生活一覧

ヒロシと「いじめ」ヒロシと「キャンプ」ヒロシと「再ブレイク拒否」

「笑いの金メダル」や「エンタの神様」などで自虐ネタを披露し、ブレーク。後にいわゆる「一発屋」と呼ばれるようになったヒロシ(46)だが、近年、再びにわかに注目を浴びている。いじめられていた少年時代。自身とキャンプ。そして「再ブレイクしたくない」との発言。その「無理をしない生き様」がネット上で好感を浴びている。

【王様のブランチで紹介のあの商品も!】トイザらスがおすすめのおもちゃTOP20を発表!【クリスマスプレゼントに】

2018年もクリスマスの時期が近づき子供へのクリスマスプレゼントを段々と考え始める頃。日本トイザらスが2018年のクリスマスのおもちゃトレンドと、自信をもっておすすめするおもちゃTOP20を発表した。今年の新たなトレンドとして注目されているのが「サプライズ・トイ」と「プログラミング・トイ」。テレビで紹介された商品も!

【上手に活用すれば貯蓄は増える】都内で暮らす30代独身女性の平均年収や貯蓄額、生活費はいくら?【節約を意識しない節約生活のススメ】

30代ともなると、会社では責任ある仕事をまかされ、社会人として充実してくる時期ではないでしょうか。プライベートでは、結婚・出産をする人もいれば、仕事に打ち込む人、転職をしている人もいるかもしれません。女性の収入、貯蓄、転職、資産運用、節約術など、預貯金を増やして安定した生活を送る方法を考察&提案します。

【生みの親と育ての親・・・子供】“真実告知”母子それぞれの苦悩 「レイプで妊娠、産むしかない」

何らかの事情で、生みの親が育てられない6歳未満の子どもを、血縁関係のない夫婦に実子として託す「特別養子縁組」。約30年前に作られた制度で、少しずつ認知は進んできました。中京テレビ報道局とYahoo!ニュースによる連携企画記事「マザーズ」は性被害によって妊娠出産した高校生のカエデさん(仮名)に密着。彼女の出した決断とは

【注目のトレンド商品】Qrioただいまキット【お子さまの「ただいま」をLINEでお知らせ!】

子供が家に帰ったらLINEやメールで子供の帰宅をお知らせするアイテムが注目されています。通知先を複数設定できるので、家族で通知を受け取れる点も評価されています。スマートタグを子供のランドセルやカギに付けておけば、家を出たときに「行ってきます」家に帰った時に「ただいま」のメッセージをお知らせ!簡単操作の防犯グッズです。

【最新!日テレ「バゲット」で紹介】文豪たちが愛した味『日比谷松本楼のハイカラビーフカレー』ハヤシライスも!【11月14日放送】

本日放送の日テレ「バゲット」で、明治36年創業の洋食店『日比谷松本楼』の名物ビーフカレーが紹介された。かの文豪、夏目漱石や高村光太郎も愛した老舗の名店だ。1番人気は名物ハイカラビーフカレー!ハイカラビーフカレーはもちろん、その他ハイカラメニューの魅力にも迫る!お取り寄せ商品の情報も公開。

【本日のスッキリで紹介】赤箱女子必見!人気の固形石鹸とその理由【11月13日放送】

皆さんが毎日使う物といえば石鹸。発売から今年で90周年となる固形石鹸である牛乳石鹸の「赤箱」を使う若い女性“赤箱女子”たちが急増している!その人気の理由が本日放送の「スッキリ」で明らかになった。牛乳石鹸「赤箱」が人気の理由と、現在人気沸騰中の『部位別石鹸』をご紹介します!また、赤箱と青箱の違いやネットの声にも迫る!

撮影者は全員平成生まれ!昭和生まれの「写ルンです」で切り取った“平成最後の夏”【写ルンです再ブームの理由】

“平成最後の夏”が過ぎた。特別な“夏の一日”をテーマにしたある写真展が話題になったのをご存じだろうか。撮影者は全員“平成生まれ”で、撮影に使われたのは“昭和生まれ”のあのヒット商品だった。昭和の大ヒット商品「写ルンです」。写ルンですの再ブームの理由とは?

【2019ヒット商品予測】「宅配ボックス」「フリマアプリ」「音声アシスタント」が上位に!

博報堂はこのほど、生活者が2019年にヒットすると予想した商品のラインキング「2019年ヒット予想」を発表した。通販・ECに関連する商品やサービスでは「宅配ボックス」「フリマアプリ」「音声アシスタント」「SNSショッピング」「スマホ事前注文」が上位に。おすすめの詳細を順番に説明!

【煽り運転35歳男を逮捕】煽り運転された時の最も良い対策法は?これがあれば絶対に負けない!オススメのレコーダーとは?

北海道小樽市の国道であおり運転をしたとして、35歳の男が暴行の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは札幌市の瀧下秀樹容疑者。こういった輩は絶対に許すまじ!煽り運転されたときの対策と、おすすめのドライブレコーダー、ネットの声を考察します。

日本が「睡眠不足大国」に転落した3つの事情と対策!これがあれば大丈夫!おすすめの安眠グッズは?

日本人の睡眠時間は世界的に見ても少ないことをご存じだろうか。経済協力開発機構(OECD)の国際比較調査によると加盟国の中でいちばん短く、アメリカ、フランス、イギリスなど欧米先進諸国と比べても1時間ほど短い“睡眠不足大国”なのだ。健康を害し、寿命をも左右する睡眠不足の問題。その対策と解決法と共にネットの声を見てみる。