙しく抜糸に行けず、自分で糸を抜いたとAさんは語った。最後に処罰感情を問われ「これで、拘置所に入っただけで出てこられるんだったら、世の中ナイフで喧嘩しても出てこられるんだと思っちゃいますよね」と、厳しい処罰を望んでいた。

当日の様子を赤裸々に語ったAさんの尋問が終わったのちも、湊被告は「自分が刺したのではない」という主張を変えなかった。そのため、当初は予定されていなかった「Aさんの処置を行った医師」の証人尋問が今後行われる見通しだ。そして閉廷直前にも、ふたたび裁判官と湊被告とのバトルが繰り広げられた。声のボリュームはかなり大きめだ。


湊伸治被告と裁判官の不毛なやり取り

湊被告 「医者が言ってるんだったら、それは捏造だと思う!」
裁判官 「『ナイフによる攻撃は首には当たってない、仮に傷があるとすればそれは医師の捏造だ』とあなたは主張するんですか?」
湊被告 「医師というより、警察!」

こういった、支離滅裂なやり取りがこの後も続く。

裁判官 「初公判の法廷では『右肩は殴ってない、その他に間違いはない』と言っていたけど、今の話は違うわけね?」
湊被告 「いやそれは理由あるわけ! 結果だけ求めないで!」
裁判官 「なんで主張が変わったのかは後で十分聞くから。あのね、あなたとこうしてやり取りすること、イレギュラーなんです。直接あなたから裁判官に言われても、気持ちが先に立ってて主張を整理できないんです。法律のプロである弁護士がついてるんだから、ちゃんと打ち合わせて、その上で主張を出してほしいんですよ。今のあなたの言い分、弁護士と打ち合わせてください。あなたにとっても利益じゃないですよ!」

こうした議論を裁判官が打ち切り、今回は閉廷となった。「Aさんの首は刺していない」「警察の捏造である」と主張し始めた湊被告の公判はしばらく続く見通しだ。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-00010002-friday-soci


女子高生コンクリート殺人事件の主犯で元少年の湊伸治被告(46)を殺人未遂で逮捕。反省なし、醜い裁判内容。ネットの声

名無しさん
極刑を望みます。
名無しさん
少年法の不備は致命的だと思う。やはり死刑はあった方がいい。今からでも遅くないから彼らには適用した方がいい気がする。良い機会だから少年法を廃止して欲しいと思う。
名無しさん
記事にしていただいてありがとうございます。
全く反省してないことが分かりました。
傷害罪なのが納得いきませんが、再犯なので重い刑罰をお願いします。
名無しさん
そもそも、あんな大罪を犯した人間が、4〜6年で許されるなどあってはならない。結果としてこんな事件が起きるのは、わかりきったこと。
名無しさん
凶悪犯罪者は、更正なんかしない。
名無しさん
少年法は撤廃するべきです。絶対に反省していない。


名無しさん
あんな残虐な事件の犯人を少年法で守ってやる義務も必要もない。
未成年でも犯罪の内容によっては重刑、極刑適用でいい。
無残な姿で殺された少女を思うと可哀想でならない。
北斗星
更生困難な極み。一定の事件を起こした者は年齢問わず死刑で良い。
何故なら人間ではないから。
名無し
少年だからと量刑が軽すぎた結果がコレです。
再犯者には、前科を上積みするよう法を改正すべきです。
名無しさん
分かってはいたけど、どう見ても反省していないと思う。女子高生の人権より犯人らの人権を重んじる日本の司法には違和感しかない。彼らを極刑にした方が良いと思う方に清き一票。
名無しさん
また、社会に出てくると思うのだけれど、彼を受け入れなくてはいけない地域はとんだとばっちりをくう羽目になる。
出来れば出てきて欲しくないと誰もが思う。
近くにいたら、単純に怖い。関わりたくない。
mochimaru
更生なんてなかなか出来るもんじゃないんだよ。女子高生コンクリート事件は幼かった私でも覚えてる。大きくなってからその後どうなかったのかが気になり、事件の詳細など見たがこれが人が人にする事なのかと衝撃を受けたほどの酷い事件。少年法なんていらない。死刑もありでいいと思う。


名無しさん
これでも少年法は改正すべきではないと思いますか?
残虐非道な方法で人間を殺したやつが、少年法に守られて名前も報道されず、大した刑期も務めずに社会復帰して、案の定再犯。
少年法の適用年齢を下げ、厳罰化するべき。
loveP
一般社会で生きてはいけない人
これからも犠牲者がたくさんでると思う。
veryvery
ダメな人間はずっとダメ人間。
明確に見極めて極刑にすべき。
名無しさん
これでも人権があるのでしょうか…。
名無しさん
こんな人間が普通に街を歩いていたなんて怖すぎる。行政・司法は制度の不備でこの世にいてはならない人間を生かしてしまっている責任があることを認識して、隔離・駆除するなど何らかの対処をして社会の安全を確保してほしい。
名無しさん
法の範囲内で最大の処罰を望みます。


名無しさん
万万が一、容疑者が言ってることが真実だとしても過去の過ちがそれを邪魔している。それはもう自業自得。最近のドラマでもあったが、刑期が終わって真面目にやってきた人間がことある度に疑われる。
それをよしとは思わないが、それが自分のやってきた代償。世の大半の人が人として超えてはいけない一線を超えずに生活してる。どんな理由があれそれを一度でも超えた人間が美談にされるほうがおかしい。
名無しさん
少数ながら救いようのない人間はいる。
それは虐待のような親の機能を果たしてない子供の末路のような気がする。
少年が道を外すのは親の責任が重大。
犯罪を犯した子供以上に毒親にも同じ責任負ってもらいたい。
名無しさん
当時の司法判断は完全な誤りだった。
他のメンバーも再犯している。
司法はこの鬼畜に二度目は無いということを
示して欲しい。
名無しさん
女子高生コンクリート事件の内容を知ったとき、背筋がゾッとしました。人間のすることではない。捕まったものの、服役して社会で暮らしている。その主犯格ともいう人物の再犯。暴力事件で救いようがない。軽い刑で出てきたら、彼はまた事件を犯しそうな気がする。それくらい短気で暴力的。同情の余地は全くない。今回の被害者が亡くなってはいないが、終身刑とかにして欲しいくらいだ。
名無しさん
もう頼むから外に出てこないでほしい…
安心して暮らせない。
名無しさん
なんの罪もない女子高生、たまたまそこを通っただけであんな目に遭わされて、彼女が味わった苦痛と恐怖を今からでもこいつに味わわせてやりたい。
未成年だからと犯人は大した罪にならず、30年経ってまたこんな事件起こして世間に注目されて、親子さんの気持ちを考えると堪らなくなる。
極刑を望みます。


名無しさん
「若気の至り」が許されるような案件にのみ少年法を適用してほしい。凶悪な明らかな悪意がある事件を犯した場合は少年法で守る必要なんてない。
まったく訳の分からない少年法なんて理屈を使ってまで、被害者や遺族の方の気持ちをズタボロに傷つけてまでこんな人間を守りたいと思う人はいないはず。
案の定、更正もせずまた普通に生きてきた国民が被害をうけた。次こそは正しい刑罰を望みます。「傷害罪」とかいってるようでは、また謎の判決がでるかもしれませんが。
名無しさん
少年法なんてなしでいいと思う。
少年法で庇った結果がこれでしょ。
何の反省もしてないし、悪いとも思ってないし、これからもそういう気持ちをもつことはないと思う。
もう死刑でいいと思う。
名無しさん
更生の可能性はない為死刑でお願いします
名無しさん
史上最悪の事件で、こいつに更生を期待すること事態、亡くなられた被害者の人権や無念を考えるとあり得ない。更に家族を持つことすら怒りを感じる。被害者や家族を思うと怒りを感じる。
人にはやっていいことと悪いことがある。
それは生い立ちや年齢も関係ない。
裁判は時間がかかりすぎる。将来的にAIを導入を考えたほうがいい。
名無しさん
少年法は、未成年であるから更正の余地があると言う理由で刑罰を軽くしてるんですよね?で、この人だいぶ大人ですが、更正してると思いますか?もう、更正の見込みがないと思います。過去の事件も今回の事件をもって、この人の人となりが出来上がった上での事件だったと証明できるようなものです。
名無しさん
新手の精神疾患なんですアピールか?!なんで傷害罪に変わったのか不思議。コンクリ事件の詳細は本当に悍ましいものだった。これで死刑は難しいと思うが二度と社会にでてきてはいけない動物なのは確か。
けど記事がそのままなら、被害者も裁判の場において発する言葉ではない感じがしたのは私だけですか?


名無しさん
もう本当に怖い。こんなの世に放たないで欲しい
名無しさん
最初のコンクリ事件の時に全員重罪にしていれば今回のこともなかった。
つくづく司法は仕事をしていないと思う。
あのときの裁判官等の関係者は罰するべきで、そのような仕組みを作るべき。
少しは保身で必死に仕事をするようになるだろう。
名無しさん
被害者には明るい未来がないのに加害者には更生する前提で刑を軽くする。この結果が今回の事件のように再犯を生む。
少年法の撤廃を強く望む。
名無しさん
あんなひどい事件をおこした男たちが
いま普通に生活していると思うと
腹立たしい。
彼女がどんな思いで亡くなったか、反省
している人はいるんでしょうか。
少年法に守られていたからではあるけど
守る必要のない人たちだったのでは。
名無しさん
少年法の不備がよくわかりました
未成年での凶悪犯には少年法での構成は無理
少年法の見直ししてほしいね
名無しさん
そんなに少年法にこだわるなら保護者も一緒に責任を問う法律を作ればいい。親を世間に晒した方がいい。
それがイヤなら撤廃ですね。


su
全然、更生できていないじゃないか。少年時代の裁判官は何を判断してんだよ。また、更生施設の人はいったいどういう教育をしているんだ。
少年が再び似たような犯罪を犯した場合、当時の裁判官の責任も問うべきだ。つまり、裁判官が甘い裁判をして、再び犯人が似たような事件を犯したならば、裁判官にも例えば退職金や給与の減額とかもペナルティを課すべき。
それくらい厳しくしないと甘い裁判ばかりなってしまう。
また更生施設の担当者も更生したと思われる犯人が再び再犯を犯した場合はやはり退職金や給与を減額できるシステムを作るべき。
それが嫌ならばもう死刑にしないと。とにかく一人でも殺人を犯したならば、死刑に出来るように。
もっというならば、万引きや暴走行為、オレオレ詐欺、窃盗でさえも死刑でもよい。まったく甘いとは思わない。
名無しさん
少年だからといって人ひとり殺害しているのに更生可能だとしてありえない軽微な処遇の結果がこれだ。
何も更生されておらず狂暴さが増しいるじゃないです。特殊警棒にナイフを所持していれば普通に職質されたら下手すれば勾留されるでしょう。今回も大した罪にならないし、50才の前半にはまた社会に放たれる。顔写真も少年法に守られて出ず危険人物を回避することも一般人には出来ない。
欠陥だらけの少年法を改正せず放置した立法府の責任は重い。少年法の改正ではなく廃止を切望します。
名無しさん
4人中、3人が再犯犯してるんだから、綾瀬の事件当時、いくら未成年であったにしても、その時に極刑にすべき人間だったな。
人間、産まれ持った性格は簡単に変わる事は無いんだし、性善説はもはや過去の遺物。
性悪説を基準に切り替えた方がいい。
未成年であったにしても、極刑を持って対処するのも全然有りだと思うけど。
名無しさん
う〜ん。原告Aにも少なからず問題はあるかと。
バーベキュー帰りに助手席に後輩乗っけて明らかに危なそうな奴が睨んでいて絡みにいくって、、
酒が入っていたか後輩の前だから粋がったが知らんが普通は相手しないでしょ。
話し方も幼稚と言うかヤカラ感強いですよね。
被告の罪は当たり前としても自ら危なそうな奴に絡まないのが一番だよ。この人は命あって良かったね。
名無しさん
極刑でお願いします。また言い訳ばかりして自分の主張を通そうとする。自分の主張が通らなかったらまた事件起こしますよ。
名無しさん
そもそも、年齢が若いからという理由だけで更生の可能性が〜とかいう考え方自体を完全にやめるべきだと思う。10歳でもやっていいことといけないことは分かりますよ。わかるようにさせなきゃいけない。ものを盗むとかは、百歩譲ってその被害は永続的なものじゃないし反省させて更生教育して、ということでいいけど、命や人の大事なものをうばっておいて、なんで犯人ばかり守って更生する必要がある?当時よりは厳しくなったとはいえ、中学生以上は大人と同等にさばいていいと思う。
逆に、子どもが被害者になる虐待などは大人への傷害よりもかなり重罪にすべき。


名無しさん
Aさんの喋り方が本当にそんな感じなら
通りがかりに睨まれると言う様な要素も多少あるのかな?と思うし、わざわざ窓開けて文句言ったり、後輩の掴み合いはこの事件のきっかけとも言えると思う。
同乗者もいて、気が大きくなっていたのか
普通そういった行為は、そうそうしませんからね。
ただ、相手が悪かった。
こんな極悪人をたった数年の刑で世の中に出してはいけなかったと思います。
どんな裁きが下されるのか分からないけど
罪を憎んで人を憎まずではなく
罪を犯すのはその人間だという事を、これからの犯罪を減らす為にもしっかり考慮してほしい。
名無しさん
女子高生コンクリート事件は、あまりにも残虐で、多くの人の記憶から消えることのない衝撃的な出来事だった。少年法で守られたことに納得がいかなかった人が多かったように思う。私もその一人である。おそらく、量刑を審判した裁判官も自己矛盾を感じていたのではないだろうか。足立区のイメージも傷つけた。自分たちのしたことに真摯に向き合い、反省し、謝罪の念を抱いて生きていかなければならない立場である。出所後の足跡は、残念ながらそれとは離れていた。裁判慣れしているからの法廷での言動だとしたら、許しがたい。もしかすると、更生したいと思っていても、うまくいかなかったのかもしれないが、そうであっても、自分のしたことの重さを受け止め生きていかなければならない。
名無しさん
タイトルの事件は日本犯罪史上最高ランクの残忍な事件で
ニュースやワイドショーでも大々的に取り挙げられたが
異口同音にハッキリと明言していたよ、
「人間のやることではない」
…って。
しかし本記事の「元少年」含む主犯連中が帰化人や外国人であることが判った途端
犯人を責める論調が一気にトーンダウン。
連中の同胞である弁護士(同時期に起こった名古屋アベック殺人事件の犯人たちも弁護した←表題の事件に匹敵する残忍残虐な事件。これも主犯はギリギリ未成年の某隣国ルーツ外国人)が
少年法&左巻き世論を悪用して実刑を阻止した。
戦後日本を震撼させた監禁しての集団暴力事件の殆どがそうした外国人の仕業であることを日本人は知らなければならない。
名無しさん
犯罪史上最悪な事件であったので、うっすら記憶している。
名無しさん
この事件の被害者が問題にしてくれたからこそ、加害者の氏名や現在の様子が報じられ知ることが出来た。
あんなむごい事件を起こした人間からすれば、
警棒もナイフも、問題になること自体理解出来ないのだろう。
あのむごい事件の時は、高校生で車もなく知恵もなく発覚したが、
今は車も知恵もあるとしたら。。。
加害者の人権も大切だろうが、第二第三の新たな被害者を作らない為にも野放しにしない責任が、法にはあるのではないでしょうか。
んんん
未成年であっても、その事件の内容や、当事者の反省の状況から、少年法ではなく、一般の犯罪者として扱わなくてはならない者たちがいる事を、実証しましたね
速やかに少年法の改正をお願いします
後、彼はシャバに出さないでください
税金使って、投獄するのも腹が立ちます
どれだけ被害者が出れば改正されるのですか?
いつまでも生緩い対応をしているのが、犯罪を助長している原因になっていると責められても仕方ないんじゃ無いですか?


名無しさん
やはり、こんな結果を見ると少年法は一考の余地があると思います。若年だからといって、いや若年だからこそ犯罪の残虐性をみて刑罰を決めた方がいいと思う。人の命を奪ったことに変わりはないと思うし、若いから更生するなんて考え甘いと思う。
名無しさん
未成年であっても、極端に残虐な事件、あまりに悪質性が高い事件を起こした者については、根本的な更正は不可能に近いという前提を置いて、数十年長期にわたり、刑務所や更正施設に放り込むべきだと思う。
未成年だから更正の可能性ありという前提はわからなくはないが、高校生くらいの年齢で残虐非道な事件を起こすような者は、もし更正できるとしても、専門機関での長期の治療を伴うはず。それを野放しにした結果新たな犠牲者が出る。
この事例を参考に、少年法を大幅に改正してほしい。
名無しさん
ちょっと・・・、法務大臣さん。
この事件は少年法という更正を前提とした判決で成人法判断を回避した事件だろ・・・。本来なら成人法で裁判をして少年法で執行猶予という形にすべき事件だったと思う。
今からでも遅くない。
この事件に関しては「更正ができなかった」で成人法での裁判のやり直しをすべきだ。
とにかく被害者がかわいそう過ぎる事件。
少年事件では長良川事件、名古屋アベック殺人事件と並ぶ最悪な事件だ・・・。
上記の事件では少年事件ではめずらしく死刑が求刑されたが、コンクリ事件では更正が前提で死刑求刑がされなかった・・・。
コンクリ事件での犯人共は更正どころか暴力団に入って恐喝、殺人未遂までしている。見せしめが必要だ。
名無しさん
そもそも、女子高生を凄惨な殺し方をしたような人間が社会復帰すること自体が間違い。
そんな人間が街を普通の顔をして歩いていることに恐怖を感じる。
更生なんて出来るわけがかないんだから。
今回の事件は被害者が怪我で済んだだけ良かった。
一歩間違えたら死んでた。
こういう人って、普通じゃないんだから、人を殺すことなんて、虫けらを殺すのと変わらないとしか思ってない。
粛清ですか?
なぜあの当時、実名報道した文春と記者、そして編集長は叩かれなければいけなかったんだろう。
あれがあったから、その後、注意できる環境ができた。でも続報がないから、野放しになってて被害にあう人がまだ出るという。
凶悪犯罪は、少年法で守るのは限界だと思う。
名無しさん
少年法も限度もうけた方がいいと思う。
幾らなんでもコンクリ事件をたかだか数年の服役で世に出されちゃ一般人の安全が保たれない。
検索すると嘘か真か色々逸話が有りすぎてあきれ果てる。
少年でもここまでやったら死刑で良くない?
相手思うと悲惨すぎて言葉が出ない。
是非とも法律で許される最大限の日数塀の中に入っていてください。
過去の罪はつぐなっている?
大多数の人はそう思ってないんじゃないかな?


名無しさん
少年法の壁があるとは言え、最初の事件の段階で極刑に処すべきだったと思います。
あまりにも残酷すぎる事件を起こしておきながら、少年法で守られて数年で刑期を終えるのは正直有り得ない。
日本の法律は、被害者に厳しく加害者に甘すぎる。被害者の人権は無きに等しく、加害者の人権は極度に守られ過ぎている様に感じる。
法律の改正を切に望みます。
Asuka
やばいやつだね
どう育てたらこうなるのか親から聞きたい反面教師にしたい。
Aさんには悪いけど刺されてなければこの世をうろついてたよ
何年入れられるのがこれから議論になると思う
名無しさん
凶悪少年が、年をとってから後悔とか懺悔の気持ちで更正すると期待している人は
甘い。
名無しさん
この記事だけで感じた事を言うなら、誰彼構わず「なに見てんだよ?」と売らなければ被告が攻撃的にはならなかった印象を受けます。
挙動不審な奴に関わらない方がいいと言う典型的な例かと。
だからと言って被告本人が悪くない訳ではなく、出所後から日常的に凶器になり得る物を持ち歩く人間性と、未成年時に犯した大罪から考えた時にやはり世に放つべき人物ではなかったと思います。
最近、司法が甘すぎる。親が実の子を虐待した挙句に殺してしまったりする報道なども同じく。犯人にも人として権利があるのは分かるが、殺された人は帰ってこない…殺された人に言葉無い…。
簡単に極刑とは言えないが殺人は、犯人が殺す意思までは無かったと言えば刑が軽くなるなんておかしすぎる。
そして殺人を犯したのなら、相応の制裁を受けるべきだと思う。
名無しさん
この事件自体は言うまでもなく湊伸治被告が悪いでしょう。裁判官に突っかかったり、証言が変わったり、とてもじゃないけど信用できるようなものではないと思います。
被害者男性は最初目が合ってにらまれてるような気がして「何見てんだよ」と言ったとのことですが、それもそれでどうかとは思います。正直被害者男性も少し調子に乗っているようなタイプなんじゃないでしょうか。元々「何見てんだよ」と湊伸治被告に突っかからなければ事件は起きてないわけですから。あくまでもこの事件とは別問題として思うのは、いくら目が合ってにらまれたような気がしたとしても「アホな奴が見てるわ」って心の中で思いながらシカトしとくのが一番ではないでしょうか?今の時代湊伸治被告のようにめちゃくちゃな人がいるか分からないので、わざわざ自分から事件の引き金を作っていかなくてもって思います。
名無しさん
全く罪のない少女を40日間拷問してなぶり殺してコンクリート詰めして遺棄して未成年と言うだけでたったの4.5年で社会に戻したんだ・・・
改めて異常だわ。
あの時死刑にしてれば今回の事件もなかった。
この人と別の犯人も後で暴行監禁事件起こしてますよね。
コンクリ事件の犯人だということを自慢したり脅し文句にも使っていたとの証言もあります。
反省どころか自慢するとか反吐が出そう。
コンクリ事件は私の中で今でもトラウマになっています。
当時詳細を知る度気分が悪くなりやり場のない怒りと悲しみ、涙がこみ上げましたが、その気持ちは今も変わりません。
全員社会に戻るべきではなかった。
普通の生活をする権利なんてない。


名無しさん
服役させ、その結果の更生失敗。
これはもう諦めた方がいいのではないでしょうか。
過去の犯罪は裁きが終わって服役する事で罪を償ったわけだから今回の犯罪にはそれが関係ないのは分かりますが、その結果がこれでは。
更生は犯罪者への一度きりのチャンスであるべきと思います。
中には真に反省し、生まれ変わる者もいます。
ただし、それが出来なかった時は社会から排除されて然るべきと思います。
冤罪や正当防衛等の可能性が無いのであれば致し方ないのではないでしょうか。
なぜ警棒やナイフなど持っているのでしょうか?
まともな人間の所有物ではありません。
これ以上被害に遭う不幸な人を増やさないためにも、何とかしてほしいものです。
やま
コンクリート殺人事件では他の少年も出所後に似たような犯罪を犯してますよね。
それは誰が責任を取るのでしょうか?
少年法は戦後間もない頃に餓えてひ弱な少年を守る為に作られた法律。
今の時代には合いませんし不要です。
名無しさん
ホントのとこは、わからないとこだけどどっちにせよ何かしらは起こしたのは間違いない。昔の事件から時間が経っても何も変わってないんでしょうね・・・
過去の事件の刑罰が軽すぎたんじゃないでしょうか。
が、そこには戻れないので、今回の事件では再犯であることや態度の悪さも入れちゃって、世に戻さないようにお願いします。
名無しさん
コンクリート事件…未だに忘れられない。
手を縛り付け監禁、暴行、強姦を繰り返し、飽きると局部に瓶を押込み鈍器で殴って中で粉砕し最後は肛門と繋がっていた…被害者はストレスで髪まで抜け落ち痛みも感じず殺してほしいと訴えながら放置され亡くなりコンクリート漬けにされた…これが人間の仕業でしょうか。鬼畜です。
こんなおぞましい事件を起こしながら4~6年で刑期を終えるだなんて少年法の在り方を考えさせられるに至るに十分な事件ではないでしょうか。加害者が再犯を犯し、新たな被害者を生んだ事は必然と感じます。成人が18歳からとの議論が囁かれている昨今、平行して少年法の年齢適用も議論されるべきでは?
この場をお借りしてコンクリート事件、被害者の御冥福を心からお祈り致します。
名無しさん
前回の被害者の方は不憫でならない。今回の被害者も命に別状はなかったので良かったけど、、加害者はああ、こんな奴なんだなと。だからこそあれだけの事件を起こす事が出来たとも言えるが。
前回の事件はせめて主犯格は死刑。関係者は無期懲役にして欲しかった。
どれだけ苦しい思いをして理不尽に殺されないといけなかったか。
そもそも少年法は国が貧しい時代にかっぱらいとか泥棒をする少年を更生させる為のもの。現代には全くそぐわない。
今回の事件は懲役20年くらいにしないといけない。本音は死刑にして欲しいけど。
いや、死刑ですら生ぬるい。拷問で苦しんで死んで欲しいな。
名無しさん
もっとニュースとかで大きく報道して、少年法が誤っていることとあれほどの残虐事件を起こした人間が数年で更正されるはずないことを改めて議論するべき。被害者の女子高生と遺族の方がどれほど苦しんだか…今も苦しんでいるか。年齢関係なく全員極刑になるべきだった。


名無しさん
結局、未成年でも極悪な事件を起こした人間に
更正を期待した少年法は、今の時代には無理があると。
本当に政府は法改正を考えて取り組んでほしい。
名無しさん
殺人などの重罪は年齢では無く
犯行の動機と内容で量刑を決めるべき
被告は明らかに少年法を悪用してる
言葉の違いだけではない
仮釈放無しの終身刑も設ける必要がある
名無しさん
あの事件は当時衝撃的で、被害者の高校生が可哀想でたまらなかったのよく覚えてます。
自分らの欲求を満たす為だけの身勝手な蛮行。
その犯人達は未成年だからと更生の機会を与えられたけど、人格も性格も更生はされなかった。
という事ですよね…
少年法は見直すべきですよね。
16.7ならもう善悪の区別は充分つく。
自分のやった事の責任も取れる年齢です。
彼等は間違って人を殺してしまった訳じゃない。
自分勝手にいたぶって殺して捨てたんです。
少年だから守るのではなく犯行の内容ではちゃんとした罰を与えられるべきだと思います。
名無しさん
元々、警棒にしてもナイフにしても普通の人が携帯してますか?準備してる段階で全て終わりでしょう。刑に服したのに何も学んでいない。前回のと合算で終身刑にすべきが妥当でしょう。法律は、犯罪者を守る為にある訳ではない。善良な市民を守る為にあるものです。野獣を野放しにすれば今度は、殺人を犯す事も十分、考えられる。裁判官が常識のある方だといいですね。こういう輩は、出所したら必ず裁判官をやり返しに行きますよ。一生刑務所から出しては、いけない。
名無しさん
残忍な殺人を犯しておいてたった数年で社会復帰させて国の法律自体そもそも間違ってると思う。遺族がどんな思いで今まで生活してきたかと思うと悔しくて仕方ないだろう。この際このままコイツは極刑にすればいい!実刑受けて出てきてもこのタイプは一生同じ繰り返しをする!国が少年法に対してしっかり動こうとしないから未成年の事件がなくならないんだからこれを機に考えて欲しい。
名無しさん
未成年だから刑を軽くするのではなく、成人ならば適用されるであろう刑罰の一部を執行猶予するという考え方にすべき。そうすれば、次の犯罪のときに猶予されていた刑を付加して執行することができる。”更生”を期待するという少年法との整合性も問題ないだろう。
大人になってからの犯罪は微罪でも死刑にできる、ということだ。
更生以外に生き残る道はない。


名無しさん
今からでもいい
コンクリ殺人や名古屋アベックと類似の罪を犯した犯人はたとえ少年であっても極刑にしてほしいし、現在服役して出所していた者であるとしたら微罪であってもなんらかの罪を犯したら即座に極刑に処して欲しい
そして訳の分からない意味不明な擁護をする左の人権派も思想の自由はあってもいいと思うが個人的にはどこかにいなくなって欲しい
B-T
今の若い世代はあのコンクリート事件の全容を知らないでしょう。被害者の親御さんが書かれた本を見て欲しいし、定期的にテレビでもあの事件の恐ろしさを報道してほしい。
あの当時の緩いテレビ放送の時代でも全容をテレビでは放送できないレベルだった。
今なら確実に死刑だったでしょう。
そしてあの時の彼らがまた事件を犯したのならなぜ彼女は死ななければならなかったのでしょう。
再犯を犯したのなら死刑という法律にして欲しいです。
あんなひどいことができる人間が更生できるわけがない。
名無しさん
警棒で殴ったが刺してない、ナイフで刺したが警棒で殴ってない、殴って刺した。
当事者以外にはそんなことは殆どどうでもよい。
この人物がナイフと警棒を所持してうろつき、ガンを飛ばして、反応した相手に襲いかかったという事実だけでもう充分である。
社会復帰に値するとみなされた人物が社会に放たれてこの有り様である。
医師や警察がこの人物を野放しにすべきではないと考えて偽証したなら心情的には称賛したいが許されない。だが恐らくそうではなくてこの人物の状況認識、現実認識、説明能力がないだけだろう。
現状の刑罰システムそれ自体に犯罪的というべき欠陥がある。
名無しさん
行動から見て、常軌を逸したものだと思う。こう言った状態において、行動の動機と殺意が別々であり、その区別を十分に意識した行動であったとは言い難いと思う。殺人未遂が適当でしょう。前科もあるし。前科の件も異常なものでしたね。こう言うのをサイコパスと言うのでしょう。生涯病院送りの方が良いかも。
名無しさん
少年法が更生施設だというのなら
出所する時に心理テスト一般常識テスト学力テスト作文を課すべきだ
合格するまで出してはいけない
また出所してからの条件も出すべきだ
警棒ナイフ等持ち歩かない
暴力を振るわない
毎日司法関係の担当と今日の予定を話し合うとかね
ここまでしないと矯正はない
少年法は悪法だと思う
名無しさん
野に放ったのが悪い。
少年だからこそ死刑にするべきではないか?わずかながらの更生を期待するより、再犯による被害者を無くす方が優先であろう。凶悪犯罪者は年齢が若ければ若い程、死刑にするべきである。


名無しさん
この鬼畜に聞く耳を持つ必要はないと思います。
また、殺人を犯す可能性が高いです。
日本の司法は甘い。
極刑でお願いします。
名無しさん
またコンクリ事件の再犯者か。
やはり、あの時社会的影響が大きいから極刑で良かったのかなって思う。
見せしめに主犯格だけでも死刑にすればよかった(個人的に全員死刑で良かったけど多分そうはならないやろうし)。
過去の事件と言えども、当時未成年を強姦した変態なのは事実やし関わった全員居場所が常にわかるようにしていいと思うよ。
名無しさん
少年法廃止!って…特殊なケースで全体を変えるべきではないと思うのだが。
変えるなら、再犯に対する処罰の基準ではないのか?もちろん成人も含めて。
誰もが過ちを犯す可能性はある。更正の機会はあるべき。しかし勝手な想像だが…再犯者は社会復帰が思うように行かずヤケになってるようなケースが多いのではと思える。諦めてヤケになっての行動の…巻き添え被害が増えることは防止すべきだし、防止できることではないのか。
もちろん現在も、再犯には厳しい処罰なのだろう。ただ…これこそが『それでは足りない』変えるべきことなのだと思う。
名無しさん
Aさんも頭に来たからと言っても「何みてんだよ」とは言わずに無視して去った方がいいと思う、何故ならそう言う手合いに勝っても何も得しないし関わればこうなる、訳分からん奴は無視が一番。
ところで私事ですが昨日の帰り駅から降りた時に異様な感じのじいさんと目が合いヤバイ奴と思いました。
私はその後駐輪場の自分のバイクの所に行きたかったのですが「もしかしたらこのじいさんにバイクのナンバーを覚えられて後日タイヤをパンクさせられたりブレーキのワイヤーを切られるたりしないか」と思いじいさんの姿が完全に消えてからバイクの所へ行きました。
やはり自分の身を護るのは自分だけなので少なくとも訳が分からん奴には関われないようにするのが賢明だと思います。
電光掲示板
今と昔じゃ情報量が違うし成熟度も違う。
身体は大人になってる訳だから暴力を振るえば大人と同じだけの被害がある。
少年法は12歳までとし、13歳以降は通常の法律の対応でも十分だと思う。
その上で未成年であれば情状酌量すれば良い。
名無しさん
あれだけ残酷な事をしていて懲役10年以内だと言うことが信じられない。こんなに軽いのなら、犯罪のやり得になる。なので再び犯罪を犯したのだと思う。少年の将来のために軽い刑になったのだと思うけど、ケースバイケースだと思う。この法律以外にも時効とか、犯罪者に優遇しているおかしな法律がいっぱいある。一度国民全体で真剣に話し合うべきだと思う。


名無しさん
長期受刑者が更生できるかどうかを判決の時点で予見して刑期を決める今のシステムにはそもそも問題がある。
刑期満了後に機械的に釈放するのではなく、真に更生できたかを見定める手続きが必要で、更生できていないなら刑期は延長されるべき。
名無しさん
司法が、素人でも無理だとわかる不可能な更生を期待した。
その結果がこれだ。
綾瀬の事件は、人の出来る所業では無い。
司法は勇気を持って死刑を選ばなくてはならなかった。
それをしなかった為に、今回の被害者が出てしまった。
名無しさん
女子高生をコンクリートに入れて遺棄するなんて人間のする事ではないしそれをできる人間がまともに更生するなんてありえないのは分かり切っている事。
普段から凶器を持ち歩かなきゃいけない環境も自分が招いた事だと思いますね。
前科の事も考えるとこの先も更生する事はないでしょうし服役しても税金の無駄なので極刑を望みます。
名無しさん
この事件を思い出す度に、女子高生の苦しみに心が潰される思いです。お母さんも精神を壊されてしまいましたよね。
同じ苦しみを犯人に味あわせてやりたい。
でなければ、極刑を強く望みます。
名無しさん
再犯したら罪を重くしてほしいですね。
1回目よりは2回目の方が重い、2回目より3回目の方が重い、というように。女子高生コンクリ事件の4人の少年のうち、3名が再犯を起こしてるという話ですよね。少年法も改善してほしいですが、再犯に対する罪の重さも何とかしてほしいです。
名無しさん
どっちもどっちの喧嘩ですが、ナイフや警棒を普段から持ち歩いている時点で更生には程遠い人間なのは良くわかりました。裁判を理解していない事も幼児みたいだし、再犯の可能性が高い事も記事をよむだけで伝わります。10年は入れておいていただかないと、次は人を殺しかねないです。


名無しさん
こんな奴を最初の事件で短期間で、出したのがそもそもの間違いです。今回こそ長い刑期を与えてやってください。
名無しさん
簡単に死刑を選んだりとかはできないし、一度裁かれた罪を再度問うことは無理なんだけれど少年法って未来ある若者は前途あるし更生が可能だからという前提であるんだろうから未成年のときにこういう重大犯罪を犯して出所してきてまた同じような罪を犯したのならば、更生の余地なしで重い罪を課すべきだと思う。
名無しさん
蛙の子はどこまで行っても蛙ってことの証明です。酌量の余地、事情がない場合又は誤認逮捕の可能性のない場合の殺人は絶対に死刑にするべきということは、この事件からも他の事件からも嫌というほど証明され切ってます。これ以上新たな被害者を増やして誰が責任取るんですか?何でも自分のやりたい事は即成し遂げる安倍さんにこの法案を早く通してもらいたい。でもあの人は自分の儲けにならんことはやりませんね。残念です。
名無しさん
社会に出ていたことは知っていたが
再びこういう事件を起こしたことは知らなかった
日本は法律が緩いと思う
少年であったとしても、やったことは、とても許されることじゃない
人の命は面白半分で奪われていいものじゃない
考えていかなければならないことだと思う
名無しさん
約30年前、この事件を知って女子高生を思い泣いたことを思い出しました。親御さんを初め親族の方は決して忘れられないだろうけど、それでも前を向いてこの30年を歩んできたんだと思います。それをこんな形でまた娘さんに起こったことを活字にされ嫌でも思い出してしまう。親御さんの苦しみを思ったら到底許されないです。人の痛みが理解出来ない人は何度でも同じことをします。人間の心を持っていないのだから。
名無しさん
前科前歴がありながら、人を傷つけることのできる警棒とナイフを携帯所持していた、それを使用した。被害者の傷の大小じゃないと思います。今回の結果、自己防衛のためではなく人を攻撃するための携帯所持、またそれを使用行使した。 前科前歴は法律的に罪を償ったとはいえ、人を殺めたことは一生背負っていかなければならないことで、今回の事件は前科前歴の反省と矯正がなされていないと私はおもいます。


名無しさん
肉体的・精神的に追い込まれやむを止まれず犯行に至ってしまったケースは更正は期待出来るだろう。
だがこう言う奴は残念ながら更正は期待出来ない。元から精神構造が違うから幾ら何年・何十年と厚生施設に入れても無意味。
結局「なんで俺はここに閉じ込められなければならないんだ」と自分の置かれた立場を理解出来ないししようともしない。だから満期で出て来てもまた同じ事を繰り返す・・・
光市の場合や酒鬼薔薇なども同様に更正など出来ない。結局知らない間に施設を出て来て何かトラブルを起こす・・・少年なんだから死刑は・・・と言うけど、人間ではない残忍な行為を侵した以上人間としてみる必要はないと思う。
老老介護の疲れでパートナーや親子供を殺めてしまったとか、DV・虐待で開放される為に殺めたとかは情状酌量の余地があるし実際認められている。
だがこう言う猟奇的殺人は死刑をもって終わりにするしかない・・・
row..
記事読んでると、反省どころか悪化したように感じる。
女子高生にあんなに酷い事をした時点で人間としての感情がないことがわかる。
少年法は中学校卒業までの、軽微な犯罪に限って欲しい。
殺人は年齢問わずに殺人罪で裁判をしてください。
名無しさん
未成年だったとしても、1人のたまたまそこを通っただけの女子高生に人間とも思えないような残虐な行為をしてコンクリートに埋めたような人達に未来なんてないし、いらないと思う。
ましてやこの人は事件があったそこ家のやつでしょ。
そこの親もこの子供が怖くて女の子がいることも黙認してたらしいから、まぁ親の育て方というかその頃からもう直らないんだろう。
日本は殺したとしても1人じゃ死刑にならないだろうとか思っている人が多くなってる気がする。
被害者、遺族よりも加害者が守られるのは常識的に考えておかしいと思う。
顔も全て公表して会社にも過去の事件を全て公表させて指を指されるようなシステムにすればいい。
どんな事件でも被害者ばかりがニュース、ゴシップのネタにされて、加害者は目にモザイクが入れられたり、顔写真が出なかったり。
司法で裁けないなら、世の中で公開処刑のように生きさせるしかない。
名無しさん
お時間の許すときに、傍聴してみるといいです。初犯に優しいし、反省を形にするのも、例えばお酒が原因だと、親と同居して見張るとか、交通事故だと車は乗らないとか、それで刑がかるくなるのか、と。
被害者からしたら、犯人が初犯だろうか繰り返す犯人だろうが、命も人生も戻らないことに変わりはない。
その上に、こんなヤツ。
裁判官が感情を出すことはありえないし、弁護士でも「私は、あなたの弁護人ですが、反省はないのですか?」と、意見を述べた方もいた。
偏見ではなく、やり取りを読んでいると、発達障害の傾向が強く読み取れる。
名無しさん
過去に大変な事件を起こして服役したにもかかわらず、このような事件をまた起こす。
塀の中で彼はどんな気持ちで過ごしたのか。
ただ時間だけ過ごしただけ。
塀の中では、二度とこのような過ちを犯さないことに対する教育なりはないのね。
ただひたすら反省もせず、時間が過ぎるのを待って出所。
こんなんじゃ反省してないんだからまた同じことの繰り返し。
少年だからって許しちゃいけない。
やってることは少年も成人も老人も変わらない。
もっと重罰を与えなきゃ。
法改正を早急にして欲しい。
名無しさん
再犯者はそれだけでハードル上げても良いと思う。
初犯者が情状酌量の余地がある犯罪も再犯者はそれだけで有罪で良い。
まして凶悪犯罪者はもっと厳しくするべき。
一般者が無罪な事件でも凶悪再犯者は有罪で良い!


名無しさん
今の若い人に当時の事件をもっと知ってもらって、この犯人が社会で生活できないようにしてもらいたい。
また必ず犯罪を犯す。
きちんとした親に育ててもらえなかった彼も気の毒ではあるが、もう大人である。
あの事件は詳細を知れば知るほど胸が痛くなる。
名無しさん
事実認定に関わる抗弁そのものは、量刑に影響を与えるので、それはどんなクズにも認められて然るべき権利ではあると思う。
ただ、裁判官が言っている通り、イレギュラーなものについては本人の利益にはならない。
弁護士との打ち合わせが十分に行われていないのか、それとも本人の問題なのかは判然としないが、いずれにせよ、情状酌量の余地は無さそう。
名無しさん
少年法で守られることを見直す必要性があると思います。
殺害した場合は少年とか成人は関係なく
極刑もしくは終身刑に処すように、法改正が必要になっていると思います。
今回の容疑者も、当時に卑劣極まる事件を犯していたのでその時に刑期を数十年など重く刑をかしていたら、また事件を犯しすことはできなかったと思います。
名無しさん
過去の犯罪に関して、とやかく言うべきではないかもしれないけど。
あんな事件起こして、普通に生活してることがこっちからしたら恐怖だし、なんだかんだ、またこういう事件起こすってことは、反省もしてないし、あれだけのことしてもこんなもんなんだ、って少年法という法律が甘やかした結果だと思う。
16歳で社会人として働く子もいる。少年法は義務教育までで充分なのでは?そして、異常性や悪質性の高い犯罪を低年齢で犯した人間に対するその後の措置というものも、もっと考えてほしい。
18歳で選挙権だの成人だの言う前に、やるべきことは少年法の改正だと強く思う。
名無しさん
凄惨な事件は少年法は適用無しでいいと思います。苦労して大切に育ててきたのに、被害に遭われた方々が不備で仕方ない。また同時にいつ火の粉が飛んでくるかもしれない。凄く怖いです。人権は大切かもしれませんが、出てきてはダメな人は年若くても厳しい処罰が必要だと思います。
名無しさん
本人の主観的な事実と、周囲が見る客観的な事実がズレやすかったりブレ易かったり、さらには自分と周りとの境界が曖昧で、物の見方にまで影響が及んでしまうのは、精神障害圏な状態と言わざるを得ないですな……お勤めが終わったあとも、何らかの監視下に置かないとイケナイ人種かも……


名無しさん
あのような重大で卑劣な犯罪を犯しておきながら
この態度の尊大さ
逮捕されて、刑に服しても何も反省していない事が分かりました
本来なら綾瀬の事件が起こった際に被告全員を極刑に処すべきでしたね
あんな輩どもに温情判決なんて、世間に対する裏切りでしかなかった事も充分に分かりました
あの犯罪に携わった連中が再び犯罪に手を締めた時には、
たとえ暴行罪や傷害罪であっても極刑に処して欲しいと思います
それが彼らを再び野に放ったお上の重大な責任だと思います
綾瀬の事件の被害者が全然浮かばれない…
名無しさん
記事読んでて思い出したけど、この被告の両親はガチの共産党員で、共産党総出で事件を揉み消そうとした奴ね。朝日新聞が殺された少女に落ち度があったとか報道してて、当時の若い私はうっかり信じてたよ。その後に事実を知って、マスコミ信じた自分を情けなく感じた。共産党の議員と弁護士で騒いで、かなり量刑を軽くさせた記憶があるけど、今回もかなり圧力があったのかな?ここは法治国家なのにな。でも、このコメントも削除されるんだろうな。この国には反日マスコミの報道の自由はあっても、個人の表現の自由は無いのだよね。
名無しさん
女子高生を殺害した時も少年法があったから刑が軽くてすぐに出てきてしまった。また同じように出れると思ってるんだろうね。支離滅裂なこと言って普通ではないと思う。また出所したら同じようなことが起きるだろう。前科もあるし刑は厳しくした方がいいと思う。
名無しさん
今回の事件も本当に奏容疑者がやったのなら
今回こそは極刑を望みますが、腑に落ちないのは
被害者が普通ではない事。
仕事が忙しく、抜糸を自分で行った。との事ですが所謂、普通の人なら仕事を休んででも医療機関に行きますよね?違いますか?
被害者も裏社会の人間なんじゃないですか?
名無しさん
戦後の極貧だった時代に生きるために仕方なく犯罪に手を染めた青少年を保護するために出来たと言われている少年法。
そこから70年以上経て時代はすっかり変わったがこの法律は相変わらず。
人権派弁護士様に聞いてみたい
「かつて凶悪犯罪を犯した少年が未来があるからと刑が軽くなり保釈されて再び重大な犯罪を犯していますが、これがあなたたちの思う『未来ある少年』の行く末ですか?」
名無しさん
再び女子高生コンク殺人のような悲惨な事件が起きないように、この障害事件だけの視野ではなく、この人物の過去の経験を加味して判決が下ってほしい。
そして、GPS付けて永久的に監視下においてほしい。


名無しさん
これが弁護士の入れ知恵でなければ良いが。
名無しさん
記事を読むと、被告はもちろんあり得ないけど、Aさんも大概だと思うのは私だけ?
普通の人間は、何みてんだよ?とか自分から絡みに行かないと思うんだけどな。
岡本廉
少年院等の矯正施設でのプログラムを改善する必要があると同時に、
退所後に再犯した場合の社会復帰施設(刑務所)からの退所時期は刑期を定めず社会の一員になれると判断されるまで服させるように法律を改めたら良いと思います。
名無しさん
反省してないのかなぁ?
それとも、わかってほしい本人なりの主張があるのかなぁ。。
子どものまま大人になったのかな。
どんな環境で育ったのかを本人に直接聞いてみたい。
凶悪な事件がある度に、デスノートが欲しいって本気で思うけど、、、
本人がどんな環境で育って、どんな思いをして生きてきたのかもすごく気になる。
寄り添ってくれる人がいなかったのかな?
名無しさん
日本って、犯罪者に甘い国だよね。もっと罰してほしい。被害者、被害者の家族をもっと守ってほしい。死刑廃止なんてありえない。法律変えようとしてるけど、もし自分が被害にあったら?家族が被害にあったら?自分とか家族に置き換えて考えてほしい。
プルポ
たとえば少年犯罪でもチンピラ同士のイザコザがヒートアップして、起こしてしまった事件なら、まだ更正の余地はある。
やるか、やられるか、なら恐怖心もあるからね。
ただ、完全に自分が優位な立場で、ある程度の時間がある中で行われた犯罪の場合、更正は難しい。


管理人の率直な感想

死刑ですね。
それしかないでしょう。

女子高生コンクリート殺人事件で服役した際、収容先で服役囚から酷い暴力やいじめを受けたと想像はしますが、全く反省していないし成長していない。
大人になっていない。

完全に少年期で精神面が止まっている。

見てくださいよ、このやり取り。
傍聴人だったら、これはこれでまた目も当てられない惨劇ですよ。

あくまでも噂の範疇を越えないですが、少年当時のコンクリ事件を出所後に自慢してたとか。。。

死刑ですね。

警棒やナイフは護身用でしょう。
あんな事件を起こしてるので、いつ誰に襲われるか分からない。
馬鹿は馬鹿なりに考えるんですね。

てか護身すんな。

必要ない!
結局、今回の事件だってその警棒やナイフが凶器として使われている。
ナイフで首を刺すって・・・。

猟奇的殺人事件の再来ですよ。

今回も実刑は免れないわけですが、出て来てもまた同じようなことを繰り返します。
100%繰り返しますよ。
次は被害者の命はないかもしれない。

今回だって殺しにかかってますからね。

ダメですよ、こんな人間を生かしといたら。
宅間守と同様に、即座に極刑に処すのが世のためですし、おおよその世論だと思います。

コンクリート事件から30年ですか?
湊伸治被告は46歳になっている。
大体、30年経って更生していない人間が今からまた更生もへったくれも無いでしょう。


コメント