2018年12月一覧

『二世タレントの明暗』花田優一、工藤阿須加、Koki,・・・評価が分かれ道はどこにある?

有名人の二世タレントは昔から数多く存在するが、華々しくデビューしたものの数年後には“あの人は今”状態になってしまうタレントも少なくない。好感度抜群の二世と嫌われ者の二世。堕ちに堕ちた二世。その分かれ道は一体どこにあるのだろう。ネットでは物議を醸しだしている。

未解決事件【世田谷一家殺害】情報提供大幅増!

2000年12月に東京都世田谷区で宮沢みきおさん=当時(44)=の一家4人が殺害された事件は、31日で発覚から18年。今年に警視庁成城署捜査本部へ寄せられた情報提供は13日時点で357件となり、昨年同時期の3.5倍と大幅に増えた。毎年恒例になっている世田谷一家殺害事件の話題。ネットでか今年も様々な意見が飛び交っている。

【年末の大掃除を簡単に】ヤバい!「どうにもならない汚部屋の片し方」取捨選択を!迷うのは5秒だけ!!

遊びに来た友人から恐れられ同居の家族から忌み嫌われるほど、気合の入った汚部屋に住んでいるアナタ。なんとすれば「何か棲んでるんじゃないのその部屋?」という勢いで、「片付けろ!」「掃除しろ!」と人から言われたところで「いったいドコから手をつければいーの?」そんな悩みを一挙に解決しましょう!

お正月が近づくと憂鬱になる「帰省しなくちゃダメですか?」

「もう~いくつ寝るとお正月~♪」。子どもの頃、指折り数えるほど楽しみだったお正月。今では、お正月が近づくと、むしろ憂鬱になる人も多いのでは。その理由の一つは「帰省」。義実家もちろん、実家も例外ではないようだ。正月の帰省についてネットでは物議が醸し出されている。

元暴力団幹部ら2人の死刑執行『93年以降、死刑執行最多』

法務省は27日、1988年に投資顧問会社社長ら2人を殺害し強盗殺人などの罪に問われた元暴力団幹部岡本(旧姓河村)啓三死刑囚(60)と元投資顧問業末森博也死刑囚(67)=いずれも大阪拘置所=の刑を同日午前に執行したと発表した。山下貴司法相が就任後、初めて命令した。関係者によると岡本死刑囚は再審請求中だった。ネットの声は?

「何者か」になれると思っていた・・・35歳女性が考える「29歳問題」

「幼い頃から、なんとなく、自分は何者かになれる、と思っていた。」そんな田舎の少女が、大人になり、東京でそこそこ名の通った会社に就職した20代。私は何者にもなっていなかった。そんなお話。みなさんはどう考えますか?ネットではこの話題について様々な意見が飛び交っています、

【東名あおり運転事故】石橋和歩被告は強烈なイジメられっ子だった!

写真には衝撃の姿が写っていた。額にキン肉マンを模した「肉」の字が書かれ顔中にマジックペンで落書きがされた姿。モヒカンに刈り上げられた姿や剃(そ)り込みを入れられた姿。目を背けたくなる姿で写真に収められているのは’17年6月に東名高速であおり運転をし家族4人を死傷させた石橋和歩被告(26)だ。ネットでは物議を醸している。

ローラが干される?【高須院長】辺野古反対で物議のローラ「僕ならCM降ろす」

沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、工事中止の嘆願書への署名を呼びかけたモデルのローラ(28)について言及した。基地問題は賛成派と反対派が対立している。「芸能界から干される」「ローラが左傾化!?」などの指摘がネットや一部メディアから聞かれた。ネットでもローラの軽率さに物議を醸している。

【12月26日公開】サザエさんの初回をデジタル化!カツオの声は大山のぶ代!

フジテレビは26日、アニメ「サザエさん」の初期放送作品を動画配信サイトで公開する。1969年の放送開始から来年で50周年となるのを前に制作会社が保管していたフィルムをデジタル化した。69年10月5日の初回放送分のほか大山のぶ代さんが演じた初代カツオの声なども楽しめる。ネットでは待ち望んでいた喜びの声が多く上がっている。

ネットの部落差別が消えない理由とは?YouTubeの部落探訪に問題視「悪意がすごい」

今、ネットに広がる悪質な部落差別が問題になっている。情報が一人歩きし、どのような意味を持つか深く知らない人も多い「部落」。ネットが普及した今、YouTubeには「部落探訪」の動画が投稿されている。関係ない地域が撮影されていたり、様々な悪意が発信されている現状を考える。ネットでも物議を醸しだしている。

マツコ・デラックス【同級生キムタク一家と対面】koki,は「ボーイッシュ」長女は「かわいい」

タレントのマツコ・デラックス(46)が高校の同級生である木村拓哉(45)の自宅を訪問し、次女Koki,(15)らキムタクファミリーと対面したことを明かし、その印象を「いい家族。欠点がない」と語った。今になっての二人の再会に、ネットでは物議を醸しだしている。

日米共同で対韓制裁も?「米韓同盟消滅」にようやく気づいた韓国人

「米韓同盟がいつまでもあると思うな」韓国に駐在するハリス米国大使が韓国に向けて警告した言葉です。露骨になる一方の「韓国の裏切り」。米メディアが「文在寅は金正恩の首席報道官」と揶揄するなど、韓国は今までにない危機に瀕していると言える。ネットではそんな韓国に対しての物凄い熱量の意見が飛び交っている。

泣かせるマンガ『おじさまと猫』がおもしろいワケ

世は空前の猫ブーム。マンガの世界でも猫は大人気だ。猫マンガはそれだけでひとつのジャンルを形成するほど大規模であり、それぞれの作品が、猫マンガ界の名作となるべくしのぎを削っている。そんな猫マンガ戦国時代に新星のごとく現れ大人気なのが『おじさまと猫』。泣ける漫画、そして笑える漫画だ。その魅力と、ネットでの感想は・・・