食べ物一覧

店を潰したバカッターのその後「死ぬまで許して」の一方で6年間謝罪なし

若者のバイトによる不適切動画投稿が相次いでいる。次から次へとアルバイト店員による“おふざけ動画”が投稿され瞬く間に炎上し、各企業が正式に謝罪文を発表する事態に。今回は過去のバカッターたちの「その後」にスポットを当てた。店を潰したバカ者たち。彼らの今は?ネットでは物議を醸しだしています。

【今度は大戸屋でバカッター騒動】不適切動画「従業員がズボン脱ぎ・・・」謝罪

定食チェーンの「大戸屋ホールディングス」は、従業員による不適切行為の動画が、インターネットに投稿されたとして、お詫びした。次々と投稿され続ける不適切動画。とどまることを知らないバカッター。本当にただの悪ふざけなんだろうか?ネットでは物議を醸しだしています。

孤児院で育ち両親を知らない『CoCo壱番屋』創業者・宗次德二氏の壮絶人生

無私の人である。自分のために稼ぎたいと思ったことがない。趣味はないと断言もする。何が楽しいのかを聞くと、「人の笑顔」と即答する。この稀有な成功者はカレーハウスCoCo壱番屋の創業者、宗次德二氏(70歳)。ネットでは宗次氏の人柄に称賛の嵐が吹き荒れています。

【聖バレンタインデーの虐殺】悲惨なバレンタインデー!彼氏が5千円の高級チョコに逆ギレ・・・

年が明け、お正月からバレンタイン、ホワイトデーとカップルにとってはイベント目白押し。愛が深まる季節でもあるのですが、逆に彼の意外な一面をかいま見てドン引きしたという人も…。定期的に沸いて出るドン引き男。ネットでは物議を醸しだしています。

今度はセブンイレブンでバカッター動画「店員がおでんを口に入れたり出したり」特定解雇

セブン―イレブン・ジャパンは9日、横浜市神奈川区の「セブン―イレブン横浜高島台店」のアルバイト店員が不適切な動画を撮影して、会員制交流サイト(SNS)に投稿したことを明らかにした。同社は「お客さまに不快と不安な思いをさせたことをおわびする」と謝罪した。相次ぐバカッター投稿にネットでは物議を呼んでいます。

一斉休業で莫大損害額「くら寿司バカッター店員の末路」家族が高額賠償金を負担か

バカに付ける薬はない!! 回転ずしチェーン「くら寿司」のアルバイト従業員が、ゴミ箱に捨てた魚を調理するような動画をインスタグラムにアップして炎上し、運営会社が6日、謝罪に追い込まれた騒動が拡大している。運営会社は迷惑店員に法的措置を検討。莫大な請求額はバイトで払えるものではない。ネットでは物議を醸し大sています。

職場の昼休みにホットプレートで焼肉したら怒られた!ダメなの?【弁護士の見解】

「会社の昼休みにホットプレートで焼肉したらめっちゃ怒られた」。こんな体験談がネットの掲示板に投稿された。投稿によると、火災報知器が鳴らないように窓を開けて焼肉をしようとしたところ注意をされたという。結局、居づらくなって、退職することになってしまったそうだ。社会人としてのモラルは?ネットでは炎上状態だ。

【すき家炎上問題】店員の“おふざけ動画”で謝罪「もう食べたくない」お玉を股間に…

牛丼チェーン店の店員が撮影した「不適切動画」について、牛丼チェーン店「すき家」は29日、公式サイトで謝罪した。ネット上ではこの動画によって炎上。風評被害は計り知れない。店員に対する損害賠償は発生するのか。ネットでは店員に対する反応が物凄く、事件を起こした店員や、すき家に対して物議を醸しだしている。

ヒカキン絶賛でセブンの商品売れすぎ「どこも売り切れ」メルカリ高額転売続く

人気YouTuberのヒカキンさんが1月18日、YouTubeでセブン-イレブンの好きな商品を紹介したところ、品切れが続出するなど話題になった。東京など一部地域限定販売の商品はそもそも入手できない地域が多く、動画配信から10日経った28日時点でも、メルカリでの高額転売が続いている。ネットで物議を醸しだしている。

【ビックリマンの歴史】ビックリマンチョコ「コラボ商品」が続くワケ

80年代にシール入りのチョコレート菓子として一世を風靡した『ビックリマンチョコ』。『コロコロコミック』でのマンガ化、さらにアニメ版も放映されるほど人気は過熱、ピーク時は購入制限がかかるほど社会現象に。発売元の株式会社ロッテ、ブランド戦略担当の本原正明さんに『ビックリマンチョコ』の歴史、今コラボする理由などを聞いた。