SNS世代に刺さる雑誌とは?宝島社mini編集長に聞く女性誌の変化【豪華付録でおなじみのコラボグッズだけを買える時代に】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「若者の雑誌離れ」が言われるなか、10代読者の新規開拓に挑んでいる雑誌があります。
宝島社のストリートファッション誌・miniです。
編集長に就任後、「ストリートスナップ廃止」「カタログから教科書へ」といった方針を打ち出してきた見澤夢美さん(38)に話を聞きました。


スポンサーリンク

宝島社miniはこんな雑誌です

2000年に創刊したmini。Tシャツ、デニム、スニーカーを基本とした「ボーイッシュだけど女の子」なスタイルを提案するストリートファッション誌です。

10代後半から20代前半をターゲットにしており、日本ABC協会発表の雑誌販売部数によると、2016年下半期から2018年上半期にかけて女性ング誌部門で4期連続1位を獲得しています。

大学卒業後、2004年にアルバイトとしてsweet編集部に入った見澤さん。
2006年に宝島社の社員となってmini編集部へ。2011年に30歳で編集長に抜擢されました。


まずは表紙を改革

見澤さんが取り組んだのが「表紙」の改革です。

ストリートっぽさを出すために、それまでのツルツルした手触りのものからマットな質感のものに変更し、文字色もネオンカラーの単色に。

誌面で「ギャル系」「清純派」とまったく系統の違う2人を看板モデルに起用して、普段のイメージとは関係なくストリートファッションを着てもらっていましたが、表紙でも同じ取り組みを始めました。

現在もこのコンセプトは続いており、有村架純さん、川口春奈さん、小松菜奈さんといった女優に、あえてストリートファッションで登場してもらっています。

その狙いについて、見澤さんはこう話します。

「いろんな雑誌の表紙に登場されている女優さんですが、ストリートファッションで登場するのはminiだけ。意外にも思えるこの組み合わせが、SNSでは見られない、この雑誌だけのものなので、手にとってもらえるんです」


誌面改革のポイントは

ストリートスナップの廃止。
街中で見つけたおしゃれな人たちを撮影して特集するストリートスナップは、かつては人気コンテンツでした。

しかし、SNSが普及した現在では、Instagramで気になる人をフォローすれば事足りるようになっています。

「読者アンケートの結果を見ていても、スナップは弱くなったと感じていました。今の雑誌でやる意味があるのかを考えて廃止することにしました。代わりに力を入れているのがビューティー特集です」


読者の価値観が変化

創刊当初から表紙を見比べてみると、年々メイクが濃くなっており、関心が高まっていることがわかります。
そこで「時短」「基本のキ」などのキーワードを設定して、メイクやヘアアレンジの特集を組むように。

当初は後ろの方のページでしたが、次第に昇格して巻頭特集を飾るまでに成長しています。

「私の個人的な感想ですが、東日本大震災以降、読者の価値観が変わったように思います。それまで『こんなに服を持っている』という満足だったのが、自分を磨く・自分に投資するという流れに」


付録が左右する?

宝島社の雑誌といえば、多くの人がイメージするのが「豪華付録」です。miniも例外ではありません。

ベーシックなものを、使うシーンまで想定して企画しているそうで、主導するのはコラボする企業ではなく、あくまで編集部だといいます。

「こちらから『こんな商品を付録にできませんか』と提案しています。mini編集部では付録と広告は切り離しています」

今年の3月号に付録としてつけたミッキーマウスがデザインされたバッグは、Instagramでも話題に。

東京ディズニーランド・ディズニーシーに持って行って、キャストにサインをもらうという人たちが相次いだそうです。

「売り上げを左右するのは、中身じゃなくて付録なんじゃない?」といった意見も時折見かけますが、見澤さんはどう考えているのか。

「雑誌の売れ行きを左右するのは、表紙・巻頭特集・付録の3つです。付録が豪華だからといって中身を手抜きするわけではないので、結果的に仕事は増えています。『どうせ付録のおかげでしょ』と言われたくないからこそ、編集にも力が入ります」

雑誌も作れて、モノ(付録)も作れて、それで読者に喜んでもらえるなら、それが一番。見澤さんはそう考えています。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000001-withnews-sci

宝島社が発信する「ファッション雑誌 × ブランド × クリエイターとのコラボグッズ」を購入できる




女性誌の豪華付録が有名な宝島社。
宝島チャンネルは、『人気ファッション雑誌×ブランド×クリエイターコラボ』のiPhoneケース・アクセサリー・雑貨と宝島社が発行する雑誌・本・ブランドムックを扱う通販サイトです。

宝島社が発刊しているファッション雑誌「sweet」「GLOW」「リンネル」「オトナミューズ」「InRed」などに掲載されたアクセサリーや雑貨、ブランドとコラボしたiPhoneケースなどを販売しています!
ココでしか手に入らない宝島社ストア限定アイテムも!

【雑誌】
・sweet
・リンネル
・InRed
・GLOW
・大人のおしゃれ手帖
・オトナミューズ
・SPRiNG
・steady.
・mini
・&ROSY
・smart
・MonoMax

【ブランド】
・snidel(スナイデル)
・kippis(キッピス)
・ねこのおはぎちゃん
・Lily Brown(リリー ブラウン)
・DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)
・SNOOPY(スヌーピー)
・LISA LARSON(リサ・ラーソン)
・EVEX by KRIZIA(エヴェックス バイ クリツィア)
・conges payes(コンジェペイエ)
・ADIEU TRISTESSE(アデュートリステス)
・Les Olivades(レゾリヴァード)
・NIMES(ニーム)
・Language(ランゲージ)
・Velnica(ヴェルニカ)
・LA MARINE FRANCAISE(マリン フランセーズ)



宝島社公式オンラインストア:【宝島社ストア】

女性にとってのminiの存在。ネットの声

名無しさん
11/30(金)8:57
miniの人気は、いまストリートで流行っているテイストど真中という理由もあると思うんだけど。たしかに付録は宝島社らしく毎号センスが良い。
付録が要らないから付録無し版を買うという人も少なくない中、付録目当ての人も多いと思う。
というかやはり付録買いしてる人が多いと思う。
名無しさん
11/30(金)8:06
ネットでできないこと、毎日の生活に役立つこと、付録が広告とではなくて持って嬉しくなるものをと、この編集長の方のminiを買ってよかったと思ってもらえるものをと努力していることが凄いなと思った。

11/30(金)7:48
頑張ってるなぁーminiは今のテイストを貫いて続いて欲しいcutieの変わり様にはガッカリした
まなさかた」らわはな
11/30(金)7:54
懐かしい。おばさんも見てました!頑張ってくださいね!
名無しさん
11/30(金)9:19
今宿さんと花楓さんの黄金期。大好きだった!

管理人の率直な感想




ですからね!
こういった女性誌の努力を男性誌にも見習ってほしいんですよ。

いつまでもエッチな袋とじ。
付録があってもショボい。

豪華付録で有名な宝島社。
この層々たる女性誌のラインナップを見てくださいよ。
ブランドの一覧を見てくださいよ。

宝島社は男性誌も扱ってるのに何でこんなに違うんだい。

しかも豪華付録はもちろん、オンラインストア限定のコラボグッズが販売されてるじゃないですか。
オンラインストアを見てるだけでワクワクしますもん。
トートバッグとか安いし。

ストアを拝見すると男性誌で今推してるのはsmartのコラボグッズでした。
smart読んでましたけど、何ですか『野生爆弾くっきーTシャツ』って。

「オンライン受注生産品だからちょっと経ったらプレミアつくのかな」くらいですよ。
野生爆弾の肉巻き巻きDAYSって・・・面白いけどちょっと違うんだな。

それこそバッグとか、カードケースとかスマホケースとかいろいろあるじゃないですか。
キーホルダーでもいいですよ。
ちょうど部屋の鍵のキーホルダーを変えたいって思ってたんです。

もし宝島社の関係者の方が見ていたらご検討をお願いします。
トランスコンチネンツ×MonoMaxのハードキャリーケースはカッコ良かったです。
是非とも今後こんな感じで展開を!(見てないと思いますけど・・・)








コメント