江戸時代に生涯未婚者が多かった「悲しい事情」とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


江戸時代は今とは違う意味で「生涯未婚」の人が多かった。雇われ商人が独立できたのは早くても30歳頃だが、江戸時代の平均寿命は30歳代。結婚したり子供を作ったりする前に、この世を去る人は少なくなかった。「死なずに生き抜くこと」が何よりも難しかったのだ――。


スポンサーリンク

「長男以外の男性」は10歳で奉公に出た

江戸の庶民を代表するのは、「商・工」階級の人々である。賑やかな巨大都市に住んでいた彼らは、一体どのような人生を送ったのだろうか。これを、「呉服屋に勤める商人の男性」を例にして考えてみたい。

江戸時代の呉服屋は、大店を除き、そのほとんどが家族経営だった。店と住居が同じ建物で、家族が従業員も兼ねるという形式である。しかし、それだけでは、労働力の不足する場合が多い。そこで、家族以外の従業員も雇い入れるのだが、彼らの多くは経営者家族と起居を共にする奉公人だった。

奉公人の多くは、同じ商家だけではなく、近隣の地域の農家などの「長男以外の男性」である。長男は家督を継ぎ、商家や農家の主となる。しかし、次男以降は、そうもいかない。そこで、ツテを辿って、商家などに奉公に出るのである。奉公に出ず、そのまま実家に住み続けた場合は、結婚も許されず、居候のような立場で隠れるように暮らすしかなかった。

奉公に出る年齢は、多くの場合、10歳前後である。寺子屋で「読み書き算盤」を学び、それがおおむね身に付いた頃だろう。まだまだ甘えたい盛りの子供にも思えるが、この時期から家を出て、「丁稚(でっち)」と呼ばれる住み込みの従業員となった。


脱落しても実家に居場所はない

丁稚である彼らに、いわゆる給料は出ない。寝食の保障が、給金代わりである。そもそも、丁稚はほとんど労働力として機能せず、研修を受けている段階である。できる仕事といえば、掃除や力仕事などの雑用に限られていた。こう考えれば、お金をもらえる方が不思議だろう。

ただし、盆と正月には、主に現物支給で「ボーナス」が出た。これは「仕着せ(しきせ)」と呼ばれた。現在も「上から一方的に与えられるもの」という意味の、「お仕着せ」という言葉が残っているが、由来はこの仕着せである。

容易に想像できるように、この丁稚の段階で脱落する子供たちも、たくさんいた。基本的に休みもなく、ひたすら見習いの仕事ばかりの日々は、10代前半の子たちには辛かったに違いない。しかし、多くの子たちには、実家に帰っても居場所はない。辞めて帰っても、違う奉公先を探して、また一からやり直しになるだけだった。

丁稚として真面目に勤めた者は、早ければ17~18歳ぐらいで元服を許され、「手代」に昇進する。この手代から、正式な従業員であり、立派な労働力となった。ただし、住み込みで働くという点においては、丁稚と同じである。

上に掲載した古写真は、明治時代初期の呉服屋を写したものである。江戸時代のそれと、ほぼ同じといってよいだろう。中央にいて、客の女性の顔色を窺っている男性が、この店の手代である。まだ随分若いように見える。


一体いつ「結婚」したのか

手代になった後、大体10年以上働き、従業員として優秀であると認められれば、「番頭(ばんとう)」に昇進する。これが、従業員として最高の職位だった。先ほどの写真でいうと、右側で耳に筆を挟み、そろばんを弾いている男性が、この店の番頭である。手代に比べると、顔つきにも随分と貫禄があるように思われる。

番頭になった後、さらに業務に励み、主人の信認を獲得した者は、のれん分けが許されることもあった。商人誰もが憧れた、独立開業である。しかし、ここまで彼の人生を眺めて、ある一つの疑問が出る。彼らは一体いつ頃、結婚をしたのだろうか。

手代に昇進すると、羽織の着用や、酒、煙草などが許された。しかし、先ほど述べた通り、住居は丁稚同様、店舗を兼ねた主人の家だった。ここから推測できるように、手代に結婚は許可されなかった。

ようやく一人前となり、自分の家を持つことが許されるのは、番頭になった後である。このとき、彼らの年齢は30歳ぐらいだろう。昇進の早かった優秀な者でこの年齢なので、余り能力が高くない場合、頑張っても番頭となれるのは30代後半だった。


結婚できたとしても30歳過ぎ

そのため、雇われ商人の多くは、無事に結婚できたとしても、その年齢は30歳を過ぎていたと考えてよい。歴史人口学者の鬼頭宏氏は、江戸時代の初婚年齢に関して、次のように述べている。

江戸時代の男女はかなり早婚だったと言われる。たしかに初婚年齢が女性で27歳に、男性が28歳に近づきつつある現在からみればそのとおりである。しかしそれは女子にはあてはまるけれど、男子の初婚年齢は一般に現代の水準に近かった。中央日本の農村では、18・19世紀における長期的な平均初婚年齢は、男25~28歳、女18~24歳の間にあった。夫婦の年齢開差はふつう5~7歳、男が年上で現在よりもかなり大きかった。しかし江戸時代の初婚年齢は地域や階層などによって、非常に大きな差があったことがわかっている。

この極めて整理された文章は、多くの人が江戸時代に対して持っているイメージを覆すに違いない。一般に、江戸時代、しかも農村においては、初婚年齢は相当低いものだったと思い込んでいる向きは多いはずである。ところが、実際のところ、男性は25~28歳ほどだったのである。しかもこれは、平均年齢であることに注意が必要だ。もっと上の年齢に至ってから、初めての結婚をした人も大勢いたということになる。

なお、2015年の厚生労働省統計情報部「人口動態統計」によると、平均初婚年齢は男性が31.1歳、女性が29.4歳となっている。江戸時代の平均初婚年齢は、現在より男性は3~6歳ほど、女性は5~11歳ほど若かったということになる。バラつきの大きい女性はともかく、やはり江戸時代といえども、男性はそれほど早くに結婚していなかったのである。


都市部に流入した人々が「どんどん死んでいた」

先ほどの「雇われ商人」の話に戻ろう。30歳を超えていても、最終的には結婚をして家庭を持てるのであれば、それはそれで結構な人生だという考え方もあるだろう。ところが、これもまた正確な事実の認識に基づいたものとはいえない。少なからぬ「雇われ商人」が、結婚をしたり子供を作ったりする前に、「死んでいた」からである。悲しいことだが、江戸時代に限定すればこれは間違いない。

既に紹介したデータだが、江戸時代の中・後期、濃尾地方の農村における女性の合計特殊出生率は5.81だった。女性たちは今とは比較にならないぐらい、たくさんの子供を生んでいたのである。

それにもかかわらず、江戸時代における日本の総人口は、ほとんど増加していない。19世紀半ばまで、日本の人口は約3000万人で安定していた。なぜ増えなかったのだろうか。これには、大きな理由が二つある。一つは、乳幼児の死亡率が非常に高かったこと。もう一つは、都市部に流入した人々が、「どんどん死んでいた」ことである。だから、子孫を残さずこの世を去る者も、決して少なくなかった。

都市で人々が「どんどん死んでいた」要因の第一は、流行病である。例えば、文久2年(1862)のはしか大流行では、江戸だけで24万もの人が亡くなったと伝えられる。百万都市江戸の、4~5人に1人が死んだということになる。

19世紀の終わり頃から、衛生状態の向上、医療の飛躍的発展によって都市は「地獄」ではなくなっていった。しかし、それ以前の時代においては、職場での出世競争以上に、「死なずに生き抜くこと」が、何より難しかったのである。今とは違った意味で、一生涯未婚の人々が多い時代だったといえるだろう。


「七つまでは神のうち」と言われていた

多くの歴史人口学者の研究によって、江戸時代の平均寿命は、265年間を通して30歳代だったとわかっている。「人生50年」という表現があるが、それにも全く及んでいない。しかし、これは江戸時代において、老年まで生きる人がほとんどいなかったということを意味しない。流行病で突然死んだ人、および物心つく前の乳幼児の段階で死んだ人の多さが、平均値を引き下げてしまっているのである。

江戸時代中期~後期において、一歳未満の乳幼児の死亡率は10パーセント台後半という結果が出ている(前掲書『人口から読む日本の歴史』)。他の調査でも似たような数字となっており、当時の農村においては、おおむね2歳になるまでに2割の子が死亡していた。

七つまでは神のうち――かつての日本には、このような悲しい言葉があった。簡単にいえば「7歳まではいつ死んでもおかしくない」という意味である。小さな子供が背負って面倒をみていた赤子は、いつ神様の元に帰ってしまうかわからない「脆い存在」だった。七五三という習慣は、「神様が子供を連れて行かなかったこと」を感謝するものなのである。最後が「七」というのも、7歳の体力があれば、簡単な病気では死なないからなのだろう。

書籍>>>江戸暮らしの内側 快適で平和に生きる知恵



参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190221-00027679-president-soci&p=1


厳しい時代!平均寿命が30代の江戸時代において平均初婚年齢が30過ぎの商人。生涯独身者も。ネットの声

名無しさん
そもそも江戸の人口からして男性比率が高い。それもあって江戸は未婚者が多かったのじゃないかな。例えば享保6年(1721年)の江戸の町人人口は50万人で、男女比は5:3。これは農家の次男三男坊が上記のように出稼ぎに来ていたのと、参勤交代の所為で男が多かった為。江戸末期には男女比が大分均されたそうだけど、基本的に男余り。なので遊郭の吉原が発展してきた歴史があり。参勤交代でくる侍は地元では結婚していただろうけど。町人としては男性の数が多いので、その分結婚は相当難しかったと思われ。
ただ江戸という大都会と農村部はまた話が違うし、そもそも地域によっては現在のような家制度を根幹とした婚姻制度とちょっと違うので、単純に結婚できてないというのは違うかもしれない。
でも今よりずっと生き延びるのが大変だった時代なのは確か。飢饉も頻発してたし、農村での餓死者も多い時代だった。
名無しさん
最近では江戸時代や明治時代、そして戦前を美化しようとする動きがある。しかし、多くの人々は短命、貧困、病気などに悩まされていた格差社会。過去を美化する前に、現在や未来をその教訓からもっとよくするように考えないと。やはり騙されてはだめなんだろうなと思った。
名無しさん
江戸時代に限らず当時の世界も同じでしょ。
日本だけが特別ではない。
名無しさん
戦前までは長男以外は大変だったよ。だから軍隊に志願した人が多かった。しかし戦後は経済発展で安定して働ける職場が増え遺産相続も平等になり、逆に親の面倒を見るケースが少ない次男等が実家に縛られず自由に生きることができるようになった。人生っていつ、どこで、どの親から生まれるかで運命が大きく変わるってつくづく思うな。まあ江戸時代や戦前に比べれば人それぞれに悩みがあるとは思うが、比較で言えば今の時代は本当幸せだと思う。
名無しさん
多くが持ってるイメージを崩すと言うけど、そもそもこれは全人口の1割程度の商人の話に過ぎないからね
そもそも8割前後が農民の時代なのだから
名無しさん
昔は苦労の多い、短い命だったからこそ子供といえど大人の思考や価値観に成るのも早かったのかもしれない。
今だって精神年齢は若者どころか、中高年といえど、どんどん引くくなってる。
寿命は伸びたけど、何が幸せなのかはどんな時代になっても判らないよな。


名無しさん
まあ、長男だって早死にする者が多かっただろうからスペア的に次男は20くらいまでは実家にいたんじゃないかな、歴史的に一番良かったのは元禄と言う人がいるけどその時代に生きたいとは思わないね
名無しさん
別に日本だけの話じゃないね。大きくかわったのは抗生物質の登場だよね。いままで感染症で死んでた人が死ななくなった。結核も梅毒も治せるようになった。でもその抗生物質が耐性菌の登場できかなくなってきたってのが昨今の問題本当にぜんぜん効かなくなって開発も間に合わなくなったら江戸時代よりは栄養状態がいいだろうけど、かなり平均年齢は押し下がるだろうね。
毒草は薬にもなる
江戸の世にあこがれを抱く若者はいるが現実は厳しくも悲しいものだ。
子供時代を無事生き延びても青年期の労咳。衛生状態も医療も低かったのにそれでも生き延びたものだけが老人になる。
だから老人になるということは喜ばしいことだったのだ。尊敬も得られた。
今は誰も彼も長生きだから老人はすまなさそうにするしかないのか。いや権利意識の高い世代が老人になって日本気質も随分と変化した。
名無しさん
農村部で生産革命でもおきない限り、米が増えないのだから人口を増やす事は出来ないでしょうね。
「たわけ者」という言葉は「田分け」がもとになっているんじゃなかったかな。
人が増えたら都市が吸収するにしてもね….昔は厳しい時代ですよね
名無しさん
大奥があるように、事実上一夫多妻制だったってことだ。
長者は妾がたくさんいて、同じ家に住まわせている。
部屋がいくらでもあるし、奉公人もたくさんいるので、。
座敷わらしっていうのは、妾の子で隠れていなくてはいけないのに、たまたまみかけるからお化けだとされたそう。
安定していて成功した者だけが、たくさんの遺伝子を残せる。
理にかなったシステムだと思う。
名無しさん
そもそも肺結核に効く抗生物質が登場したのが第二次世界大戦ごろ、新薬が劇的に進歩したのが終戦後。
それまでは、肺結核はもとより、赤痢、腸チフスで死ぬ人なんてゴロゴロいた。お金のあるなし関係ない。
はしかは別名「命定め」。
女性は出産関連で亡くなる人も多かった。
ここには書かれていないけどね。
まあ、女性の悲劇は他人事なんでしょうね。でも、妻が亡くなるというのも、その一家にとっては悲劇。


名無しさん
江戸の場合、女性の割合が少なかったのも原因かと…。
農村地帯の乳幼児死亡率の高さの一部は、間引きでしょう。
名無しさん
間引きや姥捨て山といった歴史もあったわけで、何が幸せかは分からないけど、高齢者が増えすぎてしまった。
もっと平均寿命が下がったほうが良いのではと思う。
名無しさん
現代の目で見れば江戸時代の庶民生活もこの記事のように”悲しい事情”
としか見られないのかもしれないが、それでも当時の海外から見れば
江戸時代の庶民は都市部も農村地域も文化的にも経済的にも豊かで幸福だと映っていた。
北極熊
記事の事情内容とは異なるが、落語の定吉はどんな番頭さんや旦那さんになるのだろうと想像することがある。
名無しさん
多分死亡最多年齢帯は幼少期と高齢者で平均値が中年手前あたりになってくる。統計なんてそんなもの。実情を反映してる訳ではない。
名無しさん
実質賃金は下がったが実質幸福は史上最高を更新し続けている
ただでユーチューブがみられたり400円でアマゾンプライムが見られるのは異常なこと
ゆとりが権力を握る頃には無駄な労働も撲滅され今よりさらに働かなくても良くなる


名無しさん
今では鎖国とは言わないらしいが
それでも民間レベルを含めた海外交流を
極端に制限するような徳川幕府の方針は
「世界史上における愚かな政策」ランキングでは
確実に上位10位には入れるとあったな
(ユダヤの皆さんによる圧力のため
1位は不動の件があるそうです)
名無しさん
手代クラスになれば、
ある程度の手当て=収入があったでしょうから、
「吉原」などの遊郭で「遊んでいた」
のではないでしょうか?
あと、男性だけでなく、女性も同じように
働きに出されたでしょうから、
運が良ければ見初めあって所帯を持つ
とか、運よく跡取り娘と縁があって
「マスオさん」になるパターンもありそうです。
名無しさん
世界でもヨーロッパのペストの大流行とかあったしなあ
どこにいても病気は恐ろしかった
名無しさん
一方で家柄の良い武士の家系は多重結婚が多かったらしい。明治に入ってからは廃止になったけどね。
jaiditca
今はいい時代ね
名無しさん
呉服店へ奉公に入った女子も、生涯未婚で終えるというのもごく普通にあった話ですね。江戸時代の庶民は、24節季を大事にし、神社や寺詣を大事にし、という生活をしていたことがよく分かりました。


su
今、話題になってる堀ちえみは、昔ならとっくに神に連れていかれていたんだろうな。今、流行のはしかも昔に比較したら、流行ってるうちに入らないんだろうな。それくらい厳しい時代。
NaNashi
その時代時代にいろいろと問題気苦労があるわけで。
名無しさん
平均寿命30歳といったってみんな30歳で死んだ訳ではなくて、当時は乳児~幼児がたくさん死んだから平均すると30歳になるだけなのでは?
名無しさん
悲しいとは思わないし、それが当然と思っていたのでは
名無しさん
栄養のある食べ物も少なく衛生面も悪い。医学の知識も無く何かあれば神頼み。肉体労働で怪我して悪化してそのまま死亡なども当たり前。そんな時代に生まれなくて良かった。
殷紂王
それほど悲壮な気持でもなかっただろう。周囲の見る目が違う。今はどうか、落伍者として蔑まれ、税制上も不利な取り扱いで、恵まれた者との差は開くばかりだ。つまり、高齢未婚を異端視し、厄介者として差別する社会にこそ問題がある。


名無しさん
大都会の商家では、という話ですね。当時の人口の大半を占めていたであろう農家では全然違うのでは?
名無しさん
生物の種のバランスとしては当時のほうが適正で、
度々戦争、疫病、災害等で纏まった数を減らすぐらいで丁度良かった。
今は死ななすぎで無尽蔵に増えすぎ。そのうちキャパ越える。
ホームレスにハゲはいない
学生時代こういう社会の授業だったら勉強楽しかっただろうな。年号覚えたり歴史的な出来事ばかりではつまらない。庶民の生活の方が今の自分達の生活の参考になるし。それこそ江戸時代の日本人と自分が繋がる感覚。将軍や偉人では自分と繋がらない。
soultrain
江戸時代と現代社会の違いは、当然理解しているつもりですけど、平均寿命が30歳には、びっくりとしかありません。これでは生涯未婚者が多いのは当たり前の事ですね。しかし30歳ぐらいて短すぎますね。江戸時代に生まれてみたかった。なんか違う世界を観てみたい。
名無しさん
知識ないだけかもしれんけど、
当時は生保なんて生ぬるい制度なかったんでしょ?
今の時代の方が断然甘いよなぁ。
名無しさん
武士でさえ、長男が家督を次、次男、三男は部屋住みで、婿養子に行くか、跡継ぎが亡くなった時の跡目候補だったときいたことがある。


ゴロゴロ
生きてるだけですごい時代だったんだね。生きてく力と運がないとダメな時代だから、きっと生きてるだけで自分の尊さを感じられたことだろう。「俺は生きてる。なかなかやるじゃん」って。
今は生きてるのが当たり前になってる。社会保障が充実して、生きてく力の無い奴でも生きてられる。自分の尊厳のためには、生きてる以上の理由が要るんだろう。
名無しさん
この時代に作られた遺伝子が今の日本の最悪な状況を招いている
商人以外の人間は成果を出しても取り分は固定なので基本的に最低限しか働きたがらない
競争に勝てずに少子化で滅ぶのみ
誰だなZ
これも歴史の事で興味のある事かな、江戸時代も生涯未婚者が多いのか、やはり江戸時代も身分の格差が今以上に激しいからこうなったのか。
名無しさん
格差という意味では今と類似している。
名無しさん
江戸時代は在日がいなかったんだから、今よりははるかにいい時代だったのは間違いない。
名無しさん
江戸時代というよりは江戸の話だな。
他の町や農村はどうだったんだろう?


名無しさん
昔は10代で結婚してたのもあるからなあ
今はその年代で結婚はほぼ不可能に近いが
まあ、未成年の女しか対象にしない男たちにとっては暗黒時代だろうが
名無しさん
侍も同じ 養子先がなければ厄介叔父になって邪魔者扱い
結婚して自立はまず無理
fumufumu
明治も夏休み明けたら数人居なくなっているのが当たり前だったようだ。
名無しさん
農家の長男も結婚難しい。
名無しさん
分かった上で平均寿命を誤用してるよねこれ
名無しさん
現代人
何事にも感謝感謝


名無しさん
乳幼児と疫病死亡者を統計から外せば
平均寿命は流石に50歳でしょ
当時30歳は隠居の年齢だよ、死ぬ年齢じゃないよ
名無しさん
職人や棒手振りのような個人で商売してた人は、
もう少し早く結婚してたんじゃないかな?
丁稚と同年代で親方の元で修行始めたとしても
30過ぎるまで一人前になれないようじゃ、職人としての
素質ないからとっくに親方に引導渡されてるだろうし。
名無しさん
ちなみに「店」という概念は、江戸時代の中期くらいに成立したそうです。
それまでは、いわゆる「行商」や「辻商」だったんだそうですな。
つまり、どこでどんな商売をしているか把握しにくく。
税の取立が難しかったんだそうで。
故に「士農工商」で、一番下の扱いだったらしいです。
本当かどうかは知りません。
名無しさん
中世ヨーロッパの都市も男性の初婚年齢は40歳をこえていたはず。
名無しさん
金は得られずとも、生きていられるだけでも有り難い事だ。
今の俺も同じだ。
名無しさん
150年以上前の話と現代を比較しても…


名無しさん
平均寿命30代しか生きない訳でなくこの時代は赤ちゃんで亡くなるのが多かったからなー。
うん。
この頃はそれなりに豊だった。
名無しさん
武士の家も基本的には長男しか武士になれない。
次男、三男は、長男が武士を継げなかった時に初めて武士になれる。
男の子が生まれない武士の家に婿に行くか、それがダメなら居候しかなかった。
名無しさん
しかし美しいな昔の日本の写真。
名無しさん
あんまり関係ないけど、
漫画家の鬼頭莫宏先生が歴史研究家なのかと思った。
名無しさん
江戸時代の未成年の人達は、これだけ厳しい環境に置かれていたのに、発達障害等になる人はいなかったのだろうか?


名無しさん
この観点からの考察は初めてだった、良い記事
ただし商人からの視点のみでそれ以外の農村部の視点に欠けている印象
長男死んだら困ろうし、全員が全員丁稚奉公じゃないでしょうしね
名無しさん
江戸時代に生き抜くのは大変だろうね
ネットもないし、テレビもない
大体、あの髷を被るのは暑くて蒸れるな
名無しさん
面白かった。
名無しさん
のわりに江戸は世界最速で100万人都市になりましたよね
名無しさん
平均が30歳で亡くなると言ったって乳幼児期に多く亡くなっているなら、平均値じゃなくて中央値を評価しないと。中央値45くらいだったら30歳で独立してもまだ間に合うよね?
名無しさん
私は江戸時代に生まれていたら、早くに処女喪失して、結婚してただろうな。
平成は喪女には冷たすぎる。


猫バス
年季奉公も知らないのか一定期間の契約で働いて居るだけ
名無しさん
日本の昔の写真、かっこいい。それにしても韓国の昔の写真って、汚ったない物しかでてこないんですけど、フィルターかかってるんですかね?
GEOGIA
出生率が高かったのはろくな避妊具がなかったのもあるよなあ。
ゴム製品なんかなかったわけだし。
魚の浮袋とかかぶせてたんだろ。
生臭そうだな。
名無しさん
30代半ばで独立してすぐ結婚できたとして、40ちょっとで死んでしまうと
30前の未亡人と幼児が残されるわけか。
名無しさん
男が多く、独り身なので屋台が流行り、六文で買えた。寝タバコも多く火事も多かった。
😉
昔はよかった、古きよきもの
なんてのはうそっぱちさ!


名無しさん
なるほどね。
名無しさん
七五三ってそういう意味があったのか
知らなかった
名無しさん
あとでよみます
名無しさん
江戸時代の平均寿命が30代で、それは乳幼児の死亡率が多くて平均値を引き下げてるのは分かったが、7歳まで生き延びて移行の平均寿命は何歳くらいだったんだろうな?
葛飾北斎なんて90歳まで生きたっていうし。
くろいの
七五三ってそういうことだったんだ
名無しさん
それが今じゃ「人生100年時代」だもんなぁ。あと100年くらいしたらさらに伸びるのかなぁ?


名無しさん
切ないね。
名無しさん
子供のころ親に
「言うこと聞かないと丁稚奉公に出すよ」
と言われて意味が分からなかったな
名無しさん
ヘンリー・ヒュースケン
(初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリスの秘書兼通訳)
1857年の日記より。
「いまや私がいとしさを覚えはじめている国よ。
この進歩は本当におまえのための文明なのか。
この国の人々の質僕な習俗とともに、その飾りけのなさを私は賛美する。
この国土の豊かさを、いたるところに満ちている、子どもたちの愉しい笑い声を聞き、そしてどこにも悲惨なものを見いだすことができなかった私は、
おお、神よ、この幸福な情景がいまや終わりを迎えようとしており、西洋の人々が彼らの重大な悪徳を持ち込もうとしているように思われてならない。」
名無しさん
嘘臭い。わけ知り顔で、士農工商などと言い、ここ最近は士農工商などの序列は無かったと。武士とそれ以外だと。そりゃそうだ。
赤とんぼでは、15で姉やは読めに行った。
名無しさん
結婚促進ごり押しの記事ですか?
名無しさん
東南アジアという選択肢がなかったから、とマジレスする.


名無しさん
そりゃそうなるだろうな。。
名無しさん
うん?
結婚できたのが30過ぎで平均寿命が30代?で、子供は15人とかいしたはず、、、計算が合わない。
名無しさん
農民の跡継ぎだとメチャメチャ早かったらしいけどね。
子供=労働力で直結だから。
労働環境ブラックで、「食えない(養えない)から結婚しない」か。
21世紀になってから江戸時代に戻りはじめてる、ってことかな。
既婚持家高学歴正社員年収1千万超です
現代においても、ネトウヨは生涯結婚できませんね(笑)。
名無しさん
江戸時代の平均寿命は30歳代?本当ですか??
名無しさん
平均寿命30というのは子供が7歳までに結構死ぬから、30まで生きてりゃ大半50ぐらいまで生きる


名無しさん
当時の平均寿命は世界的に短命だった、というよりも幼児の死亡率が非常に高くは衛生状態と治療法が無く平均寿命が30歳前後になったも原因だ。日本人の生活が現在に近くなったのは戦後の高度成長時代後の事だ、神田川の時代を知っている人には貧しかったがその当時の方が人情と人の信頼関係が深かったと言う人もいる。
現代の日本が韓国あたりに罵声を浴びせ続けられるのは国家を象徴する軍隊が無いという弱みだ。為政者に根本的な責任があるる.
誇りを貫く事は江戸の武士や船場の商人の血脈に流れ続けている、
日本人の精神世界の象徴と言ってもいい。
誇りとは、戦わぬ雄は雄では無い、牙の無いライオンはライオンでは無い、日本を取り戻す為にどうすればいいのか、答えは皆が知っている。
日本政府の事なかれ主義は現実に日本を破壊し続けている、人生も国家経営もその心は戦いだ。
名無しさん
日本社会は江戸時代に逆戻りしてるのかも。
名無しさん
マスコミが質素な生活を強いられてきた江戸にばかり焦点を当てたがる理由がわからん。江戸時代から日本が始まったかのように歴史を湾曲させたいん?
ちなみに大阪はいち早く伏見商人の手で復興し繁栄を築いたのに。商社が集まる大阪の方が公務員の町である江戸より栄えてたし、当時から服装も大阪だけ派手。
名無しさん
革命は何故起きなかったのだろう?
いじめは未だ消えないが
名無しさん
>掃除や力仕事などの雑用に限られていた。こう考えれば、お金をもらえる方が不思議だろう
雑用でも仕事して金もらえないのは不思議
kik
昔がよかったという人は、昔を知らないか、ボケてるかのどっちかだ。


名無しさん
金なし持ち家なし、今と変わらんな…
社会搾取の構造だけは
是非に及ばず。
落語の主役、脇役www。
名無しさん
江戸では梅毒が蔓延していた。ヘボン先生がそう書いている。また梅毒に良いということで草津温泉は栄えた。
リキ、
それはそうでしょう。
本家から受け継いだ土地は生産には長男家族の生活を賄うのは精一杯だ。次男、三男等は長男が死んだ時の代替えだけの存在だ。長男が跡を次げば、その他の男の兄弟は不要になる。此が、家長制度だ。
次男以下は、下男の生活に甘んじ無ければ生きて行けない。当然、独身で身を終える。
estate
国策のせいで今は人口多すぎるから、人口正常化でこの時代くらいまで戻ればいいね(笑)
名無しさん
戦後の左翼の自虐史観に騙されてはダメだよ。
江戸時代に日本か酷かったなら、日本以外の国はもっと酷かったんだから。


名無しさん
つまり、現代の非正規社員は給料がもらえるだけマシな丁稚というわけですな。
まあ、手代止まりな奴が多いんだけどw
名無しさん
有益なDNAが失われ、非道な政界二世のクズやカスが一部残ってしまった現代?
ダークサイドスタートレック
江戸時代に東京で繁栄したのは武家商家裕福な地主じゃないの?それ以外は、丁稚奉公から食いつないでいた、
って今に例えたら、ブラック企業の派遣契約社員になるの?フリーランスの仕事ない横柄な記事書く人とか?
まあ、あんまり他人を馬鹿にした事記載しないが良いわね。自分が当てはまらなくても。
橘諸兄
相変わらずなヘタクソ過ぎてつまらないから売れない在庫本をネタにしたヘタクソライターがプレジデントにおんぶ抱っこな記事だと言うことだ!!!
名無しさん
江戸時代も今も同じ事だと思う!金の無い奴は結婚出来無い!親も貧乏で自分も貧乏人でそれの繰り返し!金持ちも三代目には貧乏人だ!いつの時代も同じ事の繰り返しだ!


管理人の率直な感想

コメントにも見受けられますが、格差社会という目で見ると今と変わらないですね。
経済力とモテ具合はイコールで、金のある男が女を多く囲う。

ただ、独立するハードルとしては今より格段に高い。
貧しい農家に生まれてしまったら、ほぼ無理。

夢も希望もない。
悲しい話です。

働き始めるのは早いが死ぬのも早い。
早すぎる。

一生懸命働きまくって生涯で一人も異性を知らず死んでいく人も決して少なくなかったでしょう。

厳しいですね。
貧しいのは置いといて、一生異性を知らないってのは死んでも死にきれない。

でも時間がない。

ただ、イケメンだとかブサイクだとかは、あまり関係なかったのかな?
顔が良いに越したことはないが金には勝てん!

自然恋愛のストーリーも知りたかったですね。

映画顔負けの恋愛ストーリーの一つや二つ、いや時代が時代だけにドラマのような切ない物語は沢山あったことでしょう。
成就するかしないかは別として。

ちょっと面白い。

また見つけたら記事にします。





生活
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
人生パルプンテ

コメント