大川小児童74人死亡は地元老人のせいだった?「尊い命を守れず申し訳ない」石巻市長の謝罪に「酷だ…」物議【東日本大震災】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


津波で児童74人が犠牲となった宮城県石巻市の大川小学校をめぐり、石巻市に賠償を命じた判決が確定したことを受け、亀山市長が遺族に謝罪しました。

東日本大震災の津波で、児童74人が死亡または行方不明となった大川小学校をめぐっては、遺族23人が訴えた裁判で、最高裁は今年10月、石巻市と宮城県の上告を退け14億3600万円あまりの賠償を命じた判決が確定しました。
これを受け亀山紘市長は1日、遺族およそ30人と面会し謝罪しました。

石巻市 亀山紘市長
「決して取り返しのつかない悲劇を引き起こしてしまったこと、愛するお子様との元通りの生活を願うご遺族の皆様には何の慰めにもならないと承知しておりますが、お亡くなりになられたお子様のご冥福を心よりお祈り申し上げ、謝罪の言葉とさせて頂きます。誠に申し訳ございませんでした」

このあと亀山市長は大川小学校を訪れ、慰霊碑の前で黙とうを捧げました。

亀山紘市長
「尊い命を守ることができなかったことに対して申し訳ない。このような悲劇が絶対二度とないように伝えていく必要がある」

次女を亡くした紫桃隆洋さん
「やっと子供たちにごめんねと話してくれたんだなと思った。子供たちに分かるような謝罪をして子供たちに分かるような防災の取り組みを実現してほしい」

大川小学校は今後、震災遺構として保存され、石巻市は保存のあり方などについて遺族と意見交換会を重ねることにしています。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000003-oxv-l04

スポンサーリンク

みなさんの声

名無しさん
大川小の先生は当初裏山に避難しようとしていたのに、地元の老人の避難場所が大川小学校になっていたため、老人たちが「自分たちには裏山にはいけない!」と主張したために、反対がわに避難しこのような結果になった。この事実は当初報道されたが、なぜかマスコミは言わなくなり、行政に責任を負わせてこの結果だ。老人たちがわがままをいわなければ子供たちは助かっていたのに、地域と学校を一緒にしたために起きた悲劇だ。この教訓を生かさない限り、亡くなった先生と子供たちは浮かばれないよ。
名無しさん
残念な結果に繋がったが、あんな予期せぬ大震災を誰かの責任に押し付けるのは良くないし、無理な話。保護者の皆さんが教員だったら、確実な判断が出来たか問いてみたい。
名無しさん
最高裁の判決は仕方ないとして、亡くなった教職員の方々が悪者になるようなことはやめて欲しい。自分がその場にいたら正常な判断はできたか分からない。二度と同じようなことが起きないように、法律で避難マニュアル・防災訓練の義務化をお願いしたい。
名無しさん
子供たちも、亡くなった先生も、両方とも浮かばれない。先生の過失みたいに言って欲しくない。誰が好き好んで74人も犠牲者を出そうと思うだろうか。その時最善を尽くそうとしたはずだ。
名無しさん
これで小学校の教員になるにはベテランの消防職員ばりの危機管理能力が必要ということになりました。どこかに怒りをぶつけないとやっていられない気持ちはわかるが、自然災害で起こった悲劇を誰かのせいにするこんな訴訟のどこに正義があるというのか。


名無しさん
想定をはるかに超える自然災害。
なんでも行政の責任とするのはどうだろうか。
結果責任を問われても。
名無しさん
家にいたら、親御さんは守れたのか。あのような大災害、誰かの責任とかなんて出来ないのでは?
名無しさん
どこかの大学の専門家が、津波に関しては誰も責任がない、家族も助けに行ってはいけないと話してた
それほど大変なこと
だから行政には責任がないと思う
名無しさん
予想外の大災害だったから誰が悪いとかではないと思います。
大切な子供達を亡くした親の気持ちは痛いほど分かるけど。
それよりも、前を見てこの経験を確実に後世に伝えることが大切だと思います
名無しさん
なんか市長に同情する…
名無しさん
これは、正直すんなり納得は出来ない。
ここまでして、学校側が謝罪しなければいけなかったのかと。
未曾有の自然災害でした。まして、前もって知る事の出来る台風ではなく、前触れもなく突然起こる地震です。
その時の学校教職員の方々は、生徒さんたちを守るべく、その時考えうる最適な手段で行動した結果の悲劇です。
誰もが冷静どころか、頭真っ白な状態で必死に動いたはずです。
後になって、ああすれば良かったのにとか、こうすれば、助かったはずなのにとか、机上論に過ぎません。
お子さんを亡くした保護者の方々の胸中は察するに余りありますが、一緒に亡くなられた教職員の方々のご遺族の事を思うと辛いです。


名無しさん
学校側というサンドバッグがある親御さん方が羨ましい限りだ。ほとんどの被災者の人は、この震災を誰のせいにも出来ず、ずっと苦しんで生きているというのにね。
辛いのが自分たちだけだと思ったら大間違いだ。
名無しさん
教員が自分だけ逃げたのなら罪があるが、教員も亡くなったのだから責任を押し付けるのはおかしいと思う。予期できぬ未曾有の大災害で責任を問うのは如何なものかと思う。言ってはいけないと思うが海沿いで生活してる事がリスクを負ってるのに、其れを人のせいにするのはと思う。海沿いに住みたいと今まで思っていたが、それは理想でリスクがあり過ぎると最近は思うようになって来た。海沿い、傾斜地は覚悟して住むべし!自分の責任ではないですか?
名無しさん
最高裁の判決が出たので仕方がないとは思いますが、やはりこの判決は納得いきません。
訴えた方は誰かの責任にしたいのでしょうが、あなたなら救えたのかを問いたいです。
避難したがらなかった方々のことも、大きく取り上げられないし。
痛ましいことですが、私が謝罪側だとしたら、苦々しい思いを抱きます。
名無しさん
弁護団の横断幕には、違和感がありました。あの状況で、責任は教師にある、としたものでした。亡くなった教師もいたのに。
名無しさん
あれは異例の事態だった。
反省や再発防止は大いにやって欲しいが、誰が悪いみたいな話を続けても亡くなった方々は誰も生き返らない。
前向きな話をしてほしい。
名無しさん
父は津波で亡くなった。言いたいことはいろいろあったが、自然災害でやむを得ないと思っている。
しかし、この賠償金は税金であり私も納めている。皆、同じ震災の遺族と思っていたが、払う人ともらう人がいるのが釈然としない。
私は、未曽有の自然災害とのことで父の死に納得してきたはずだったが…。
この最高裁判決は後世に禍根を残すであろう。
最近の司法の劣化の最たるものと思われる。


名無しさん
こういった非常事態の時に、誰かのせいにするとかよくできるなって怖くなる。最高裁の判断もおかしい。あってはならないことだよ。
名無しさん
ハザードマップの想定自体が間違ってたみたいな話ありましたよね?特定の誰かの責任というより、全ての状況を客観的に分析し次が起きないようにするべきじゃないでしょうか。
名無しさん
この裁判にはとにかく違和感しかない。遺族は自分の子供を失った悲しみをぶつけたいのかもしれないが、それは身勝手すぎるのでは?先生方もなくなっているし、情報がなく、また様々な人間が意見を言う中で判断せざるを得なかった。東日本大震災は我々の想定をはるかに超えていた。あれを予測しろと言うのは酷すぎるだろう。
少なくとも「先生を断罪」などという垂れ幕を掲げる時点でこの人たちは壊れていると思う。子供を失い壊れてしまったのか、それとも金に目がくらんだのか…申し訳ないがこの人たちは人間として終わっている。もなくなった先生方、そしてその御遺族に心安らかにすごしていただきたい。
名無しさん
学校に迎えに来て、子供を連れて海側に逃げて死んだ親も居ると聞く。
要するに、判断してもしきれないほどの津波だったってこと。
ってか、一緒に逃げた先生だって犠牲になってんだし、「我が子だけは特別」みたいに扱うのは、違うとおもう。
名無しさん
確か、大川小学校の先生は裏山へ避難をするつもりだったはず。
でも、地元の老人が避難場所は大川小学校と主張したから、被災しただと思う。
津波の大きさは、誰も想像が出来ない、想定外の災害だったから、責任元は難しい問題だな。
これを教訓にして、二度と被害者が出ないようにして欲しい。
名無しさん
いつの日か東日本大震災と同じクラスの地震は起こる。起きてほしくはないが地震大国である以上仕方ない。共存するしかない
この津波の被害を教訓に来るべき大災害に我々がきちんと備えていくしかない


名無しさん
この記事を読んで複雑な気分になった。自然災害時に間違った行動が死を招いたら、全て誰かの責任なのかと思う。
死にたい人なんていない。
非常時に正しい判断のできる人間がどれだけいるだろうか。
こう言っては残酷だけど、運だと思う。自然災害を守れる人なんていないと思うよ。
先生や行政の責任にするのは、どうなんだろうね。
名無しさん
自身子どもがいますので子どもを失った親の心痛たるや察するに余りあります。その一方で、予測し得ない未曾有の大災害の被害について人類が人類に過失を問うのは正当なのでしょうか。もちろん明確な判断ミスについては「検証し反省とする必要は絶対にあります」。しかしそれについて刑事責任を問う顛末には違和感を感じます。感じます、が、やり場の無いものをどこかに向けなければならない心情も理解できます。誰も幸せにならない案件です。これから我々は備えられるのなら全力で備えましょう。そして自然を恐れ、畏れましょう。我が国は2600年以上前からそうしてきたのです。ほんの最近「治水」等とあたかも水を治められると誤解していた慢心を改めましょう。
名無しさん
すごい。大津波の予測ができないと教師になる資格はないと最高裁判所が判断したんですね。だって、裏山に逃げる判断をしたとして、結果崖崩れに巻き込まれて死亡したとしても教師の責任になるんでしょ。だったら学校まで迎えにいかなかった親の責任はどうなるんだろう。迎えに行ってれば死ななかったのでは?そういうことでしょう。
名無しさん
最高裁にも理解しがたい。今後は自然災害での行政への訴訟や賠償がどんどん続くだろう。前例を作ってしまいました。大変だろう。天災は忘れた頃にやってくる。想定外はもはや許されない。
名無しさん
明らかに重大な落ち度があるのならまだしも、誰かに責任を負わせないと気が済まないという感じがして、何かおかしいと思う。これは誰にも予期できない自然災害だし、確かに辛いことではあるけどそんなのどうする事もできない。
名無しさん
未曾有の大地震であったわけだし、誰一人予見することなど不可能な、加害者のひとりも居ない自然災害による事故のようなものであったと思う。あえて被害者と言えば、地震に遭遇した人たち全員が被害者であったように思う。そういう意味では市長も被害者であり、市と県の賠償責任が認定はされたものの、今もって大きな課題を残したままの幕引きであったように思う。


名無しさん
お亡くなりなった先生の息子にまでも責任を押し付け、そしてその息子さんの人生までめちゃくちゃにしている、そんな被害にあった保護者に対してもいつも憤りを感じてなります。
この震災で被災にあった他の学校の先生方も正常な判断ができなかったはずだと思います。何せあの様な想像もつかないもの凄い高さの津波が来る事なんて・・
名無しさん
当時、大川小の教員であった一人息子を亡くしたご両親が、遺族に(自分達も遺族であるのに)謝り続ける姿をテレビで見ました。
やるせない気持ちになりました。
誰かを悪者にしなければならない児童達の親御さんの気持ちもわかります。
でも同じ遺族なのに、そういう親御さんもいることを忘れないでほしいと思いました。
名無しさん
市長さんが謝罪して何になるのか?
極限状態におかれて、教職員の皆様はパニック状態におかれていたはずです。
決して先生方が悪く言われる筋合いはないと思います。
児童の皆様もおなくなりになりましたが、
犠牲になったのは先生方も同じです。
先生方にも、守るべき人たちがいたと思いますが?
名無しさん
もう地元の高齢者の知識、経験など役に立たないほどの規模の災害が続いている。行政にも責任はあると思うが、訴えを起こした保護者側にも非はないのか?普段からの訓練、注意が全てにおいて足りなかった結果だと。
とにかく責任を押し付けあって裁判で血税で賠償金を支払えと言うのではなく、今後このような人災がおこらないように普段からの訓練や対策を十分に行うのが先決だ。
名無しさん
我が子が津波に巻き込まれ亡くなったら、責めたくなる気持ちは痛いほどわかります。
だけどさ、まさか来ないと思った人が皆巻き込まれたのよね。
実際先生も亡くなった訳だし。まさか来ないと思ったから。
津波が来る地域に住んでいる事は?親の責任ではないの?まさか自分の所、自分の子は大丈夫だと思ったから住んでいたのよね。
避難出来ないと言った老人が悪いのかな。まさか来ないんだからやめてくれと思った。
だけど役所は、過去の津波の歴史を調べてきっちり避難させるマニュアルを作る責任は一番あった様には思います。
だけど、それを考えるのは誰なのか?役所?校長?町内?各家庭?難しいし、どれか一つとは言えない気がする。まあ、一番は役所だろうが。
色々事情はあるとは思うが、教訓として、津波が来る所には住まないのが、、何より後世の為ではないのかな。
名無しさん
裁判で学校側は負けたけど教師の先導が悪かったとは思わない。本当に想定以上の震災だった。後世にこの教訓を受け継いで欲しい。


名無しさん
行政に責任を問うこと事態違和感と言うか間違いのような。先生が助かっているのなら責められてもしょうがないが、先生も守りながら犠牲になるとはやりきれない結末。
名無しさん
怒りの持って行き場所がないのはわかるけど・・・
先生たちも未曾有の大災害の中で、当時の想定の中でできる限りのことをしたと思う・・・
自分が親の立場だったら?
自分が先生の立場だったら?
考えると、いろいろ複雑・・・
名無しさん
地元市民です
この裁判の結果を地元で肯定的に受け止めている人は少ないと思います
誰もこんな大津波がくるなんて想定もしてない
とんでもない威力と尋常ではない高さの津波
子供だけじゃなく大切な人を亡くした人はたくさんいます、そして皆そのことを受け止め支え会いながら生きています
誰かに責任をおしつけてもしょうがないし亡くなった家族を思い供養するとこが亡くなれた方の為だと思っているからです
自分の子供が亡くなったことを誰かのせいにするの勝手でその方が気が済むのだろうけど最後まで子供達を守ろうとした大人を悪者にするのはどうかと思う
この原告の中に元教師がいるがあなたなら子供達全員の命を守る行動ができたのか聞いてみたい
この震災で裁判して誰かのせいにするなんて愚の骨頂
名無しさん
この学校の生き残った生徒が今も苦しんでる記事を目にしたことがあります。避難する方向は危ないと分かっていたので数名だけで裏山の方へ避難し助かったとのこと。せっかく助かったのに、自分たちだけが助かってしまって申し訳ないと悲しみ今も生きていていいのか、他の亡くなった生徒は恨んでるのではないかと…
災害は誰のせいでもないと思う、想定外の見たこともない状態だったら、そんな的確な判断は出来ないのではないのでしょうか?
ただ、災害の恐ろしさだけは忘れないよう、避難指示が出たら的確に避難すること。そういう事をきちんと語り継いでいかしていってほしいです
名無しさん
あれだけの大災害・・・謝罪だけで十分、
金銭的な補償は求めるべきではないと思うな。
生きる希望を無くした親御さんには気の毒だが、補償や訴訟が目的になっていたとしたら、これからもっと辛い現実にぶちあたることになるよ。
訴訟に勝っても子供は帰ってこないという現実に。
名無しさん
なんともいえない気持ちになる。ほんとにこんな結論でいいのか?大川といってももともとは河北町だけど、近くの女川だって、そして石巻だってあれだけの被害が出ているのに大川だけがなぜこういう結論になる?
「津波、おだつなよ!」というしかないんじゃないのか。報道も正確になされてない。違和感しか残らない。


名無しさん
あの当時、あのような大きな津波を誰が想定出来たろうか。
それを誰かの責任としてしてしまっていいのだろうか。
ご遺族の方達の心情を考えるとこのような形にせざるを得なかったと思うが、何とも辛い判断だったように思います。
名無しさん
39分前に、先生方が裏山に避難しようとしたが老人方をおもんぱかって裏山に避難しなかったと書かれていました。私は震災直後に報道で1回だけですが、先生方が裏山に避難しようとしたのに、斜面が急だから危ないと反対した父兄がいて、迷っているうちに悲劇の結果となったと聞きました。
本当だとして、こんなことをその後の責任追及の雰囲気の中で主張することはできなかったと思います。悲劇的な結果の責任を一方的に先生方に押し付けるのはやめていただきたい。
ただし、避難計画が策定されていなかったり、避難訓練がなされていなかったとしたら、行政は非難されるべきでしょう。
また、津波が来るのが解っているのに宅地開発を許した行政組織、そういう所で避難計画を作成しなかったり、避難訓練をしなかった行政組織も非難されるべきでしょう。まそういう場所では大きな津波がくれば人名・家屋に被害が出るのは容易に予想できます。
名無しさん
真相を明らかにするために裁判を起こしたと言っていた。
賠償金をもらったり教員を悪者にしたりするためではないはずだ。
そこはしっかり線引きしてほしい。
津波で亡くなった他の多くの人たちも、誰かの間違った判断や誘導で無くなっているかもしれない。その誰かを責めたくてもその人も亡くなっているならもう責めないでほしい。
大川小のことも、もう判決も出てるし謝罪もしてるんだから、もうこれ以上言わないでほしい。見ている側としてもやりきれない気持ちでいっぱいだ。
名無しさん
この大川小学校の最高裁の判決で、指摘しているのは「学校の事前防災の不備であり、それを教育委員会が是正させなかったこと」である。通常の自然災害では、ほとんどの小中学校の1次避難場所は校庭であり、その校庭が危険な場合には、2次避難場所を決めておかなければならない。しかしながら、大川小学校は、2次避難場所を具体的に決めていなかったこともあり、校庭で校長不在の状況の中、教頭以下で約50分も校庭に留まって、急な裏山か、それとも、北上川近くの高台かの検討がなされたらしい。2次避難場所を事前に決めていたら、速やかに、児童を急な裏山に避難させることが出来たであろう。釜石の奇跡と言われる、当時の群馬大学の片田教授の津波避難三原則、「①ハザードマップの想定に捉われるな。②ベストを尽くせ。③率先避難者たれ」を守り、毎年津波避難訓練を実施していれば、全校児童が救われていたかもしれないと思うと、誠に残念です。
名無しさん
確か一番最初に子供たちの死の原因を問う遺族は裁判前より多かったはです。でも学校に教職員の責任を問う横断幕が出たり、裁判の流れになった際、世間から疑問視されたり、返って批判されるようなって冷静に振り返って裁判の頃には参加遺族は減ったんですよね。「全てお金で解決」とは遺族の方々も思っていないとは思いますが(そう、思いたい)、亡くなった子供たち、教員の方々を思えば争う事を望んでいたでしょうか。裁判で行政や学校側の責任が判決として出てしまって、これから大災害があったら全てそうなるのでしょうか。「自分の命は自分で守る」「おかしも」(押さない・駆けない。しゃべらない・戻らない)を改めて学校や家族間で確かめたり、本当に有力な避難場所を確かめる事が減災や助かる命を増やす事に繋がる思います。
名無しさん
川の対岸の小学校は助かっているんだよね。
事前に避難マニュアルが無かったり、市の車が避難を呼びかけても校庭から動かなくて、親から裏山避難を教わって逃げようとした児童は連れ戻されて死んだ。
その後の検証で生き残った児童の証言メモは無かった事にされて、矛盾のある生存教員の証言もきちんと精査されず曖昧なまま。
裏山は普段から登っていたのに、使われていない危険な山にされていて、三角地帯に逃げるしか無かったような言われ方。
誰が悪いとかじゃなくて何が良くなかったのかを、当初から石巻市がちゃんと調査して明らかにしてくれてればこんなに揉めなくても良かったと思うのに。
普段はアットホームで良い学校だったみたいじゃない。児童も教員も亡くなって生き残った人達がいがみ合うとかやりきれないな。
ご冥福をお祈りします。


名無しさん
震災はだれのせいでもない急に起きて皆さんが避難を早くすればよい事だが中には我儘を言っては無理に居座る奴もいる!で他の人たちもその人のせいで亡くなる!今ではどこで震災が起きても可笑しくはないが避難場所の確定やどこに行けばよいか?それにテレビやラジオでスマホで要らぬゲームや電話などしてないで避難所の早く行くべきでもその避難場所も危ない!て感じたらすぐに違う場所に移動だ!その時には高齢者ではなく大の大人が子供を避難させそして言う事を聞かない高齢者は直ぐに囲い無理にでも行かせるべき、それで子供や若い子の命が奪われる!今どきの高齢者の我儘は避難時でも通すから怖い!
名無しさん
学校って地域の避難場所になっていたりするから、地域の人も避難していたことでしょう。学校としてはそのような避難してきた人を範疇外とすることもできない状況だったと思う。学校を避難場所として放棄するにあたり小学生や地域の人も含めた避難方法を選んだのでは?
いくら事前に学校としての避難訓練してても、実際の災害時は教職員と小学生そして地域の避難者がその場にいる状況になってしまったのだろう。いずれ学校というか行政にある程度の責任があるのだろうけど、この悲劇が学校の教職員と小学生だけの出来事だった如く語られているのには違和感がある。
名無しさん
先生は教育のプロではあるが避難のプロではない。
しかし地域性(津波が何度も来た)などがあれば落ち度も追及されるだろう。
それにしてももしそうなら市は普段から防災、避難などのプロ講師を呼んで各学校を廻り講演させるなどすべきだったのではないだろうか。
それがあれば先生も指示を誤ることはなかったであろう。
名無しさん
対応のいけなかった点など問題を明らかにし、今後の対策に取り込むとともに、その結果を教育行政を通して全国に先頭に立って普及してほしい。
名無しさん
亡くなった教職員の方が悪者になるような報道などはやめて欲しい、場に居て正常な判断はできたか分からない。二度と同じようなことが起きないように、法律で避難マニュアル・防災訓練の義務化をお願いしたい。学校に責任を押し付けるのは止めて欲しい、、すべての人が後悔しています、
名無しさん
今後どう対処すべきかを議論し定期的に避難訓練と避難経路を確認し、避難経路、避難誘導をマニュアル化をし大きく学校に貼り出すようにしないと。


名無しさん
防災はいつでも完璧なものはない。どこかが責任を負うことになる。
対応のまずさが次につながるよう、行政も遺族も同じ過ちを犯さないよう知恵を出して欲しいです。たぶん国民はこの震災で多くのことを学びました。子どもたちに合掌。
名無しさん
遺族はコメントを見てどう思うか。多くの人は同情しつつも、あの自然災害の被害を予見し命を守る判断ができたのだろうか。
賠償金はぜひ防災や減災に繋がるようなものに使って下さい。子供を失うような同じ想いをさせないためにも。
周りは見ていますよ。
名無しさん
津波が数十年周期で来るのは明確なのに、結局それを活かせなかった住民の責任。今回も次の震災に活かせるか疑問。
名無しさん
この一連の裁判では亡くなった先生方の事は触れていない。この判決彼等が聞いたらどんなに悲しむだろう。先生達とて生徒を守る為に一生懸命になり、そして死んでいったのです。学校がマニュアル無いから悪ですか。そんなの今だから想定出来ることで当時この様な大きな地震を誰も想定出来なくて対応出来なかったでしょう。死んだ先生方にも遺族は居るのですよ。この賠償金とて全て税金ですよね。
名無しさん
子供たちをどんな事からも守ってやるべき学校で先生だけでなく、地域の大人がと言う観点で子供を守ってやれなかった事が最悪だったと言う判決の主旨を地域の大人が納得しないと子供たちが浮かばれないのでは?
名無しさん
あの時に冷静な判断ができるやつがそんなにいるか?
誰かに責任があるのか?
こんな事を常に備えるのも難しいだろう。また風化したころに恐ろしい災害が襲うだろう。


名無しさん
なかなか難しい問題ですね。
何百年に一回の災害を何十年しか生きてない先生が決断するんですから。結果だけ見て先生の責任にするのは酷だと思う。
イジメをやってた先生は名前を伏せて、教員免許も取り上げずに、復帰する場を探してるというのに。
名無しさん
安易に意見を言うのははばかれるが、金銭による損害賠償で決着するようなものは市の結果責任だけでしょう、それ以上に断罪するような権限はたとえ裁判所でもあり得ないと思う。
名無しさん
最高裁判所の判断とはいえ全てを行政の責任にするのはどうかとも思ってしまう。
せめて遺族側が受け取る14億3600万円あまりの賠償金は全て災害遺構としても残される大川小の維持管理費に充てるべきと思う。
名無しさん
子どもを亡くした無念は理解するが、行政をここまで苦しめる必要はあったのかな?
自分がその立場なら、学校の先生よりまともな判断が出来ると言う絶対的自信があるのなら「罪なきもの、まず石を投げよ」との新約聖書のイエスが言われたようにやれば良い。
私だったら、まず石が投げられるほど、自分が罪なきものとは言いきることは出来ない。
名無しさん
謝罪する方もされる方も悲しみが癒える事はない。
けじめをつけたことは、お互いに感じるところはあるでしょう。
悲惨な出来事。自然の力の怖さ。
将来二度とこのような悲劇を繰り返さないことが供養になる。
名無しさん
この件の判断は非常に難しい。
あまりにも突然の事故に対する防御判断だろう。
亡くなった親が告訴するのは半分理解できるが先生方も必死でしたことだから私は半分は親の気持ちはわかるが半分?と思う。
だから市長が謝罪すると言うことは諸先生方が悪いと認めている。
ただ私としては今回の告訴は絶対にしない。お金で子供の命を弁償させるなんて理解は出来ない。もちろん反対の意見があるが私は絶対。理解できない。


名無しさん
地元でないので、詳しいことは知らない。
しかし、震災当日余震が続く中、さらに大きな本震が来るかもというなかで、裏山に行くという判断ができただろうか。
地滑りが起きるのでは、山崩れが起きるのではという予測をした人も
いるだろう。
ひょっとしたらすでに崩れ始めていたかも。その山に、安全だから避難させようと判断できるだろうか。
名無しさん
コメントの抜粋
大川小の先生は当初裏山に避難しようとしていたのに、地元の老人の避難場所が大川小学校になっていたため、老人たちが「自分たちには裏山にはいけない!」と主張したために、反対がわに避難しこのような結果になった。この事実は当初報道されたが、なぜかマスコミは言わなくなり、行政に責任を負わせてこの結果だ。老人たちがわがままをいわなければ子供たちは助かっていたのに
老人たちは寿命だった。小学生だけでも逃げるべきだった。
そうすれば14億は失わずに済んだわけだ。
名無しさん
亡くなった生徒と先生はもう戻ってきませんので、この災害を教訓にして災害時の安全な避難方法をマニュアル化して、今後は避難時に被害者を出さない様にして欲しいです。
またマニュアル化した避難方法の避難訓練を最低年に2回は実施して欲しいです。
名無しさん
子供が亡くなって悲しいとか怒りの感情は本当に理解できる。
しかし、国ですら予測できない災害に対して、教師や1つの自治体の責任を追及してもどうにもならないとは思う。
現場であの津波をみて正常な判断ができる人が、私を含めて果たしてどれだけいるだろうか?
時間もない、人数も多いなか一生懸命避難活動をして、被害がでたら責任を問われるのでは、全て自己責任で後は知りませんといった、薄情なことになってしまうのではないかと心配になる。
名無しさん
後付けで行政を避難するのは簡単、ハザードマップの想定を超えた津波で一時避難所となっていた小学校から裏山に避難しなかったから学校の落ち度だというのはあまりにも可酷な判決。10名の教員の死をさらに鞭打つような事があってはならない。
名無しさん
謝る必要なくない?
天災を誰かのせいにするなんて…たまたま先見の明があって助かった子ども、学校があったから、「助かって当然だった」と勘違いしているんじゃないの?
裁判所も含めて。
どうにもならない悲しみや悔しさを八つ当たりで晴らすなんて、身勝手というか、人間らしいというか。
それで気が済んだら、災害に強い街づくりに残りの生涯の全てを注ぎ込んでほしいものだ。


名無しさん
親の身としては、自分のコントロール下でない時に子供が亡くなってしまうと、未曾有の自然災害で不可抗力だったと言われても、小さな可能性でも考えて責めたくなってしまうのだろうと想像する。
だけど、果たしてこうやって謝罪されて気が済むのだろうか?
皆、必死だった。
自分と同じく必死だった人に謝ってもらうなんて、私なら逆にとても後ろめたいよ。
名無しさん
あれだけの未曾有の大災害なんだし、責任の所在を行政や学校に求めるのは、ちょっと違う気がします。
日本列島に住む限り、災害とは隣り合わせだ。これをやり始めてしまったら、際限が無くなる気がする。
例えば、首都圏の人口密集地で同じ規模の地震、津波が発生したとしたら、遺族が訴えても日本の中枢がマヒして、行政が賠償できる限度額も遥かに越えてくるだろう。
私にも子供が居ます。だから、お子さんを亡くされた親御さんの気持ちは察するに余りある…。
ですが、これはなんだか釈然としない。
名無しさん
親御さん達の悲しみの深さは第三者では語れないところ…
当時、ご近所のお年寄りも学校に避難していて、全ての人が避難出来る場所が山では難しいと判断した為に川に向かったという報道もあったようですね。
現場で決断を下した先生方も亡くなっている訳で…
親御さんが先生を悪いと思いたい気持ちが抑えられないのであればそれは仕方ないと思いますが…あの日、あの場所で、先生方は必死に考え悩んだ末に川に向かい、先生達も津波にのまれて命を落とした事は、私は頭の片隅に覚えていてあげたいです。親御さんの悲しみのぶつけようが無くて、こういう賠償の方向に向かってしまったように感じてしまいます。
名無しさん
教職員の責任転換にしてはいないだろうか?
保護者の気持ちは充分に解る…
しかし、教職員は児童を守る為に必死だったし、児童も教職員のお陰で多少は不安が安心となったはず……
この教訓は活かすべきではあるが、裁判で勝敗を論ずることが悲しい……
名無しさん
犠牲を出さなかった小学校もあったのだから、亡くなった子供たちの保護者の気持ちは間違っていない。普段の防災教育が十分でなかったのは否定できない。悲劇を教訓にして亡くなった子供たちの存在を未来に繋げてほしい
名無しさん
この裁判は、行政側が家族側に、今後このような悲劇が繰り返されないために、提訴するように提案した話だと、報道された記憶があります。
私自身も震災当時は津波被災地域に住んでいましたが、いままで経験したことがない津波が来ることを、私はその場で察しましたけどね。


名無しさん
大地震で、市の広報車も津波避難を訴えています。小学校にももちろん伝えようと学校間近でアナウンスしたと証言があったと思います。
津波が来るから山に逃げようと訴えた児童が何人もいたはずです。親に、普段からそう教えられていたのです。でも、先生たちは聞き入れませんでした。こらえきれず裏山に自主避難しようとした高学年男児数人は、先生たちに校庭に連れ戻されました。集団行動が優先されたのです。助かった児童が証言しています。連れ戻された子供達も亡くなっています。だから、保護者は最終的に訴えたのです。(ソースは当時の新聞報道です。直後から数年後の検証まで)
学校や市とここまでこじれる前に、なんとかならなかったのかとは思います。
そして、震災時の大川小の経過などの事があれほど報道されていたのに、今コメントされている方の多くが、大川小の事例ではない一般論でコメントされている事に、震災の記憶の風化を感じます。
名無しさん
「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があるが、大川小は、事前に避難マニュアルを整備するという人事を尽くしていなかった。
もし、裏山へ避難するというマニュアルをあらかじめ整備しておいて、いざ震災でマニュアル通りに裏山へ逃げるという最善を尽くしたが、それでも、より大きな災難のせいで多くの児童が亡くなったのなら、これは天命として責任を問われなかったかもしれない。しかし実際は、最善は尽くされなかった。
名無しさん
震災後、テレビやネットで大川小の教訓は全国に知られて、それに伴い、各学校は対策を行うことができた。
裁判までする必要はあったのだろうか?
南三陸では、数十個あった避難所は2つしか残らず、2つ以外の避難所に逃げた方々は亡くなった。
でも、南三陸の方々は市のせいにはしなかった。
なんか、モヤモヤします。
名無しさん
これは、地元老人が小学校に避難していて、老人たちの反対で山に避難できなかったということです。
当初は山に避難しようとしていたのに、地元老人のため多くが亡くなったと考えていいです。
この事実は報道されなくなっています。
なぜでしょうか?
名無しさん
ハザードマップとか?普通に考えては無理に近い非情な津波でした。
普通に考えれば、老人たちの言う事もあっている。一刻を争う時に子供だけ山にいかせて自分たちはできるだけ高い所にいる事も判断される。人の命に幼いも年寄りも関係ないです。が、考えてみればわかる事彼ら若い子たちの足を止めた事、それで命がなくなった事。ハザードマップは、岡山真備町の時から気になっていました。問いかけもしました。津波の大きさで、逃げる範囲も違う事も、例えそこまで行かなくとも逃げることが大切だと思いました。ハザードマップが書いているからはもう遅いかもですが、その時の判断やら情報を得て行動することが必須ですね。
改めて、怖かったであろうあの日の君たちにご冥福をお祈り致します。
名無しさん
この件は、もっと注目して議論してほしい。被害者と加害者では割り切れない裁判の限界、司法の在り方を考えさせられる。


名無しさん
近隣の条件厳しそうな学校でも生徒の死者を出してない。
すでに裏山に逃げた子もいたのに大人が連れ戻した?
バスもあった?
助かる方法はたくさんあったのに。
あれこれ尽くして近隣の学校管理下での生徒は誰一人死亡してない。
裏山避難と前日?校長が言っていたことも無視。
報道がされてないから遺族が悪者にされているが
とにかく近隣の学校管理下で生徒の死者はいない。
日頃から「地震が来たら裏山」と家庭で教育されていた子供たちが逃げたがっていたのに。走って避難した子もいたのになぜ大人が連れ戻し、、
裏山に逃げて無事だろうと思っていた家族が多いと思う。
名無しさん
重大なミスがあったとすれば、それは大震災時の大津波に対して対応する行動マニュアルの不備だと思う。効果的な行動マニュアルが徹底されて教員に浸透していれば裏山の高台に避難して助かったでしょう。それが無くて現場の教員判断のみに頼った結果、上司の指示に従わざるを得なかったのだろう。行政側の対応マニュアル不備の責任は明確だと思うし、民事裁判の判決も受け入れるべきです。でも政府ですら想定外というような大震災で、いち平教員までを断罪することはとてもできない。自分の子供を失った遺族の気持ちは計り知れない。次の悲惨な災害や犠牲が出ないように改めるしかないと思う。
名無しさん
石巻市の予算が賠償金に充てられるわけでしょ
行政を訴えても、市長は形だけの謝罪で痛くも痒くもないもの
司法で解決するべきでは無かった
こんなに捻じ曲げた裁判へ担ぎ込まれた遺族もいるだろう
最悪の惨劇に便乗して、下世話な話 1番得をしたのは誰?
1人あたり数千万円
そこから経費を差し引いたら…
端金を貰っても虚しいだけ
名無しさん
今回の判決は,想定以上の大災害が発生し,大川小学校という市立小学校の設置者が学校にあずかっていた児童の命を守ることができなかった責任ととらえたい。
当時現場の先生方は,児童の命を守ることを最優先に考え行動していたことは間違いのない事実である。
しかし,襲来した津波が想定以上のものだったこと等の不利な要素が重なり,その結果,児童74人と教職員が亡くなった。
この責任は現場にいた人ではなく,人の力が自然の猛威に及ばなかった結果と受け止めたい。
後世の人々は,この日起こったことを記憶に留め,何十,何百,千年先かわからないが,同じ災害が起こった時に同じ悲劇を繰り返さないようにしなくてはならない。
児童の命を守ろうと懸命な努力をした教職員の先生方に敬意を表するとともに,犠牲になられた児童,教職員全員が安らかに眠ることができるよう,ご冥福を祈ります。
名無しさん
このことに関して誰かに責任を求めるのは酷というものでは……。
親御さんの気持ちも痛いほどわかるが、自然の驚異に人間など無力。
とくに大震災の津波はもうだれかがどうこうできることではない。
親が納得したいだけの結末であり、死んだ子どもが喜ぶとは思えない。
名無しさん
結局、市が負けたのは税金を納める自分たちが負けてって事。未曾有の災害が起きて、自分たちもパニクったのに誰かに非を求める。この会議に保護者の服装がラフすぎて、ちょっとドンびき。


名無しさん
なんで市長が謝罪するのか…意味わからない。どこに怒りを向けていいのか…気持ちはわかりますが、責任云々を問える事ではないのではないでしょうか…
名無しさん
あれだけの災害。
被害が出たのは事実ではあるけど、結果論でしかない。
災害避難で賠償責任まで被せたらキリがなくなる。
それこそ責任回避で咄嗟の柔軟性もなくなるでしょう。
名無しさん
んー
結論と言うかなんと言うか、先がある子供達に関しては100%に近い安全な場所に連れてくって言う取り決めで良いんじゃないかな?
年寄りは行けない、「ハイわかりました。子供達はより安全な場所に連れてきます。」
子供達の安全に関してはやり過ぎて良いんだよ。
そこに老人の意見はいらんよ
自己判断できない子供達には、そこまでするか?って言うぐらいの安全対策でよくて、そこに地域の意見はいらんよ。
名無しさん
無責任な立場のコメントです。震災の年の8月。広島から当時小学低学年だった2人の息子と大川小学校に行かせて頂きました。ただ「悲しい現実を他人事として認識したくなかった」と言う気持ちで。当時は、少しだけ整理されていましたが、
ランドセルなどが校舎の裏にまとめられていた状態で、献花台に祈りを捧げる男性もいらっしゃいましたが声をかける事など出来ませんでした。「自分の子供がここで人生を終わらせざるを得なかった」そんな現実を背負って生きて行かざるを得ない親御さんの気持ちは容易に想像出来ます。判決はどうあれ、親御さんの気持ちが晴れる事は無い様な気がします。
名無しさん
児童だけでなく先生も亡くなっているのに・・・。誰かに責任負わせて幕引きさせればこれで良いのかと思われる。悲しい出来事だったけれど、もうこれ以上、お金でしか解決できないからこれで良いんだろうね。
名無しさん
災害の犠牲者の方達の遺族は、誰かに責任を取ってもらうのは本意ではないけれどそうしないと気持ちの整理がつかないのだと思う。自然災害は怖いものだと子供にも伝えどうしたら自身を守れるか、状況判断を明確に指導して行って欲しいと願う。生かされてる無力さを感じた!


名無しさん
遺族の皆さんが金じゃなく、二度とこの様な事が起きない様になんて言ってたけど、結局ね。
1円でも裁判できて、判決で今後の対策などしてもらっても良かっただろうし、しっかり貰った分で後世に伝えていくんだろうね。
今度は、管理費や運営費かな?
名無しさん
批判を承知で。
あれだけ大きな災害で、誰かに責任を求めるのは違和感を感じる。
賠償請求となると、更に違和感。
誰も予期せぬ出来事に対して責任の所在はあるのか?
失くした(亡くした)物は金で解決できるのか?
賠償請求を認められた、自分達だけでも満足できればいいのか?
賠償請求すらできない(できずに亡くなった)人の事は?
名無しさん
仮に裏山に避難してて生徒が崖崩れや地割れの被害に遭うと先生の責任の話になる。
その時にそこまで判断出来ない。
どうあがいても絶望。
名無しさん
学校の避難場所は保護者にも連絡がある。
その時に学校に変更を申し出たけど、聞いてくれなかった?
最終的には学校を選ぶのも親の責任だと思っていないと、我が子は護れないかもね。
イジメも同様。
我が子を護るために転校させる親もたくさんいる。
名無しさん
無過失責任で仕方ないかもしれませんが、これを機にみんなが前向きになれればと思います。過去から脱却できないお隣の国のようになるのは、あまりにも情けないので。
名無しさん
あんな未曾有の大災害、誰も予期出来なかったし直面して正しい判断なんて無理でしょ。その時に教員だったってだけで悪者にされるとか酷いな。幼い我が子を失った親御さんのドコかにぶつけなきゃ仕方ないって気持ちも解らんでもないが。ちょっと冷静になって欲しい。憎しみだけでは何も解決しない。「自分ならあの時に正しい判断が出来た」って言い切れる人間だけ挙手して文句言っていいよ。


名無しさん
やっぱり、ただ一人生き残った先生の話を聞きたかったね。
でも、語るのはつらすぎるんだろう。
事なかれ主義の先生たちに負けて多くの子どもたちが亡くなった。
自分はそれに逆らって生き残った。
ということだろう。
名無しさん
誰のせいでもない。
子供を失って、誰かに責任をおしつけたい気持ちもわからんでもないが。
したところで、元の生活はもどらん。
全てが想定外だったんだから。
名無しさん
ここのコメント欄を見て思うに、国や自治体であっても大きな過ちを犯すということを日本人はもっと強く認識しなくてはならない。国家無答責というのは戦前の考え方で否定されるべきものです。最高裁の判決を評価します。
名無しさん
失われた幼い命や遺族への市の態度や補償。最初は責任はないと対立して、裁判に負けたら180度変わるところにイマイチ誠意を感じない。裁判の勝敗より、最初から遺族とちゃんと向き合い続ける事の方が大事だと思ったよ。
名無しさん
悲しい出来事だよね。
津波が来なければこんな争いなんて起きなかったのに。
亡くなった方々はこんなこと望んでないよ。
名無しさん
どんな状況、規模の災害でも裁判長は的確な判断をくだされるんでしょうね。
すごいすごい。


名無しさん
これ、本当に腹立たしい。
大川小を取材した地元紙、それのウェブページ等を読んだが、5年生くらいの男の子だったかな。だいぶ前に読んだので曖昧だが、その子が「裏山に逃げよう。ここ(校庭)は低いから危ない」って大人に聞いた事を覚えていて先生進言したのに勝手な事はするなって怒られた、というのを読んだ。
その子は亡くなり、進言された教師は助かったと。
確かに災害時、パニックにならないように落ち着くのは大事だが、助かる可能性が少しでも高い方に行動するべきじゃないかと。
児童でも解る簡単な事が解らなかった????そんな教師について子供たちがかわいそうだとしか言いようがない。
今回やっとこのような結末に至ったようだけど、当初学校側、市側はは自分達には否がないと言っていたんだから、本当にもうどうしようもない。
子供たちのご冥福をお祈りします
名無しさん
道のない裏山に登らせていれば、足などを負傷する人も出るが、大半は助かったはず。(韓国では、セウォル号の沈没で、修学旅行中の高校生の大量死。これも、海流の強い海に飛び込ませていれば、少数の行方不明者も出たかもしれないが、大半は助かったはずのケース。)
少数の負傷者等に関する責任追及を過度に警戒して、重要性を見誤った過失といわざるを得ない。
名無しさん
やっと遺族の気持ちに寄りそう方がいらして安心しました。
子供達のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
遺族の方々は、転任した校長や精神を病んだ先生に今でも真実を聞きたいというのが本音だと思います。
名無しさん
私は昭和40年代に釜石市に生まれ育ちました。
その感覚で言えば、
確実に防げたことです。
あの状況で山に逃げずに学校にとどまって多くの命が失われたことは、はっきり言って「異常」です。
あまりの事態に動転して迷っていて逃げる時間がなかったわけじゃないんです。
この学校の場合には時間的に考えて「迷ってるうちに」というレベルではありません。数分のことじゃないんです。思考停止する時間の長さのレベルではなく、いろいろ後のことを考えて何も決断せず何も行動しなかっただけです。
しかも、三陸地方では小学校低学年でさえ徹底的に津波のことを教え込みます。私は釜石市の山奥で育ちましたが、そんな私たちですら大きな地震がきたらそのあとに津波が来るということは叩き込まれていました。
そういう三陸地方の常識は、日本全国の平均的なレベルとは全く違うんです。
断言します。あれは異常なことです。
名無しさん
明らかに誰かのせい、っていうこともあるけど、誰のせいでもない、っていう場合も結構ある。
誰かに責任を押しつけたい、っていう寂しい根性の持ち主がいて、そこを商売のチャンスにする弁護士がいて・・・。
いやな世の中だ。
名無しさん
極限の状況下の判断を後から結果だけ見てどうのこうの言われるなら、教師もやってられんわな。
我が子を亡くした親の気持ちは分かるが、何処かに責任の所在を求めないとならんもんかね。。


名無しさん
自然災害を人のせいにしてお金をとったら安心できるものなのか? これで子供たちが安らかに眠れるとか思ってるのか? 親族のコメントを聞いてるとやっぱり金で人の気持ちは買えると思う 現実はそんなものだよな
名無しさん
みんな物見遊山でコメントしてるんだろうけどね、googleマップで大川小学校の跡地の立地を確認してみてごらんよ。仮にも三陸に住む人間があの場所であの規模の地震が起きたのに高い所に避難しないという選択はありえないのよ。
人災だったのこれは。
名無しさん
市長が悪いわけではないその場にはいなかったのだから。どう見ても裏山へ避難判断が最善だったのに出来なかったのが結果。
名無しさん
これは予想外とかで言い訳してはいけない。一番問題なのは『一秒でも早く決断して一人でも多く助ける』を理解していなかったこと。未曾有の地震は初めてかも知れないが、地震による津波の被害は過去に何度もあった。ここに留まれば、一つ所に留まれば全滅するというのを全く学んでなかった。責任はそれを判断しなければならない立場の人にあり、その代償として命を失った。想定外で皆死にました誰も悪くありませんで済むかどうか考えて観ればいい。そう思えなかったから行政は謝った。
名無しさん
市の避難誘導に「重大なミス」があった大悲劇・・・それを最高裁まで控訴で争った市は何を考えてきたのか。
最悪、最低の市とは石巻市のこだ。
名無しさん
専門家以外あの惨事を予測できた人はほとんどいないと思う。遺族の気持ちはわかるが、誰のせいにして癒えるものでもない。結局は金の話にして、行政にマウントをとりたいだけ。人間の嫌な部分を見る思い。


名無しさん
生徒だけでなく教師や行政にも多数の犠牲者が出た。親御さんはぶつけようの無い怒りと憤りを学校や行政にぶつけて満足なのだろうか。
名無しさん
もう、誰が悪いとかじゃ無いと思う。
あの当時被災した住民全てが被害者なはず。
被害者同士で争わないでほしい。
災害で亡くなった方達もそんな事望んではいない。
名無しさん
どうしても違和感が残る、この最高裁判決を下した裁判長の国民審査は注目されるべきでしょうね。
名無しさん
裏山に逃げればと言うが裏山の避難想定場所よりも三角地帯の方が高いよ
津波は川を遡上し北上大橋に流木が引っ掛かり水流を大川小学校側に
巻き込んだのです水の勢いが無いので裏山の津波到達の水位が低かったのだと思います
三角地帯で亡くなられた方も居ますが
YouTube見れば全部ではないですが想像つきます!
何か言いたくて書きました!
名無しさん
結果論なんだよね、当日は数分おきに余震の震度4~5がありました。
仮に裏山に避難しました、土砂崩れで数十人なくなりました…
原告側は、どうして裏山に避難させたのか…
訴訟を起こすんだよね?
名無しさん
強烈な仲介者が現れたってことですかい?市長も頭を下げる人?でも最後は金目でしょってのぶちゃんから言われそう。逸失利益か・・・捉え方が色々なんで


名無しさん
この謝罪は形式なのだけど、手順を踏んで責任の範囲を明らかにし、今後の態勢造りの土台とするのに必要な事。
名無しさん
市長さんは役目柄致し方ないが気の毒だ
大災害で誰かの所為にして溜飲を下げたい気持ちは理解出来る
だがいくら頑張っても助けることが出来なかった命も多かっただろう
然し今件は無能な学校管理者の責任が大きいと思う
大地震で山に逃げずに海に向かって避難したこと
ダラダラと決断せずに避難するまで無駄な時間を過ごしたこと
決断力と判断力に欠ける人間が率いた集団の悲劇だ
名無しさん
海岸のすぐそばに小学校があった浪江の請戸小学校の生徒は教師の迅速な判断で避難して1人の犠牲者も出さなかった。
大川小学校と何が違ったのか。
名無しさん
生き残った先生が本当の事を言うべきです。
司法の判断はくだされました。
現市長にこれ以上求めるのは酷だと思います
名無しさん
立場というものがあるのはわかるが
直接悪くない人が謝っているのは違和感がある
明らかにわるいやつが逮捕されない世の中
名無しさん
当然の判決
謝罪は遅い
想定外、未曾有?高い所に逃げずに1時間近くも校庭に留まったことは重大な過失
高台に逃げて助かった人も大勢いる


名無しさん
三陸では100年に何回か大津波が来る。
あの立地で、校庭にいたのであれば、未曾有でもなれれば、予期できなかったでは済まない。
名無しさん
子供たちは裏山に逃げようとしたのに、学校関係者は相当長い時間校庭に待たせていた結果が悲惨な事態に、津波の怖さを子供たちの方が知っていた。死なずに済んだ子供たちばかり。
待たせた結果子供たちが亡くなった事実だけが残ってしまった。どう責任を取る。
名無しさん
言い方悪いけど我が子は亡くなって戻っては来ないのだからする事は出来るだけ大きな額のお金を賠償として貰うしか手は無いからなぁ。金で解決するしか。
名無しさん
自然災害とはいえ遺族としては誰かの所為にしないとやりきれないのです。
数十年後に逆に勝手をいってすまぬということになるのかもしれないが。
名無しさん
結果がわかっていたらこうならない事故。
やるせない気持ちを後世の為に生かす事が大事だと思う。
名無しさん
教員を擁護する意見あるようだが、彼らを擁護すれば教員を信じて従った子供たちは浮かばれんよ。
第一校庭に集めて点呼に数十分、それから低地の方に誘導し、こともあろうか橋の上に連れていく。
もうダメでしょう。
大きな地震の後は高地に移動は当たり前。
彼らには子供をあづかる責任があったはず。
彼らには落ち度はある。
亡くなった教師には申し訳ないが。


名無しさん
亡くなった先生を悪者にするなとかトンカチがいるけど、子どもの命守れなかったんだから、
十分悪者。想像を絶する大災害だったとしても。
名無しさん
亡くなったのは生徒ばかりではない。申し訳ないけどいつまでやってるのか、もう引き所がわからなくなってきてるのでは。
名無しさん
失ってしまった命は還らない。
せめて教訓を生かして悲劇を繰り返さない対策を。
名無しさん
教師が、地元の有力者の意向に逆らえなかったのが、全て。
ただ、地元の有力者も、心底から津波がココまで来るとは思ってなかった。
悪意があった人はいない。
名無しさん
市や学校が遺族対応に失敗した結果こじれた。生き残った教師が正直に話すべきだと思う。
名無しさん
これってなんかしょうがなくないか?
わざと死なせたわけじゃないでしょう?
話し聞いてるとお金が欲しくてごねたようにしか見えん
「やっとごめんねが聞けたね」お金がないとごめんが聞こえないんでしょうか?


名無しさん
これは誰かが責められたり責任をとったり謝罪しなければいけないことなんだろうかと思ってしまう。
名無しさん
誰かのせいにしないと気持ちがおさまらなかったから訴えたんだろうけど、亡くなった先生たちも必死に子どもたちを守ろうとしていたよ。正直この判決で、裁判所の信用はなくなった
名無しさん
これは誰かが責められたり責任をとったり謝罪しなければいけないことなんだろうかと思ってしまう。
名無しさん
あの地震とあの津波を予測できただろうか。
子供を亡くされたことには同情するけど、判決には納得できない。
名無しさん
つまり、原子力発電所も小学校も、大津波を予見しなければならなかった、ということですよね。
津波被害を予見できなかった学校側に非があると見なすのは、当然だと思いますよ   笑
名無しさん
たまたま学校で被害にあったから訴えられてるけど
自宅にいる時間帯だったとしても助からなかった地域でしょうに


名無しさん
犠牲児童74人、原告23人、
銭金の問題じゃないといいながら、一部が一人当たり数千万円
受け取り、ほかは何もなしというのは何ともせつない話だ。
他の50余りの遺族の心境はどうなんだろう。
名無しさん
大切な我が子を亡くした悲しみはお察しするが、これは何だかなぁと感じてしまうな。
じゃあ親のあんたらが傍にいたら、あのこれまで誰も経験してない大津波から我が子を守れたんですかって話。
理不尽さを感じるが、それでも遺族に謝罪した市長は偉いよ。
名無しさん
何か、通り一遍の謝罪だな~。
確かにこの人の責任ではないが、賠償金も税金からで自腹が痛む訳じゃない。
の、いつもの感じ。
名無しさん
先生も犠牲になってるのに・・・しかも犠牲になった先生を断罪の横断幕。お子さんが犠牲になったのはわかるけど、もやもや・・・
名無しさん
人とは色んな考えがあり理性がある
その反面ズル賢いし裏表を読む
人の嫌な部分が現れた結果かもしれない
それでも真実は一つ
名無しさん
だから、まともな人は、先生にならない。よって、ロリコンが先生になっている。この保護者による訴訟により、ロリコン先生が沢山増えた。


管理人の率直な感想

裏山に逃げようとした児童たちに対してを老人たちが反対。連れ戻すことになった。

・当初メディアは事実を報じたものの今はタブー
・生き残った児童の証言メモは無かったことにされた

地元住民の方もコメントしています。
地元でこの裁判結果を肯定的に受け止めている人は少ないと。

これが本当なら物凄く問題ですよ。

以前この大川小学校の訴訟問題を取り上げた時に、僕はこの情報を知らず『校庭での待機時間50分』という事実に対してだけ憤りを覚えていました。
そりゃ死ぬぜ!と。

地元の老人たち。

これが本当ならば、老い先短いジジイババア連中が、多くの子供たちを道連れにしたと言っても過言ではない。

糾弾したいがソースがない。
消されたものは見つからない。
ネット上の証言しかない。

真相が分かったところで老人たちは死んでるので、糾弾するのはどうかという現実もある。

市長の謝罪に違和感を覚える人が多いですが、こういった判決が出た以上は、悪くなくても長が謝罪するのでしょう。
それが知事であったり市長の役目の一つ。

今回で言えば亀山市長です。

慰霊碑の前での黙祷は本当に思いのこもったものだと思います。
「なぜ市長が謝罪?」というのは別として、亡くなった児童たちを悼む気持ちは本当のはず。

僕はこの訴訟問題が遺族の賠償金目当てだとは思っていません。
思いたくないという気持ちもありますが・・・。

そんな大人の事情よりも、目を向けるべき先は亡くなった児童たちなんですよね。
浮かばれませんよ、大人たちが金で揉めていたら。


コメント