【神戸連続児童殺傷事件から22年】殺害された土師淳君(当時11歳)の父・土師守さんの思い

スポンサーリンク
スポンサーリンク


平成9年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、土師(はせ)淳君=当時(11)=が殺害されてから24日で丸22年。
父親で医師の守さん(63)が産経新聞のインタビューに応じ、「犯罪被害者が直面する課題はまだある。解散した『全国犯罪被害者の会』(あすの会)の活動を後世に伝えたり、自治体に被害者支援条例制定を呼びかけていく活動など、できることを続けたい」と話した。

「悲しみは消えることはないし、『なぜ息子が殺されなければならなかったのか、親として真実を知る責任がある』と、ずっと思い続けています」。そう話す守さんだが、淳君の23回忌に当たる今年、一つの「区切り」をつけた。毎月、月命日に行っていた供養を今年4月で終えた。

加害男性(36)の「反省」や「更生」の状況が遺族側に伝えられることはなく、手紙や連絡すらない音信不通の状態が、29年春ごろから続いたままだ。加害男性の両親の弁護士のもとにも連絡はないという。

守さんが幹事を務めたあすの会は、犯罪被害者や遺族が刑事裁判に参加できる被害者参加制度の創設などに大きく貢献。昨年6月に解散後、関西の犯罪被害者や遺族が中心になって「つなぐ会」が設立された。

守さんも参加して毎月1回集会を開催。大阪市が制定を進める犯罪被害者支援条例について話し合うほか、シンポジウムも計画する。守さんは現組織名にもなった“つなぐ”ことの意味にも触れ、「政策集団として法律の改正案を打ち出して実現させ、市民運動として成功した『あすの会』の活動を、身を置いて知っている私たちが、後世の人に伝えていかないといけない」と話す。

今秋には3人目の孫が生まれる。医師として忙しい日々を送る。
家族の中で事件の話が出ることはないが、淳君への思いが変わることはない。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000596-san-soci

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
同じ父親として想像を絶する悲しみだと思います。
また加害者に対する憎しみも筆舌にしがたいと思います。
それでも前向きに社会のために活動する、想像ができないです。
加害者を極刑にしても息子さんは帰ってこないが、それでも十分な罰を与えてない法律の矛盾に腹立たしいです。
そして身勝手な行動を繰り返す加害者。許せますか?
名無しさん
日本では加害者の更正を目指すという理念が強い一方、その実績となると疑問が多い。
例えば民事で損害賠償に勝訴しても、それが判決通りに履行されることが少ない現状。
本人に資力がなくても、少しずつでも返していくのであればまだしも、最初から支払い拒否、果ては行方をくらます加害者が多い事実を考えると、改めて被害者の心的、経済的救済は程遠いと言わざるを得ない。
gungans
こう言う事件を見ると、国は違えど今日のアンビリーバボーでの復讐は有りに思える。
事件の経緯は違うが愛する家族を殺されば、一線超えてしまうのは個人的に仕方ないと思う。
xyz
20年前に、地元であった上司殺害事件の犯人がFBに、自動車屋さんの社長してます。みたいな笑顔で出てたけど、被害者遺族のこと思うと、なんだかなぁって感じるね。お勤め終えると、それでいいのかなぁ。他人の命を奪っておいて、若気の至りでは済ましては、いけないと思うのだが。
名無しさん
芸能人の盗撮は全く興味ないけど、現在の酒鬼薔薇聖斗の盗撮は見たいし、社会の役に立つ。週刊誌は居処わかってるみたいだし、定期的にどんどんやってほしい。あんだけの事件起こして、本出して金稼いで、遺族を不幸にして静かに幸せに暮らせるなんて思わないでほしい。
名無しさん
今の若い世代は知らないもんね。この事件。校門に生首が置かれるというショッキングな事件。しかも、挑発的な犯人の挑戦状が届き、逮捕された犯人が子供だったというさらに衝撃の結末。その犯人が、今社会の中でひっそり生きてるんです。あなたの家の近所に住んでるかもしれませんよ。


名無しさん
愉快犯の殺人は年齢等を考慮する必要はない。
加害者はいずれ社会に戻って変わらぬ日常を取り戻していくのに、被害者はずっと辛い想いを背負っていかないといけない。
理不尽だと思うなぁ。
がんばれ日本!
重犯罪に関しては年齢・心神衰弱を考慮に入れず、その罪の重さに対して等しい刑罰を与えるべきと思う。
そのほうが社会として平等と思う。
名無しさん
分かったようなことを書くのもお腹立ちになるかも知れませんが、
筆舌に尽くしがたい22年間だったと、心中お察しします。
何をお伝えすればとも思うのですが、まず慰めがありますよう。
そして、せめて
今後の良き社会の建設に望みを分かち合いたいと思います。
日頃の活動に敬意を表します。ありがとうございます。
むにゃもぐ
もうそんなになるんだ・・・。この事件本当にショッキングだったからね。まさか子供が子供を殺す。なんて事があるとは!!と思う事件だったからなあ。
名無しさん
土師さんの「淳」持っています。いまもたまに読み返すのですが、本当に涙が出る。元少年Aは絶対更正してない。憎さしかない。
名無しさん
絶歌は出すべきでなかったと思う。
音信不通になったのもその頃。


名無しさん
確実に言えるのは加害者が本を出版してから歪みが生じたこと。
太田出版が出版したものだが、もともとは幻冬舎の見城が製作に関わっていた。私はそれからどちらの出版社の商品も不買している。
案の定、見城は先日も問題を起こしていた。根本的に他人の気持ちを考えることができない性質なのだろう。
日本の出版界に彼は必要ない。
ピリリ
29年から何の連絡も無いって事は、被害者の為と出版した本の収入も渡されてないのでしょうね。あの自己陶酔したHPは今もあるんでしょうか?
育てなおし等という、おままごとのような更正プログラムには疑問が残ります。
名無しさん
あの時犯人は15歳とかで、少年法に守られて、今現在は、普通に社会人として生活をして居るのですから怖いです。22年を過ぎて、犯人の年齢は37歳の男ですから不安に成りますし、被害者宅への手紙が昨年から届かなく成ったとの事です。新たな犯罪に移行して居る様で心配です犯人の少年は、あの事件後に茨城県の守谷市の祖母の家に住んで居たのですよね。現在は何処で生活して居るのか私達一般人には知る事が出来ませんが、警察関係では把握して居て欲しいと強く願って居ます。二度と再び被害者を出さない為にも、危険な人物は永久的に監視下に置いて欲しいです。又はマイクロチップの埋め込みを義務付けするべきだと思います。
名無しさん
現場近くに住んでます。
少年が殺人の前に小学生を襲って怪我をさせてるのですが、被害者の両親が少年の通ってた中学校に、ここの生徒なのは間違いないから写真を見せてくれと頼んだら拒否されたとか。
これが本当なら、その時捕まえとけば、のちの事件は防げたのではと今でも思う。
名無しさん
改めて少年法の見直し(廃止)を切に望みます。人は間違いを起こします。それは否めない事実です。起こしてしまった事件事故に対しては相応の処罰償いをするのが基本ルールだと思います。未成年だから許されるという間違った先例を改める社会になって欲しいです。この事件は事の重大性を考慮したら今も収監していてもおかしくありません。どうやっても被害者が還ってこないのだから。
名無しさん
日本を震撼させた事件と今も記憶しております。ご遺族の活動、大変かと思いますが「なぜ?」という思いを忘れず今後も続けられると思います。体力続く限り頑張って頂きたいです。風化させるべきではないと感じます。
日本は法治国家で犯人は判決に基づき社会的責任は果たしたのかもしれませんが、それで終わりで本当に良いのか?更生したと言い切れるのか。当人が自ら外部へ発信するのが難しいなら、遺族が承諾するのであれば何か強制的に、当時の声明を出させるようなことがあっても良いのではないか。
国には被害者•遺族へ寄り添うサポート、補償ということを常に改善してほしい。


名無しさん
少年法…要らんな!!
今じゃ、あの犯人は、殺人犯では無く、一般人として新しい人生を謳歌している、そう思うと被害者関係者じゃなくても、腹立たしい。
本当に更生しているのかね?
態度だけ聞いているとそうは見えないし、私は、衝動的に殺人を犯したのでは無く、快楽殺人者は、日常生活していても、ちょっとしたきっかけでまた殺人衝動に駆られて、やってしまう気がする。しかも、2回目、3回目となると更にエスカレートするのでは?
確か、彼が殺人を犯した後、思春期だからか、射精したらしいじゃん?
射精する度に、殺人を思い出すんじゃないの?
警察や司法関係者が、内密に監視していると思えないし、彼が再犯するのは時間の問題だと思います。ひょっとしたら、既に犯しているかもしれませんね?警察が解決していない事件の中に彼が再犯したのあるかも?例えば、世田谷一家殺害事件のような事件とか?
名無しさん
加害者が、なぜ事件を起こす事になったのか。加害者が育った環境、加害者を育てた環境。短時間の調査でどこまで拾い上げ、絡みを解き更生プログラムに活かせるのでしょうか。更生をするのであれば短時間で終わらせるものではないと思います。世間に帰すのであれば刑期を終えたら終わりではなく、その時点で更生途中であれば、収容期間を延ばしてでも、専門家が見て良しとするまで収容し更生続行は出来ないでしょうか。未成年の場合、加害者の原因に影響を与えた家族も更生プログラムに含められないでしょうか。難しい事ですが、未成年事件は、複雑なのに、更生にかける時間が少ないと思います。もっと時間をかけて行うことが必要かと思います。その上で、被害者やそのご家族の悲しみや苦しみをきちんと時間をかけて伝えなければいけないと思います。
名無しさん
元少年Aは、のうのうと生きてるんだよね
まだ東京にいるのかな
文春にはまた追いかけてほしいね!
名無しさん
そういえば、酒鬼薔薇は今は、東京でなんかの仕事をして
結婚して女の子の子供がいると、何かの記事で読んだけど
本当かな…
出所すればそれでいいのだろうか…
名無しさん
遺族は、あの事件に一生苦しめられているというのに、加害者はのうのうと生活しているという現実。
加害者の更生より、被害者や遺族を保護していく様な司法に変わっていって欲しいです。
名無しさん
当時あの事件は日本を震撼させた。世の中あんな残忍な事を子供がするのも。その後あの事件に似たような残忍な殺人が多くなり…。家族は本当にやりきれない悲しみに暮れたと思う。今はお孫さんもできて別の喜びができたところもあるとは思うけど。風化してはならないけど、家族の気持ちに区切りができたのは少しほっとします。悲しみに暮れた日々ではなく楽しみが増える日々がご家族に少しでも多くありますように


12:51
〉淳君の23回忌に当たる今年、
もうそんなに経つんですね。当時内容があまりに残忍で、こんなことが現実世界で起こるのかと衝撃を受けました。その後少年が逮捕され、子どもが、と絶望的な気持ちになったのを覚えています。
あれからもいくつも残虐な殺人事件が起きましたね。自分達はテレビやケータイの画面で見て、その時はひどい話…と思いながらも日常が流れていくだけ。でも、遺族にしてみたら人生が激変する大事件ですよね。
時間が経った今また報道されることで、平和呆けした自分達も思い返すことができる。それが地域の子どもへの目配り気配りになったり、障害施設や介護施設での監視の目が働くことに繋がると思う。
こういった遺族の方の活動はきっと次の被害者を減らすことに役立っていると思います。
てつお
同市内居住で淳君と同世代の息子がいるので当時の事件は昨日の事のように覚えています
犯人が特定されるまでの混乱
された時の衝撃
今もトラウマになっている人もいる
犯人は未だ三十代
果たして今どこで何をしているのやら
今後も何かしでかさないという確証はありません
風化させてはならない事件です
名無しさん
神戸連続児童殺傷事件
この言葉だけで、酒鬼薔薇聖斗が連想できるって、本当に衝撃的で残虐的な事件だったことがわかります。
名無しさん
少年犯罪じゃなかったなら、加害者は刑務所を出ることなく処刑されていただろう。
22年経つ今でも少年法改正はされていない。
法律は更正にむけての考え方かもしれないけど
世論は更正したからといって受け入れるほど
甘くはない。終身刑の導入など
法改正に関しては早急に進めていくべきであるのに
また
そんな中で目先の利益にとらわれ
加害者男性の小説を出版させた幻冬舎はあまりにモラルを
欠いていた。
被害者家族との手紙のやりとりも途絶えたのはあの一件が
原因だったと思う
それまでは反省もみられていたが
これから償いが始まるというとき
その機会もすべて台無しにしてしまった。
被害者遺族と加害者、加害者家族
を更に追い込む事になってしまった事になり
出版社はどれだけ取り換えしのつかない事をしてしまった
か考えてほしい。
名無しさん
酒鬼薔薇は死刑するべきだったと思うよ。
今からでも 再逮捕で死刑にしても良いと思う。  ルールや常識は人が決めたものだからいつでも変更すれば良いのさ。
スナイパー
国の仕事というのは、国民を守ることではなく、国民からうまく税金を巻き上げることである。
だから何も変わらないのである。
変わるのは税金が高くなるだけ
これが真実


名無しさん
良かったと思うのは、お兄さんが結婚されてお子様まで持たれる普通の生活をされていると言うことかな。バカな復讐心を持つより、前を向いて生活なされてるのは、親御さんの教育の賜物だと思う。
辛い日々が去ることはないと思うけど、せめてお孫さんさんといるときは、幸せを感じる事があることを切に願います。
Kazu
殺人などの重犯罪者の更生は難しいと改めて思います。
正直なところ、重犯罪者は再犯しそうで怖いので、塀の外に絶対に出さないで欲しい。
かといって生かしておくために税金がかかり続けるのも納得いかない。
難しい問題なのだろうけど、今の裁判制度で慎重に裁かれることを前提に(冤罪はあってはならない)、死刑はもっと積極的に行われても良いと思う。
中途半端な状態で釈放されて、近所に住まれるのが一番困る・・。
死刑制度に反対する人がいるが、元犯罪者の隣人になってみて、本当にそう思えるか考えて欲しい。
やっぱり犯罪者は怖い。
名無しさん
本まで出版して儲けておいて音信不通とは。
こいつがここまで手厚く保護される一方、被害者側のケアはなされていない。
日本に復讐権が認められていない以上、被害者側は泣き寝入りするしかない。
本当にケアされるべき人はどちらかを真剣に議論しないといけないね。
名無しさん
一度人を殺せば、社会復帰は無理です。
そんな人と働きたくないからです。
隠して、騙して、一緒に働かせるなら
役所でお願いします。
名無しさん
この事件は猟奇的すぎた。
今もなお思い出すだけで背筋がゾッとする。
この事件を知らない若い世代の人は知るべきである。
なぜなら加害者は今も社会に紛れて生きているからだ、心からの反省は…もしかしたらしていないのかもしれない。
自分の子供が同じことをされたら考えるだけで吐き気がする、
ご遺族の思いが救われる日はないと思うが、世間はみんなあの事件は忘れません。
ana
もうあれから22年になるなんて。あれは惨い事件でした。事件を知らない人も増えてきてるでしょうが、風化だけはさせたくない事件です。被害家族がいる限りまだ事件は続いている。
加害者がホームページを立ち上げた時、加害者にまるでカリスマ性をみたかのような、ファンのような人達が増えた時わたしは非常にショックを受けた。
事件当時、加害者は、
加害者を信頼していた小さな淳くんをつれだし、首をしめ切断しそれを見てエクスタシーを得るというサイコパスだ。
加害者が真実のサイコパスなら彼には良心は無い。一生反省すらしない。少年法は限界にきていると思う。何故、極刑では無かったのか。本当に理不尽な事件だ。


名無しさん
本当に衝撃的な事件だった事を覚えています。そして加害者は現在も普通に生きていると聞いています。このやられ損的な日本の法律は如何なものかと思います。この件では少年法ですかね。時代も変わり現代の少年の犯罪はかなり悪質、残虐な場合が増えてます。食うに困ってのパンの万引とは次元が違います。他の方のコメントにもありますが、たとえ加害者が極刑になっても被害に遭われた方は戻りません。しかしながら被害者のご遺族の感情を汲むならば、少年であっても厳しく裁かれる法律が必要ではないかと強く感じます。
名無しさん
人の命に関わるお仕事をされる中でのご子息を殺されたという事実は、私達の想像を絶する苦しみと葛藤で来られたのではないかと推測します。
ここ日本では、被害者や被害者遺族はないがしろにされる風潮です。まるで他人事のように、、
そんな風潮を少しでも変えるべく立ち上がる姿は、とても素晴らしいし誇りです。
そうする事でご自身を支えてらっしゃるのかもしれません。
加害者のその後の事実を見ると、私なら復讐という二文字が頭から離れずに行動してしまう可能性が高いです。何故なら、単刀直入に同じ苦しみを与えたい一心からです。
その一心は自身の中で正当化されてればなんら疑いの余地はありません。
しかし、人の命に関わる仕事をされてます。
それがとても苦しさを増長させられてるのではないでしょうか。
cici
どうして加害者ばかり保護しようとするのでしょうね。
なぜわざわざ加害者を「更正」前提にするのでしょうか。
やり直しがきくのはあくまで偶発的に起こった犯罪だけにし、故意で一方的に起こした犯罪(被害者に落ち度はない犯罪)の加害者はどんな年齢であれ、被害者相当もしくは以上の制裁を与えるべき。
まずは悪法である、少年法廃止を望みます。
名無しさん
亡くなった人は戻って来ないのは同じとはいえ、争いや何かのような突発的なものと違い、計画的に殺めた上に尊厳を辱め遺族の感情まで逆なでするような事件は未成年とはいえ酌量の余地はないように感じる。
犬飼いさん水滴かけても汚物量は減らないよ
少年法なんて廃止した方がいい
人を殺しちゃいけないって
幼稚園児でも知ってるよ
こういう事件の犯人は
罰せられないから
少年のうちに人を殺してみるんです
名無しさん
破産者マップが問題化された事があるが
重犯罪者マップはあっても良くないか?
事件が風化したら終わりではない
女子高生コンクリートの件は再犯もしている


たくさん
被害者のご両親の気持ちを思うと想像以上の悲しみ、怒りでしょう。確かに未成年という事で極刑は免れたわけですが、加害者本人は反省しているのでしょうか?被害者側に許可もなく事件を元に執筆した本を出版し印税も得ていると報道でみました。そのお金から少しでも賠償するなり反省の姿勢を見せたのでしょうか?
名無しさん
もし事件に巻き込まれていなかったらというより事件が起こらなかったら土師淳くんは父親と同じ医師となって多くの人々を救ってたのではないのかと考えてしまうと本当に犯人に対して憎しみを抱いてしまいますね。
名無しさん
この事件の犯人はどうなったのだろう。
ここ2年遺族に送られてきた、手紙が来ていないという。手紙を書いている以上は目が届いている、また精神状態も安定していると思う。手紙が来なくなったことは不安を感じる。少年期より人を殺すということに罪悪感・嫌悪感が欠如している状態。精神状態が不安定になっていると危険かも。。重大犯罪・性犯罪における釈放後の対策を考える必要性があるかもしれないなと。
名無しさん
少年が少年を殺しただけでも衝撃があったが、それ以上にこの加害者少年の殺害当時の行為に心底吐き気がした。
文字にするのもおぞましいので控えるが。
この事件に限っては特に過度に加害者が守られすぎ。
土師さん家族は自力で立ち直るしかなかったんだろうと思うと理不尽な怒りを感じる。
もちろん立ち直ることなどできてはいないと思うが、生きていかねばならないからね。
淳君の兄さんの子供が生まれているようでそこだけは安心した。
名無しさん
当時14歳の犯人に衝撃だったが、その猟奇的な犯行はとても人間のすることとは思えないほどの残酷なものだった。
それでも「未成年」だからと更正できるからと、後に新しい名前を与え、住みかを与える。
未成年だろうが世の中に衝撃を与えるほどの殺人鬼を平気で世に離す・・・・。
亡くなった女の子と少年、そして遺族のケアなんてそっちのけ。
その後の犯人は遺族を無視して本を出版し、挙げ句に弁護士になったか資格を取得したと何かで見た。
何故に他人事のように平然と生活できるのか理解できん。
未成年でも犯行が残虐なら大人と同じに裁くべきだし、報道もするべき。
名無しさん
犯した行為が同じでも、加害者の年齢や病状によって、刑罰が全く異なるなんておかしな話です。被害者や家族の心情を大切にして欲しいと思います。


名無しさん
あれから22年にもなるんですね。少年Aも本を出してから消息が世にでることはないですが
更生プログラムに失敗していることは確かだ
名無しさん
被害者に優しい世になってほしい。
本当にそう思う。
この記事をみても、被害者側の名前しか
ない。
あまりに酷い犯罪には低年齢でも
大人と同じ扱いにしてほしい。
名無しさん
あの事件からもう20年以上経つんですね。
淳君のお父様、年月を感じます。
淳君の遺体の確認を一人でされたとか。
母親である奥様にはとても見せられなかったんですよね。首だけの我が子の遺体なんて。
母親なら、頭がおかしくなるに決まってます。
あの少年Aも36歳。今はどんな人生を送っているのか。いきなり手記を発表したり、本当に事件の反省をしているのか、真相は解りません。
平成も色んな事件がありましたが、強い衝撃を受けた事件であった事は事実です。
名無しさん
被疑者の権利がありすぎ。とくに少年法に至っては欠陥法である。とかく被疑者には事件が重大の程、権利のかたまりの弁護士が、わけのわからん弁護に終始し、被害者及び被害者遺族を苦しめる。抜本的な法律改正を願う。
名無しさん
子供であろうが故意の殺人は死刑にすべきである。今の日本の司法より古代ハムラビ法の方が正義も抑制力も担保されていただろう。
名無しさん
本当に今でも怖いなって思う事件。
当時、私は全然遠い地域に住んでたけど犯人が捕まるまでは学校の行き帰りも怖かった記憶がある。
つい最近(数年前)都内で済んでる少年Aに週刊誌の記者が突撃取材したら激昂して逃げる記者の後を追ってきたって記事を読んでマジで怖かった。(当時その近辺に住んでたのもあるけど)
全然更生してないじゃんって思った。
やれ人権だ、なんだと少年法で未成年加害者を擁護する人がいるけど、自分が、家族が、被害にあっても同じこと言えるの?
極刑になっても被害者は戻らない。
のうのうと加害者は世間を渡り歩いてる。
そもそも少年法は戦後間もない頃孤児などの犯罪の緩和策だったんでしょ?
少年法を盾に少年だから許されるなんてあってはならないと思う。


名無しさん
当方、男ですが、この事件のWikipediaを読んで、気持ち悪くなり、最後まで読めませんでした。
この事件があったこと、犯人が捕まったこと、リアルタイムで見ていて、あまりの残虐さに少年Aとされた犯人の顔写真を目線無しで掲載していたフライデーも、当時、本屋で働いていたこともあり見ることが出来ましたが、頭から離れない顔立ちでした。
風化させてはいけないと強く思うし、犯人の少年Aは野放しにするのは絶対にダメだと思います
名無しさん
この事件は決して風化させてはいけません。被害者の家族、父親の苦しみは言葉では表現できないほど大きなものと思われます。
何故我が国は被害者の痛みを無視して、加害者を保護すような風潮があるのでしょうか。このような事件の加害者には断罪を課すべきなのに司法は何故やらない、やれないのでしょうか。
この家族の訴えは国民に広く浸透することを望みます。
名無しさん
やはり社会に戻すのが、間違えていると思う。再犯したら誰が責任取るんでしょうか。変態って必ず、またやるよね。自分の息子があんな目にあったら正気でいられる自信がないよ。
名無しさん
娘が1歳半くらいの時でした。被害現場から近隣と言う事もあり怖くて表では娘の手を絶対に離しませんでした。その何年か前にも子供が被害者の猟奇殺人的な事件がありのオウム事件があったりと恐ろしい時代に生んでしまったと思いでしたが最近の子供が被害者の事件は悲惨で自分の子供だけを守ればよいのかと思わされます。
現実逃避中
もうそんなに経つのか…この事件の事は未だ鮮明な記憶があるな。逮捕の報道で事件概要を伝える警察官の声が震えながら中2を逮捕したって事
同学年の兄さんはその後の人生で伴侶を得て3人目の孫が生まれると知り少し安心しました。幸せな人生歩んでくださいね
名無しさん
被害者遺族は一生地獄で、加害者は人生をリスタートした上に事件の本まで出してる、どう考えてもおかしい。


名無しさん
加害者は事件の本を出版して多額の収入があったはず裕福な暮らしをしていることでしょう
加害者が事件出版して収入を得るのは
法律で禁止するのが当たり前
被害者は再度深い苦痛と悲しみのどん底に突き落とされてしまう
名無しさん
息子さん結婚されたのですね。色々大変な思いをされたと以前記事でみた覚えがあります。
名無しさん
犯人は刑期を終えて社会に出ていますが今も犯人だと噂が立つと職場を逃げるように辞めていて苦労はある様です。
冷たい様ですが、それが淳くん事件の結果を一生背負っていかなければならない「懺悔」なのだと思う。
犯人の本を読む機会がありましたが、小学生の頃から壊れた人間も居るのだなあとつくづく思いました。
名無しさん
こうして見ると、平成の世は、凶悪事件の嵐でした。
何か日本という国が、徐々に壊れて崩壊して行った気がします。
自由と身勝手のはき違えですかね?
わたしゃ、人の事は全く言えませんが、それでも毎日、毎月、毎年事件が起こる度に、どこか人間教育がなされて無い世の中に、不信感と不安を感じずには、いられませんでした。
大事件ばかりが発生すると、気持ちが滅入る事ばかりです。
令和の世は、是非とも平和な世の中になるように祈るばかりです。
濃茶
加害者が子供でも、犯行が犯行だけに死刑にすべきだった。
正義が行われず、その後も同様の犯行を行うものが現れた。
誤った対応のために、少年法を盾に、犯罪を犯すものを多く生み出してきたように思う。
赤影参上(´・_・`)
今年になり、加害者が書下ろしたという例の本を図書館で借りて読んだ。
難しい言葉や文章の造りは、あぁ、書き手は作家になりたいのだなとの心象を抱いたが、心に響くものが読めば読むほど無くなり、途中で読むのをやめた。
加害者も結婚し子供がいるという情報もある。
淳くんのお父さんと向き合う必要はあるのだろうに‥


名無しさん
犯人は逃げたいのだろうな。
姿を消して無関係になりたいという意図を感じる。
少年を保護し更正した結果がこれなのだろう。
名無しさん
真偽は不明だが加害者とする男が情報を発信している…
少年法は少年の健全育成を理念としてるけど、この男に関しては完全に失敗している。(本当の加害者だったら)
法律にさえ触れなければと悪を撒き散らし続けてると思うと世の中の不条理を感じるなぁ
taro
あの犯人は、本の印税もらって、普通の顔して普通に近くで暮らしてるかもと思うと、怖い話だ。本当の過去を何も知らず、交際したりもしかしたら結婚してるかも知れない。
名無しさん
私は見たくないし、聞きたくもないな。御両親の無念を思うとこんな言い方はいけないけれど、本当に怖い事件だったし。近くの人がこんな目に遭うなんて思ってもみなかったし。あり得ない事だったと思うので。身内でなくてもこんななのだから、御家族の方の心情を思うと軽々しくそんな気にはなれないかなと。
名無しさん
歴代殺人事件でも、犯人に対して腹立たしい気持ちが、湧いた事を思い出します

自分が親なら、同じ考えの方もいたと思いますが、出来たら犯人を自分の手で、殺してしまいたい
さぞかし、お父様も、悔しくて、憎くて、悲しかったと思います。
まして、犯人が反省なく、自分の家庭をもっていると、聞きましたから腹が立って仕方ないです。
お父様のとられた行動や言動は、新聞や週刊誌でみていましたが、本当に立派な方だと思っています。
Fdr.
土師さんの手記「淳」読みました。
彼の淳くんへの愛情が溢れてて、子を持つ親として涙が出ました。
少年Aの「絶歌」も、読みましたが、なんだかよくわかりませんでした。
精神に異常がある少年に、我が子を殺されてしまった原因て、やっぱりどう考えても、親のせい。
なんで、気付かなかったのか、それとも甘く考えていたのか、川崎の少年事件の親が、犯人はうちの子じゃないと言っていた事に、重なるのは私だけではないと思います。
子供が加害者にならないよう、子育ては命をかけて命の重さを、しっかり伝えて欲しい。


名無しさん
痛ましい事件で、このような事件が完全に無くなることを願う。と同時になぜこのような事件が発生した原因を発見しないと問題の根本的解決にならない。
原因は日本の医療制度の不公正と考える。
名無しさん
人権とかで加害者には手厚いのに、
被害者には何のフォローもない。
どうして日本はこんな国なんだろう。
税金が高く社会保障が低いんだから、
せめて被害者になったら手厚い支援が欲しい。
おっさん
ひどい事件だった。
犯人が中学生とわかった時は信じられずテレビに釘付けになった。
あの中学生は今なにをしてどんな生活をしているのだろう。
あの異常な性癖は治ったのか?
名無しさん
>手紙や連絡すらない音信不通の状態が、29年春ごろから続いたままだ。加害男性の両親の弁護士のもとにも連絡はないという。
これは更生失敗ということなんでしょうね。
罪を償う意思は無くなったとみてよいのでは?
やはり、日本は加害者「だけ」に優しい国である。
殺人に対しては、もっと、厳罰化を望みます。
名無しさん
人の基本的な「生きる」という人権を無視し、被害者とその家族や友人や関係者に、消えない傷を残した。
傷つけてはいけない、殺してはいけない。
幼稚園児でも分かることを故意に繰り返した人間に、なぜ人権があるのだろう。
自らの命と向き合い、死を意識して過ごして欲しい。
命の重さを理解せずに更正はあり得ないと思う。
やり直すにはあまりにも罪が重すぎる。
umf
加害者が更生とかあり得ない話だし、何よりも被害者側に立つ国や法律じゃなきゃだめでしょ。
そもそも人を殺めて本を出し、金儲けをする少年Aは頭腐ってる。それを許す国にも問題がある。


名無しさん
あの本、図書館にあったので一部だけ読みました。
吐き気がしました。反省なんてしているわけがない。
女子高生コンクリート詰め殺人の犯人達のようにまた再犯すると思います。絶対に死刑にするべきでした。
被害者の方々がお気の毒すぎます…少年であったというだけで数年で世の中に出てくることができるなんて…
名無しさん
淳くんは私と同世代の為、この事件は忘れようにも忘れない事件の一つです。
加害者は社会復帰をしていますが常に贖罪の気持ちを社会生活を送って欲しいです。
ただ淳くんの父親同様、加害者を許すことは絶対にありません。
KENJI
加害者一族のなかでは事件は終わっているのだろうけど被害者遺族は事件は一生終わらない。
犯人が少年であっても死刑にするべきだったと思う。
産まれながらの悪魔は必ずいる。
名無しさん
この事件の犯人は全く反省がないことから、再犯の可能性が極めて高いと思う。
もう既に準備に着手してるかもしれないし、動物を惨殺してるかもしれない。
社会の中に生かしておいていいとは思えない。
名無しさん
大変な事件だったが、本人に関係なく交通事故や災害で多くの方が亡くなってる。
無念にもお亡くなりになった方は周りの方の悲しみはどれも大変だと思う。
hirose
サカキバラは、36になるのか。ファンの女性と結婚して子どもがいるというけど、それなら、尚更、自分が起こした事件と向き合い、遺族の方に手紙を書くべきだと思う。
手記を書いたり、ナメクジコスプレしたり自己顕示欲が強いから、また事件を起こしそうだな


名無しさん
淳くんが亡くなられて、もう22年も経つのですね。月日が過ぎるのは早いですね。。生きていらっしゃれば立派に成人されていたでしょうね。人の人生を奪うことは許されないですよ。まして輝かしい未来が待っていたであろう幼子となればなおさらです。飲酒運転、喫煙、性犯罪、殺人恐喝、戦争、窃盗、あげたらキリがないですが、少しずつでも歪みは只していくべきです。みなさん、実行していきましょう!私も精進します。
名無しさん
加害者に更生を促すチャンスは与えなくて良い。一般人と何ら変わらない様に生活など出来るはずがない。
遺族は被害者を失ったままで空白は決して埋まる事はない。一方で加害者が社会復帰したら社会全体が加害者に加担しているみたいになる。
そこまで寛容になれるだろうか。教育上良くないのではないか。
名無しさん
悲惨な事件だった。直ぐに加害者も特定できず怖い、衝撃的でした。加害者は特定できたものの当時、未成年の為それ相応の判決が確定したのかな。加害者が出所して普通の生活に戻ってる。被害者側の家族は複雑になる気持ちは誰もが思う。
名無しさん
少年Aの母親はかなり異常です。父親も異常ですが。
おそらく少年Aは精神的にも肉体的にも虐待されて育ったと思いますね。
少年法を維持し続けるならモンスターを育てた親を罰する法律を作らないと、被害者も納得いかないし、加害者も開き直ってしまう。
名古屋人と中華思想
そもそも加害者の更生なんて成功する可能性がとてつもなく低いギャンブルのようなもの。
実際のところ私のように普通の生活送る人間には、
犯罪者の更生なんて本当にどうでもいい。
むしろお願いしたいのはそんな犯罪者を二度と我々の前に出さないで欲しい、接近遭遇する機会を作らないで欲しい、ということ。
だからどうしても彼らを更生させたいというのであれば、
どこか我々から遠く離れた無人島でやってほしい。
どうせ犯罪者なんてものは出所したところでまた再犯をするのだから、
次は今現在生きている誰かが犠牲になる可能性を持っている。
これは偏見だとは思わない。
彼らが罪に見合わない短い刑期を終えて出てくる時点で我々一般人には大きなリスクが増えるのだから。
名無しさん
この事件は、非常にショッキングでした。よく覚えています。あれから、22年経つのですね。今や、事件を知らない世代もおります。
加害者は、社会に出て人生を送り、過去の事件をネタに金儲けまでしています。
本当に心から反省できているか、いささか疑問に感じます。
ご遺族の方の心中を考えると、事件は終わっていないでしょうね。


名無しさん
子供の死を二十二年間も耐える親の辛さは常人には理解できないと思う。
しかも犯人は種々の免責により生きて釈放もされている。
子供の死はなんだったんだろうか。親の辛さと犯人の贖罪の辛さを残して、そして亡くなった子供の無念を残して。
人の哀れを思う。
名無しさん
犯人の書いた手記とか、この事件関連の本、何冊か読んだけれど、そこで感じたのは更正なんて有り得ないと言う事。
子供時代と違って大人になった犯人は表向きは隠して行く事は出来るだろうが、多分内面は何も変わっていないのではないか?
偏見と言われるかも知れないが、少なくとも私は犯人自身の手記からそれを感じた。
近くに住むのはやはり恐ろしい人物。
名無しさん
この犯人は反省もせず本にしたやつやろ。こんな本を出版した会社も罰をあたえろ。
殺人して未成年だから死刑にならず社会に出てるなんてないわ。
成人に成った時点で死刑にすればよかったのではないでしょうか。
恐悦至極でございます
誰もが弱きを挫いてノシ上がる個人以外の組織団体が世の中に蔓延ってます。対外的な防衛策は戦争法新設ではなく9条改正しかない。一方、国内反日活動団体を似非人権団体としてのさばらせないためにもテロ防止法以外にも防諜法が必要なことは国民は知り得ている。反日反天皇団体活動制限だけでなく、弱者救済するためにも法案提出責任政党へは本選挙支援したい。自己権利主張する日本国民の義務なのです
名無しさん
更正よりも二度と同じような事件が繰り返されないようにみせしめで厳罰に処してほしい!
大人に刺されようが子供に刺されようが、刺された方の痛みは同じ!
子供に刺されたからといって痛みが半減するわけではない!
月経観
これでは被害者は2度殺されると一緒だよ! 刑期を終えて出所後に、もし賠償支払い拒否、自らの犯罪をビジネス化する等の行為をした場合、懲役刑にする。とした方が良い。


名無しさん
被害者が一生苦しみ。
加害者がのうのうと暮らしてる異常。
しかも事件で金儲けする最悪の事態を招いてる。この量刑の基準は明らかにおかしいでしょ。
名無しさん
犯人側のケアに重きを置く現在の刑法じゃもうダメだと思う。
戦前の「犯罪者に人権は無い」を体現した刑法に戻すべきなのでは。
名無しさん
被害者はもちろん加害者の親族も一つの事件で
人生が狂ってしまった方々が沢山いるでしょうね。子を亡くした親の悲しみ、子が人を殺めてしまった親の悲しみ、どちらも辛いでしょうね
名無しさん
過失ではなく意図した殺人犯人は年齢を問わず
極刑にすべきであり、法的に不可能であれば
仇討・敵討ちしか方法は無い。
必殺仕掛け人組織を求む。
名無しさん
お父さんは医師だったのですね。
悲しみは癒えることはないでしょうね。
あんな殺され方をするなんて
犯人は悪魔だと思う。
月命日の供養、淳くんは天国から見ていたと思います。
加害者に優しく、被害者に冷たい国
変わっていって欲しいです。
名無しさん
更生しないなら、少年法はやっぱり撤廃しないといけない。あれだけことをしても反省もせず、のほほんと生きてる。これでは、被害者や家族が浮かばれない。どんな状態だろうが、一人でも殺したら、極刑にしないとダメですね。


mnhfui
兵庫県出身なのでこの事件はかなりの衝撃だった。
家族も職場の同僚達もショック受けて暫くは仕事終わったら真っ直ぐ家に帰ってました。
いくら未成年でも、これだけ猟奇的な事件を起こした犯人を世に放す日本の法律は加害者に甘すぎる。
本まで出版した人間が心の底から反省しているはずがない。
私が遺族なら絶対に許さない。
名無しさん
国はただ国の作った法律を破った事にのみ裁く。それなら仇を討たせて欲しい。
もちろん出来ない人もいる。その時初めて国が裁けば良いと思う派です。
あまりにも置き去り過ぎる。
名無しさん
昨日報道番組で特集されていて見ましたが、あの当時同じ兵庫県に住む13歳の私でも、連日放送されていたこの事件を忘れることはできません。
今は35歳になり、こどもが3人いますが、もし子供たちに同じようなことが起こった時、加害者に対してこんなコメントを残すほど立派な人間にはなれないと思います。
更生を助ける世の中にしないといけないとはいえ、少年法で守られ、被害者家族に許可も貰わず本を出版したり、こんなことが許されていいのかと考えてしまう、
名無しさん
事件当時の事はよく覚えています。まるでゲームでもしているように人を殺めた正体不明の犯人、連日マスコミが騒ぎ立て、こちらまでノイローゼになりそうだった。
それが、被害当事者のご両親、ご家族であるならば想像もつきません。
今こうして記事を読んでいると、当事者の中では事件はまったく風化していないのだと、改めて思いました。
名無しさん
20年経とうが30年経とうが、情ある親は死んだ子の年齢を数え続けるものなのだ。
ただ・・その悲しみが残された側の人をやさしく強くしてくれることを祈る。
名無しさん
刑務所で雨風しのいでしばらく生活するだけだからね。反省とかそういう機会を与えないからのうのうと過ごせるんだろうね。
しかも記憶は薄れていくから刑を終える頃には忘れるまではいかないがあまり残ってない。
加害者にも一生背負わせるような金銭的な事や何か義務を負わせて欲しい。


管理人の率直な感想

日本中がその凄惨さと不可解さに衝撃を受けた事件でした。
いまだに謎は多い。

目撃情報から、黒い車が止まっていたとか、第三者の関与も浮上し真相が明らかになっていない部分もある闇を抱えた殺人事件。

文春はずっと加害者である元少年Aを追っていて、記者が本人に直撃すると「命がけで来てんだろ、なあ。命がけで来てんだよな、お前」と詰め寄られたという話もある。
本当かどうか分かりませんが、まあそういった人間であるのは間違いないでしょうし、更生なんか全くしていないのは確かです。

現在どこに住んでいるのか。
どんな仕事をしているのか。

気になっている方は多いはず。

顔写真がネットで出回りましたし、その顔つきは特徴的。
あの目は普通の人間の目じゃない。

目撃情報は全国にあります。
全国を回っているのでしょう。
定住なんかできるわけがないですから。

個人的には、現在も何かしらの犯罪に手を染めているのではないかと危惧しています。
報道されていないだけで、未解決事件は多いし、失踪者も物凄い数になります。

心配です。

土師淳君の父親である守さんですが、老けましたね。
22年も経っているので老けるのは当たり前ですが、63歳という年齢よりだいぶ上に見える。

当時の写真と比べても痩せましたし、その苦悩や心労は計り知れないものでしょう。
そしてそれは今まででにとどまらず、今後もずっと続く。

元少年Aの状況は遺族への音信不通が続いている状態で、弁護士にも連絡がない。
完全に姿を消したということです。

不条理で溢れかえってますよ、世の中ってのは。
元少年Aには、もう司法が下す罰は無い。

再犯を起こし、それが発覚しない限り。


コメント