【現存する悪魔たち】「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実【カニバリズムという鬼畜の所業】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

<呪術師と3人の男たちは、古くから伝わる高価な薬で儲けしようとした。材料は人間だ>

人を食べた疑いで逮捕された男らの公判が、今週南アフリカで始まった。昨年、「もう人肉は食べ飽きた」と言って警察に出頭し、切断された人間の手やウジ虫が湧いた足を警官に見せた男たちだ。

まさかの「無罪」を主張

南アフリカ紙のサンデー・タイムズによれば、裁判はピーターマリッツバーグ高等裁判所で11月13日に開廷した。伝統的な呪術師だったその男、Nino Mbathは昨年8月、人体のパーツを持って警察に出頭し、逮捕された。同じくLungisani Magubane、Khayelihle Lamula、Sithembiso Sitholeという3人の若い男も逮捕された。Sitholeは今年7月に拘置所で自殺したが、残る2人はMbathと同様に起訴されている。

起訴状には、男らの恐ろしい所業が事細かに書かれている。彼らは人間の一部を材料に使う「muti」と呼ばれる伝統的な薬を作って大金を稼ぐため、24歳の女性ザネレ・フラチュワヨを殺害し、遺体をバラバラにしたという。全員が、無罪を主張している。


バケツには人間の内臓

検察側の証人として出廷した警察官のライアン・ンツァリンツァリは、出頭した際のMbathの様子について、人体の一部を食べるよう人々に強いられたと繰り返し主張するなど精神的に不安定だった、と証言した。「女性と性的関係を持つことも強いられた、自分は性感染症にかかって体調が悪い、などとも言っていた」とンツァリンツァリが証言した、と南アフリカのニュースサイト、ニュース24は伝えた。
現場の警察官が見た凄惨な状況
警察官たちはMbathから人間の手を見せられた時、本物ではなくゴムではないかと疑った。だがウジ虫が湧いた足を見せられると、一気に警戒。Mbathについて彼の自宅に行くと、おぞましい人間の残滓が散らばっていた。

「ドアを開けると、カーテンで仕切った部屋があった。中に入ると、大量のモノとmutiがあった」とンツァリンツァリは当時の状況を説明した。人間の耳やあご、歯らしきものが入った瓶も見つかった。Mbathが見せたバケツには内臓が入っていたという。ンツァリンツァリによれば、悪臭がひどくてそれ以上中にはいられなかったという。


被害者の身内の思い

犠牲になったフラチュワヨの叔父であるマタイ・マバソは裁判の前日、彼女の残酷な死によって家族は悲しみに暮れている、と家族の代理として語った。

「私を敬い、話を聞いてくれる良い子だった。家族の一人として、事件は非常に耐え難い」とマバソが言ったと、サンデー・タイムズは伝えた。「ここ(法廷)に来るだけでやっとなのに。今後法廷に通い詰めるなんて無理だ」

この世の地獄。人肉嗜食と金儲けを同時に行った今回の事件。ネットの声

名無しさん
どのレベルで人肉を食べ続けていたのかわかりませんが、飽きた、という表現が気になりますね。
ン十年生きてて、牛とか豚の肉に飽きたことないし、多くの人もそうだと思う。
この人は人肉を食べる罪悪感で破裂しそうなんじゃないかな。
そしてその罪悪感を認めてしまうと、さらに大きな罪悪感で潰れてしまうから「飽きた」って言葉でごまかしてるように思う。
そうじゃないと自首もしないだろう。
教育も十分では無い地域だと推測するし、魔術を本当に信じてこの惨事を始めたんだと思うけど、所詮人間は人間を食べるようにはできていないのだと思う。
罪悪感を感じないカニバリストは人間じゃない。
名無しさん
出頭しておいて無罪を主張…⁇
SHARK
アフリカか
名無しさん
内容もすごいけどンツァリンツァリが気になって気になって。
名無しさん
やはり、教育が大事。
WWW
呪術師の役割として伝統的なやり方を周囲に強要されてた感じ…?
世襲制なのかな。状況が良くわからない。


ありえん
世界は広いですね。宇宙に行く時代でもまだこんな事をしている所があるのに驚きですが一部の国や人がそれなりの文明と暮らしをしていると言う事ですかね。個人的には一生涯関わる事は無い。
Day
自分の調理の味と管理の面倒くささに飽きた部分もありそう。人には秘密にしておかにゃならんストレスもあるし、どう考えても合理的じゃない。食べる分だけお肉屋さんで買えるわけでもないし。罪悪感も育ってきて出頭するも無罪を主張。常人には計り知れない捻れた認知と感情があるんだろうね
名無しさん
人肉を食べて生き残った実録があるから、特に関心を惹くことでは無い。
。アンデス山脈山中に外国の飛行機が墜落し生存者が残った。
但し救助に大変な時間がかかり、その間に栄養失調とか様々な理由で
相当数が死んでいる。
それでも生き残った人が本を出版し文庫本として残っている。*
最初は飛行機のシートとか座席を柔らかくして食べたりしたらしい。
結局死者の肉体も食べたという。 実話である。
*生存者 というのが書名だ。
ローリング・ジェット・サンダー
人間を食べる文化をもう無くさなくてはいけないと思う。
そして、この記事を読まなければ良かったとも思う。
心がヤラれる。
rooms
先ず「muti」がヤバいだろ。そんな薬が伝統的なものとか大金を稼げるとかヤバ過ぎる。って事は地元の人はその薬を知ってるし買う人もいるって事だよね。
名無しさん
警察に出頭してきて無罪を主張って意味が分からない…


Whatcouldme
自分に都合がのいいことしか考えられなくなるのが黒魔術なのか。
名無しさん
読まなければ良かったです。想像しちゃう
名無しさん
アフリカはアルビノ狩りといい先進国の理屈が通用しないところなのかな…
鶏や家畜も捌けない自分からすれば人間を捌くなんて考えられないや
名無しさん
稀にこういう事件を耳にするけど、いわゆる犯罪者に対する怒りの感情ではなくて、未知の化け物に対するちょっとした好奇心が湧くんですよね。
名無しさん
呪術師は、地位が高くて権力を欲しいままにしている職業(?)みたいだから、自ら出頭しなかったらこの後もずーっと続けられていたんだろうね。他の呪術師は今でもやってるのかも...
名無しさん
怖いです!
写真が人肉に見えてしまうそうじゃないと思いたいのに………
記事とは写真は関係ありませんと書いてはあるものの………やっぱり見えてしまう


名無しさん
こういうのがあるから、人種差別がなくならないんですよね。ま~差別と言うよりかは変なDNAスイッチが入った時の回避的区別としか思えなくなりますね。内戦、宗教テロ、妙な根拠無い土着呪術等々、アフリカンのイメージ改善は大変ですね。白日の下に出ただけマシなのかもしれないですね。理由が『人間食い飽きた』って?聞いてて病気になりそうです。
名無しさん
関係ありませんって言えば良いというわけではないと思う。
K.O.
中国の進出を受け入れて、メニューに加えれば、また、食欲が増すかもよ。
名無しさん
お腹空いた~やっと昼食が摂れる!とレンジでチンしてる間に読んだのがこの記事…何故見ちゃったんだろう…お腹鳴ってるのに食欲が…というより気持ち悪い…
名無しさん
古代からレシピのあるChinaは相当進んでいたのですなあ。恐ろし。
あいざわくん
理解のはるか彼方。金が儲かるつうことはルートがあってニーズもあると。関わりたくねえわ


名無しさん
自分たちで出頭したところをみると誰かに強要されてたのかな?
名無しさん
読まなきゃ良かった。
おぢさん
こういうサイコパスは最も苦痛を味わう方法での死刑を執行すべきである。
やはりwaoooonnnと思う
中国では呪術師でなくても普通に食べている。
名無しさん
同じ時間軸で起きている事とは思えないけど、事実なんだろうなあ、、
名無しさん
やはり教育というのは大事ですね伝統文化を守れとか言いますですけど、そういう悪いものは無くして行った方がいいんじゃない。


名無しさん
食べ飽きたというより、もう殺して食す事に飽きた、やめたかったのでは。肉食べる人は豚も牛も飽きずに毎日食べてるし、そのものに飽きたのではないと思うけど、
名無しさん
生々しい記事に気分が悪くなってきました。
tatakan
カニバなんて部族ではまだまだ普通にあるでしょ。
>。<
内容が不快でした。
ttttt
無罪を主張って、なら警察に出頭するのおかしくない?
名無しさん
カニバはなくならないだろね。


名無しさん
日本人にもいたよね、かるばにずむが。名前忘れたけど。今は作家活動してるとか
名無しさん
物事すべてに悪意を感じる。
名無しさん
欧米にもカニバリズムは結構いるみたいだよ。
ghdrufgvwwWWwww
どこかの会社のミンチ肉製造に回されます><
子供を大事にする世の中に
数十人か雪山で遭難してそのうち何人か亡くなって冷凍になった肉をチビチビ食べて生き延びた外国の映画あったね。
批判記事記者に批判はダメよ
あちゃらは食べなくなったのかな、赤ちゃんカプセルはまだ製造販売しているのかな


名無しさん
人肉を食すとプリオンが絡んで狂牛病になりますよぅ。
名無しさん
食べ飽きただなんて、食べ殺された人間に対して失礼でしょう。
名無しさん
ンツァリンツァリンて
名無しさん
第三世界ヤバ過ぎる(*>д<)
タフィ
ナニ言ってるの。
名無しさん
プリオン病に…なっちゃうよ
人肉は食べてもリスクしかないのにね


名無しさん
人肉は尋常では無い臭さらしいですね。
sonnamasayosi
アフリカ、インド、中国などは人生の中で行かないことだな。
Hesed
人肉食は悪魔崇拝だが、西洋のキリスト教宣教師たちが人類にやめるように教育してくれた。ドン・リチャードソン宣教師の「ピース・チャイルド」は、世界史の凝縮図だ。呪術も魔術も悪魔崇拝である。だが神の真理が勝利した。
「すべてのものは、この方(イエス・キリスト)によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。私たちはこの方の栄光を見た。父(神)のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。恵みとまことはイエス・キリストによって実現した。」(聖書・ヨハネによる福音書1章)
名無しさん
アルビノの人達もこんな危険に晒されてるんだよね
名無しさん
どの部位が効くのかな
名無しさん
中国でも起きていることらしいですが、吐き気がしました。


名無しさん
Shitholeって…
名無しさん
そりゃアルビノがエラい目に遭うわけか
名無しさん
わたくしも、サラリーマンのときは、人を食って生きていた。
名無しさん
これは気持ち悪い記事だな…。
しかしよく無罪を主張してきたな!
名無しさん
うげぇーーー……
asobi
犠牲者や家族の方には申し訳ないが、人肉ってまずいのかな?
ちゃんと処理してもまずいのかな?
テレビで見た猿肉食と対して変わらないんじゃないかな?
飽きたって他にも食べ物なかったのかな?


カニバリズムの歴史。管理人の率直な感想。

みなさんのコメントが淡々としてると感じるのは僕だけでしょうか。
僕が過剰に嫌悪しているだけなのかな。

信じられないという次元じゃなくて理解の範疇を超えている。
理解しようとも思わないし、理解しようと思っても無理だ。

この世に見る地獄。

今回はアフリカだが、コメントの中にもあるように中国にも食人の文化がまだ存在するらしいですよね。(地域やその風習にもよると思いますが)

人食の歴史は日本にもあった。
大昔の大飢饉の時ですね。
腹が減り過ぎて頭がおかしくなっていたんでしょうけど。

僕だったら人を食べなければいけない状況になったら死を選びますが。迷わずに。

他に食べるものがあるのに、好んで人を食べたり・・・何ていうんですかこういうの。
変人とか変態どころじゃないですよね。
カテゴライズするのが難しい。
「悪魔」という言葉しか浮かばない。

人を食べることによって病気が治るとか本気で考えてる人間もいる始末。
もう低俗すぎるでしょ。バカ中のバカ。偏差値ゼロ。

今回の事件に関して犯人は一人自殺していますが、他の奴らは無罪を主張している。

死ね!すぐに死ぬのは許さねえ!この世に存在する全ての苦痛を味わってから死ね!

僕は理性的な人間でありたいと思って生活していますが、今回は正直そんな思いでいっぱいです。

昔ですが、日本人でもカニバリズムに魅了され、実行した人間がいたことをご存知ですか?
若い人はご存じないかもしれない。

その名も佐川一政(69歳)。
まだ生きてますよ。

フランスに留学し、1981年(昭和56年)6月11日、同大学のオランダ人女性留学生(当時25歳)が自室を訪れた際に彼女を背後からカービンで撃って殺害。
屍姦の後、解体し写真に撮り、いくつかの部分の肉を食べたという事件。

犯行を自供したが、取調べにおける「昔、腹膜炎をやった」という発言を通訳が「脳膜炎」と誤訳したことから、精神鑑定の結果、心身喪失状態での犯行と判断され、不起訴処分となった。

罪に問われなかったんです。

神も仏もあったもんじゃない。
こんなんだから僕は無神論者なんです。

佐川は本も出してますよ。
一応載せておきますけどこんなんとか。

【中古】 少年A / 佐川 一政 / ポケットブック社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:355円
(2018/11/17 16:18時点)


こんなんとか

【中古】 華のパリ 愛のパリ 佐川君のパリ・ガイド /佐川一政(著者) 【中古】afb

価格:767円
(2018/11/17 16:21時点)


こんなんとか

【中古】 業火 /佐川一政【著】 【中古】afb

価格:1,042円
(2018/11/17 16:22時点)


一番新しいのはこれかな。

【エントリーでポイント10倍 11/14 10:00~11/21 9:59】【新品】【本】新宿ガイジンハウス 佐川一政/著

価格:1,944円
(2018/11/17 16:24時点)


僕は読んでないですけどね。
彼は今何を考えて生きてるんでしょうか。
見た目も特徴的みたいだし外も出歩けないでしょう。

「カマキリだって共食いするじゃん」と言われたら返答に困りますが。
僕らは人間ですから。
やっぱ考えちゃいますよね。。。


コメント